外国人差別だ!と言われる方へ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

外国人留学生支援をして何が悪い、外国人差別だ!

と思われる方もいるでしょうがこれは 逆差別になっているのが現状 です。
何も外国人留学生への支援を打ち切れとは思っていません。
過剰な優遇待遇の国費留学生支援を止めて、日本国内の苦学生や経済的理由で進学を
諦めようとしている若者、学生、生徒に対しての奨学金にまわしてくれと言っているのです。
留学生受け入れには賛成しますが自国民の苦学生を差し置いて年に約500億以上も使うのは反対
日本人学生には無償の奨学金― 本当の奨学金 を与えて欲しいのです。

 ※海外では奨学金は返還不要のもの、それ以外のものは学生ローンと捉えられています。
  日本人だけが利息あり返還義務ありの学生ローンを奨学金と呼んでいるだけに過ぎません。

日本の留学生受け入れ過多

日本の受け入れ体制は各国と比べても高水準で
国費留学生に対する総務省の見解(2005年01月11日)http://www.asahi.com/edu/news/TKY200501110172.html
では 総務省は先進国の中でも高水準だとして、国の支援策について「規模の拡大を抑制すべきだ」
と述べ文部科学、外務など関係各省に要請しています。
また海外からの留学生が政府目標の10万人を達成し終えたのに現在では「留学生30万人計画」
を策定し、実施に移そうとしています。
 日本側の募集人数と中国側の募集人数、奨学金支給額では差がありすぎるという問題もあります。

   第169回国会における福田内閣総理大臣施政方針演説 「留学生30万人計画」 首相官邸
     http://www.kantei.go.jp/jp/hukudaspeech/2008/01/18housin.html
   中国政府奨学金留学生 募集人数:110名 日本学生支援機構
     http://www.jasso.go.jp/study_a/scholarships_foreign06.html
   日本側の留学生募集人数 研究留学生4,030人 教員研修留学生155人 学部留学生478人
     http://www.studyjapan.go.jp/jp/toj/toj0306j.html 外務省作成のホームページ

国費留学生の過度な優遇

国費外国人留学生
   学費、授業料は免除又は文部科学省負担
   返還不要の奨学金は研究留学生月額160,000円学部留学生は月額126,000円
    ※注意 以前は研究留学生月額175,000円学部留学生は月額135,000円
        今では上記の通り研究留学生16万、学部留学生12万6千円です。
   渡日と帰国に係る往復渡航費(航空券)支給
   渡日一時金 一律25,000円
   医療費補助 予算の範囲内で支給

   ※全外国人留学生数における国費外国人留学生の比率は約8%です。
(ttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/gijiroku/015/06060910/002.htm)


学費免除のうえ無償の奨学金が貰えて格安の住居の提供(国際交流館など)も受けられます。
日本人学生への公的な無償奨学金制度はなし、あるのは独立行政法人の日本学生支援機構
の第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(利息付)しかありません。
独立行政法人 として利益を得る事に重点が置かれるのはしかたがありませんね。
奨学金事業で得た利益はすべてが日本人学生に使われているわけではなく
外国人留学生のためにも使われている ことをもっと宣伝してもよろしいかと思います。
奨学金を返済している方は後進の学生のためだけではなく 各国の留学生も支援 していることになるのです。

  奨学金事業で得た利益の一部が国際交流館の運営資金となっている。
  東京国際交流館     http://www.tiec.jasso.go.jp/residence/index.html
  東京国際交流館の概要  http://www.tiec.jasso.go.jp/info/about.html
  他にも札幌、金沢、広島、福岡にも交流館があります。他の国際交流館、外国人留学生宿舎


外国人留学生の違法労働

留学生は就学が目的なので原則としてアルバイト等の「資格外活動」は禁止です。
しかし地方入国管理局に申請し、法務大臣から資格外活動の許可を得た場合に限り
  1日4時間以内、研究生は1日2時間以内でアルバイトができます。(包括的許可)
  休学中もアルバイト禁止

  そもそも国費留学生は日本留学中の学費その他の必要経費、住居の格安提供
  奨学金も与えられており就学が万全に約束された留学生なのですが、申請が
  ザルなので国費留学生でも簡単にアルバイトができてしまうのが現状で、規定
  以上の時間を過ぎてアルバイトをしても大学側(教官・学務含む)は知ってい
  ても黙認していることが問題となっています。

  当たり前ですが留学生に対しての奨学金等は日本の国税から支給されています。

日本の大学を代表とも言える東京大学の対応

   アルバイトの原則禁止を記さず申請手続きの具体的な方法までもしています。
  これでは留学生に資格外活動の奨励をしていると受け取ってしまうこともありそうです。
  日本の大学の代表と言える東京大学がこのような対応をしているのでは
  全国の大学が参考にすると言えるでしょう。

  http://www.u-tokyo.ac.jp/res03/i_guide06_01_j.html 東京大学 留学生の手引き



私費留学生は苦学生か?

就学が万全に約束された国費留学に比べアルバイト(資格外活動)をしている人数は
多いと思われていますが、中には出稼ぎを目的とし留学生もいるのも確かです。
大半の日本人は私費留学生=貧乏、苦学生 というイメージを持っている事でしょうがそれは誤った認識です。
逆に日本では留学はお金持ちがするものだと思われているふしがあります、それは留学
した後に資金が底を尽き海外で必死になってアルバイトをしないために、留学への
資金を十分に貯金、用意をして海外留学に臨む人が多いことに起因しているとも言えるでしょう。
留学するのに渡航費だけを持ち留学する人は少ないと思います。
しかし出稼ぎを目的とする留学生は少ない費用だけで留学して違法労働に勤しみます。
留学生を雇う経営者達は規定以上の時間労働(違法労働)をする彼らを 文字 してもおかしくはありません。
必ずしも私費留学生=貧乏、苦学生というわけではないことに気づいてください。

出稼ぎを目的とした留学生だけではなく真面目に勉強をする私費留学生に対しての待遇についての問題もあります。
過剰な優遇待遇の国費学生を減らせば私費留学生や日本国内の苦学生や経済的理由で進学
を断念した若者にも救済措置を取れると思いますが国費留学生の中には中国のお偉いさんの
子息もいるのでなかなかそうはいかないでしょう。

 預金残高証明書を提出する時に借金をし、資金をごましかてまで出稼ぎをする
 留学生も存在します。結果的に借金に追われ犯罪行為に走る留学生も少なくないです。
  参照 留学生、奨学金関連アーカイブログ、参考資料等警察白書(3)来日外国人等によって構成された犯罪組織

私費留学生の待遇についてはこちらを参考して下さい。   → 私費留学生の待遇
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。