PRD外 > 武器

武器 Weapons

+  目次

表:武器

単純武器 価格 ダメージ(S) ダメージ(M) クリティカル 射程単位 重量 1 タイプ 2 特殊 出典
素手攻撃
軽い近接武器
ハンボー 1gp 1d4 1d6 x2 2ポンド 殴打 モンク、足払い AA
ブラス・ナイフ 2gp 1d3 1d4 19-20/x2 10フィート 1ポンド 刺突または斬撃 壊れやすい PoIS
ブラス・ナックル 1gp 1d2 1d3 x2 1ポンド 殴打 モンク AA
フック・ハンド 10gp 1d3 1d4 x2 - 1ポンド 斬撃 武器落とし PoIS
片手近接武器
メール・クラブ 2gp 1d3 1d4 x2 2ポンド 殴打or刺突 AA
両手近接武器
ボーディング・パイク 8gp 1d6 1d8 x3 - 9ポンド 刺突 待機、間合い PoIS
遠隔武器
スティングチャック 1d3 1d4 x2 10フィート 9ポンド 殴打 解説参照 AA
ブリット、グローニング(10) 2gp 5ポンド 解説参照 AA
ブリット、スモーク(10) 100gp 5ポンド 解説参照 PFCS
ボルト、アシッド(1) 40gp 0.1ポンド 解説参照 PF#15
ボルト、ドラウ・ポイズン(1) 100gp 0.1ポンド 解説参照 PF#15
ボルト、ファイアー(1) 50gp 0.1ポンド 解説参照 PF#15
軍用武器 価格 ダメージ(S) ダメージ(M) クリティカル 射程単位 重量 1 タイプ 2 特殊 出典
軽い近接武器
ウォー・レイザー 8gp 1d3 1d4 19-20/x2 1ポンド 斬撃 AA
キャット・オー・ナインテイル・ウィップ 1gp 1d3 1d4 x2 - 1ポンド 斬撃 武器落とし、非致傷 PoIS
ボーディング・アックス 6gp 1d4 1d6 x3 - 3ポンド 刺突または斬撃 - PoIS
スイッチブレード・ナイフ 5gp 1d3 1d4 19-20/x2 10フィート 1ポンド 刺突 AA
ドッグスライサー 8gp 1d4 1d6 19-20/x2 1ポンド 斬撃 AA
ブレード・ブーツ 25gp 1d3 1d4 x2 2ポンド 刺突 解説参照 AA
ボーディング・アックス 6gp 1d4 1d6 x3 - 3ポンド 刺突または斬撃 - PoIS
片手近接武器
カットラス 15gp 1d4 1d6 18-20/x2 - 4ポンド 斬撃 - PoIS
クラール 12gp 1d4 1d6 x2 6ポンド 斬撃 AA
シゾール 20gp 1d8 1d10 x2 3ポンド 刺突 AA
シャープンド・コンバット・スキャバード 10gp 1d4 1d6 18-20/x2 1ポンド 斬撃 解説参照 AA
テルビーチェ 5gp 1d6 1d8 19-20/x2 2ポンド 斬撃 AA
鋼鉄製テルビーチェ 20gp 1d6 1d8 19-20/x2 4ポンド 斬撃 AA
両手近接武器
アース・ブレイカー 40gp 1d10 2d6 x3 14ポンド 殴打 AA
オーガ・フック 24gp 1d8 1d10 x3 10ポンド 刺突 足払い AA
シリンジ・スピア 100gp 1d6 1d8 x3 20フィート 6ポンド 刺突 待機、解説参照 AA
ピックアックス 14gp 1d6 1d8 x4 12ポンド 刺突 PF#14
ホースチョッパー 10gp 1d8 1d10 x3 12ポンド 刺突または斬撃 RoRL
遠隔武器
アロー、シッスル(1) 1gp 0.15ポンド 刺突 解説参照 AA
アロー、スプリンタークラウド(20) 25gp ? ? ? ? ? ? ? PFC:Elves
アロー、スロー・バーン(20) 150gp ? ? ? ? ? ? ? PFC:Elves
アロー、ダイ(20) 1gp 4ポンド 解説参照 PFC:Elves
アロー、タングルフット(20) 20gp ? ? ? ? ? ? ? PFC:Elves
アロー、デュラブル(20) 1gp ? ? ? ? ? ? 解説参照 PFC:Elves
アロー、トリップ(20) 25gp ? ? ? ? ? ? ? PFC:Elves
アロー、フェロモン(20) 15gp ? ? ? ? ? ? ? PFC:Elves
アロー、ブリーディング(1) 360gp ? ? ? ? ? ? ? PFC:Elves
アロー、ホイッスリング(20) 10gp 2ポンド 刺突 解説参照 AA
アロー、レイニング(20) 30gp ? ? ? ? ? ? ? PFC:Elves
アロー、ロードストーン(20) 10gp ? ? ? ? ? ? ? PFC:Elves
フンガ・ムンガ 4gp 1d4 1d6 x2 15フィート 3ポンド 刺突 AA
特殊武器 価格 ダメージ(S) ダメージ(M) クリティカル 射程単位 重量 1 タイプ 2 特殊 出典
軽い近接武器
アキリス 5gp 1d4 1d6 x2 20フィート 2ポンド 殴打 足払い AA
シカ 10gp 1d4 1d6 x2 3ポンド 斬撃 AA
ソートゥース・サーベル 35gp 1d6 1d8 19-20/x2 2ポンド 斬撃 AA
ソーン・ブレイサー 30gp 1d4 1d6 x2 3ポンド 刺突 PFCS
トライブレーデッド・カタール 6gp 1d3 1d4 x4 2ポンド 刺突 PFCS
ドワーヴン・モールアックス 25gp 1d4 1d6 x3 10フィート 5ポンド 殴打or斬撃 AA
パタ 14gp 1d4 1d6 x3 3ポンド 刺突 PFCS
バルバズゥ・ビアード 25gp 1d3 1d4 x2 5ポンド 斬撃 解説参照 Cheliax
ロープ・ガントレット 2sp 1d3 1d4 x2 2ポンド 殴打または斬撃 AA
片手近接武器
アルドリ・デュエリング・ソード 20gp 1d6 1d8 19-20/x2 3ポンド 斬撃 AA
ウルミ 50gp 1d6 1d8 18-20/x2 6ポンド 斬撃 AA
ショーテル 30gp 1d6 1d8 x3 2ポンド 刺突 AA
スコーピオン・ウィップ 5gp 1d3 1d4 x2 3ポンド 斬撃 武器落とし、間合い、足払い LoF:PG
バタフライ・ナイフ 5gp 1d3 1d4 19-20/x2 1ポンド 刺突または斬撃 AA
バトル・ポイ 5gp 1d3[火] 1d4[火] x2 2ポンド [火] AA
フリンドバー ? 1d6 1d8 ? ? 殴打 武器落とし CMR
革製マドゥ 30gp 1d3 1d4 x2 5ポンド 刺突 AA
鉄製マドゥ 40gp 1d3 1d4 x2 6ポンド 刺突 AA
ロォカ 5gp 1d6 1d8 18-20/x2 6ポンド 斬撃 AA
両手近接武器
ギャロット 3gp 1d4 1d6 x2 1ポンド 斬撃 つかみ、解説参照 AA
トーテム・スピア 25gp 1d8 1d10 x3 10フィート 6ポンド 刺突または斬撃 解説参照 AA
ドワーヴン・ドーン・デルガー 50gp 1d8 1d10 x2 15ポンド 殴打 間合い、本文参照 DoG
バトル・ラダー 20gp 1d4/1d4 1d6/1d6 x2 8ポンド 殴打 双頭、足払い GoG
ハープーン 5gp 1d6 1d8 x3 10ft 16ポンド 刺突 つかみ PoIS
ピストン・モール 70gp 1d8 1d10 x2 15ポンド 殴打 解説参照 GoG
フォーチャード 14gp 1d8 1d10 18-20/x2 10ポンド 斬撃 間合い、足払い CHR
フランバード 50gp 1d8 1d10 19-20/x2 6ポンド 斬撃 武器破壊 AA
フレイルポール 15gp 1d6 1d8 x2 10ポンド 殴打 間合い、足払い GoG
ブレーデッド・スカーフ 12gp 1d4 1d6 x2 2ポンド 斬撃 武器落とし、足払い AA
ボーディング・ガフ 8gp 1d4/1d4 1d6/1d6 x2 - 8ポンド 斬撃 双頭、間合い、足払い PoIS
メテオ・ハンマー 10gp 1d6 1d8 x2 10ポンド 殴打 間合い、足払い、解説参照 AA
リップソー・グレイヴ 30gp 1d8 1d10 x3 12ポンド 斬撃 間合い、解説参照 GoG
遠隔武器
グラップリング・フック 6gp 1d4 1d6 x2 10ft 14ポンド 刺突 つかみ PoIS
クリスタル・チャクラム 20gp 1d4 1d6 18-20/x2 2ポンド 斬撃 CHR
シュリルシャフト・ジャヴェリン 35gp 1d4 1d6 x2 30フィート 3ポンド 刺突 解説参照 GoG
ショアンティ・ボーラ 15gp 1d3 1d4 x2 10フィート 2ポンド 殴打 AA
スティッチド・スリング - 1d4 1d6 x2 - 2ポンド 殴打 AA
スリング・グラヴ 5gp 1d3 1d4 x2 50フィート 2ポンド 殴打 双頭、武器落とし、足払い AA
ストーン、リトル・スターストーン(10) 5cp 1 1 2ポンド 殴打 非致傷 HoG
ブリット、シャープストーン(10) 1gp 1d3 1d4 5ポンド 刺突または斬撃 - HoG
ブリット、スポンジストーン(10) 10gp - - 2ポンド - - HoG
ブリット、ソフトストーン(10) 1sp - - 4ポンド 殴打 非致傷 HoG
スローイング・シールド +50gp 1d4 1d6 x2 20フィート 殴打 足払い AA
ソーン・ボウ 50gp 1d4 1d6 x3 40フィート 2ポンド 刺突 AA
ダブル・スリング 10gp 1d3 1d4 x2 50ft 1ポンド 殴打 双頭、解説参照 HoG
フラスク・スロウワー 25gp 20フィート 4ポンド 解説参照 GoG
ローンチング・クロスボウ 75gp 20フィート 8ポンド 解説参照 AA
1……表の重量は中型用の武器の重量である。小型用の武器は重量が1/2になり、大型用の武器は重量が2倍になる。
2……2つのタイプが書いてある場合、「~および~」とあるなら、その武器は両方のタイプのダメージを与える。「~または~」とあるなら、その武器はどちらか片方のタイプのダメージを与える(どちらにするかは使用者が選択)。

