UM > 呪文発動クラス・オプション > パラディン

パラディン Paladin

 すべてのパラディンは秩序にして善の聖なるチャンピオンである。しかし幾人かの者は、特異な問題を解決し、あるいは挑戦に自らの人生を捧げるという、大いなる誓約を宣し、並外れた熱意をもってそれらに自らを捧げる。このセクションでは新しいパラディンのアーキタイプである誓約の聖騎士と、このアーキタイプ・パラディンのためのいくつかの誓約のサンプルを紹介する。

誓約の聖騎士(アーキタイプ) Oathhbound Paladin

 すべてのパラディンは騎士団で教えられたか、神によって伝えられたか、あるいは個人的な信念から喚起された自らの行動規範を持っており、誓約の聖騎士はこれらと同様に自らを捧げ、追加の力を授けられるが、守らねばならない戒律もまた与えられる。誓約の聖騎士はある種の悪を根絶する誓いを立てる。この力強い誓約は新しい呪文への接触を与え、パラディンの能力を加えるか変更する。
 誓約の聖騎士は複数の誓約を立てることができるが、誓約が置き換えるか変更するべきパラディンのクラス特徴か別のクラスから与えられた同名のクラス特徴を持たない場合にはその誓約を立てることができない。例えば、共に勇気のオーラのクラス特徴を置き換えるため、パラディンは異形に対する誓約と巨竜に対する誓約を両方立てることはできない(訳注:巨竜に対する誓約は勇気のオーラを置き換えない。しかし、共に聖なるチャンピオンを置き換えるため、依然として異形に対する誓約と巨竜に対する誓約を両立させることはできない)。
 1つの誓約を立てたパラディンは自らの神または神殿との神聖な約束を具体的に示し、誓約に関連した果たすべき行動を授けられる。例えば、復讐の誓約を立てた誓約の聖騎士はその故郷を壊滅させたオークの将軍を殺さねばならず、巨竜に対する誓約を立てたパラディンは竜の家族からの安全と不可侵を保証せねばならない。誓約が実現するか、自ら誓約を破棄するなどして、パラディンが神聖な約束を終了すると、パラディンは別の誓約を選択するか、標準または別アーキタイプのパラディンになってよい。
 パラディンが誓約の行動規範を逸脱した場合、その誓約に関連するクラス能力は贖罪するまで失われる。パラディンの行動規範を逸脱した場合には、他のパラディン能力と同様に誓約の能力も失われる。
 誓約の聖騎士のクラス特徴は以下の通り。

 神格/Deity:いくつかの誓約はここに示されている神格への信仰と特に両立する。同様に他の神格がこれらの誓約を許してもよい。唯一確かなことは、神格はその教えに反する誓約を許さないことだ。

 行動規範/Code of Conduct:誓約の聖騎士は誓約に記載された主義に加えて神の行動規範の詳細を守らねばならない。いくつかの場合、神格か聖騎士団の規範は誓約の主義と衝突する。多くの場合、この衝突はその神格や騎士団のパラディンにとって、その誓約が不適切である(善の竜の神格を崇拝するか騎竜の騎士団のパラディンによる巨竜に対する誓約のような)ことを意味し、パラディンはそのような選択をできない。

 誓約呪文/Oath Spells:パラディンの誓約はパラディンに執行できる魔法に影響する。誓約の聖騎士は発動できる各レベルのパラディン呪文リストに1つの呪文を加える(与えられるボーナス呪文の呪文レベルに【魅力】が満たず、1日の呪文数を得ただけであろう場合の呪文レベルも含む)。どの呪文を呪文リストに加えるかは誓約により決まる。パラディンが複数の誓約を持つ場合、いずれの誓約からの呪文も呪文リストに追加される。
 誓約の聖騎士が1つより多い誓約を持つ場合、(クレリックが2つの領域呪文から1つを選んで領域呪文スロットに準備するのと同様に)そのうちの1つの呪文しか呪文スロットに準備できない。

誓約 Oaths

 以下は誓約の聖騎士アーキタイプのための誓約のリストである。誓約はこの他にも、特に(暗殺者ギルドの除去や、邪悪な寺院の破壊など)特定のキャンペーンの敵や出来事に関して存在しえる。

