APG > 装備 > 武器

武器 Weapons

 冒険者たちは常に戦闘で自分達を有利にする新たな武器や奇妙な武器を探している。

 スモーク・アロー/Arrow, Smoke:この矢は、実際には弓から射出できるように特別な成形を施された発煙棒である。射線を追うように煙が発生し、命中した時に5フィート立方の煙を発生させる。その他のダメージや射程などについては、通常の矢と同じように機能する。

 フライト・アロー/Arrow, Flight:この矢は射程を延ばすために軽いシャフトと特別な矢羽を用いている。フライト・アローはロングボウの射程単位を20フィート、ショートボウの射程単位を10フィート延ばす。この矢によるダメージは1段階サイズが小さいものとして算出される。

 ブラント・アロー/Arrow, Blunt:この矢は先端が木で覆われている。この矢は刺突ダメージではなく、殴打ダメージを与える。射手は(致傷ダメージを与える武器で非致傷ダメージを与える際に被る通常の-4の攻撃ペナルティを受けた上で)ブラント・アローを非致傷ダメージを与えるために用いることができる。

 ウッデン・ステーク/Wooden Stake:この近接戦闘用の武器は、木材を鋭く尖らせただけの武器である。鉄製のスパイクを武器として使用した場合、ウッデン・ステークと同等のダメージを与える。

 グレイヴギザーム/Glaive-Guisarme:このポールアームはグレイブの刃と凶悪な鉤爪を結合したような形状をしている。騎乗している対象がグレイヴギザームによる攻撃を受けた場合、鞍上に留まるための〈騎乗〉判定に-2のペナルティを受ける。

 コピシュ/Khopesh:この重い剣は刃の終わりまで緩やかな曲線を描いており、全体的な形状はバトルアックスに良く似ている。

 セスタス/Cestus:セスタスは革か厚い布でできた、着用者の指の中ほどから前腕までを覆うグローブである。近接戦闘に用いられるものは指の上が金属のプレートで補強されており、しばしば手の甲から手首の裏側に凶悪なスパイクが備えられている。セスタスを着用している間は武装しているものと見なされ、君の素手打撃は通常のダメージを与える。もし君がセスタスに習熟しているなら、君の素手打撃は殴打ダメージか刺突ダメージのどちらかを与えることができる。モンクはセスタスに習熟している。セスタスを着用していても指の大部分は露出しているため、アイテムを持ったり運ぶことはできる。しかし君の拳はセスタスによって締め付けられているため、(開錠などのような)手を用いた精密さに基づく全ての判定に-2のペナルティを受ける。

 ソード・ケイン/Sword Cane:鞘として、また隠し場所として用いられる木製の入れ物に、細長く軽い剣が仕込まれている。君は即行アクションで(もし《早抜き》を持っていればフリー・アクションで)この杖に仕込まれた剣を抜くことができる。観察者は〈知覚〉判定(DC20)に成功することによって、ソード・ケインがステッキではなく武器であることに気づくことができる。観察者がこの武器を手に取る事ができた場合は、DCが10まで低下する。

 ソードブレイカー・ダガー/Swordbreaker Dagger:君はこのダガーの背面に備えられた溝で敵の刃を受け止め、テコの原理でひねる事によって武器落としや武器破壊を試みることができる。もし君がこの武器に習熟しているなら、刃を持った武器に対する武器落とし、または武器破壊の試みに+4のボーナスを得る。

 ダブル・クロスボウ/Double Crossbow:この重い武器はトリガーを1回絞ることによって、2本の鉄の鏃を持ったボルトを射出する。その大きさと重量のため、君はこの武器に習熟している場合は-4のペナルティを攻撃ロールに受け、習熟していない場合は-8のペナルティを受ける。攻撃が命中した場合、対象は両方のボルトからダメージを受ける。クリティカル・ヒットや急所攻撃、そしてその他の正確さを基にしたダメージは最初のボルトに対してのみ適用される。1本のボルトを装填するのは標準アクションだが、《高速装填》はこれを移動アクションに短縮する。《クロスボウ体得》は両方のボルトを移動アクションで装填できるようにする。