武器の説明

アキリス/Aklys
 アキリスは短い投擲用のクラブである。通常木か骨で作られており、20フィートの紐が結わえてある。アキリスには短い鉄製の鉤がついていることも多い。
 利益:アキリスの最大射程は20フィートであり、移動アクションにより投擲した後のアキリスを手元に戻すことができる。
 備考デロにはきりで穴を開けたアキリスを装備しているものもいる。それらは奇妙で耳障りな音を発し、危険なデロが近くにいることを警告する役に立つ。
 特徴:足払い

アース・ブレイカー/Earth breaker
 この凄まじく巨大な槌は武器の頭に狂気の沙汰と思えるほどの金属が備え付けられている。そしてそれには複数の切れ味の悪い棘が伸びている。棘は力強く振る勢いに従って動く。

アルドリ・デュエリング・ソード/Sword, Aldori dueling
 この武器は、Brevoyを治めるアルドールの剣の王のお気に入りの武器である。この剣は3フィートを超える長さを持つ。その刃はわずかに曲がっており、外側の刃に沿ってのみ鋭い縁がある。
 利益:アルドリ・デュエリング・ソードは《武器の妙技》特技を使用することで、例えそれが使用者にとって軽い武器でなかったとしても、【筋力】修正値の代わりに【敏捷力】修正値を攻撃ロールに適用できる。アルドリ・デュエリング・ソードを両手で使用することもでき、その場合ダメージに【筋力】ボーナスの1.5倍を加える。アルドリ・デュエリング・ソードに《習熟》していない場合、この武器をロングソードと見なして使用することもできる。
 武器の特徴:武器の妙技

アロー、シッスル/Arrow, Thistle
 この棘のついた矢は毒のある植物であるアザミから作られており、命中した際の傷を上回る痛みが持続する原因となる。
 利益:シッスル・アローは1d6ラウンド続く出血効果として1ポイントのダメージを与える。

アロー、スプリンタークラウド/Arrow, Splintercloud
 この矢の胴体はいくつもの小さい骨の断片がきめ細やかに互いをつなぐような構成になっている。
 利益:発射したなら、いくつもの骨の断片が回りに飛散し、5フィートの爆発範囲に牙の形をした骨が飛び散って1d3ポイントの刺突ダメージを与える(DC18の反応セーヴに成功すれば無効)。

アロー、スロー・バーン/Arrow, Slow Burn
 この矢の矢尻の手前には小さな容器があり、空気に触れると燃え上がり時には爆発すらする錬金術物質がその中に収められている。矢尻の返しが敵に命中した際にこの容器に穴を開ける構造になっている。
 利益:使用者のターンにおいて、命中してから1ラウンドの間この炎の爆発は目標に1d6ポイントの[火]ダメージを与える。
 不利益:この矢尻は追加の荷重を持つため、この矢を使用した攻撃ロールに-1のペナルティを受ける。

アロー、ダイ/Arrow, Dye
 この矢は結晶質の泡が矢尻についている。
 利益:ダイ・アローを放つのは1回の遠隔接触攻撃である。ダイ・アローが命中したクリーチャーはダメージを受けないが、黒、青、緑、赤といった目印となる染料(Pathfinder Chronicles Campaign Setting 213を参照)が飛散する。この染料は1平方フィートを覆うのに十分な量がある。

アロー、タングルフット/Arrow, Tanglefoot
 この矢は先に足止め袋のベトベトが少量含まれた小さな瓶がつけられている。エルフはしばしばこの矢を使用して、逃げる敵の動きを遅くするか止めたり、殺すことなく動物を捕獲したりする。
 利益:タングルフット・アローを放つのは1回の遠隔接触攻撃である。この矢は命中してもダメージを与えることはないが、目標には錬金術の粘着物質が飛散する。この矢で飛散するベトベトの量は少なく、実際の足止め袋よりも効果は薄い(反応セーヴのDC10、DC12の【筋力】判定により破壊、10ポイントの斬撃ダメージにより切断可能、精神集中判定のDC10)。
 不利益:タングルフット・アローの重さにより、射程単位は通常の半分になる。