アンデッドに対する誓約 Oath against Undeath

 この誓約を立てたパラディンは遭遇する動く死体を自然な死の状態へ回復するとともに、その過程でアンデッドのエネルギーを破壊する。この誓約を立てたパラディンのうち少数の者はすべてのアンデッドが悪ではないと承知しているが、他の多くの者はすべての悪のアンデッドを駆逐する過程で中立や善のアンデッドが祓われても構わないと考えている。

 ディテクト・アンデッド(超常)/Detect Undead:この能力はディテクト・イーヴルの代わりにディテクト・アンデッドが使用できることを除き、標準のパラディンのディテクト・イーヴルと同じように働く。この能力はディテクト・イーヴルを置き換える。

 触霊のオーラ(超常)/Ghost Touch Aura:3レベルの時点で、パラディンの鎧はゴースト・タッチの特殊能力を持っているかのように扱う。これは鎧の他の能力やコストには何の影響もない。9レベルの時点で、この能力はパラディンの盾にも同様の効果を与える。この能力は3レベルおよび9レベルの慈悲と置き換える。

 生命のオーラ(超常)/Aura of Life:8レベルの時点で、パラディンは負のレベルを与える攻撃に対するセーヴィング・スローと負のレベルに打ち勝つためのセーヴに+4士気ボーナスを得る。同様に10フィート以内の味方はこれらのセーヴに+2士気ボーナスを得る。
 この能力はパラディンの意識があるときだけ働き、パラディンが気絶状態死亡状態のときは働かない。この能力は不屈のオーラと置き換える。

 優れた放出者(超常)/Superior Channeler:11レベルの時点で、パラディンは2回の癒しの手を消費して、アンデッドにダメージを与えるための正のエネルギー放出が使用できる。この能力は正義のオーラと置き換える。

 行動規範:すべてのアンデッドを破壊せよ。その意思に背く哀れな魂は安らがせよ。不死の穢れと新たな死が広げるのを防ぎ、死霊術に操られた死体は浄化するか焼却せよ。

 誓約呪文:1レベル―サンクティファイ・コープス、2レベル―ダークヴィジョン、3レベルーシアリング・ライト、4レベル―ホールト・アンデッド

異形に対する誓約 Oath against Corruption

 お節介なデヴィルより油断ならず、凶暴な群衆より破壊的なのが、深き地の底、あるいは空の彼方の不気味な場所より訪れる、泡立つ奇妙な異質の存在である。この誓約を持つパラディンは異形を狩る狩猟者となり、この奇怪な脅威から一般の人々を守る。パラディンはパニックを広げることを望まないため、しばしば秘密の任務に従事している。都市においては、彼らは時々地下に拠点を設け、異形の住み着く奇妙な穴蔵へと通路を縫うように行き来する。

 純粋のオーラ(超常)/Aura of Purity:3レベルの時点で、君は異形の種別を持つクリーチャーからの呪文と効果に対するセーヴに+4清浄ボーナスを得る。この能力はパラディンに意識があるときだけ働き、気絶状態死亡状態のときは働かない。この能力は勇気のオーラと置き換える。

 浄化の炎(擬呪)/Cleansing Flame:11レベルの時点で、君は2回の悪を討つ一撃能力を消費して、1分の間君の武器に浄化の青い炎を宿らせることができる。この炎は松明のように光を放つ。この炎から20フィート以内の異形は、君と君の味方への攻撃ロールに-4ペナルティを被る。この炎から20フィート以内の君の味方は異形からの呪文と効果に対するセーヴィング・スローに+2清浄ボーナスを得る。この能力は正義のオーラと置き換える。

 虚空への追放(超常)/Cast into the Void:20レベルの時点で、パラディンは神の力の導管となる。パラディンのDRは10/悪に増加する。パラディンが悪を討つ一撃を使用し、異形への攻撃が成功した場合、クリーチャーは意志セーヴ(DC10+パラディン・レベルの1/2+【魅力】修正値)を行い、失敗すると忘却の彼方へ追放される。この能力はクリーチャーを殺すわけではないが、大深度地下か(宇宙から生じたクリーチャーであれば)宇宙の彼方のような遠く隔てられた次元界に送られ、自力では100年は帰還できない。
 パラディンは正のエネルギー放出か癒しの手をクリーチャーを癒すために使用するとき、最大値で回復する。この能力は聖なるチャンピオンと置き換える。

