赤単ミラーライダー

「仮面ライダー龍騎」に登場したミラーライダーを中心としたビート型デッキ。

デッキの中核になるカード

ワイルドビースト

マルチカテゴリ

主な候補カード


デッキ説明

  • ミラーライダーを中心とした『仮面ライダー龍騎』ファンデッキを実用レベルに近づけたデッキ。オーソドックスな「ミラーモンスター型」と、博打性の高い「トリックベント型」が考えられる。
  • ミラーモンスター型は仮面ライダーガイ+メタルゲラス仮面ライダー龍騎(2nd)+ドラゴン等強力な組み合わせ能力を持つコンビを中心に戦う。
  • トリックベント型はその名の通り。トリックベントの成功度を上げる(博打性を下げる)ためにミラーモンスターやアドベントカードライドシューター等は極力デッキに組み込まないようにする必要がある。
    • トリックベントで早出しした強力ライダーで相手を押し切るタイプのデッキ。仮面ライダーファム(2nd)仮面ライダー龍騎サバイブ等を守れる状況ができれば戦いやすい。
    • 龍騎に関しては仮面ライダー龍騎(XG2)がベター。ドラゴンに関係ない能力で且つその能力はミラーライダーを守る強力なもの。
    • 一方、王蛇に関しては、仮面ライダー王蛇(XG3)がミラーモンスターと関係ない能力でアタッカーとしても優秀だが、仮面ライダー王蛇も貴重なフリーストライカーのため、どちらを採用するかは迷うところだろう。
    • 仮面ライダーオーディンは強力なフリーストライカーだが、トリックベントでひいてしまった場合、事前に出した仮面ライダー龍騎サバイブ等や自身を撃破する可能性を秘めているので、デッキへの導入は慎重にすべき。
    • XG2・XG3弾で収録された新ミラーライダー達はミラーモンスターに依存せず単体で能力を発揮できるため、こちらのデッキに組み込みやすいだろう。
  • どちらの型にせよ、仮面ライダーファム(2nd)は強力な能力を持つためぜひデッキに組み込みたい。
  • 仮面ライダーナイトの能力を活かすにはがファムだけでは不安。仮面ライダーラルクの導入も検討しよう。
  • 仮面ライダーリュウガ(XG6)は常駐のカードを一枚捨札にすれば手札あるいは捨札から直接ラッシュできる。このときに使うオペレーションはミラーワールドがよいだろう。
  • 仮面ライダーベルデ(XG5)は序盤でやむを得ずチャージしたミラーライダーを必要パワーを満たしていれば置き換えることができる。


※龍騎に関して

    • 仮面ライダー龍騎(XG2)は守りに特化しているが、手札の確保が大変なため、大量展開で一気に攻めるようなデッキには不向き。逆に、仮面ライダー龍騎(XG4)は、コールWBを持っているため、最短2ターン(コマンダーカードダップを使用できたとしたら最短1ターン)で出せる上、自身の効果でミラーモンスターをバトルエリアに出すためのコマンドの確保までできるので、速攻を目指しているなら優先的に採用したい。



コメント

  • XG4によって、龍騎がますます増えたので、それぞれの差異について加筆しました -- 名無しさん (2010-04-24 12:30:10)
名前:
コメント: