APG > 基本クラス > クレリック

クレリック Cleric

クレリックは神の使者であるとともに従者である。思いやり、理、交渉、高潔なる征服によって自分たちの主人の福音を世界中に広げるために、彼らは危険を冒して突き進む。彼らは神の導きであり――そして神の怒りの担い手である。穏やかで悔い改めた村の聖職者からその天命によって世界全体の人々を感動させ革命を扇動する教会の長の聖戦士まで、クレリックはどこにでもおり、その呼びかけや手法は彼らが仕える神と同様に多種多様である。神が持つ力と定命の世界に対する興味をクレリックは体現しており、彼らを否定することはこの世界とその未来に破壊を招くことに等しい。

副領域

本項のこれ以降では、副領域に関する新しいルールを掲載した。これにより、クレリックの信仰に特定の焦点を当て、プレイヤーは自らのキャラクターをより柔軟に組み上げることができるようになる。それぞれの領域はいくつかの関連する副領域を持つ(網羅された表として作成された、表:副領域を参照)。それぞれの副領域では、領域に基づく力と領域に基づく呪文リストから幾つかの呪文が置き換えられている。アスタリスク(*)で印の付けられた呪文は、本書の5章に詳細が記述されている。副領域を選択したクレリックは、その神格が元々の領域とその副領域の両方を持っていなければならない。クレリックが副領域を選択する場合、他の領域を選択する際に関連した領域を選択することはできない(実質的には、副領域は関連する領域を置き換えるのだ)。副領域はいかなる効果や領域に基づく必要条件においても、関連した領域と同じものだとして扱う。副領域が2つの関連した領域を持つ場合、クレリックはその領域のうち1つから副領域を選択することができる。ドルイド(金属の副領域を除く)やインクィジター(神格が認める場合)が副領域を選択することもできる。

副領域能力がセーヴィング・スローを要求した場合、そのセーヴのDCは10+クレリック・レベルの1/2+自身の【判断力】修正値である。

表:副領域
領域 副領域
ダイモンデヴィルデーモン
欺き 騙し盗み
安息 祖先
戦術
栄光 名誉勇気
解放 革命自由
疾風
狂気 悪夢錯乱
共同体 家族
幸運 運命呪い
高貴 指導者殉教者
工匠 人造労役
ルーン 言語保護
混沌 アザータデーモンプロティアン
アンデッド殺人
守護 清浄防御
植物 成長腐敗
アガシオンアザータアルコン
太陽
交易探検
金属洞窟
知識 記憶思考
凶暴不屈
秩序 アルコンイネヴァタブルデヴィル
治癒 回復復活
天候 季節
動物 羽毛毛皮
破壊 激怒災害
魔術 信仰秘術
大海
魅了 色欲
損失

愛の副領域 Love

関連領域:魅了。

代替能力:下記に与えられる能力を、魅了の領域における“幻惑の手”能力と入れ替える。

愛情(超常)/Adoration:割り込みアクションで、君は君を目標にした近接攻撃や遠隔攻撃を妨げようとすることができる。この能力はサンクチュアリ呪文のように作用するが、特定の攻撃1つに対してだけである。君はこの能力を、攻撃が宣言された後かつロールが振られる前に使用しなければならない。君を攻撃しているクリーチャーは効果を無効にするために意志セーヴを行うことができる。クリーチャーが複数回の攻撃を持っている場合、この攻撃は1回の攻撃のみに作用する。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。この能力は[精神作用]効果である。

代替領域呪文:2レベル―エンスロール、8レベル―ユーフォリック・トランクィリティ*。

アガシオンの副領域 Agathion

関連領域:善。

代替能力:下記に与えられる能力を、善の領域における“聖なる槍”能力と入れ替える。アガシオンは中立にして善の来訪者の種族である(Pathfinder Bestiary II参照)。

防御のオーラ(超常)/Protective Aura:8レベルにおいて、君は1回の標準アクションとして、30フィートに防御のオーラを放射することができる。このオーラ内にいる味方はACに+2の反発ボーナスと、セーヴィング・スローに+2の抵抗ボーナスを得る。加えて、このオーラ内にいる味方はプロテクション・フロム・イーヴルの利益を受ける(とはいえACボーナスとセーヴィング・スローへのボーナスはこの効果によって累積することはない)。君はこの能力を1日に自身のクレリック・レベルと同じラウンド数だけ使うことができる。それらのラウンド数は連続しなくても良い。

代替領域呪文:1レベル―シールド・オヴ・フェイス、3レベル―タンズ、6レベル―プレイナー・アライ(アガシオンのみ)。

悪夢の副領域 Nightmare

関連領域:狂気。

代替能力:下記に与えられる能力を、狂気の領域における“狂気の幻影”能力と入れ替える。

恐怖の接触(超常)/Fearful Touch:1回の標準アクションとして、君はクリーチャーに対して近接接触攻撃を行うことができ、1ラウンドの間恐怖の体験の幻影を引き起こさせる。このボーナスは1分間続く。この間、そのクリーチャーが持っているいかなる[恐怖]効果の耐性も失い君に対しての攻撃ロールに-2のペナルティを与える。さらに、クリーチャーの[恐怖]効果に対する意志セーヴに君のクレリック・レベルの1/2(最低で-1)のペナルティを与える。この力は[精神作用]効果である。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:4レベル―ファンタズマル・キラー、6レベル―クローク・オヴ・ドリームズ*、9レベル―ウィアード(訳注:更新;削除)。

