loading\tatooine.stf


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タグ  stf化不要

index name value_en value_ja
2 anchorhead If there was any town on Tatooine that was the farthest from Imperial rule, Anchorhead would be the one. Due to the independent nature of the residents of Anchorhead, it is not uncommon to find those sympathetic to the Rebels' cause walking out in the open. Imperial loyalists may find a less than warm welcome here. タトゥイーンの中でもっとも帝国軍の支配が及ばぬ街、それはおそらくアンカーヘッドだろう。 アンカーヘッドの住人は独立心が強く、公の場でストライキを行う反乱同盟軍の者に出くわすことも珍しくない。 帝国軍に加担する者であれば、ここで温かく歓迎されるなどと期待してはならない。
20 bantha Huge beasts with curving horns, banthas are as much at home being used as a transport by the Sand People on Tatooine as they are roaming the wasteland of the planet. The bantha's tongue is used for holding and carrying, eating and drinking, and as a signifier for bantha communications. Incidentally, their incisors are dangerously sharp as well. 巻き角を持った巨大な野獣であるバンサ(Bantha)は、タトゥイーンに居住するサンド・ピープルによって家畜化され、運搬用動物として使役されている。そしてしばしば、荒地を放浪するバンサの姿も見かけることがある。 バンサの舌は、物を持って運んだり、飲み食いするためにも使われる。そしてコミュニケーションを図る際にもこの舌は使われるのである。また、その切歯は尖っているので非常に危険だ。
3 bestine Bestine could be considered the capital of Tatooine, at least by Imperial standards. The Empire has made this city their primary base of operations upon Tatooine. With the welcomed Stormtrooper presence patrolling the area, Bestine is one of the most orderly and safe cities on the planet. A few words of advice to those who don't agree with the motives of the Empire: Move along. タトゥイーンに首都があるとするならベスティンである。しかしそれも、帝国側の尺度で測った場合にすぎない。帝国軍はタトゥイーンでの作戦展開にあたり、ベスティンを主要基地としている。 ストームトルーパーによる警備がいきとどいているため、ベスティンはタトゥイーンの中でももっとも秩序が保たれている街の1つとなっている。帝国軍に賛同しない者であれば、ここに立ち止まるのはやめておいたほうがよい。
30 bib_fortuna Bib Fortuna is known across Tatooine as Jabba the Hutt's personal advisor and majordomo. An exiled Twi'lek, Bib Fortuna's desire for power and willingness to commit heinous crimes keep him in good standing with Jabba. All those who wish to work for Jabba go through Bib first. ビブ・フォーチュナ(Bib Fortuna)は、ジャバ・ザ・ハット(Jabba the Hutt)の個人的なアドバイザー兼執事としてタトゥイーンでは知られた存在である。 追放されたトワイレックのビブ・フォーチュナは、権力に対する野心、そして進んで犯罪に手を染めることがジャバに気に入られ、側近として高い評価を得ている。ジャバの元で仕事をしたいと思う者は、まずは彼と交渉することだ。
25 bocatt A strange hybrid of lizard and feline, the bocatt can be found out in the wastelands of Tatooine. They walk on all fours with reptilian claws and attack with fierce incisors that jut out below their chins. The bocatt can use its sense of smell to track a wounded animal or a particular smell for miles at a time. タトゥイーンの荒野に生息しているボカット(bocatt)は、トカゲ科とネコ科の両方に属している。 4肢の先には爬虫類を連想させるかぎ爪が、そしてあごの下からは獰猛な切歯が突き出ている。 そしてボカット(bocatt)は、何マイルも先にいる傷ついた動物を嗅ぎつける程の嗅覚を有している。
