四大神獣

神獣のなかでも司神の実子である四頭。
親の司神の司る力を扱うことができる。

神話によれば、かつて四大神獣は司神の「肢」として世界に放たれたが、
司神が<神>によって封じられた際、四大神獣の多くも胎界に封じられた。
一部の四大神獣は神獣石となり、封印を免れ生成世界にとどまった。

飲血躰化は四大神獣の血を用いて行う。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。