アロー、デュラブル/Arrow, Durable
 この矢はある種の錬金術の接着剤でできたより紐により、しっかりと覆われている。
 利益:目標に命中したかどうかに関わらず、デュラブル・アローは普通の使用方法では破損しない。どこかに行ってしまったのでなければ、射手はデュラブル・アローを回収し何度も再利用することができる。デュラブル・アローを通常でない方法で破壊することもできる(意図的に折る、ファイアー・エレメンタルに命中させる、など)。
 不利益:(ベインのような)呪文を付与された場合、その魔法は矢として1回使用するまでしか持続しない。ただし、その後魔法的でない矢として再利用したり、再び魔法を付与することはできる。

アロー、トリップ/Arrow, Trip
 このずんぐりとした矢は、大きく球根の形をした金属製の突端を持つ。この突端は宙空において大きく平らに変わる。
 利益:この矢が命中したなら、この矢はCMBが+5の足払いを対象に仕掛ける。この判定に成功すれば対象は転倒するが、失敗した場合に対象が使用者に足払いをしかけてくるということはない。
 (訳注:原文が3.5e準拠の記載のため修正。初出のPathfinder Setting - Elves of Golarionは3.5e準拠のため?)

アロー、ホイッスリング/Arrows, Whistling
 この矢は大きく鋭い音を発するように特別な溝と羽根で装飾されている。
 利益:この矢を放った際に生じる音は矢の飛んだ経路から500フィート以内まで響く。

アロー、フェロモン/Arrow, Pheromone
 この矢の矢尻には血や汗に反応する材質で覆われている。この材質は肉食動物の多くが美味しそうな傷ついた餌食と認識し、そうでないクリーチャーも滅多に嫌うことのない、強力な匂いをまき散らす。
 利益:鋭敏嗅覚の特殊能力を持つクリーチャーは、フェロモン・アローによりマーキングされた目標に対して攻撃ロールとダメージ・ロールに+2のボーナスを得る。この効果は1時間が経過するか、目標が1分間体を洗うまで持続する。

アロー、ブリーディング/Arrow, Bleeding
 この穴のあいた鋭い管はある種の巨大な蟲が持つ、細長い吻のように見える。しかし実のところ、これは奇妙な食肉性の植物から採られたものなのだ。
 利益:ブリーディング・アローはクリーチャーに命中した際、通常のダメージを与える。その後毎ラウンド、そのクリーチャーは出血により1ポイントのダメージを受ける。これはDC10の〈治療〉判定や、キュア呪文あるいはその他の治癒魔法をかけられて出血が止まるまで続く。クリティカル・ヒットによって出血ダメージが増加することはない。クリティカル・ヒットに完全耐性を持つクリーチャー(植物や人造)は、この武器による出血ダメージにも完全耐性を持つ。

アロー、レイニング/Arrow, Raining
 この大きく長い矢は聖水を入れる容器が備えられており、何かにぶつかったり目標に命中した際に破裂し近くのクリーチャーに飛び散るように作られている。
 利益:この聖水の容器は瓶を投擲したかのように、何かにぶつかったり目標に命中した際に破裂し近くのクリーチャーに飛散する。
 不利益:レイニング・アローはその重さのために、攻撃ロールに-2のペナルティを与える。

アロー、ロードストーン/Arrow, Lodestone
 この矢の重い鉄製の矢尻は錬金術の樹脂により封がなされている。小さな紐を引くことによりこの封印は解かれ、矢尻の反応が活性化され、その磁石としての特性が一段と増加する。
 アクション:封を解くために紐を引き、矢尻の反応を活性化させる行為は移動アクションである。
 利益:大部分が金属でできた鎧(少なくともチェインメイルか金属製の盾)を着ているか、金属で作られた目標に向けてロードストーン・アローを放ったなら、攻撃ロールに+4のボーナスを得る。磁力の増加は活性化してから1ラウンド持続し、その後は通常のアローとして機能する。
 特殊:磁性のある金属の多い場所では矢が対象に向かうよう導くために、攻撃へのボーナスは0にまで落ちたりあるいはペナルティを被ることもある。
 不利益:この磁力を持つアローは半分のダメージしか与えない。

ウォー・レイザー/War Razor
 見かけの通り、ウォー・レイザーは剃刀や折り畳み式ナイフとして使用するには大きすぎる。この剃刀が取っ手の中に畳み込まれているときには鞘は不要であり、これによりこの武器を隠すのは簡単になる。
 説明:ウォー・レイザーを身体に隠すために行なう〈手先の早業〉に+2のボーナスを得る。
 武器の特徴:容易に隠ぺい可能

ウルミ/Urumi
 様々な条件に順応するために作られたこの驚くほどに鋭利なロングソードは鋼鉄のコイルや金属製の鞭のように見える。しかしこの武器は肉を切り裂くのに十分であり、他の鍛えられた剣と同じような刃を有している。
 説明:ウルミは武器破壊から半分のダメージしか受けない。

オーガ・フック/Ogre Hook
 巨大で大雑把な鋭い金属の湾曲であるオーガ・フックは、それを最も一般的に使用する蛮族達から名付けられた。通常はオーガによってつくられるために、オーガ・フックはしばしば大型であり、ほとんどの人型生物が使用するには不釣り合いである。
 利益:オーガ・フックを使用して足払いを試みることができる。
 武器の特徴:足払い

カットラス/Cutlass
 カットラスは短い曲剣で、片刃の鋭い刃が付いている。海賊達は、装具や敵の水夫を切り裂くのに充分な鋭い刃を持ち、かつ混雑した船上の乱闘に於いて取り回す為に必要な短さを持っている為にカットラスを愛用している。
 出典Pathfinder Player Companion: Pirates of the Inner Sea

キャット・オー・ナインテイル・ウィップ/Whip, Cat-o’-Nine-Tails
 別名“船長の娘”として知られる九尾猫鞭は、深刻な傷跡を残すことなく身体を切り裂き激しい苦痛とを負わせるようにデザインされた9つの革紐を編み上げて作られた長さ3フィートの短鞭である。
九尾鞭は鎧ボーナスが+1以上あるクリーチャーや、外皮ボーナスが+3以上あるクリーチャーに対してはダメージを与えられない。
 出典Pathfinder Player Companion: Pirates of the Inner Sea

ギャロット/Garrote
 ギャロットは木製の取っ手を両端に付けられた針金もしくは細いロープである。この針金は犠牲者の喉に回され、首の後ろで交差させる。取っ手をまっすぐ引くと、ギャロットは犠牲者を絞め殺すのだ。
 説明:ギャロットを使用するには、目標は瀕死状態か使用者に気付いていない状況でなければならない。目標の首を絞め始めるために、使用者は組みつき判定(これには両手が空いていないことによる-4のペナルティは受けない)に成功する必要がある。首を絞められた目標は精神集中判定(DC 20+使用者のCMB+目標が発動しようとしていた呪文のレベル)に成功しなければ、音声要素を持つ呪文、合言葉の必要なアイテム、発生を要する魔法を使用することができない。ギャロットを使用して組みつきをしている場合、使用者は以下の追加のオプションを得る。
 首絞め:目標への空気の供給を断つ。これにより目標は息を止めなければならない(サフォケーションもしくは〈水泳〉技能に詳細な情報がある)。使用者が首絞めの継続を止めたラウンドで、目標は呼吸できるようになり精神集中判定を始める必要があるなら再度試みることができる。
 武器の特徴:首絞め