27 cu_pa A distant cousin of the Taun-Taun, the cu-pa has evolved as a warm-weather creature. Usually not aggressive, the cu-pa is content to roam the deserts of Tatooine, avoiding larger predators with quick bursts of speed. The coloration of the cu-pa ranges deep tan to bright golden, and many have combinations of these colors. トーン・トーンと同じ祖先を持つク=パ(cu-pa)は、暖かい気候に適応するように進化を遂げている。 性格は比較的穏やかで、自分より大型の捕食者の牙を巧みに逃れながら、タトゥイーンの砂漠を放浪している。 ク=パ(cu-pa)の外観は深みのある黄褐色から明るいゴールドカラーのものがあり、その多くは両色が混じりあっている。
32 dera_darklighter Daughter of Huff Darklighter, Dera is a well known member of the Tatooine community. Rather than wallowing in grief, Dera has used the recent death of her brother, 'Biggs' Darklighter, as a source of inspiration. Sharing the same views as the rest of her family, Dera is a charming orator. She is known locally for speeches about matters such as 'Personal Rights', 'Oppression vs. Freedom', and 'Democracy'. ハフ・ダークライター(Huff Darklighter)の娘であるデラ(Dera)は、タトゥイーンのコミュニティでは良く知られた存在である。 兄弟である"ビッグス"・ダークライターの死を嘆き悲しむのではなく、デラはこの不幸な過去をインスピレーションの源として自分の中で活かすことを決意した。他の家族と同じ思想を掲げるデラもまた、演説家としてのカリスマを備えている。地元では「個人の権利」や「抑圧対自由」、そして「民主主義」といったテーマについてのスピーチが特に有名である。
21 dewback Large, omnivorous lizards found in the deserts, dewbacks are named for the sweat they exude during periods of rest. Active during the day, dewbacks become sluggish during the cold desert nights. Faster and more agile than a bantha, Imperials have trained dewbacks as mounts. Sometimes a dewback will develop a taste for their own meat resulting in them becoming cannibalistic in nature. 砂漠に住む非常に大きい雑食性のトカゲ、デューバック(Dewback)。その名前の由来は、彼らが休息する際にかく汗である。日中は非常に活発だが、夜を迎えるととたんに動きが鈍くなる。それでもバンサよりも機敏に動くため、帝国軍はデューバック(Dewback)を騎乗用に調教して使用している。また、時に自分たちの肉に味をしめ、共食いすることがある。
19 eopie Eopies have small, bulbous bodies supported by four spindly legs, but are quite graceful out in the sandy desert. Eopies are swift moving, herbivorous mammals that can cover long distances with minor moisture loss. Easily domesticated, they are mainly used as beasts of burden and in caravans, or sometimes as food. イオピー(Eopie)とは丸く膨らんだ胴体を細長い4本の足が支える小型クリーチャーだが、その姿は砂漠においてとても優雅である。 イオピー(Eopie)は迅速な動きをする草食性の動物で、多少水分が不足していても長距離を移動することができる。 非常に飼いやすいため、主に重い荷物の運搬やキャラバン、そして時には食料としても用いられることがある。
13 fallen_star Inspired by the success of the Lucky Despot in Mos Eisley, the Fallen Star is a grounded cargo ship-turned-cantina. The Fallen Star is known to attract the seedier sorts of people from this part of the Outer Rim. Whether you're in Mos Entha for business or pleasure, the Fallen Star is one place you don't want to miss. ファレン・スターもまた、貨物船を改造したカンティーナだ。モス・アイズリーがラッキー・デスポットで成功したことに触発され作られた。 ファレン・スターはアウター・リムのこちら側で評判のよろしくない人物たちが集う場所としても知られている。 ビジネスや娯楽でモス・エンサに滞在する機会があるなら、ファレン・スターを一度見ておいても損はないだろう。
10 fort_tusken One of the first settlements upon Tatooine, Fort Tusken was assaulted by the indigenous Sandpeople in its early years. Due to the ferocity of the attack, the Sandpeople were later nicknamed "Tusken Raiders". Tusken Raiders now patrol the Fort and surrounding caves, intent on keeping the namesake structure as their own. タトゥイーンの中でも最初に開拓された土地の1つであるフォート・タスケンは、開拓開始から間もない時期に、土着の種族であるサンド・ピープル(Sandpeople)の襲撃を受けた。 襲撃を行ったサンド・ピープルは、その残忍な手口からのちに「タスケン・レイダー(Tusken Raider)」と命名された。彼らは、自分達の種族にちなんだ名前を持つこの土地を守るため、タスケン・フォート及びその周辺の洞窟を巡回している。
