FAQ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Top > FAQ

低血糖症FAQ(よくある質問集)


ここにない質問は要望・掲示板で質問してください。


Q.低血糖と低血糖症は違うの?
少々意味が違います。
低血糖は糖尿病における低血糖や、反応性低血糖症による低血糖など、血糖値が極度に低い状態を指します。
低血糖症は膵(すい)臓の疲弊により血糖値の調節が正常に行えない状態を指します。血糖値の乱高下(反応性低血糖症)や血糖値が上昇せず低いままになる(無反応性低血糖症)病態を意味します。

Q.低血糖症に当てはまる症状が多い/私は低血糖症みたいなんだけど?
まず食事療法を始めてみるのも良いですが、治療の経過把握も兼ねて医療機関で血液検査を受けることをお勧めします。
血液検査により、今までほとんど知ることが無かった栄養の欠乏などが、はっきりと分かります。

Q.「低血糖」症という名前が付いてるのに、甘いものを食べてはいけないの?
血糖値が低いからと言って、血糖値を上げるために甘いものを食べてはいけません。
膵臓の機能が回復するまでは血糖値を急激に上げるもの、つまり甘いものは出来るだけ/可能な限り食べないようにすべきです。
低血糖状態に砂糖や糖質を含むものを食べると血糖値は上がりますが、低血糖症の人は血糖値の調節がうまくいっていないので、急激に上がった血糖値を下げようとしたり、下がりすぎた血糖値を上げようとしたりがうまくできず、逆にもっと甘いものが欲しくなったり、空腹感を感じたり、しんどくなってしまう場合が多いです。
血糖調節がうまく出来るようになるまで血糖値を適切な値に保つような食事の方法をとり、膵臓になるべく負担をかけないようにして膵臓の機能を回復させることが大切です。
血糖調節機能が回復してくると甘いものはあまり欲しくなくなります(個人差があります)。
インスリンを分泌している膵臓のランゲルハンス島β細胞が死滅すると、生きているβ細胞のみでインスリンを分泌するしかなくなります。
膵臓の機能が回復しても極力糖質を制限し、インスリンの基礎分泌以外の追加分泌をしない生活を続けることが、自身の一生のために望ましいです。

Q.夕方、しんどくなったら砂糖を含むもの(お菓子・飴など)を食べていたんだけど?
上記と同じですが、低血糖症の治療中の人はお菓子は食べないようにしましょう。
お菓子や甘いものは、食べてすぐに分解・吸収され、短時間で血糖値が急激に上がり、膵臓に優しくないです。

Q.何を食べて、何を食べてはいけないの?
治療方法内の食事療法の実際に詳しいことが書いてあります。

Q.外食してもいいの?
問題ないです。
ですが、外食はメニューを良く見て、炭水化物や砂糖といった糖質が少なく、タンパク質が多い料理を選びましょう。
レストラン等では砂糖の量などを店員さんに確認することも出来ます。
コンビニやスーパーではパッケージに記載されている原材料名をよく確認します(多く含むものから順に記載されています)。
コンビニでも低GI値の食品は手に入ります。
ある程度GI値の低い商品を覚えておくことが必要です。

Q.嗜好品…タバコ、コーヒー、お酒は?
やめておいたほうがいいです。
これらは一時的に血糖値を上げますが、血糖値を一定に保ち膵臓を休ませるという治療ですのであまりよくありません。
タバコは出来る限りやめ、コーヒーはカフェインレスコーヒーにし、水分は水か麦茶(ノンカフェイン)にします。
お酒も最近では「糖質ゼロ」のものが増えていますので、どうしても欲しくなった場合、そう言ったものに切り替えましょう。

Q.食事療法はどういうペースで、いつまで続ければいい?
体調が良くなるまで(治療初期)は、ある程度厳密にやった方が良いです。あとは定期検診の結果や医師のアドバイスなどに従い、体調と相談しながら続けましょう。
これまでの食生活が低血糖症となった原因の一つでもあると言えるので、出来る限り継続する方が良いと考えられます。

Q.いつ治るの?
数週間~数年単位とばらつきがあり、食生活・生活習慣の改善の内容により個人差があります。
定期検診にて血液検査を行い、栄養状態の確認と改善を行い、症状の緩和・改善・不定愁訴がなくなるまで治療を継続することをお勧めします。

Q.サプリメントは飲まなきゃいけないの?
食事が基本であり、サプリメントは補助的な物です。
生活習慣と食生活の改善で回復する人も多いですが、より多くの改善を求める場合や血液検査を行い栄養の欠乏を指摘された場合はサプリメントを併用することをお勧めします。

Q.サプリメントはどこで買えるの?
血液検査を行った病院で買うことも出来ますし、ドラッグストアや個人輸入など個人で適当に用意することも出来ます。
ただしドラッグストアのものは表示の含有量以下の低品質のものが多くおすすめしません。病院のものや個人輸入の高品質の物の方が効果が期待できます。

Q.調味料の糖分はどうなの?
あまり神経質になる必要はありませんが、なるべく薄味を心がけるほうが良いです。
まずは砂糖を使った菓子、スナック菓子、主食(白米・白いパン)をやめることを優先します。
料理などで甘みが欲しい場合、エリスリトールを使った「ラカントS」や「エリスリム」を薬局で入手し、使用します。
エリスリトールは血糖値を上げない甘味料で、ほとんどが尿から排出されてしまいます。

Q.果物はどうなの?
果糖が含まれるので、控えめにすべきです。
熟れたものや、GI値が高いものを避け、食べ過ぎないようにします。ドライフルーツも同様です。
食事療法に慣れるまでは果物の甘さに依存しやすいので、治療初期は食べないほうがいいと思われます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。