グラップリング・フック/Grappling Hook
 ひっかけ鉤は通常登攀道具としてみなされるが、移乗行動の前に船に引っ掛けて引き寄せる為に使用することも出来る。ひっかけ鉤は木の手すりに深く食い込む為、引き剥がして自由にする為には1分間を要する。グラップリング・フックに繋がっているロープは切ることが出来るが、海賊達は鉤を取り外し難しくする為、しばしば装具やマストを目標とします。グラップリング・フックからロープを外すには移動アクションが必要となる。
グラップリング・フックはまた遠隔武器として使用することも出来る。グラップリング・フックに《習熟》している場合、この武器でのクリティカル・ヒット時に目標にフリー・アクションで組み付きの戦技判定を行うことが出来る。組み付かれた目標があなたを間合いの中に収めていない場合、この戦技によって機会攻撃が発生することはない。また、この武器によって目標に組みついている間、使用者は自身のターンに目標を移動させるかダメージを与えることしかできない。使用者は組みつきを維持するために目標に隣接する必要はないが、依然として組みついているものと見なされる。グラップリング・フックの間合いの外に離れるように移動した場合、そのアクションによって組みつきは終了する。
グラップリング・フックの重量は50フィートの麻のロープの重量を含んでいる。この重量はより短いかより軽量なロープを使用することで軽減することができる。
 出典Pathfinder Player Companion: Pirates of the Inner Sea

クラール/Klar
 これは、ホーンド・スピアストーカー(ストーヴァル高原に住む巨大ヤモリの一種族)の頭蓋骨に刃を固定したショアンティ達の伝統的な武器だが、近年では南ヴァリシアの武具屋はこの刃付き盾の鋼鉄で出来たものを造り始めた。
 利益:クラールの使用者は武器か盾としての使用方法を選ぶことが出来る。
 武器としての使用-クラールによる攻撃はシールド・スパイクでの攻撃とみなす。
 盾としての使用-戦闘に於いて防具として使用するとき、クラールは木製か鋼鉄製ライト・シールドとして扱う。
 武器の特徴:特殊

クリスタル・チャクラム/Chakram, Crystal
 石英や奇妙な地中のクリスタルの形を変え曲げることで作られたこれらの円形の投擲用の板は縁に剃刀のように鋭い刃を持っている。
 利益:クリスタル・チャクラムが目標に命中すると、この武器は小さく鋭い断片に砕けてしまう。攻撃が外れたなら、50%の確率で地面や他のかたい物体に命中し、このチャクラムは砕けてしまう。そうでなければ再度使用することができる。
 特殊:クリスタル・チャクラムは魔法の武器を作成する場合には矢弾として扱う。

シカ/Sica
 この刃はショーテルを小さく軽くしたものである。
 説明:バックラー、ライト・シールド、ヘヴィ・シールドを使用している目標に対してシカを使用するなら、攻撃ロールに+1のボーナスを得る。

シゾール/Scizore
 “タルドール人のはさみ”としても知られるシゾールは使用者の前腕に沿う固い管であり、半ば円形の刃が終端に付けられている。
 利益:シゾールはACに+1の盾ボーナスを与える。しかし攻撃に使用した場合にはそのラウンドの間このACボーナスを失う。シゾールを使用した攻撃ロールには-1のペナルティを被る。
 不利益:シゾールを装備している間、その手は他の目的に使用することができない。
 アクション:シゾールを着用するのは1回の全ラウンド・アクションである。

シャープンド・コンバット・スキャバード/Combat Scabbard, Sharpened
 利益:この戦闘用の鞘は外縁に鋭い刃を持ち、武器として使用できる。

シュリルシャフト・ジャヴェリン/Shrillshaft Javelin
 この1回だけ使用できるジャヴェリンの柄、穂先のすぐ後ろには雷石が備え付けられている。
 利益:このジャヴェリンが命中したなら、目標はジャヴェリンのダメージを通常通り受けた上、雷石の効果の中心となる。攻撃が失敗したなら、ジャヴェリンがどこに落下したのかを(飛散武器が外れたときのように)ロールして決定する。その場所は雷石の効果の中心となる。

ショアンティ・ボーラ/Bolas, Shoanti
 ショアンティ・ボーラのほとんどはうなり板としても機能する。その重りに付けられた小さな曲がった穴により、この武器は振りまわした際に悲しげで鋭い音を放つ。
 利益:このボーラは通常のボーラとして機能するが、非致傷ダメージではなく致傷ダメージを与える。
 武器の特徴:足払い(遠隔)
 (訳注:“うなり板”とは振りまわすと音の鳴る、アボリジニー特有の楽器のこと)

ショーテル/Shotel
 ショーテルは下向きに曲がった剣で、目標の盾をまたいだり飛び越えたりするように作られている。
 説明:バックラー、ライト・シールド、ヘヴィ・シールドを使用している目標に対してシカを使用するなら、攻撃ロールに+1のボーナスを得る。

シリンジ・スピア/Spear, Syringe
 この武器の刃は細い管や穴を持つ。それらは横木のすぐそばにある空の容器につながっている。
 説明:このスピアによる攻撃が成功すると容器に収められていた液体(毒がよく使用される)が目標に注がれる。
 アクション:シリンジ・スピアの容器を詰め直すには1分かかる。
 武器の特徴:待機、特殊

スイッチブレード・ナイフ/Knife, Switchblade
 このナイフはばね仕掛けの刃を持ち、内側に隠れた取っ手が付いている。この武器はダガーとして扱う。
 特殊:このナイフは他の物体に見えるようにデザインされている(この機能を見破るにはDC15の〈知覚〉判定が必要である)。
 アクション:手に持っているなら、この武器を使用可能な状態にするのは1回のフリー・アクションである。

スコーピオン・ウィップ/Scorpion Whip
 この鞭は剃刀のような形をした刃とその突端の周りに牙が埋め込まれたものを持つ。
 説明:目標が鎧ボーナスを得ている場合でも、スコーピオン・ウィップは致傷ダメージを与える。ウィップに対する《習熟》を持つなら、スコーピオン・ウィップも使用できる。
 武器の特徴:武器落とし、間合い

スティッチド・スリング/ Sling, Stitched
 スティッチド・スリングは厳密には特殊な種類の武器ではなく、スリング、スタッフ・スリングまたはダブル・スリングのカップに弾を入れたまま縫い閉じたもので、弱体化したライト・フレイルとして製作される。
スティッチド・スリングのダメージの種類や量はスリングのカップに縫い閉じられる弾の種類とは無関係で、カップを縫い閉じている糸を切り開かない限り(機会攻撃を誘発する全ラウンド・アクション)、弾を発射することが出来ない。
 出典Pathfinder Player Companion: Halflings of Golarion.

