カードリスト > 武田家 > Ver.1.1 > 048_馬場信春

武将名 ばばのぶはる 武田四名臣
R馬場信春 武田四名臣の一人で、信玄が厚く信頼を寄せ
ていた将。戦場ではかすり傷一つ負うことも
なく泰山の如く、悠々とその武を発揮したと
いう。多くの戦地に赴き、その生涯を武田の
勝利の為に捧げた。

「武田の強さを示せば、
それで戦は終わるだろうよ」
出身地 甲斐国
コスト 2.5
兵種 弓足軽
能力 武力8 統率8
特技 制圧 気合
計略 泰山の陣 【陣形】(発動すると陣形が出現し、
その中にいる間のみ効果が発生する。
陣形は複数同時に使用できない)
静止している味方の武力が徐々に上
がる。
必要士気5
Illustration : 塚本陽子

風林火山の一字である「山」を背負って登場した2枚目の鬼美濃。
渋く雄々しかった前バージョンの姿から、老獪さを帯びた任侠の親分風な姿へと変貌した。
このカードの登場で「風林火山」の字を含む陣形が3つ揃い、その所持者はいずれも武田四名臣である。
追加当初は2.5コストの弓でありながら武力7統率10だったが、Ver2.10にて武力8統率8へと変更。
武力8になったことで弓として戦いやすくなったものの、統率10から8の変更は大きな変更点である。
とはいえ、高統率+制圧+気合で大筒上での存在感は抜群。

計略は占領作戦を陣形にしたようなもの。
範囲は横幅は戦場の5/7、縦幅は戦場の1/2とかなり広めの長方形。陣は自身を含めた前方に展開される。
効果時間は約13c。陣形展開後から約1.1c毎に+1ずつ増加し、終了時まで停止していた武将の武力が+13になる直後で切れる。統率依存は約0.4c(Ver2.10)
忍従の陣同様に、一度陣から出てしまうと陣に入りなおしても武力上昇がリセットされるので注意。

自身が武力21までジワジワと上昇するために単体超絶と考えてもそこそこの威力を発揮する上、
味方と揃って待ち構えればその味方も武力+14まで上昇するとあって、先撃ちで受け身の体勢を取った場合には鉄壁を誇る。

Ver2.01xまでは計略発動後に本人が動くことは出来なかったが、Ver2.10にて陣形展開後も動けるように変更。

高コストの制圧持ちなので大筒上で陣を張るのは有効だが、相手も筒への防衛や逆サイドアタックがしやすくなってしまう。
また武力が大きく上がるとはいえ、即効性が無いのが弱点。

計略の性質上、弓や鉄砲と相性がいい。武田家には鉄砲が少ないが、士気も軽く勢力を問わないため、混色でも扱いやすい。
「動かないこと」が重要なため、これまで軽視されがちだった「高統率の遠距離兵種」に価値を見出すことができるだろう。

泰山の陣の範囲
添付ファイル