カードリスト > 浅井朝倉家 > Ver.3.2 > 060_京極高吉

武将名 きょうごくたかよし
浅井家 UC京極高吉 北近江の武将。正室は京極マリア。浅井家と
嫡戚関係にあったが、近江国人の支持を受け
た浅井亮政や長政との争いに敗れ、守護職と
支配権を失う。その後は織田信長に嫡子・高
次を人質に出して隠居する。やがて妻と共に
キリシタンとなるも、急死。仏罰と噂された。

  「近江を京極の手に取り戻すまで、
                儂らの進軍は止まらぬ!」
出身地 近江国(滋賀県)
コスト 2.0
兵種 槍足軽
能力 武力7 統率6
特技 軍備
計略 不撓の矜持(ふとうのきょうじ) 敵城内にいるすべての敵の武力を下
げる。さらに敵城内にいるすべての
敵の兵力が徐々に下がるようになる
が、その効果は戦場に出ることで消
滅する。ただし撤退させた敵の復活
時間が減るようになる。
必要士気3
Illustration : 中村瑠衣子
マリアの夫がようやくの参戦。スペックはコスト比標準程度+軍備となかなか。
計略は非常に特殊で城内にいる敵に対しての妨害。
武力-3に加え毒効果、但し毒効果は城外に出ることで効果が消滅する。
さらに効果時間中に敵を撃破すると復活時間が-10秒される。
そのため士気が軽いので重ねがけなんてすると折角撃破したのにあっという間に敵が復活することも。

京極家は元々は浅井家の主家に当たる家柄なのだが、浅井家との関係は
亮政に敗れて守護の座を追われたり、久政から娘(後のマリア)を正室にもらい懐柔されたり、六角家に与して長政に倒されたりと大変複雑。
今作ではイラストも所属も完全に浅井家扱いなのだが、彼の立場を思うととても微妙な処遇ではある。