カードリスト > 戦国数奇 > Ver.3.0 > 094_山県昌景

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武将名 やまがたまさかげ 武田軍最強の男
SS山県昌景 武田家臣。信玄亡き後の武田家を支えた。天
正3年の長篠の戦いでは、左翼の中核を担う。
徳川軍に甚大な被害を与えるも、織田軍の鉄
砲戦術を目にして敗戦を悟り、撤退を進言し
ようと一騎で武田勝頼の元へ駆ける。しかし
鉄砲隊の狙撃を受け、壮絶な討死を遂げた。

「天が与え給う史上最高の舞台よ……
          格好をつけさせていただこう!」
出身地 甲斐国(山梨県)
コスト 2.5
兵種 騎馬隊
能力 武力8 統率6
特技 魅力 疾駆 猛襲
計略 完璧なる合戦 武田家の味方の武力と統率力が上が
る。特技「疾駆」を持つ味方であれ
ば、代わりに武力と移動速度が上が
る。
必要士気6
Illustration : 宮下英樹

漫画『センゴク 天正記』の山県昌景がSSとして登場。

計略は特技「疾駆」持ちは効果の変わる武田家限定の采配。
基本は武力+4に統率力+4の効果だが、疾駆持ちは武力+4に移動速度上昇の効果に変わる。
範囲は自身中心の四角形で、縦は約カード縦4枚分、横は約カード横5枚分ほど。
効果時間は7.9c、統率依存は0.2c。(以上 3.00B)

疾駆持ちを抜きにして考えると、この計略単体では、劣化版「天下布武」で、
武力上昇だけ抜き出しても、一般的な士気6の大型采配・陣形に劣りがち。
計略を最大限に生かすには、疾駆持ちの騎馬隊を複数採用し、速度上昇による連続突撃を与えていく必要がある。
ただし、「疾駆」特技自体が比較的新しい追加特技であり、カード選択が少ないのが難点。
武田家の中では最もコストが低いR諏訪姫でさえコスト2なので、
SS山県昌景自体でコスト2.5を占めている点からも、疾駆持ち騎馬を多くし過ぎると、
肝心の壁役となる槍部隊が手薄になり安定感が低下することになりかねない。

相方として疾駆持ち騎馬隊と相性の良い計略持ちのR甘利虎泰を採用すると、
局地戦でも戦場を捌いていけるケースが多くなるだろう。
また、余談ではあるが、武田家において唯一疾駆と猛襲の両方の特技を所持している武将であり、R甘利虎泰R板垣信方の両方の計略において効果が変わる武将でもある。