低血糖症について

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



低血糖症とは?


糖尿病、インスリノーマ、甲状腺、下垂体、副腎の機能不全で起こる低血糖(症)ではなく、主に膵臓の疲弊・機能失調による血糖値の調節異常。
その際に分泌されるホルモン(アドレナリンノルアドレナリンカテコラミン、コルチゾールなど)の作用により、心身面や体調面において様々な体調不良が起こる病気(病態)。
栄養療法(食事療法)などの治療により、膵臓の機能を回復させ、体調管理が可能です。



もっとわかりやすく!


すい臓の血糖値の調節機能がうまくいっていない状態です。
食事後に血糖値が上がったとき、すい臓は適正な値(80mg/dl位)に下げようとしてインスリンを分泌しますが、すい臓の疲弊によりこの機能がうまく働かなくなっているため、インスリンの分泌量が正常・適切でなくなり、血糖値が上がったり下がったりして、その影響でアドレナリンなどのホルモンも余計に分泌され、身体全体に影響を及ぼします。
大脳への影響は精神症状、身体への影響は体調不良など、実にさまざまな症状が引き起されます。

いきなり低血糖症になるのではなく、生来の体質や偏った食生活、高血糖←→低血糖を繰り返す期間がどのくらい続くか、などの様々な条件が積もり積もって、低血糖症という病気は形作られます。

主に精製された炭水化物・糖分を多く含む食品を大量・頻繁に取る食生活

糖質が体内で素早く吸収される

血糖値が急激に上がる

血糖値を押さえるためすい臓からインスリンが大量分泌される

血糖値が急降下!

低血糖になる

脳のエネルギー不足(脳は基本的に血糖=ブドウ糖をエネルギー源としている)

急降下した血糖を上げようとする

アドレナリン・ノルアドレナリンの過剰分泌→これらは攻撃ホルモンと呼ばれ、キレやすく攻撃的になる・不安感・恐怖感を強く抱く要因となり、さまざまな体調不良・精神症状を引き起こします。

これらの症状は鬱(うつ)・統合失調症・パニック障害・慢性疲労症候群などの症状と非常に似ており、そのように診断されていることが多くあります。



もっと詳しく!


(編集中)



放っておくと?


膵臓の血糖値調節機能の破綻であるので、将来糖尿病へと進行するリスクが高まります。
低血糖症は糖尿病の前駆症状であるので、早めの検査、予防治療が必要です。



低血糖症のタイプ


低血糖症はいくつかの種類に分類されます。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。