司神

古の神々。<�神>によって狂わされたとされる。
神獣よりもはるかに強大な存在で、あらゆる法則の外にある。

概要
全部で47柱存在し、それぞれが47あるたましいの力を司っている。
たましいの力はいずれも胎界を変成させて世界を生成させる。
アトゥム・ガイア・リリス以外の司神は絶対素数胎界に幽閉されていおり、
人間のたましいの扉はそれぞれが司神のいる胎界に繋がっている。
司神は自らの力を強めることを望み、多くのたましいを自らの胎界に取り込もうとしている。
司神の中でも強大な4柱は四大司神と呼ばれる。
胎界に由来する存在(四大神獣神獣精獣妖精従属獣)は、
司神と何らかの繋がりを持つ。

名前
司神は人類の神話や宗教にその名を刻み、強い存在承認を受けている。
三つの名前を持ち、内二つは神話や宗教に残され、一つは真の名として秘匿されている。
多くの司神はエジプト神話とギリシャ・ローマ神話にそれぞれ一つずつ名前を残している。
+...
ソロモンは「タロットカード」に司神の真の名を記したとされる。
+...
司神の真の名はその殆どが、人間には解読・発音不可能なものだった。

司神の力の利用
司神の力は様々な形で利用されている。
生成世界で司神の力を行使するとその司神の影響力が増していく。

神話
(リリス以外の)司神は一般に、<神>によって狂わされ、
絶対素数胎界に封じられたとされているが、事の真相は不明。
<神>など存在せず、司神たちが協議して自ら封印を選んだ、
あるいはもともと自我などなかった、などと考えている者もいる。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。