16 great_pit_of_carkoon According to the rumors, only Jabba the Hutt and the Sand People know where the Great Pit of Carkoon can be found. The Great Pit of Carkoon is the home to the Sarlacc, a creature that takes 1,000 years to digest its victims. Jabba the Hutt treats the Sarlacc as a pet, making sure to feed it regularly... 噂では、カークーンの大穴の場所を知っているのはジャバ・ザ・ハット(Jabba the Hutt)とサンド・ピープルだけである。 カークーンの大穴の主は、餌食となったものを消化するのに1000年費やすと噂されるサーラック(Sarlacc)である。 ジャバ・ザ・ハット(Jabba the Hutt)はサーラック(Sarlacc)をペットのように可愛がり、日ごろから欠かさず餌を与えていると言われている…
9 imperial_oasis The most luscious oasis on Tatooine has come to be known as the Imperial Oasis. Not used to enduring the heat of the desert, the Empire has set up a permanent base around this oasis for their personal use. According to some who have served with the Empire, they describe the place as the only paradise on all of Tatooine. タトゥイーンにおいてもっとも魅力的なオアシス、それが帝国のオアシスである。 砂漠の暑さに慣れていない帝国軍は、このオアシスの周囲に専用の居住区を建設した。 帝国軍に従事した経験を持つ者によれば、帝国軍はこのオアシスをタトゥイーン唯一の楽園と称している。
28 jabba_the_hutt As the most notorious crime-lord in the Outer Rim, Jabba the Hutt makes his home on Tatooine. A member of the Hutt species, Jabba resembles a bloated slug who resides upon a large dais to support his weight. Controlling most of the smuggling, spice shipping, and loan sharking within the region, Jabba is the unspoken ruler of the planet. アウター・リムの悪名高い犯罪王、ジャバ・ザ・ハット(Jabba the Hutt)もまたタトゥイーンの出身である。 ハット一族であるジャバの姿は、大きくなり過ぎたナメクジを連想させ、普段はその体重を支えるために常に台座に腰掛けている。 この地域における密輸やスパイスの取引、高利貸しのほとんどを支配しているジャバは、この惑星の裏の支配者だと言えるだろう。
11 jabbas_palace A great structure rising out of the dunes, Jabba's Palace is usually mistaken for a mirage. Jabba the Hutt holds court here, and a motley crew of lowlifes who work for him call his Palace home. The mysterious spider-like droids that walk the corridors are whispered to be the true owners of the building and are letting Jabba use it. For now. 砂漠にそびえたつジャバの宮殿は、しばしば蜃気楼と間違われる程の威容を誇る建造物だ。 この宮殿には、ジャバ・ザ・ハット(Jabba the Hutt)に仕えるあらゆる種族のならず者が住んでいる。 実は宮殿の本当の所有者は、宮殿内の廊下を行き交う蜘蛛の形をしたドロイドだという噂がある。彼らは今のところだけ、ジャバにこの宮殿の使用を許しているというのだ。
17 jawa Short, intelligent scavengers, Jawas dress in dark hooded robes covering all but glowing eyes. Scavengers by nature, Jawas tend to pick up an odd assortment of droids and mechanical parts. They use huge sandcrawlers for shelter, storage and mobility. 背丈は小さいものの高度な知性をそなえたジャワ(Jawa)は、一様にフード付きの暗い色のローブを身にまとい、その光る目を除く全身を覆い隠している。 廃品を回収することを本能とする彼らは、変わった種類のドロイドやあらゆる機械部品を拾い集める。彼らはサンドクローラーを移動手段としてだけではなく、拾い集めた廃品を収容したり身を守るシェルターにも利用している。
