治療方法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


治療方法


独自に情報を収集して食事療法を行い、自分なりに治療してゆく方法と、
医療機関でカウンセリングや血液検査を行い、低血糖症なのかどうか診断を受けて、病院と相談しながら治療してゆく方法があります。

どちらも食事療法をきちんと行うことが出来れば、経過にあまり変わりはありませんが、栄養状態の早期改善や食事内容の改善はひとりではなかなか難しい面があります。
(自分自身だけではなく家族や周囲の人の理解と協力が必要です)
低血糖症は糖尿病の前駆症状でもあるので、可能な限り医療機関での検診を推奨します。



食事療法


低血糖症は糖の摂取不足で起こるものではなく、糖分に対する膵臓の機能異常により起こります。
低血糖症の治療では、血糖値をコントロールする薬を使い対処療法を行うのではなく、血糖値を極力上げない食生活に変更して、膵臓の機能回復を図ることが重要となります。
血糖値の上昇・下降を緩やかに行わせることで膵臓の血糖調整作業を低減し、膵臓を休ませ、血糖調節能力を回復させるのが食事療法の目的です。




医療機関での診察について

食事療法だけでも充分回復に至りますが、効率的な治療、早期回復、体調管理、栄養状態の把握などの面から 診察を受けることが望ましい です。

低血糖症が診断できる医療機関はこちら。
「5時間糖負荷検査」という血液検査を行っている病院では、栄養状態、血糖値の推移、ホルモンの分泌状況、身体反応などが検査できます。
※5時間糖負荷検査は糖尿病の診断で行われる2時間糖負荷検査(経口ブドウ糖負荷試験)とは内容が異なります。5時間糖負荷検査は一般的な病院の内科などではほとんど受診できません。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。