錬金術呪文構成要素

錬金術呪文構成要素 Alchemical Power Components

 錬金術呪文構成要素は錬金術アイテムであり、呪文の通常の効果を変えたり強化したりするために物質要素や焦点具として使用できる。以下に効果の例を示す。ゲームマスターは他の呪文と錬金術アイテムとの組み合わせを許可しても良い。

 (物質)と但し書きのある呪文は、その錬金術アイテムを物質要素として使用し、消費する。
 (焦点)と但し書きのある呪文は、その錬金術アイテムを焦点具として用い、消費することは無い。

 いずれの場合でも、錬金術アイテムは通常の効果をもたらすことはなく、呪文の他の項目に影響を及ぼすことも無い。同じ錬金術アイテムを、物質要素かつ焦点具として同時に使用することはできない。


酸 Acid

特に攻撃に用いる呪文において、一般的な酸の瓶は効果のある構成要素として多くの使用法がある。

アシッド・アロー(物質):この呪文は通常よりも1ラウンド長く持続する。
アシッド・フォッグ(物質):この呪文の効果範囲の半径と高さは5フィート伸びる。
アシッド・スプラッシュ(焦点):この呪文の与えるダメージが+1ポイントされる。
アシッド・スプラッシュ(物質):この呪文は通常よりも1ラウンド長く持続する。
ディスペル・マジック(物質):(土)の副種別を持つ呪文や効果を解呪したり相殺しようとする際に酸を使用すると、解呪判定に+2のボーナスを得る。このボーナスはディスペル・マジックグレーター・ディスペル・マジック、あるいは相殺呪文として他の呪文を使用する場合(例えば《相殺呪文強化》特技を持っている場合)のいずれであっても提供される。
グリース (物質):この呪文によって生み出される油は酸性となり、この呪文の効果範囲にいるかこの呪文のかけられた物体に触れているいかなるクリーチャーも、1ラウンドごとに1ポイントの[酸]ダメージを被る。
ウォール・オヴ・アイス(物質):酸の瓶を構成要素として使用することで10フィート四方の氷の壁を作成することができる。この氷の壁は破壊された際に、通常の[冷気]ダメージに加え1d6ポイントの[酸]ダメージを与える、


錬金術油 Alchemical Grease

この物質は面に効果を及ぼしたり面を作り出したりする呪文の強化に効果がある。

グリース(物質):効果を受けたクリーチャーが行う反応セーヴの難易度を1増加する。また、この呪文の効果を受けた鎧を身につけたクリーチャーが行う〈脱出術〉判定へのボーナスを+1する。
スリート・ストーム(物質):〈軽業〉判定の難易度を1増加する。
ウォール・オヴ・アイアン(物質):この油1瓶を構成要素として使用するごとに、鉄の壁10フィート四方を滑りやすくする(〈登攀〉判定の難易度が+5される)。
ウォール・オヴ・ストーン(物質):この油1瓶を構成要素として使用するごとに、鉄の壁10フィート四方を滑りやすくする(〈登攀〉判定の難易度が+5される)。


錬金術師の火 Alchemist's fire

このドワーフお気に入りのアイテムは、呪文の火の持続時間を引き延ばすことができる。

バーニング・ハンズ(物質):反応セーヴィング・スローに失敗した目標のうち1体(術者が選択する)は、錬金術師の火が命中したかのように火がつく。
ファイアーボール(物質):反応セーヴィング・スローに失敗した目標のうち術者レベルにつき1体(術者が選択する)は、錬金術師の火が命中したかのように火がつく。
フレイミング・スフィアー(物質):火の玉によりダメージを受けたものには、錬金術師の火が命中したかのように火がつく。
プロテクション・フロム・エナジー(物質):[冷気]に対する防護としてこの呪文を発動したなら、[冷気]へのダメージ吸収が5だけ増加する。
レジスト・エナジー(物質):[冷気]に対する防護としてこの呪文を発動したなら、[冷気]への耐性が12に増加する。術者レベル7の時点で術者は錬金術師の火2瓶を物質要素として消費することができるようになり、その場合[火]への耐性は24に増加する。術者レベル11の時点で術者は錬金術師の火3瓶を物質要素として消費することができるようになり、その場合[火]への耐性は36に増加する。
スコーチング・レイ(焦点具):この呪文による光線の攻撃ロールに+1の状況ボーナスを得る。
スコーチング・レイ(物質):この呪文によりダメージを受けたものには、錬金術師の火が命中したかのように火がつく。


耐病剤 Antiplague

この物質を使用することで、治療呪文の中にはより大きな効果を及ぼすものもある。

ヒーローズ・フィースト(物質):耐病剤1瓶を構成要素として使用するごとに、この呪文による食事を口にしたクリーチャー1体に12時間の間耐病剤と同様の効果を与える。耐病剤は通常不快な味だが、この呪文による食事の味を変えることはない。
リムーヴ・ディジーズ(物質):目標の病気を治療するための術者レベル判定に+2のボーナスを得る。


