※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

@hypoglycemian(Twitter) | 低血糖症(mixi) | はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録| &bookmark_yahoo| deliciousに登録deliciousに登録| &bookmark_livedoor|

ここは低血糖症まとめ@wikiです。



最終更新日 0000-00-00 00:00:00
編集開始日 2009-05-12



原因不明の病気との孤独な闘いはもう終わりにしましょう。



低血糖症とは


血糖値の調節を行う「すい臓」の、インスリンを分泌する機能が正常でなくなってしまった代謝異常の状態です。
血糖値は通常80mg/dl程度に保たれていますが、人の身体は血糖値が低くなることには非常に敏感なので、血糖値が上がったり下がったり、低いままで留まってしまった時には、精神症状があらわれたり、心身にも様々な症状が起こります。

血糖値の調節異常を招く原因の多くは、すい臓のインスリン分泌機能の負担が大きい食事内容や、栄養が欠損したまま続けられている食生活・食習慣であり、ライフスタイルです。
血糖値の調節異常と同時に、栄養欠損も多くの精神障害や不定愁訴を引き起こす原因です。

低血糖症には特定の症状は無く、非常に多くの症状を呈します。
そのために誤った診断をされる事が多く、特に精神疾患領域では、統合失調症・うつ病・パニック障害・慢性疲労症候群・登校拒否・ADHDなど、さまざまな病気と診断されています。
正しい診断のためには5時間糖負荷検査を受ける必要があります。

分子整合栄養医学に基づく栄養療法を採用している医療機関では、5時間糖負荷検査を行っており、60項目にわたる詳細な血液検査で足りない栄養素を突き止めて最適な代謝が行えるように、すい臓の機能回復、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化と同時に、身体の持つ恒常性を高める治療が行われています。

治療の軸となっている栄養療法では、すい臓の機能回復を図る糖質を避ける食事内容への変更や、栄養士による食生活の指導などと共に、栄養状態の改善のための医療用のサプリメントを用いた治療が行われています。
精神疾患との診断を受けて薬で対症療法の治療をされていた方からは、薬が必要であった症状の改善例が数多く報告されています。


低血糖症まとめ@Wikiについて


このサイトは患者が多いにもかかわらず、世間にあまり知られていない低血糖症という病態を広く認知・理解してもらうために設置されました。
治療方法は個人で異なりますのであくまで参考として下さい。
実際の治療方法などは病院により異なるので、詳細は各病院に問い合わせてください。
なお、当サイトを利用されることで発生したトラブルや損失損害に対しては管理人および編集者は一切の責任を負いません。

このサイトは他のWiki同様、誰でも編集することが出来ます。各ページの右上「ログイン」メニューよりログインして編集してみてください。
何かありましたらこのwikiの管理者に連絡、編集は出来ないが載せて欲しい情報がある場合、要望がある場合は、お手数ですが要望掲示板に書き込んでください。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。