15 jawa_fortress A collection of Sandcrawlers forming a formidable barrier, the Jawa Fortress is one of the few 'homes' to the Jawas. The Jawa Fortress is the site of the largest, permanent gathering place for the Jawas. Here you can find all kinds of working droids, broken droids, and more salvage than a Toydarian junk dealer could shake a chance cube at. ジャワ(Jawa)が暮らす「集落」の1つが、サンドクローラーを連ねて非常に頑丈な壁の代わりにしているジャワの要塞だ。 ジャワ(Jawa)の要塞は、彼らの居住地の中でも一二を争う大きさである。 ここにはドロイドから回収品まで、トイダリアン(Toydarian)のジャンク・ディーラーでも手に入らないような、あらゆる品々が揃っているのだ。
33 jawa_mountain_fortress The Jawas have turned this abandoned fortress into a giant ongoing bazaar. Here Jawa tribes, settlers, thieves, and visitors from all over Tatooine meet to buy, sell, and haggle. The fortress also shelters desperate fugitives and more than a few washed-up losers. ジャワ(Jawa)は、この使われていなかった要塞を巨大なバザーとして生き返らせた。ここには、ジャワ(Jawa)や移住者、泥棒、そしてタトゥイーンの至る所から集まった客が滞在し、品々の売買や値段交渉などが行われている。またこの要塞は、追い詰められた逃亡者や、社会から完全に落伍してしまった者たちの隠れ家としても機能している。
22 krayt_dragon One of the most fabled beasts of Tatooine, the krayt dragon is said to keep growing larger throughout its lifetime. The head of the dragon is heavily armored, and five large horns grow from its crown. Like some reptiles, the krayt dragon ingests stones and boulders and holds them in a series of gizzards. The smoothest of these stones are known as 'Dragon Pearls', and are extremely valuable. その生涯を通じて成長を続けるなど、クレイト・ドラゴン(Krayt Dragon)にはタトゥイーンに生息する獣の中でももっとも多くの伝説がつきまとう。頭部は頑丈な装甲に覆われ、さらに頭頂からは大きな角が5本生えている。 多くの爬虫類同様、彼らもまた石や玉石を摂取し、砂嚢に保持する性質を持っている。その中でも、もっとも表面が滑らかな物こそが「ドラゴン・パール」だ。この希少価値は非常に高く、銀河でも名高い逸品として知られる。
14 krayt_graveyard Ever since settlers first encountered the dreaded Krayt Dragons, they wondered where the dragons go to die. Due to the extreme danger associated with these creatures, not many have been too eager to find out. A few brave adventurers have searched for the graveyard, hoping to find a fabled 'dragon pearl'. None have returned. この惑星への移住してきた者たちは、クレイト・ドラゴン(Krayt Dragon)に遭遇して以来、この怪物がどこで死を迎えるのかという疑問を抱いていた。 彼らとの遭遇には大きな危険が伴う。そのため、この疑問を積極的に調べようとする者はいなかった。かつて数人の勇敢な冒険者が、この疑問を解決し、またこの怪物が持っているとされる「ドラゴン・パール」を求めて旅立ったことがある。しかし、誰一人として生きて戻ってはこなかった。
29 lady_valarian Lady Valarian is the owner of the Lucky Despot in Mos Eisley, and one of the few to openly defy Jabba. In addition to her hotel, Lady Valarian is attempting to move in on Jabba's other illegal activities. She believes that if she could remove Jabba from the picture, she could get a much bigger piece of the action in the Outer Rim. レディ・ヴァラリアン(Lady Valarian)は、貨物船ラッキー・デスポットの所有者であると同時に、公にジャバに楯突くことができる数少ない者の1人である。 彼女はホテル経営に加え、現在ジャバが支配している違法ビジネスへの進出を目論んでいる。 もしジャバを違法ビジネスから排除できれば、アウター・リムでより大きなビジネスを展開できると考えている。
12 lucky_despot Once a cargo ship, the Lucky Despot's final flight ended up causing her to crash - right into the heart of Mos Eisley. Too large to salvage, the wrecked ship was purchased by Lady Valarian and turned it into both a hotel and cantina. While in Mos Eisley, stop by and enjoy a drink or a live show. かつての貨物船ラッキー・デスポットは、モス・アイズリーのど真ん中に墜落して、船としての生涯を終えた。 船体が大きすぎて撤去できなかったため、レディ・ヴァラリアン(Lady Valarian)はこの墜落した船体を購入、ホテルとカンティーナとして利用することにした。 モス・アイズリーに滞在した折には、ここに立ち寄って、お酒やライブ・ショーを楽しむのがお奨めである。
