カードリスト > 北条家 > Ver.1.2 > 003_猪俣邦憲

武将名 いのまたくにのり
UC猪俣邦憲 北条家臣で、上野方面を統括した。北条家が
上野を支配した後、所領を巡って真田昌幸と
争う。しかし、関白・豊臣秀吉の裁定で名胡
桃城は真田家のものとなり、これを不服とし
て、邦憲は名胡桃城を攻撃した。これが、秀
吉による北条征伐の口実となった。

「フホホ……この城、いただきますよ?」
出身地 相模国
コスト 1.5
兵種 騎馬隊
能力 武力5 統率4
特技 なし
計略 急造工事 大筒カウントの進みが早くなる。
必要士気3
Illustration : ケロケロ齋藤

「フホー!!」

と突撃時のセリフ(というか奇声)が印象的な武将。
キャラ付けにはインパクトがあるのだが、スペックの方は標準程度の武力統率に無特技と特に見るべき部分がない。

計略の急造工事は士気3でコスト3の制圧持ち武将が常時大筒に乗っているほどの速さになる効果である。
制圧が少ないデッキや大筒制圧を主体とするデッキにはなにかと重宝する。
もちろんその上に制圧持ち武将が乗ると更にカウントは速くなる。
なお、この計略は重ねがけは不可能。

1.5コスト騎馬枠のライバルはUC北条氏照BSS甲斐姫UC清水康英
3人とも優秀なサブ計略や特技を持っていたり、スペック的に上位互換だったりするため北条単での採用は難しい。どちらかといえば2色で光る武将であろう。

Ver2.0化に伴って計略対象が自軍大筒のみとなり、敵を利してしまう可能性は消滅した。
Ver3.0の普請システムでは大筒の位置によってダメージが変わるようになり、
深いラインに作った大筒を急造工事で無理矢理発射してしまえば、士気3計略にしては十分な城ダメージを奪える。
乱用するものではなく「どうしても大筒1発が欲しい」場面でピンポイントに使っていくテクニカルな計略である事に変わりはないが、
制圧持ち武将などとの組み合わせによっては輝ける可能性が出てきた1枚である。


裏書に記される名胡桃城攻撃は、過去の通説では彼の独断と言う事になっており、
それゆえに後北条五代滅亡の原因を作った男と言う汚名を着る事が多かった。
しかし研究が進み、近年は名胡桃城攻撃には氏政か氏邦による指示あるいは黙認があった事が濃厚視されている。