スティングチャック/Stingchuck
 スティングチャックは脳を取り除いた人型生物の頭で作られた、いかれた袋である。投げた時に開き炸裂するように、重いものが好まれる。
 説明:スティングチャックの中は通常噛みつく虫で満たされており、飛散武器として扱う。命中したなら、中にいる虫は目標に噛みついて刺し、1d6ポイントのダメージを与えるとともに、目標は頑健セーヴ(DC 11)に成功しなければ1d3ラウンドの間吐き気がする状態になる。スティングチャックにより吐き気がする状態になったクリーチャーは、毎ラウンド虫に噛みつかれるため追加で1ポイントのダメージを受ける。この飛散効果の範囲内にいたすべてのクリーチャーは虫により1ポイントのダメージを受けるが、吐き気がする状態になることはない。

ストーン、リトル・スターストーン/Stone, Little Starstones
 大きな損傷を充分に与えるのが難しいこれらの糸や布に包まれた小石は厳密にはスリングの弾ではなく、主に信号や祝宴の時に使用される。油や強いアルコールに浸された後、この小石は1ラウンドの間ロウソクの明るさに燃え輝き、光の尾を引いて空を飛ぶ。
リトル・スターストーンは追加のダメージを与える程熱くならず、また素早く燃え尽きる為可燃物に点火することは出来ない。
 出典Pathfinder Player Companion: Halflings of Golarion.

スリング・グラヴ/Sling Glove
 この湾曲したえぐれた形の2フィートの長さを持つ小枝でできたかごは手首に取り付け、腕をしならせることによりこぶし大の大きさの石を滅多にない凄まじい速度で投げることができる。
 アクション:スリング・グラヴへの装填は1回のフリー・アクションであり、片手が空いている限り機会攻撃を誘発しない。
 不利益:隣接した目標に石を投げる際には-4のペナルティを受ける。自身の接敵面にいるクリーチャーにこの武器を使用することはできない。

スローイング・シールド/Throwing Shield
 この盾は投擲用に作られており、留め金を外すここと投擲が素早く容易にできるように特別な留め具が付けられている。
 利益:この武器の止め具を外して投擲することは1回のフリー・アクションである。タワー・シールドをスローイング・シールドにすることはできない。盾のACに対する強化ボーナスとシールド・スパイクへのボーナスはこの武器を投げる際の攻撃ロールおよびダメージ・ロールへのボーナスとしては適用されない。
 武器の特徴:足払い

ソートゥース・サーベル/Sabre, Sawtooth
 これは悪名高き“赤蟷螂”の象徴的な武器である。
 説明:この武器に《習熟》しているなら、ソートゥース・サーベルを軽い武器として扱う。そうでないなら、この武器はロングソードとして扱われる。
 (訳注:“赤蟷螂”は暗殺者の神アチャイケクを奉じる暗殺者集団。)

ソーン・ブレイサー/Thorn Bracer
 この頑丈な革製の腕甲は漆で覆われた薔薇の棘がちりばめられている。この棘を使用して目標を刺すことができる。
 説明:武器や盾を利き手でない手に持っていないならば、ソーン・ブレイサーを利き手でない手による攻撃に使用することができる。手の中に物をつかんだ状態でも、ソーン・ブレイサーによる攻撃を行なうことができる。
 不利益:ソーン・ブレイサーにより攻撃したなら、盾を準備することにより得られていたACを次のアクションまで失う。

ソーン・ボウ/Thorn Bow
 この磨かれた紫檀の弓は棘と小さな花がちりばめられている。
 説明:ソーン・ボウはショートボウとして扱う。

ダブル・スリング/Sling, Double
一見、この武器はバトンのような棒の両端にスリングがぶら下がっているだけのように見えるが、この武器は驚異的な技術の持ち主かハーフリングの軽業師によって真価を発揮する。
利益:ダブル・スリングは通常のスリングとして使うことも出来るが、もう一方の端を使い毎ラウンド追加の遠隔攻撃を行うことが出来る。この際、双頭武器を使用した二刀流の通常のペナルティを受けるが、《二刀流》特技はこのペナルティを軽減する。
ダブル・スリングの一方の端に装弾するには(通常のスリングと同様に)移動アクションを使用する為、何らかのスリングを素早く装弾する特技や特徴(例えば《弾落とし》のような)を持っていない限り、通常ダブル・スリングを使用して連続したラウンドでの追加攻撃を行うことは出来ない。
ダブル・スリングで普通の石を投げることもできるが、石はブリットほど重くも丸くもない。このため、あたかもダブル・スリングが本来より1段階小さいサイズ用のものであるかのようにダメージが減少し、かつ、攻撃ロールには-1のペナルティが付く。

《弾落とし》 Ammo Drop
 あなたが振り回している空のスリングに要求される装弾のタイミングを単に手を離し弾を落とすことで完璧に調整することが出来る。
 前提条件:〈手先の早業〉1ランク、スリングへの《習熟》。
 利益:あなたはスリングかダブル・スリングの片方の端への装弾を片手だけで即行アクションか移動アクションを使って行うことが出来る。これは機会攻撃を誘発しない。
 出典Pathfinder Player Companion: Halflings of Golarion.

テルビーチェ/Terbutje
 この補強された木の固まりにはシャークの歯、黒曜石、ガラスといった素材が一面に打ち込まれている。この武器は壊れやすく、ときどき敵の鎧や武器に命中して壊れてしまう。
 説明:テルビーチェを使用して攻撃を行う際に"出目1"をロールすると、この武器は自動的に破損状態になる。破損状態のテルビーチェを使用して攻撃を行う際に"出目1"をロールすると、この武器は壊れてしまう。

鋼鉄製テルビーチェ/Terbutje, Steel
 これは一般的なテルビーチェに似せて作られた武器である。金属製でないテルビーチェの脆さを、この武器は克服している。

ドッグスライサー/Dogslicer
 この武器は短く曲がった刃を持ち、軽くするためにいくつ物穴が穿たれている事が多い。
 特殊:ドッグスライサーを使用して攻撃を行う際に"出目1"をロールすると、この武器は自動的に破損状態になる。破損状態のドッグスライサーを使用して攻撃を行う際に"出目1"をロールすると、この武器は壊れてしまう。
 武器の特徴:特殊("出目1"で破損)

トーテム・スピア/Spear, Totem
 この伝統的なSklar-Quahの槍の柄には神聖なシンボルの彫刻が施されており、幅広の穂先には戦闘に於いて振るわれたり投げられたりする時に大きな唸り声を上げるように精巧な穴が穿たれている。また、槍を振り回すことで風が吹き抜ける方向を変えたり、振るわれる速度に変化を付けることで使用者は哀調を帯びた葬送歌を奏でることが出来る。
 説明:槍の使い方を訓練されたバードは、トーテム・スピアを〈芸能:管楽器〉の楽器としてバードの呪芸に使用することが出来る。
槍そのものも強く柔軟な柄を備えており、訓練された者の手にある時には〈軽業〉判定に+2の状況ボーナスを得る。
槍の比較的広い穂先は横薙ぎに払うことで斬撃武器として、また従来の多くの槍戦闘術のように刺突武器としても使用することが出来る。
武器の特徴:斬撃または刺突
(訳註:Sklar-Quahはショアンティの部族の1つ)

トライブレーデッド・カタール/Katar, Tri-bladed
 カタール(およびパンチング・ダガー)は単一の、長く薄い刀身を持つことがほとんどである。しかしトライブレーデッド・カタールは3つの斜めに広がった剃刀のような刃の扇を備えている。

ドワーヴン・ドーン・デルガー/Dorn Dergar, Dwarven
 この特殊な武器は10フィートの長さがあり、重い金属の鎖に巨大サイズの拳ほどの大きさの鋼鉄の球が備えられている。ドワーフがクリーチャーの中に広がる間に使用されなくなってしまったものの、ドワーヴン・ドーン・デルガーは今でも旧来の流儀に固執するドワーフ達に時折使用されている。
 利益:鎖のたわみを調整することにより、この武器は間合いがある武器としても間合いのない武器としても使用することができる。
 アクション:通常の武器か間合いのある武器かを切り替える行為は1回の移動アクションである。
 武器の特徴:間合い

