「ルキフグ派」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ルキフグ派」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-#contents
-
-**ルキフグ大主
-ルキフグ派の長。四大神獣。魔界の副王。
-
-**アスタロト
-[ルキフグ派]王族魔王で魔界第一君主。外見はオカマ風。
-タロット・アスの主。ベールが崩御した際には大主へ昇格するとの噂。
-悪魔の中で唯一嘘をついても禁忌に触れない。
-#region(  )
-魔王たちの中で3千年前最もソロモンと接触時間が長かった。
-ソロモンから指輪を受け継いで専有胎界や嘘をつける能力を得たとされるが真偽は不明。
-因みに専有胎界内では天肢が飛んでおり、禅寺のじじいが持っている天肢の入った壷はアスタロトの専有胎界で作られたものである。
-メフィストによれば、アスタロトは正気の一面さえも持ってない。
-ルキフグの判断で、ベールが崩御しても大主は空位のままにして、アスタロトの大主への繰り上げはないことが決定された。
-アスタロトは自分の主であるルキフグから解き放たれており、ルキフグに忠誠を誓ってはいないようである。
-#endregion
-
-**タロット・アス
-[ルキフグ派]別名『塔の男』。ヘッド暗殺リストTOP3に名前が載っている。
-アスタロト直属の使い魔である魔法則師。魔法則はアスタロトに授けられた。ピュア殲滅の担当者。
-#region(  )
-アールヴ人。昔はロックヘイムのキナモムム国で、ハッグの支配のもとバンシー達の管理をしていた一牧童だった。ピュアから『本』を盗んだことで、ハッグに肉親同然のバンシーたちを殺されアス自身も殺されそうなるが、アスは独りソロモンヘイムへと脱出した。そこで力を得るためにアスタロトと誓約し、ハッグを討つことを誓った。
-#region(第二部...)
-三つの連なる真の名は『シャローム・タロット・アス』
-#endregion
-#endregion
-
-**ブネ
-[ルキフグ派]上級悪魔。レリムの上司。
-
-**レリム
-[ルキフグ派]中級サッキュバス。
-アスの部下。
-
-**憑魔
-[ルキフグ派]アスタロトの命により塔の男の雑役をしていた下級悪魔。のちに戸的美穂に取り憑いた。
-#region(  )
-火事の中、戸的美穂そっくりに化けて本物の美穂と並ぶが、美穂の父は真偽を見破った。
-#endregion
-登場話数 #06
-
-**夢魔
-[ルキフグ派]魚成勇と誓約しようとしたインプ。
-#region(  )
-勇の夢の中で稀男に命の緒を切られる。
-#endregion
-
-登場話数 #03
+四大魔王の一人ルキフグに従っている悪魔とそのヘッド。
+属している悪魔はルキフグに自我を与えられたと思われる。君主はアスタロト。
+構成は登場人物の[[ルキフグ派]]を参照。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。