 チェイン・スピア/Chain Spear:この危険な武器はその汎用性の高さから戦いに関する出来事の中でしばしば見ることができる。武器の本体は標準的なショートスピアのもので、主に貫くために使用される。槍の端には長い鎖が付いており(この鎖にはよく棘が付けられている)、その先端には鉤爪が付けられている。鉤爪と鎖は、足払いに使用することができる。もし足払い攻撃が10以上の差で負けてしまった場合、チェイン・スピアを落とすことで伏せ状態に打ち倒されることを避けることができる。

 チャクラム/Chakram:チャクラムは単純で、優雅で、非常に携帯性の高い投擲武器である。この武器は中央が開いた平たい金属製の円盤で、鋭いエッジを持っている。君はチャクラムを近接武器として用いることができるが、この用途のために設計されたものではないため、チャクラムでの近接攻撃ロールに-1のペナルティを受け、DC15の反応セーヴに成功しないと刃で自分を傷つけてしまう(半分のダメージで、【筋力】修正値は加算しない)。もし君が重装鎧を着用している場合は、このセーヴを行う必要はない。

 テンプル・ソード/Temple Sword:この重い剣は、宗教施設の守護者が一般的に使用するものである。テンプル・ソードは三日月のように反った特徴的な刃身を有しており、シックルと剣の融合したような武器として登場した。その多くは刀身か柄頭に穴を開け、そこに魔除けや鈴、または聖なる装身具を付ける事ができるようになっている。モンクはテンプル・ソードに習熟している。

 バトル・アスペルジラム/Battle Aspergillum:一般にアスペルジラムと呼ばれるものは、聖職者が聖水を撒くために使用されるメイスのような道具である。このライト・メイスは、中が空洞になっている頭と、その首の部分に金属製のプラグが填められている。棍棒がクリーチャーに命中すると、武器の頭に開けられた多くの小さな穴から聖水が噴霧される。聖水によってダメージを受けるクリーチャーは、メイスのダメージに加えて1ポイントの追加ダメージを受ける(魔法で強化されていないアスペルジラムは、この方法で非実体クリーチャーに聖水によるダメージを与える事ができるが、メイスは何らダメージを与えることはない)。5回命中すると、バトル・アスペルジラムは空になり、聖水の補充が必要になる。アスペルジラムを聖水で満たす行為は標準アクションであり、(ポーションを飲む行為のように)機会攻撃を誘発する。聖水で満たされたアスペルジラムは通常垂直にして持ち運ばれる。そうしなければ武器が動いて聖水がこぼれてしまうためだ。

 バルディッシュ/Bardiche:このポールアームは柄の2箇所で保持している三日月の形をした斧刃を持っている。刃の中心は柄の先端に、そして刃の下端は2つ目の設置箇所に付けられている。通常、刃は非常に長く、柄と同じ長さを持つものも珍しくない。君はバルディッシュに対する武器破壊に対抗する戦技防御値に+2のボーナスを得る。

 ベイヨネット/Bayonet:ベイヨネットはクロスボウの溝や銃器の銃口に嵌るように設計された近接戦闘用の武器である。君はこの武器で近接戦闘を行うことができるが、その時は一時的に遠隔武器を使用することができなくなる。ベイヨネットを装着するか、取り外すのは移動アクションである。

 ビル/Bill:このポールアームの幅広の刃は、湾曲した鉤爪状の大きな斧になっており、刃の裏側からは鋭い突起が飛び出している。この突起は、通常ブロックや受け流しに用いられる。防御的戦闘や防御専念を行う場合、この武器は君のACに+1の盾ボーナスを与える。ビルによる攻撃が命中した騎乗している対象は、鞍上に留まるための〈騎乗〉判定に-1のペナルティを受ける。

 ピルム/Pilum:この重いジャヴェリンの先端は、盾に命中したら砕けて埋まるように作られている。矢弾などのように、投擲されて対象に命中したピルムは壊れてしまう。もし君が盾を使用している対象にピルムを命中させた場合、盾に埋まったピルムの破片を標準アクションを用いて取り除くまで、その盾は提供するACボーナスを失う。