ドワーヴン・ドーン・デルガー特技

《毒蛇の突撃》(戦闘)/Darting Viper
 ドワーヴン・ドーン・デルガーを使用する際、あなたは近くの敵と離れた敵を素早く攻撃することができる。
 前提:基本攻撃ボーナス+4、ドワーヴン・ドーン・デルガーへの《習熟》
 利益:ドワーヴン・ドーン・デルガーを通常の武器か間合いのある武器かを切り替える行為を、1回の即行アクションで行なうことができる。
 通常:ドワーヴン・ドーン・デルガーを通常の武器か間合いのある武器かを切り替える行為は、1回の移動アクションである。

《ドーン・デルガー体得》(戦闘)/Dorn-Dergar Master
 あなたはドーン・デルガーをわずか片手で使用することができる。
 前提:《二刀流》、基本攻撃ボーナス+4、ドワーヴン・ドーン・デルガーへの《習熟》
 利益:あなたはドワーヴン・ドーン・デルガーを片手で使用することができる。片手で使用する場合、通常の武器か間合いのある武器かを切り替える行為は1回の全ラウンド・アクションである。《毒蛇の突撃》特技を有しているなら、間合いを変更する行為は1回の移動アクションとなる。
 通常:ドワーヴン・ドーン・デルガーを持つには両手を必要とする。
 出典:Pathfinder Companion: Dwarves of Golarion

ドワーヴン・モールアックス/Maulaxe, Dwarven
 この武器は多目的に使用でき、“五大王(Five Kings)”のドワーフの君主を通して伝えられた、奇妙なデザインをしている。先の重い斧のように見えるが、熟達したものが使用すれば刀身の峰を使用して大槌のように叩きつけることもできる。
 利益:この武器は殴打ダメージか斬撃ダメージのいずれか(使用者が選択)を与える。
 特殊:ドワーヴン・モールアックスはドワーフにおいては軍用武器であり、その他の種族においては特殊武器である。この武器は双頭武器ではない。そのためいかなる強化も斧部と槌部の相方に適用される。ただし殴打武器や斬撃武器にのみ効果のある強化は例外となる。そのような強化については、条件を満たすダメージ種別においてのみ効果を及ぼす。

パタ/Pata
 この武器は固い刀身を守る部位が備え付けられており、使用者の手や手首、腕を守る。
 利益:パタはショート・ソードとロックト・ガントレットを組み合わせたものとして扱う。

バタフライ・ナイフ/Knife, Butterfly
 バタフライ・ナイフには2つの取っ手の間に隠された刀身を持つ。この取っ手は素早く動かすことができる。
 利益:バタフライ・ナイフに《習熟》(あるいは《早抜き》特技を修得)していてバタフライ・ナイフを手に持っているなら、この武器を開くのは1回のフリー・アクションである。《習熟》していないならばこの武器を開くのに1回の移動アクションが必要である。それ以外の点については、この武器はダガーとして扱う。


バトル・ポイ/Battle Poi
 この腕ほどの長さのある鎖の組は一方の端に持つ部分があり、燃料に付けられた松明が他方に付けられている。
 利益:バトル・ポイにより物理的なダメージを与えることはないが、燃える燃料が[火]ダメージを当てる。バトル・ポイに《習熟》しているのなら、この武器による攻撃において《二刀流》特技を所持しているかのように扱われる。
 特殊:全身を砂で覆うか水に浸すなどしてバトル・ポイによりつけられた火を消すのは、1回の全ラウンド・アクションである。

バトル・ラダー/Battle Ladder
 ノームは細く強化された4フィートのはしごを武器として使用する。
 利益:バトル・ラダーを通常のクオータースタッフとして使用することができる。使用者はこのはしごである領域を占め足に絡め付かせることで、この武器に足払いの特徴を与えることができる。
 武器の特徴:足払い

ハープーン/Harpoon
 ハープーンは50フィート以下の長さのロープを取り付けた棘付きのスピアである。
利益:ハープーンに《習熟》している場合、組みつき武器として使用することができる。ハープーンの重量は50フィートの麻のロープの重量を含んでいる。この重量はより短いかより軽量なロープを使用することで軽減することができる。
Pirates of the Inner Seaではより新しいハープーンが登場しており、これは青銅器時代のものと同じデータを使用するが、鋼鉄製で壊れやすい性質がなくなっている。
 出典Pathfinder Player Companion: Pirates of the Inner Sea

バルバズゥ・ビアード/Barbazu Beard
 バルバズゥ・ビアードはフェイスマスクのついた見る者を脅かすような兜であり、うなり声を上げるバルバズゥの頭のように見える。顔を守る部位の顎にあたる部分からは剃刀状の刃が実際のバルバズゥの髭のように伸びている。この刃は通常8インチほどの長さだが、より長いものもある。
 説明:バルバズゥ・ビアードは利き手でない手で使用した武器として扱うことができる。この武器を使用のに手は必要ない。そのためバルバズゥ・ビアードは両手武器と組み合わせて使用することができる。
 バルバズゥ・ビアードによる攻撃は機会攻撃を誘発する。着用者の顔に極めて近いところにあるために、バルバズゥ・ビアードを他のクリーチャーに使用するのは接触するのと同程度に危険な行為である。そのため、肉体武器や素手攻撃を使用してクリーチャーに攻撃するのと同じようなリスク(ファイアー・エレメンタルや酸性の粘体など)を負う。

ハンボー/Hanbo
 ハンボーは1ヤードよりも短い杖であり、歩くのに使用するステッキに見えるようにしばしば曲がっている。
 武器の特徴:モンク、足払い

ピックアックス/Pickaxe
 両手で持つヘヴィ・ピックである残忍な武器、ピックアックスは肉や骨を砕くように地面や石を砕くのに有効である。この武器はしばしばコモナーにとって便利なため、素晴らしい武器を買うような余裕がないものが強盗や山賊となる際に、ピックアックスは脅しの道具としてよく使われもする。

ピストン・モール/Piston Maul
 錬金術で射出されるピストンを頭部に持つこの両手持ちの槌は目標を強制的に驚かせる。
 利益:ピストン・モールを使用して武器破壊攻撃に成功すれば、追加で+4ポイントのダメージを与える。ピストン・モールのこの機能を使用するには雷石が必要である。それ以外の点についてはグレートクラブと同様に扱う。雷石をこの武器の中に挿入することは1回の標準アクションである。この武器の力は24時間持続し、その後雷石は失われる。

フォーチャード/Fauchard
 このポールアームはグレイヴによく似ており、穂先にまがった刃が付けられている。しかしグレイヴとは異なり、フォーチャードの鋭い刃はへこんだ側に沿っていて、そのためにこの刃はシックルやサイズのように見える。
 利益:フォーチャードはグレイヴよりもずっと使いにくい(それゆえに特殊武器として扱う)。しかし機会攻撃範囲はグレイヴより長く足払いの能力を持ち、熟達したものの手に渡れば危険な武器となる。
 武器の特徴:間合い、足払い