31 max_rebo_and_the_max_rebo_band Under an exclusive contract with Jabba the Hutt, Max Rebo entertains those in Jabba's throne room. The band consists of Max on keyboards, Droopy McCool on slitherhorn, and the irrepressible Sy Snootles doing vocals. Max isn't necessarily happy to be under exclusive contract, but it is unwise to break a deal with Jabba. マックス・レボ(Max Rebo)はジャバ・ザ・ハット(Jabba the Hutt)と独占契約を結び、ジャバの謁見室でエンタテイナーを勤めている。 バンドを構成するのはキーボード担当のマックス本人、スライザーホーン担当のドルーピー・マックール(Droopy McCool)、ボーカルはたまらなくチャーミングなサイ・スヌートルの面々。彼はジャバとの独占契約に必ずしも満足しているわけではないが、契約を破棄してしまうのも賢明ではないと考えている。
4 mos_eisley You'll never find a more wretched hive of scum and villainy than Mos Eisley. Due to the remote location of Tatooine, Mos Eisley is a prime location to ply a less than lawful trade. While visiting the city, stop by the cantina for a drink. Just remember to leave your droids outside. 銀河の中でもっとも数多くのならず者や悪漢がたむろしている場所、それはモス・アイズリーだろう。 タトゥイーンが銀河の果てに位置するおかげで、モス・アイズリーほど非合法的な商売をするのにふさわしい場所はない。 街を訪れる機会があれば、カンティーナに立ち寄って一杯やるのもよい。ただし、ドロイドが入店禁止だということだけは忘れてはならない。
5 mos_entha The citizens of Mos Entha are taking pains to clean up their town. Don't be mistaken, for in Mos Entha you can still find back-alley trading and mysterious, unmarked ships. Throughout the town you'll find a mix of new, higher-class hotels and cantinas mixed with all manner of species hawking their wares and services. モス・エンサの市民は、町を綺麗にするために大変な努力を払っている。しかしそれでも、いかがわしい取引や怪しげな宇宙船を一掃するには至っていない。 また、街中のいたる所には、新しく建てられた高級ホテルやカンティーナが点在している。これらの施設では、あらゆる種族に対する贅沢品や各種サービスが取り揃えられている。
6 mos_espa The largest city on all of Tatooine, Mos Espa offers all types of services. Whether you're looking for the mundane or the highly illegal, you can find it in Mos Espa. Mos Espa is known for producing some of the Galaxy's best Podracers. Whether you live on Tatooine or are just visiting, Mos Espa is the place to see. タトゥイーンにおいて最大の街であるモス・エスパには、ありとあらゆるサービスが存在する。ありふれた物から非合法品まで、モス・エスパに行けば揃わぬものはない。 またモス・エスパは、銀河中でもトップレベルのポッドレーサーを輩出することでも有名である。 タトゥイーンの住人にとってもそうでない人にとっても、モス・エスパは一見の価値がある場所だ。
7 mos_taike Located on the outskirts of Tatooine, Mos Taike is a welcome sight to those who find themselves lost among the dunes. Mos Taike is populated by those who don't like the easy life of cities like Mos Eisley. Tusken Raiders have been known to attack the town from time to time, so keep your blaster ready. タトゥイーンのはずれに位置するモス・テイケは、砂丘で迷った旅人にとってのオアシスに等しい存在である。 モス・テイケの住人は、モス・アイズリーなど都市部での気楽な生活にはなじめなかった者たちが多数を占める。 ただしタスケン・レイダー(Tusken Raider)がモス・テイケを襲撃することがあるので、ブラスターの備えは怠ってはならない。
24 ronto Towering beasts of burden, Rontos are prized for their ability to shrug off Tatooine's intense heat. Their size makes them particularly effective at discouraging predators, both animal and alien. Somewhat skittish in urban environments, a ronto's poor eyesight is unable to adjust quickly enough to recognize fast moving vehicles. 体高が高いため荷物運搬にも用いられているロント(Ronto)は、タトゥイーンの熱をその皮膚で逃すことができる点で重宝されている。 また体高があるために、動物やエイリアンを問わず、あらゆる外敵を素早く認識することができる。 視力が弱いロント(Ronto)は、動きの早いビークルに圧倒されてしまうので、都市では臆病になりがちである。