 ファルカタ/Falcata:この重い剣は、鋭く波打った1つの刃と、鉤爪のように曲がった柄を持っている。その形状による重心の移動は、この武器に斧のような勢いと剣のような鋭い切れ味を与える。

 ブーメラン/Boomerang:ブーメランは主に狩猟用の道具だが、この用途が広い投擲武器が戦場で用いられることは珍しくない。ブーメランは平たい木から作られており、長い柄、著しくカーヴした前面、そして後面には鋭い曲線を持った頭を有している。投擲されたブーメランは手元に戻ってくるような軌道で飛ぶことはない。ブーメランを戻すことは単なる娯楽でしかないのだ。

 ブラス・ナックル/Brass Knuckles:この近接戦闘用の武器は、拳に心地よくフィットするように設計されている。接触する面積を小さくすることによって、パンチによる衝撃を増大するのである。この武器により、君は素手攻撃で致傷ダメージを与えることができるようになる。君はブラス・ナックルを装着した手で武器やその他の物品を持つことができるが、使用することはできない。もし君が呪文を使用する場合、ブラス・ナックルを着用した手で動作要素を満たすためには、(DC10+君が使用する呪文の呪文レベル)の精神集中判定に成功しなければならない。モンクはブラス・ナックルに習熟しており、この武器を使用して戦う場合モンクの素手打撃のダメージを用いることができる。

 ベク・ド・コルバン/Bec de Corbin:ベク・ド・コルバンはルツェルン・ハンマーに非常に良く似たポールアームだが、ハンマーヘッドはスパイクよりも鋭く、そしてスパイクはより頑丈でより鉤爪状になっている。主としてスパイクで攻撃する。また、ベク・ド・コルバンを用いて行う中装鎧か重装鎧を武器破壊するためのCMBに+2ボーナスを獲得する。

 ボア・スピア/Boar Spear:このスピアは、螺旋状の刃のほぼ下端に金属製の横木を備えている。君が突撃に対して待機した攻撃が命中した場合、君の次のターンまで、君は命中させた対象に対するACに+2の盾ボーナスを獲得する。

 マンキャッチャー/Mancatcher:このポールアームを用いて攻撃すると、湾曲した2つの金属製の板が対象を捕らえ、君は対象を繋ぎ止めることができる。マンキャッチャーは(中型か、もしくは小型のように)特定のサイズのクリーチャーを捕らえるために作成されるため、異なるサイズのクリーチャーに対しては有効に働かない。近接接触攻撃を行い、対象に命中したら(両方の手が空いていないことによる-4のペナルティなしで)組みつきを行うための戦技判定を行い、成功したら対象に組みつくことができる。一旦対象に組みつくことができたなら、君は彼に対する組みつきアクションを行うことで移動させたりダメージを与えることができる。マンキャッチャーは硬度10と5ヒット・ポイントを有しており、これを壊すにはDC26の【筋力】判定に成功しなければならない。もし君がマンキャッチャーを落とした場合、対象は標準アクションで自由の身になることができる。

 ラッソ/Lasso:この投擲武器は片方の端に簡単な結び目がついたロープで、ネットを使った時と同じように敵を絡みつかれた状態にすることができる。ラッソに絡みつかれた状態の対象が呪文を使用する場合のDCは、10+使用しようとしている呪文の呪文レベルとなる。絡みつかれた状態のクリーチャーは、全ラウンド・アクションでDC15の〈脱出術〉に成功すれば自由になることができる。ラッソは2ヒット・ポイントとAC10を持っている。DC23の【筋力】判定に成功することで、ラッソを破壊することができる。命中したラッソはきつく絞まってしまうため、再び使用するには標準アクションで結び目を解いてロープを広げなければならない。