 行動規範:異形を捜し出し、それらが自由に歩き回り、他者を害することを許さない。可能であれば滅し、それができないなら追放せよ。


巨竜に対する誓約 Oath against the Wyrm

 僅かな竜しか、世界における、より小さな種族のことを自分たちと同等と考えてはいない。──ほとんどは、人型生物を食料と同じか煩わしいものとしか見ていない。パラディンの幾人かは他者を竜らの捕食から守ると誓っている。幾人かはその誓いに竜の血を引くクリーチャー(ハーフドラゴンや竜の血脈のソーサラーなど)を含んでおり、竜の魔法の穢れを運んだ祖先を持つものどもを根絶するためインクィジターと手を結んでいる。この誓いを立てた多くのパラディンは、善をなし、神聖な力に触れる手段として、強敵の頭上に向かうスリルを求めるものたちである。

 ブレス身かわし(超常)/Breath Evasion:4レベルの時点で、この誓約を持つパラディンは竜の種別を持つクリーチャーのブレス攻撃に対してのみ身かわし能力を得る。この能力は正のエネルギー放出と置き換える。

 信仰の絆(擬呪)/Divine Bond:この能力は以下の点を除いて通常のパラディンの信仰の絆のように働く。パラディンが武器と絆を結んでいる場合、ブリリアント・エナジーディスラプションマーシフルの武器特殊能力は付与できないが、ベイン(“ドラゴン”ベインのみ)を付与することができる。パラディンが乗騎と絆を結んでいる場合、乗騎はパラディンのオーラに基づく完全耐性を得て、味方はオーラの影響を受けない。この能力は標準の信仰の絆と置き換える。

 竜殺しの打撃(超常)/Dragon-Slaying Strike:20レベルの時点で、誓約の聖騎士は聖なる力の導管となる。パラディンのDRは10/悪に増加する。パラディンが悪を討つ一撃を用いて竜に攻撃を命中させた場合、その竜はパラディン・レベル+10を術者レベルとし単体を目標とするホーリィ・ワードの効果を受ける。効果と攻撃のダメージが決定された後、一撃は即座に終わる。加えて、パラディンが癒しの手を使用してクリーチャーを治癒するときは最大値を用いる。この能力は聖なるチャンピオンと置き換える。

 行動規範:悪の竜を討伐せよ。悪かどうかに関わらず危険な竜も同様に討伐せよ。他のクリーチャーの血脈が竜の力で崩壊するのを防げ。無垢なる人々を竜の捕食から守れ。

 誓約呪文:1レベル―エンラージ・パースン、2レベル―ベアズ・エンデュアランス、3レベル―フライ、4レベル―ストーンスキン

慈善の誓約 Oath of Charity

 慈善とは、単に寺院や原因に金を与える以上の──他者を助けるための犠牲の必要性に関する問題である。この誓約を立てる者たちは、自らを守れない人々を守り、必要とされるものを与えることに人生を捧げる。彼らは過剰に寛大であり、最も不変の友人であり、誰かに必要なものを分け与えている。慈善の誓いを立てたパラディンは、しばしば冒険によって得た富の1/5かそれ以上を彼らの神殿か共同体に回す。

 慈善の手(超常)/Charitable Hands:2レベルの時点で、この誓約を持つパラディンは、自分に癒しの手を使うときに効果が50%減少するが、他者を癒すときには効果が50%増加する。癒しの手をアンデッドにダメージを与えるために使用するときは通常のダメージを与える。この能力はその他の点では癒しの手と同様に働き、置き換える。

 慈悲深い慈善(超常)/Charitable Mercy:5レベルの時点で、この誓約を持つパラディンは他のパラディンに比べ自身の慈悲により適応する。この誓約を持つパラディンは1日の最初に利用可能な慈悲のリストから新たに1つを選択する。この能力は信仰の絆と置き換える。

 行動規範:助けを必要とする善のクリーチャーはいつでも助けなければならない。貧困と困窮はいつでも助けねばならない(ここでいう助けとはパラディンが通りのすべての乞食に銅貨を分け与えることではなく、慈善的な宗教団体へしばしば寄付を行うことで解決する)。


