ゴーゴードーザー

種類:Mユニット
カテゴリ:アーステクノロジー
BP:7000
SP:-
必要パワー:4+
追加条件:自軍Sユニットを1体コマンドゾーンに送るか捨札にする
CN:なし
特徴:メカ/車両

テキスト:

【遺跡発掘】これがバトルエリアに出たとき、相手は自分自身のコマンドゾーンからSユニットかMユニットのカードを1枚選び、ラッシュエリアに出してもよい。このとき出したユニットの効果は発動しない。

フレーバーテキスト

発掘作業は常に危険と隣り合わせ。時にとんでもない物が掘り出される事も。

イラストレーター:F.M.U
レアリティ:ノーマル
作品:轟轟戦隊ボウケンジャー
収録:二人の黒騎士 自販:パック
再録1:五龍の激鱗 スターター
再録2:リバイヴァ 自販:パック
再録3:クロスギャザー ザ・ギガンティックタイタン 自販:パック

カード評価

  • パワー4でBP7000は優秀だが能力が少々厄介。結果的には相手のコマンド削りになるのだが、出すユニットは相手が決めてよい上に追加条件や必要パワーの制限が無いので、フレーバーテキストにあるようにとんでもないユニットが出てくる危険がある。グリーンサイ仮面ライダー響鬼(XG2)などで対策しておきたい。
  • 相手のコマンドをアドベンチャーボウケンブルーブルードルフィンで縛りつつ使用すれば、ある程度安全な運用が可能。
  • ETのコマンドロックデッキにおける殴り屋。コマンドをロックしつつ、ジェットファルコンで相手ユニットをレッカーし、ゴーゴードーザーで殴るのは定石だった。

関連カード


(合体ユニット1)

(合体ユニット2)

(合体ユニット3)

コメント

名前:
コメント: