カードリスト > 北条家 > Ver.1.2 > 002_板部岡江雪斎

武将名 いたべおかこうせっさい
UC板部岡江雪斎 伊豆の出身で名門・板部岡家を継ぎ、江雪斎
と号した。四代・氏政の信頼が厚く、評定衆
となり外交手腕を発揮。武田信玄の死を確認
する使者や徳川家康との和睦、縁組の折衝を
担った。また、北条氏康が病に倒れたとき、
鶴岡八幡宮にて病平癒の祈願を行った。

「私の祈祷が、
.  お味方を勝利へ導くでしょう」
出身地 伊豆国
コスト 1.0
兵種 槍足軽
能力 武力1 統率5
特技 伏兵
計略 火牛の護り 敵に炎によるダメージを与え、吹き
飛ばす。効果はお互いの統率力で上
下する。
必要士気5
Illustration : 玄丞
名前が長くてややこしいが、板部岡 江雪斎と区切る。
1/5伏兵と1コストのダメージ計略もちであることを考えるとまずまずのスペック。

計略の火牛の護りは士気5の範囲ダメージ計略。
カテゴリは「火牛」だが、計略範囲が自身後方に固定されているため非常に特殊。
火牛の吹き飛ばし効果も通常とは違い、板部岡がいる中央線から左右に吹き飛ばされるようになっている。
範囲に入れようとすると、相手を突破して自身の後方に納めなくてはならないため、本人が低武力であることを考えるとなかなか難しい。
とはいえ、計略範囲は横幅がカード横並び3枚、縦がカード約2枚分とそれなりに広いので、回り込んできた相手などを焼く際には便利である。
士気5とダメージ計略の中では軽めだが、固定ダメージが大きいようで兵力4割程度の中統率なら焼き切ることができる。
威力は素の統率で統率1確殺、統率2はミリ残る(ver2.00A)
ver2.0で範囲が前後左右に広がり若干だが部隊を入れやすくなった。
城に張りついてくる脳筋相手には十分裏の手になるだろう。

守城時、板部岡が乱戦で撤退しないように端攻めの要領でサイドから出し、ある程度高いラインに移動してから横移動して発動というクレーンゲームのような動きが効果的か。
無事に計略が発動できても、焼き切れなかった武将が吹き飛ばし効果によって分散してしまい、逆に攻城が通ってしまうことがないように注意。

ちなみに計略演出として戦場を走っていく火牛は江雪斎の真後ろをスタートし、左右端に向かって走っていく特別なものになっている。