フック・ハンド/Hook Hand
 冒険の中で手を失った海賊は、時折その手首に鉤爪を取り付ける。
 あなたの敵は、あなたのフック・ハンドに対して武器落としの戦技を仕掛けることが出来ない。フック・ハンドは日常的な行動の妨げることは無いが、装着中はフック・ハンドを用いて他の武器を両手で扱う事は出来ない。もし両手がフック・ハンドになっているならば、あなたはいかなる種類の武器も使うことが出来ず、日常生活にも苦労するかも知れない。フック・ハンドの装着は手首の関節が無事であることを想定している。もしそうでないならば、人工義肢を使うことになる。フック・ハンドの装着/脱着には1分間掛かる。
 出典Pathfinder Player Companion: Pirates of the Inner Sea

フラスク・スロウワー/Flask Thrower
 この武器はハーフリング・スリング・スタッフのように見えるが、石や弾丸のように瓶をつかみ投擲できるように作られている点が異なる。
 利益:フラスク・スロウワーは(酸、錬金術師の火、聖水のような)飛散ダメージを与える物質、(足止め袋、雷石、まきびしのような)投擲用の道具の射程単位を引き延ばす。

ブラス・ナイフ/Knife, Brass
 海賊は船上で仕事をする為にしばしば長い真鍮製のナイフを持っている。真鍮の刃は鋼鉄のそれほど鋭さを保てないが、鋼鉄のように錆に弱くはない。いざという時に武器として使うことも出来るが、しかし海賊達はこの真鍮のナイフを主にロープを切ったり魚をさばいたりその他様々な雑用をこなす為に使う。
 特殊:ブラス・ナイフを使用して攻撃を行う際に"出目1"をロールすると、この武器は自動的に破損状態になる。破損状態のブラス・ナイフを使用して攻撃を行う際に"出目1"をロールすると、この武器は壊れてしまう。
 出典Pathfinder Player Companion: Pirates of the Inner Sea

ブラス・ナックル/Brass Knuckles
 この近接戦闘用の武器は、拳に心地よくフィットするように設計されている。接触する面積を小さくすることによって、パンチによる衝撃を増大するのである。
 利益:ブラス・ナックルは致傷ダメージを与えることができるようになる。
 不利益:君はブラス・ナックルを装着した手で武器やその他の物品を持つことができるが、使用することはできない。もし君が呪文を使用する場合、ブラス・ナックルを着用した手で動作要素を満たすためには、(難易度10+君が使用する呪文の呪文レベル)の精神集中判定に成功しなければならない。
ノート:モンクはブラス・ナックルに《習熟》している。
(訳者註:このブラス・ナックルは最新版のデータを反映しており、Advanced Player's Guideのものとは異なる。)

フランバード/Flambard
 この両手持ちの剣は幅広の刃を持つ。この刃は木製の武器を切り取るのに特に役に立つ。
 利益:この武器に《習熟》しているなら、木製の柄を持つ武器に対する武器破壊に+4のボーナスを得る。それ以外の点については、この剣はバスタード・ソードとして機能する。
 武器の特徴:木製に対する武器破壊に+4ボーナス

ブリット、グローニング/Bullets, Groaning
 このスリング・ブリットは畳み込まれた穿孔により無数の穴が開けられている。これによりこのブリットは飛んだ経路から500フィート以内まで届くぶきみなうなりを放つ。

ブリット、シャープストーン/Bullet, Sharpstones
 この特製の弾丸の棘とぎざぎざの縁は素焼き粘土の薄い層で覆われている。《習熟》した使い手は発射時にこの粘土の覆いをフリー・アクションで割って棘か縁のいずれかを露出させる方法を知っており、刺突か斬撃ダメージのどちらかを選択することが出来る。
 出典Pathfinder Player Companion: Halflings of Golarion.

ブリット、スポンジストーン/Bullet, Spongestone
 これらのブリットは、衝撃を受けると砕ける多孔性の石や重い木で出来ている。スポンジストーン・ブリットは、よく毒や燃える油を投げる為に使用される。油瓶1つは10個のスポンジストーン・ブリットを満たす。点火した(もし火があるならばフリー・アクション)燃えている油まみれのスポンジストーン・ブリットは追加で+1d2点の[火]ダメージを与え、可燃性の材料(草葺き屋根のような)に点火することが出来る。スポンジストーン・ブリットがスリングのカップの中に1d3ラウンド以上火が点いた状態だったならば、そのスリングは破損状態となる。
 出典Pathfinder Player Companion: Halflings of Golarion.

ブリット、スモーク/Bullet, Smoke
 利益:スモーク・ブリットにより煙をとどかせるためであれば、接触攻撃に成功するだけでよい。目標に命中したなら、ブリットは有毒ガスの雲を作り出す。命中したクリーチャーは頑健セーヴ(DC13)を行なわなければならない。セーヴに失敗したなら、目標は2ラウンドの間吐き気がする状態になる。

ブリット、ソフトストーン/Bullet, Softstones
この弾力がある繊維をきつく縛った塊は、スリングで射出された時に目標に非致傷ダメージを与える。
 出典Pathfinder Player Companion: Halflings of Golarion.

フリンドバー/Flindbar
 フリンドはフリンドバーとして知られる彼ら固有の武器を使用する。フリンドバーは2つの鉄の棒(長さはおよそ18インチ)からできており、短い鎖でつながれている(場合によっては、互いの端を環状につないでいる)。
 説明:フリンドバーは片手用の近接特殊武器であり、中型用の武器の場合は1d8、小型用の武器の場合は1d6ポイントのダメージを与える。
 武器の特徴:武器落とし

フレイルポール/Flailpole
 この武器は単に長いポールアームの端にヘヴィ・フレイルが乗っているというものだ。
 利益:フレイルポールは間合いのある武器であり、足払い用武器の特性を持つ。
 武器の特徴:間合い、足払い

ブレーデッド・スカーフ/Scarf, Bladed
 悪い噂とその魅惑的なパフォーマンスで知られているために、時折観衆にまずい状況に陥らされることもあるため、ヴァリシア人の中にはそのスカーフの先に剃刀のような形をした刃を結わえているものもいる。一方には様々な色のシークインが付けられており、他方には危険な武器が隠されている。このようなスカーフを有効に使用するには熟達が必要であり、その危険な特性によりこれらは特殊武器として扱われる。
 説明:ブレーデッド・スカーフに《習熟》しているのなら、使用者に組みつき判定を成功させた全てのクリーチャーに1d4ポイントの斬撃ダメージを与える。
 ブレーデッド・スカーフは《武器の妙技》特技を使用することで、例えそれが使用者にとって軽い武器でなかったとしても、【筋力】修正値の代わりに【敏捷力】修正値を攻撃ロールに適用できる。

ブレード・ブーツ/Blade Boot
 ブレード・ブーツはばねのついたナイフが仕込まれている。このナイフはつま先を正しい組み合わせで押すことで飛び出すようになっている。
 &be:ブレード・ブーツは利き手でない手で使用する武器として扱う。
 アクション:このナイフを取り出すのは1回の即行アクションであり、元に戻すのは1回の全ラウンド・アクションである。
 不利益:この刃を伸ばしているのなら、通常の地形は移動困難な地形となり、移動困難な地形は通過できない地形として扱われる。

