大惨事

概要

数百年前にロックヘイムで発生した大災害。
テオブロマにて突如二柱の司神トゥエリス=エキドナオシリス=ハデスが降臨し、厄災を撒き散らした。

原因

一般にはテオブロマのオルク人ソロモンの指輪を用い、禁断の術を使って司神を降ろしたとされているが・・・
+ 以下ネタバレ 
ソロモン原典から無理矢理帰還した際、その穴から司神が這い出てきた。
この事はソロモン自身にとっても想定外の事態だったが、ソロモンにとってロックへイムはさほど重要ではないため、
テオブロマ・パンヤが滅びても留まり続け、大惨事が確定してしまった。

被害

司神降臨によりロックヘイムの生き物達は強制躰化され鳥類は絶滅、
傀獣キマイラ)たちが蔓延るようになった。
母胎であるオシリス=ハデスの降臨により強化された骸者達はソロモンへイムに攻め込み、
魔王達がこれに応戦したがかなりの死者が出た模様。
テオブロマのあったネプリは半壊状態、パンヤのあったネプリは完全に死滅。

収束

事態を収拾しきれなくなったリョースは大惨事の解決を魔王達と協議したが、
魔王にも手立てがないと知るとロックへイムから締め出し、
骸者殲滅部隊の入界を許可する以外の関係を断絶、
以降リョースは問題の解決を図るためソロモンの指輪を捜し求めている。
またこの時からリョースはロックヘイムの全ての変成を拒絶する強迫神経症を患っている。(byメフィストフェレス

その後

大惨事の前、ロックへイムの住人の九割を占めていた妖精たちは大惨事により絶滅の危機に瀕した。
そこで妖精たちはソロモンへイムから人を誘致、拉致して有性生殖することによりその血が絶えることを防ごうとした。
そのため現在ロックヘイムの住人は人と妖精の混血種(半妖精)が大半を占めている。
しかし妖精達自体は骸者や傀獣の襲撃により年々その数を減らし妖精ドウェルグ達はロックへイムより姿を消した。
生き残ったわずかなドウェルグ達はソロモンへイムで悪魔に仕えている。
テオブロマの生き残ったオルクたちはネプリの奥へ逃げ込んだ。

骸者達は大惨事によりその勢力を大きく伸ばしたが悪魔やリョースを打ち破るにはいたらなかった。
現在はパンヤ国のあったネプリの残骸を占拠し骸者連合国カポックと名乗りリョースや悪魔達と拮抗を保っている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。