18 sand_people Sand People, or "Tusken Raiders", are primitive warriors adept at surviving the harsh desert environment. Since most of their technology is stolen from settlers, it's not rare to find hundred year old rifles still being used by them. Tusken Raiders are a threat to all, primarily settlers and travelers. Most inhabitants of Tatooine believe that until the Sand People are wiped out, no one is safe. 「タスケン・レイダー(Tusken Raider)」の通称で知られるサンド・ピープル(Sandpeople)は、砂漠という厳しい環境を生き抜いてきた土着の戦士である。彼らの使用する武器や機械類は移住者からの略奪品がほとんどであるため、未だに100年前に作られたライフルを使っていることも珍しくない。 彼らはあらゆる種族にとって脅威となりうるが、特に移住者や旅行者は気をつけなければならない。タトゥイーン住民は、彼らが絶滅しないと安全暮らせないと考えている。
1 tatooine Twin suns have baked this once fertile planet into a dry, desert wasteland. This has not prevented the hardiest lifeforms to try to eke out an existence upon the planet's face. Tatooine is found at the far end of the Outer Rim of the galaxy. Some go so far as to say that if there is a bright center to the Galaxy, this planet is the furthest from it. かつては肥沃な惑星だったタトゥイーンを、二重太陽は乾燥した砂漠の惑星へと変化させた。 しかし過酷な環境ですら、この惑星に生息する生物の繁殖を妨げることはできなかった。 アウター・リムの端に位置するこの星は、あまりにも銀河の果てにあるために、銀河の中心があるとするなら、そこからもっとも遠く離れている惑星こそタトゥイーンだ、と冗談めかして言う者もいるほどである。
8 wayfar Found past the Jundland Wastes, and neighbor to the Western Dune Sea, Wayfar could barely be called a town. Were it not for the fact some find the hard life of moisture farming appealing, Wayfar would be nothing more than an abandoned settlement. It's not uncommon to see a wild desert hermit come into town for needed supplies every now and then. ジャンドランド荒野を超えたウェスタン・デューンシーの近くにあるウェイファーは、街と呼ぶのもはばかられるような場所である。 もっとも、水分農業を始めようとする者にとっては、ウェイファーはうってつけの土地に見えるだろう。砂漠をさまよう世捨て人がウェイファーに必要物資の買い出しに来ることは、さして珍しいことではない。
23 womprat A large rodent, the womp rat is instantly recognized by its sharp incisors and aggressive nature. Womp rats have been known to attack even well-armed settlers and Sand People. Reproducing at a prodigious rate, they manage to survive all over Tatooine, despite sanitation efforts to eradicate them. 大型の噛歯動物、ウォンプ・ラット(womp rat)はその鋭い切歯と獰猛な性質が特徴だ。 その獰猛さは、重装備の移住者やサンド・ピープル(Sandpeople)にさえも襲い掛かるということからもうかがい知ることができる。 衛生面からもウォンプ・ラット(womp rat)を駆除するよう働きかけてはいるものの、その努力も虚しく、ラットはタトゥイーンの至る所で驚異的な速度の繁殖を続けている。
26 worrt Worrts are large, voracious creatures that eat anything that passes by. They digest their meals with a distinctive burp. When threatened, most worrts respond by fleeing but will attack with their sticky tongues if pressured. Stories tell of the worrt growing to enormous sizes atop the mountains of Tatooine. ウォート(Worrt)は通りかかるもの全てを食べてしまう貪欲な大型クリーチャーで、消化の際には独特のげっぷをする。 恐怖に直面すると大概は逃げ出すが、必要に迫られればそのべトついた舌で攻撃をしかけることをいとわない。 タトゥイーンの山々の高みでは、ウォート(Worrt)が驚異的な大きさにまで成長しているという噂もある。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|