忠誠の誓約 Oath of Loyalty

 ほとんどのパラディンにとって、その発言は全てである。彼らが何かを言うとき、それは為されるだろう。この誓いを立てる者は日々その理想を試す。誓約の聖騎士の言葉は約束であり、神聖な絆であり、秩序にして善の為す大いなる力である。彼らは全力で助力することのできない何かに賛同はすまいと、その発言には慎重である。

 忠誠の誓い(超常)/Loyal Oath:誓約の聖騎士は1レベルの時点で1日に1回、即行アクションで視線の通る意思のあるクリーチャーを選択し、忠誠の誓いの目標とすることができる。パラディンは忠誠の誓いの目標と隣接しているとき、目標のセーヴィング・スローとACに【魅力】ボーナスに等しい清浄ボーナスを与える。忠誠の誓いは1分が経過するか、パラディンが(フリー・アクションにより)破棄するか、チャージ消費(以下参照)されるかのいずれか最初のときまで続く。

 目標が敵に攻撃され、パラディンがその敵に隣接しているとき、パラディンは割り込みアクションにより、忠誠の誓いを終了させてその敵に1回の近接攻撃を行うことができる。4レベルの時点および以降の3レベルごとに、パラディンが1日に使用できる忠誠の誓いの回数は1回増加する。この能力は悪を討つ一撃と置き換える。

 忠実な守護者(超常)/Loyal Guardian:8レベルの時点で、忠誠の誓いの目標に近接または遠隔攻撃が命中し、パラディンが目標に隣接しているとき、パラディンは割り込みアクションにより、自動的にその攻撃を目標の代わりに自分に命中させることができる。これにより忠誠の誓いは終了する。

 行動規範:すべての約束を守る。軽々しい誓約や約束は決してしない。誓約を決して裏切らない。

 誓約呪文:1レベル―ラス、2レベル―エイド、3レベル―ヘルピング・ハンド、4レベル―センディング

貞節の誓約 Oath of Chastity

 貞節なパラディンは自身の行動と恋愛的な行動への節制により自身の貞潔を証明する。多くのものは、この誓いが性交に関してのみであると信じているが、実際には独身者には世界の直面するすべての悪より重要かもしれぬ恋愛観に関しての誓約である──利己的であると悟りながら貞節の誓いの担い手は拒絶に努める。そうしている間、彼女は浄化の力を得る。

 精神の貞潔(超常)/Pure of Mind:2レベルの時点で、パラディンは(魅惑)効果と(虚像)に対するセーヴィング・スローに+4清浄ボーナスと、意志セーヴィング・スローに【魅力】修正値に等しいボーナスを得る。この能力は信仰の恩寵と置き換える。

 肉体の貞潔(超常)/Pure of Body:8レベル以降、パラディンはフォーティフィケイションの鎧を着ているかのように、50%の確率で自身へのクリティカル・ヒットと急所攻撃を通常の命中に変更する。この能力は不屈のオーラと置き換える。

 行動規範:ロマンチックな関係や性的な行為には決して触れない。

 誓約呪文:1レベル―リムーヴ・フィアー、2レベル―コンフェス、3レベル―ヒロイズム、4レベル―フリーダム・オヴ・ムーヴメント

フィーンドに対する誓約 Oath against Fiends

 この、デーモン、デヴィル、そしてその他すべての悪の来訪者に抗う誓約を持つパラディンは、悪意あるフィーンディッシュによる世界への反乱を常に見張っている、迅速にして確固たる守り手である。彼らはしばしばインクィジターと緊密に連携し、来訪者を扱う印と所有者を探している。

 投錨のオーラ(超常)/Anchoring Aura:8レベルの時点で、パラディンのオーラは他次元界から訪れた悪の来訪者を束縛する。このオーラはパラディンから20フィート伸びる。悪の来訪者はディメンジョン・ドアプレイン・シフトテレポートのような能力でオーラの範囲を出入りすることを試みるとき、意志セーヴ(DC10+パラディン・レベルの1/2+【魅力】修正値)を行い、失敗すると来訪者がディメンジョナル・アンカーの影響を受けているかのように、その能力は働かない。このオーラはパラディンの意識があるときだけ働き、気絶状態死亡状態のときは働かない。
 また代わりに、パラディンは割り込みアクションによって、1回の悪を討つ一撃を消費して、30フィート以内の1体の悪の来訪者に対して、ディメンジョナル・アンカーの目標にできる。ディメンジョナル・アンカーの目標はパラディンが気絶状態死亡状態であっても固定される。
 この能力は不屈のオーラと置き換える。

