カードリスト > 北条家 > Ver.2.1 > 039_北条氏盛

武将名 ほうじょううじもり
UC北条氏盛 北条氏政の弟・氏規の長男で、五代当主・氏
直の養子となる。北条家滅亡後、高野山にて
蟄居。後に豊臣秀吉に赦されて、下野国にあ
った氏直の遺領を相続した。秀吉没後は徳川
家康に仕え、河内国狭山藩の初代藩主として、
北条の名跡を残した。

「何もなくなりゃ、また一から
.    作り直せばいいさ。そうだろ?」
出身地 相模国(神奈川県)
コスト 2.0
兵種 弓足軽
能力 武力7 統率6
特技 魅力
計略 横隊の集陣 【陣形】(発動すると陣形が出現し、
その中にいる間のみ効果が発生する。
陣形は複数同時に使用できない)
味方の武力が上がる。ただし範囲内
から出た味方部隊はダメージを受け
る。
必要士気4
Illustration : ホマ蔵?

武将としてはこれと言った事績のない人物なのだが、コスト2武力7弓と言う妙に優遇されたポジションで登場。
スペック自体はコスト2としては可も不可もない程度。魅力目当てでの採用はできるだろう。

計略の「横隊の集陣」は「陣内の味方の武力を+4する」というシンプルなもの。
範囲は自身中心の横長長方形。横カード6枚ほど、縦カード3枚程度。
効果時間は7.1c(5.9c+統率*0.2c)。(2.12B)

「士気4で武力+4の陣形が張れる」と言うと聞こえは良いが、北条家の全体強化陣形の常として範囲から出ると3割ダメージと言うデメリットを持つ。
陣形の縦範囲が狭く、実戦ではこのデメリットが非常にきつい。
野戦のライン上げに使っても統率負けしていると簡単に範囲から押し出され、
攻めに使っても攻城時のノックバックで範囲から出てしまう事があり、守りに使っても範囲内の部隊が自城に入るだけでダメージを受けてしまう。
全体的に見ても、どうにもこうにも使い勝手の悪さばかりが目立つ。

救いは「勢力制限がない」ということ。
槍馬による近接戦闘主体かつ統率力にあまり恵まれない北条家との食い合わせはお世辞にも良くはない。
動かずとも攻撃できる弓、鉄砲が豊富な勢力と組んで混色で運用するのが彼の生きる道かもしれない。

Ver2.12にて、陣形範囲が縦幅半分ほど拡大、ダメージが5割→4割に減少。