 ルツェルン・ハンマー/Lucerne Hammer:このポールアームは破壊的な一撃を叩き込むためのハンマーヘッドと、突き刺して鎧を剥ぎ取るためのスパイクヘッドの両方を有しており、ほとんどの場合ハンマーで攻撃を行う。長い柄によって、装備した者はこの武器を頭上に振り下ろす際に驚異的な力を発揮する事ができる。君はルツェルン・ハンマーを用いた中装鎧か重装鎧に対する武器破壊のCMBに+2のボーナスを獲得する。

表:武器

単純武器 価格 ダメージ(S) ダメージ(M) クリティカル 射程単位 重量 1 タイプ 2 特殊
素手攻撃
ブラス・ナックル 1gp 1d2 1d3 ×2 1ポンド 殴打 モンク用、解説参照
軽い近接武器
バトル・アスペルジラム 5gp 1d4 1d6 ×2 4ポンド 殴打 解説参照
セスタス 5gp 1d3 1d4 19~20/×2 1ポンド 殴打または刺突 モンク用、解説参照
ウッデン・ステーク 1d3 1d4 ×2 10フィート 1ポンド 刺突
両手近接武器
ベイヨネット 5gp 1d4 1d6 ×2 1ポンド 刺突
ボア・スピア 5gp 1d6 1d8 ×2 8ポンド 刺突 待機、解説参照
軍用武器 価格 ダメージ(S) ダメージ(M) クリティカル 射程単位 重量 1 タイプ 2 特殊
片手近接武器
ソード・ケイン 45gp 1d4 1d6 ×2 4ポンド 刺突
両手近接武器
バルディッシュ 13gp 1d8 1d10 19~20/×2 14ポンド 斬撃 待機、間合い、解説参照
ベク・ド・コルバン 15gp 1d8 1d10 ×3 12ポンド 殴打または刺突 待機、間合い、解説参照
ビル 11gp 1d6 1d8 ×3 11ポンド 斬撃 待機、武器落とし、間合い、解説参照
グレイヴギザーム 12gp 1d8 1d10 ×3 10ポンド 斬撃 待機、間合い、解説参照
ルツェルン・ハンマー 15gp 1d10 1d12 ×2 12ポンド 殴打または刺突 待機、間合い、解説参照
遠隔武器
ブラント・アロー(20) 2gp 3ポンド 殴打 解説参照
フライト・アロー(20) 2gp 解説参照 3ポンド 刺突 解説参照
スモーク・アロー(1) 10gp 刺突 解説参照
チャクラム 1gp 1d6 1d8 ×2 30フィート 1ポンド 斬撃
ピルム 5gp 1d6 1d8 ×2 20フィート 4ポンド 刺突 解説参照
特殊武器 価格 ダメージ(S) ダメージ(M) クリティカル 射程単位 重量 1 タイプ 2 特殊
軽い近接武器
ソードブレイカー・ダガー 10gp 1d3 1d4 ×2 3ポンド 斬撃 武器落とし、解説参照
片手近接武器
ファルカタ 18gp 1d6 1d8 19~20/×3 4ポンド 斬撃
コピシュ 20gp 1d6 1d8 19~20/×2 8ポンド 斬撃 足払い
テンプル・ソード 30gp 1d6 1d8 19~20/×2 3ポンド 斬撃 モンク用、足払い
両手近接武器
チェイン・スピア 15gp 1d4/1d4 1d6/1d6 ×2 13ポンド 刺突および斬撃 足払い
マンキャッチャー 15gp 1 1d2 10ポンド 刺突 間合い、解説参照
遠隔武器
ブーメラン 3gp 1d4 1d6 ×2 30フィート 3ポンド 殴打 解説参照
ダブル・クロスボウ 300gp 1d6 1d8 19~20/×2 80フィート 18ポンド 刺突
ラッソ 1sp 5ポンド 解説参照
1……表の重量は中型用の武器の重量である。小型用の武器は重量が1/2になり、大型用の武器は重量が2倍になる。
2……2つのタイプが書いてある場合、「~および~」とあるなら、その武器は両方の種別のダメージを与える。「~または~」とあるなら、その武器はどちらか片方の種別のダメージを与える(どちらにするかは使用者が選択)。