 聖なる血潮(超常)/Holy Vessel:9レベルの時点で、信仰の絆を武器と結んだパラディンは、同様に鎧か盾にも信仰の絆を結び、強化ボーナスを増大するか、以下の鎧または盾の特殊能力を与えることができる:バッシングフォーティフィケイションスペル・レジスタンス。これらの特殊能力の付与は、特殊能力のコスト(『Core Rulebook』の表15‐4および15‐5を参照)と同等のボーナスを消費する。パラディンは信仰の絆からのボーナスを、武器、鎧、盾に任意に分割できる。この能力は信仰の絆を乗騎と結んでいるパラディンには何の効果もない。この能力は9レベルの慈悲と置き換える。

 行動規範:滅する力があるなら悪の来訪者を生かしておいてはいけない。殺すことができないならフィーンドは追放せよ。フィーンドに取りつかれたものからは悪を祓え。

 誓約呪文:1レベル―レジスト・エナジー、2レベル―ディテクト・ソウツ、3レベル―インヴィジビリティ・パージ、4レベル―プレイン・シフト

復讐の誓約 Oath of Vengeance

 すべてのパラディンは秩序にして善の法典を支持しているが、ときおりその理想は冷酷かつ危険な側面を持つ必要がある。それはしばしばパラディン自身にも起こり、秩序にして善に対する憎むべき罪人への復讐という形態で正義をもたらす。こうした誓約の聖騎士は常に悪を犯した者を追っており、ヘヴンの最も決定的かつ容赦のない審判の手先である。

 復讐の放出(超常)/Channel Wrath:4レベルに達した誓約の聖騎士は、1日に使用できる癒しの手の回数が2回、悪を討つ一撃の回数が1回増える。この能力は悪を討つ一撃能力を持たないパラディンには何の効果もない。この能力は正のエネルギー放出と置き換える。

 力強き正義(超常)/Powerful Justice:11レベルの時点で、誓約の聖騎士は1回の悪を討つ一撃を消費して、10フィート以内の仲間すべてに悪を討つ一撃の能力を与えることができる。このパラディンの能力から彼らはダメージにのみボーナスを得、攻撃ボーナスとDRを無視する能力を得ることはない。この能力は正義のオーラと置き換える。

 行動規範:程度の劣る悪によって、君の復讐の追求が散漫になってはならない。

 誓約呪文:1レベル―ラス、2レベル―コンフェス、3レベル―ブレッシング・オヴ・ファーヴァー、4レベル―オーダーズ・ラス

野蛮に対する誓約 Oath against Savagery

 幾人かのパラディンは騎士団のチャンピオンであり、盗賊と暗殺者のギルドのような内側から社会を苦しめる者どもと同様に、ゴブリン種の群れ、オーク、敵対的バーバリアン、同種の文明を踏みにじる野蛮と戦うことを誓っている。この誓約を立てた者は他のパラディンに比べ一度により多くのクリーチャーと戦うことになり、こうした多数の敵に対処する特殊能力を見出す。

 聖なる間合い(超常)/Holy Reach:2レベルの時点で、誓約の聖騎士は1回の悪を討つ一撃を消費して、1分の間生来の間合いを5フィート伸ばすことができる。これは《踏み込み》特技とは累積しない。この能力は信仰の恩寵と置き換える。

 群れの破壊者(超常)/Hordebreaker:11レベルの時点で、パラディンが悪の人型生物に機会攻撃を命中させたとき、追加で1d6ポイントのダメージを与える。聖なる間合いを使用しているとき、パラディンは1ラウンドに【魅力】ボーナスに等しい回数の追加の機会攻撃ができる。この増加は《迎え討ち》のような同様の増加と累積する。この能力は正義のオーラと置き換える。

 行動規範:蛮族の危険にさらされている共同体の声は常に気にかけろ。開拓地防衛の最前線となり、撤退のときはしんがりを務めよ。

 誓約呪文:1レベル―デスウォッチ、2レベル―プロテクション・フロム・アローズ、3レベル―ヘイスト、4レベル―ディヴァイン・パワー