カードリスト > 豊臣家 > Ver.2.0 > 011_加藤清正

武将名 かとうきよまさ 賤ヶ岳七本槍
R加藤清正 豊臣家臣。幼少より秀吉に仕える。中国攻め
の頃から戦場で活躍し、賤ヶ岳の戦いでは、
七本槍の一人に選ばれた。肥後領主・佐々成
政が切腹した後は、小西行長とともに肥後を
二分して治め、隈本城主となる。治水や商業
政策など、軍事以外でも才能を発揮した。

「この槍の一振りで、天下を動かす!」
出身地 尾張国(愛知県)
コスト 2.0
兵種 槍足軽
能力 武力7 統率6
特技 豊国
計略 七本槍・長槍 【七本槍】(計略発動時、他の「七
本槍」計略を持つ武将を選択して計
略ボタンを押すことで。3つまで同
時発動できる。重複した計略の数に
よって必要士気が変化する)
武力が上がり、槍が長くなる。
必要士気3
Illustration : BUNBUN

織田に続いて豊臣で登場した清正。よく見ると熱心な信徒だった日蓮宗の題目が描かれている
同じくVer2.0で追加された日輪の猛勇の清正とレアリティ・兵種が全く同じなので混同しやすい。

計略は七本槍系強化で、槍が伸びる追加効果もさることながら武力+2かつ効果時間が約7.5c、統率依存約0.6c(3.10I)と長いので、
単体で使っても士気相応の効果はあるため、七本槍の中では最も有用な計略とも言える。
度重なる七本槍計略弱体化調整により、武力+2となるのは彼か安定しない武断UC加藤嘉明のみとなった。

七本槍唯一の文武両道スペックだが、パーツとしては武力8の福島正則や柵持ちの加藤嘉明が優先されやすい。
また、若き日の自分が日輪デッキと七本槍デッキのリンクカードとなったのも痛い。
ただしコスト2.0豊国持ちで固めた「武力12・11・11の七本槍」(福島・R加藤・UC加藤)や、
最も計略の武力アップの大きい「13・14・12七本槍」(R加藤・武断UC加藤・脇坂)を結集させたい時には必須となる。
特に前者の「飛天・長槍・剛槍」の戦場中央付近での殲滅力は屈指で、きちんと槍撃を出せれば並の采配や強化陣形にも十分打ち勝てる。
総合的に、清正は他に比べて賤ヶ岳七本槍デッキ専用の色が濃いカードと言えるだろう。