耐毒剤 Antitoxin

耐病剤のように、この物質要素はある種の治療呪文の効果を増幅することができる。

ニュートラライズ・ポイズン(物質):クリーチャーを目標とする毒の無力化のための術者レベル判定に+2のボーナスを得る。対毒剤は物質に対してこの呪文を発動した場合には、何の効果もない。


錆止め Bladeguard

錆止めが保護するのは武器と鎧だけではない。

ウォール・オヴ・アイアン(物質):錆止めを物質要素として1瓶使用するごとに、鉄の壁10フィート四方に[酸]への抵抗10を与え、錆びさせる攻撃に対して完全耐性を与える。


光の粉 Flash Powder

注意を向けさせるのに有益な光の粉は、光が炸裂する呪文をより危険にする。

フレア(物質):この呪文のセーヴィング・スロー難易度を+2する。
パイロテクニクス(物質):花火の効果を作成する際、難易度が1増加し盲目状態の持続時間が1ラウンド延びる。


痒みの粉 Itching Powder

この粉はある面で無害な呪文を特に神経に触るものに変える。

グリッターダスト(物質):痒みの粉1包を物質要素として使用するごとに、範囲内のクリーチャー1体に痒みの粉の効果を及ぼすことができる(難易度 12)。
リペル・ヴァーミン(物質):拡散の範囲に最初に入った蟲は痒みの粉の効果の対象となる(難易度 15)。痒みの粉1包ごとに、最初の1体より後に範囲に入った他の蟲にも同じ効果を及ぼす。蟲のスウォームはこの効果を考慮する際、1体の蟲として扱う。
サモン・スウォーム(物質):スウォームの“わずらわす”能力の難易度が2上昇する。


氷液 Liquid Ice

この物質は冷気の魔法を増幅する。

コーン・オヴ・コールド(物質):この呪文は術者レベルごとに追加で+1ポイントのダメージを与える。
ジェントル・リポウズ(物質):この呪文の持続時間は、術者レベル毎に2日増加する。
レイ・オヴ・フロスト(焦点):この呪文は追加で+1ポイントのダメージを与える。
レイ・オヴ・フロスト(物質):この呪文は凍った水の毒蛇の氷柱を作り出す。この毒蛇は目標を攻撃し、1d3ポイントの刺突ダメージと1ポイントの[冷気]ダメージを与える。
プロテクション・フロム・エナジー(物質):[火]に対する防護としてこの呪文を発動したなら、[火]へのダメージ吸収が5だけ増加する。
レジスト・エナジー(物質):[火]に対する防護としてこの呪文を発動したなら、[火]への耐性が12に増加する。術者レベル7の時点で術者は氷液2瓶を物質要素として消費することができるようになり、その場合[火]への耐性は24に増加する。術者レベル11の時点で術者は氷液3瓶を物質要素として消費することができるようになり、その場合[火]への耐性は36に増加する。


発煙棒 Smokestick

このアイテムは雲や煙を作り出す呪文に対して最もよく機能する。

フォッグ・クラウド(物質):雲の半径が5フィート増加する。
オブスキュアリング・ミスト(物質):この呪文は霧の代わりにくすぶる薄煙を発生させる。この霞は[火]呪文によって焼き払うことが出来ず、1分後に自然に拡散する。
パイロテクニクス(物質):雲の半径を5フィート増加し、持続時間を2ラウンド伸ばす。


足止め袋 Tanglefoot Bag

この粘着性の袋はわずらわしい呪文をさらに凶悪なものにする。

ブラック・テンタクルズ(物質):足止め袋を1つ物質要素として使用するごとに、あなたが選択する1体のクリーチャーに対する触手の組みつき攻撃を再ロールすることができる。
スロー(物質):足止め袋を1つ物質要素として使用するごとに、あなたの指定した1体の減速状態になったクリーチャーに足止め袋の効果を及ぼす。
ウェブ(物質):戦技判定か〈脱出術〉判定により自由になるための難易度が1増加する。


雷石 Thunderstone

雷石は単体でも十分に効果的だが、いくつかの呪文に有益な作用をもたらすこともある。

アラーム(物質):精神的アラームとして呪文を発動した場合、精神的かつ音声によるアラームとしてこの呪文を設置できる。音声によるアラームとしてこの呪文を発動した場合、その音は雷石と同程度にうるさく、その場で雷石が起動したかのように、起点から半径10フィート拡散の範囲にいるクリーチャーは雷石の効果を受ける。
グリフ・オヴ・ウォーディング(物質):爆発の印に対するセーヴに失敗したなら、そのクリーチャーは雷石によるもののように聴覚喪失状態の影響も受ける。