フンガ・ムンガ/Hunga Munga
 この3つの刃のついたダガーは投擲用に作られているが、近接武器としても使用できる。

ホースチョッパー/Horsechopper
 注釈:このゴブリンの武器はハルバードとして扱う。

ボーディング・アックス/Axe, Boarding
 基本的なハンドアックスの背にスパイクの先端を取り付けたもので、主に船艙や装具を叩き切ったり、燃える破片を船から引きずり落としたり、武器として使用される。ボーディング・アックスは斬撃か刺突ダメージを選べる他は、ハンド・アックスと同様の片手軍用武器として扱う。その上、木製の表面を〈登攀〉する際にスパイクを使うことにより+2の状況ボーナスを得る。
 出典Pathfinder Player Companion: Pirates of the Inner Sea

ボーディング・ガフ/Gaff, Boarding
 ガフ・フックとは長い棒の一方の端に魚を突き刺す為の鉤を付けたものである。海賊達はしばしば、移乗行動の助けとする為により重い鉤をガフ・フックの両端に追加する。海賊達は隣接する為にひっかけ鉤を使い船を引っ張った後、船が漂流するのを防ぐ為に互いの舷縁にボーディング・ガフを引っ掛ける。小型ボートはしばしば、ひっかけ鉤の代用品としてグラップリング・ガフを使う。ボーディング・ガフは木の手すりに深く食い込む為、引き剥がす為には1分間を要する。そのため殆どの海賊は1つずつ鉤を外そうと試みるよりもボーディン・アックスやカットラスを用いて切り離す。ボーディング・ガフは、非戦闘時には魚捕りの為に使うことも出来る。
 出典Pathfinder Player Companion: Pirates of the Inner Sea

ボーディング・パイク/Pike, Boarding
 ボーディング・パイクは、8フィートの長い棒の先に1フィートの長さを持つ金属製の矛先を取り付けたものである。ボーディング・パイクはまさしくロング・スピアのように見えるが、金属の矛先から木製の柄の間には鍔や溝、スパイクのような海水を留め錆びを引き起こさせるような部品が全く無く、海水は流れ落ちるようになっている。ボーディング・パイクは主に移乗攻撃を阻止する為に防御的な目的で使用されている。パイクはマストの周囲にある支持具に据え付けられている為、船乗り達は素早くこれを掴んで舷縁で移乗攻撃を阻止する為に構えることが出来る。
 出典Pathfinder Player Companion: Pirates of the Inner Sea

ボルト、アシッド/Bolt, Acid
 この金属製のボルトは中央部にガラス製の箇所があり、酸で満たされている。
 利益:攻撃が命中したなら、アシッド・ボルトは通常のダメージと追加の1d4ポイントの[酸]ダメージを与える。
 注釈:アシッド・ボルトは飛散ダメージを与えることはない。

ボルト、ドラウ・ポイズン/Bolt, Drow Poison
 この鉄製のボルトは小さな樹脂の欠片が付いている。この樹脂の欠片はボルトが目標に命中した際に砕ける。内側には1回分に相当するドラウ毒が含まれている。
 利益:ドラウ・ポイズン・ボルトが命中したものは頑健セーヴ(DC13)を行なわねばならず、失敗したならドラウ毒の効果を受ける(訳注:ドラウ毒についてはドラウを参照)。ドラウ・ポイズン・ボルトには使用者自身が毒の影響を受ける恐れはない。
 不利益:この奇妙な欠片はボルトの精密性に影響を及ぼす。ドラウ・ポイズン・ボルトを使用する際、射程単位によるペナルティを2倍にする。

ボルト、ファイアー/Bolt, Fire
 この注意深く作られた木製のボルトは錬金術師の火で満たされた空間を中央に持つ。
 利益:攻撃が命中したなら、ファイアー・ボルトは通常のダメージに加え1d4ポイントの[火]ダメージを与える。
 注釈:錬金術によるファイアー・ボルトは飛散ダメージを与えない。またこの効果は目標に(例え特別燃えやすいものであったとしても)火をつけることはない。

革製マドゥ、鉄製マドゥ/Madu
 マドゥは丸いライト・シールドであり、4つのスパイクがそれぞれの縁についている。
 利益:マドゥに《習熟》しているのなら、この武器を使用して防御的戦闘を行なう際、通常の-4のペナルティではなく-2のペナルティを受ける。もし《攻防一体》を使用しているなら、攻撃ロールへのペナルティは1軽減される(最低-1のペナルティ)。マドゥを装備している手に他のものを持つことはできない。マドゥに《習熟》していないのであれば、スパイクト・ライト・シールドとして扱う。

メテオ・ハンマー/Meteor Hammer
 この武器は1つか2つの球状の重りが10フィートの鎖に取り付けられたものだ。この重りを回転させ対象の身体に叩きつけるのだ。
 利益:メテオ・ハンマーを使用して足払いの試みに成功したなら、対象が転倒した場所から5フィート近くに引き寄せることができる。
 この武器は以下の2通りの異なる使用方法がある。
 ・メテオ・モード。双頭武器として扱う。
 ・要塞モード。双頭武器としては使用できないが、ACに+1の盾ボーナスを得る。
 アクション:2つのモードを切り替えるのは1回のフリー・アクションであり、使用者のターンの開始時に決定する。
 武器の特徴:間合い、足払い

メール・クラブ/Mere Club
 このメール(MEH-reh)は伝統的に湾曲した石により作られ、短く平らな面を持ち、尖ったクラブである。

リップソー・グレイヴ/Ripsaw Glaive
 このグレイヴの刃はのこぎり状になっていて、柄の上に取り付けられている。
 利益:重い紐が柄の周りを包んでいる。移動アクションでこの紐を引くと、使用者の【筋力】ボーナスに等しいラウンドの間、刃が素早く回転する。この刃が回転している間、ダメージが+2される。それ以外の点では、この武器はグレイヴとして扱う。この紐で回転機構を再度包むのは1回の全ラウンド・アクションであり、機会攻撃を誘発する。

ロォカ/Rhoka
 この剣はアーデファンurdefhanにより極めて有効に使用される。生あるものを嫌い、ダイモンに似た外見を持つこのクリーチャーはダークランズに住んでいる。この剣はロングソードと同じ大きさだが、2つののこぎり状の刃が両側についていて、両端は残酷な鉤になっている。

ロープ・ガントレット/Rope Gauntlet
薄いが頑丈な麻のロープで作られたこの間に合わせの腕甲は手と前腕を覆う。この腕甲を水に浸すと重く膨らみ、使用者の拳を岩のように固い武器とし、拳での戦闘において殺傷に十分な能力を容易に得ることができる。
説明:ロープ・ガントレットで腕を覆うのは1分かかり、水に浸すのも1分が必要である。しかし一度水を供給すれば1日の間効果がある。ロープ・ガントレットを外すのは1回の全ラウンド・アクションである。ロープ・ガントレットを身につけている限り、武装していると見なされ、あなたの攻撃は通常のダメージを与える。ロープ・ガントレットに《習熟》しているのなら、ロープの荒い面を使用して殴打ダメージの代わりに斬撃ダメージを与えてもよい。指はむき出しになっているため、ロープ・ガントレットを着用した手でアイテムを装備したり持ち運んだりすることができる。しかしこの手は締めつけられているために、この手を使用した精密な動きを要求する行動(解錠など)には-2のペナルティを受ける。

ローンチング・クロスボウ/Crossbow, Launching
 このずんぐりとした見た目のクロスボウはボルト用の溝の代わりにカップのような取り付け具を持つ。
 利益:ローンチング・クロスボウは飛散武器を射出するように作られている。
 装填:機会攻撃を誘発する全ラウンド・アクションである。