アザータの副領域 Azata

関連領域:混沌、善。

代替能力:下記に与えられる能力を、混沌の領域における“混沌の手”能力か、善の領域における“善の手”能力と入れ替える。アザータは混沌にして善の来訪者の種族である(Pathfinder RPG Bestiary』P.23参照)。

エリュシオンの呼び声(超常)/Elysium's Call:接触によって、君はエリュシオンの魂、持ち上げられて絆から解き放たれた魂でクリーチャーを満たすことができる。触れられたクリーチャーは心術(魅惑)と心術(強制)の系統の呪文や擬似呪文能力からのセーヴィング・スローに失敗した時に割り込み、振り直すことができる。加えて、目標はセーヴィング・スローと組みつきからの脱出するときのCMB判定に+2の清浄ボーナスを受ける。さらに目標は《素早い移動》の特技を持っているかのように、それぞれのラウンドで5フィートまで移動困難な地形を無視することができる。これらのボーナスは君のクレリック・レベルの1/2(最低で1)と同じのラウンド数の最後まで継続するが、セーヴィング・スローの振り直しはクリーチャーに接触した時のみである。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じラウンド数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―エクスペディシャス・リトリート、3レベル―フライ、6レベル―プレイナー・アライ(アザータのみ)。

嵐の副領域 Storms

関連領域:天候。

代替能力:下記に与えられる能力を、天候の領域における“雷の君主”能力と入れ替える。

強風のオーラ(超常)/Gale Aura:6レベルにおいて、君は1回の標準アクションとして敵の進みを遅くする30フィートの強風のオーラを作り出すことができる。オーラの中のクリーチャーは5フィート・ステップを行うことができない。オーラの中の敵が君に近づこうとすると移動困難な地形として扱われる。彼らが他の方向へ移動するときは普通に移動できる。君はこの能力を1日に自身のクレリック・レベルと同じラウンド数だけ使うことができる。それらのラウンド数は連続している必要はない。

代替領域呪文:5レベル―コール・ライトニング・ストーム、6レベル―シロッコ*。

アルコンの副領域 Archon

関連領域:善、秩序。

代替能力:下記に与えられる能力を、善の領域における“聖なる槍”の能力か、秩序の領域における“秩序の杖”能力と入れ替える。アルコンは秩序にして善の来訪者の種族である(Bestiary』P.8参照)。

義憤のオーラ(超常)/Aura of Menace:8レベルにおいて、君は1回の標準アクションとして30フィートに義憤のオーラを放射することができる。オーラの中にいる敵はオーラ内にいる限りACと攻撃およびセーヴに-2のペナルティを受ける。君はこの能力を1日に自身のクレリック・レベルと同じラウンド数だけ使うことができる。それらのラウンド数は連続しなくても良い。

代替領域呪文:1レベル―ディヴァイン・フェイヴァー、3レベル―プレイヤー、6レベル―プレイナー・アライ(アルコンのみ)。

アンデッドの副領域 Undead

関連領域:死。

代替能力:下記に与えられる能力を、死の領域における“出血の手”能力と入れ替える。

死の口づけ(超常)/Death's Kiss:君は近接接触攻撃によって、クリーチャー1体にアンデッドのいくつかの特徴を生じさせることができる。触れられたクリーチャーは正や負のエネルギーを基にしたダメージを癒すか与えるときにアンデッドとして扱われる。この効果は君のクレリック・レベルの1/2(最低で1)に等しいラウンドの間続く。これに《アンデッド退散》《アンデッド威伏》の特技は適用されない。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:2レベル―グール・タッチ、4レベル―エナヴェイション、9レベル―エナジー・ドレイン

家の副領域 Home

関連領域:共同体。

代替能力:下記に与えられる能力を、共同体の領域における“結束力”能力と入れ替える。

家庭の守り(超常)/Guarded Hearth:8レベルにおいて、君は指定された範囲を守る保護区を作り出すことができる。この保護区を作るのは途切れることのない10分間の作業である。この保護区は最大で君のクレリック2レベル毎に半径5フィートの大きさを持つ。保護区が完成した時、君は範囲内に入るクリーチャーの数を指定することができる。たとえ他のどんなクリーチャーが保護された範囲に侵入しても、選ばれたクリーチャーは全員すぐに気づくことができる(寝ていたとしても起きる)。指定されたクリーチャーはさらに保護された範囲内にいる間は全てのセーヴィング・スローと攻撃ロールに君の【判断力】修正値に等しい清浄ボーナスを受ける。この保護区は君が範囲から離れると即座に終了する。この保護区は君のクレリック・レベル毎に1時間続く。君はこの能力を1日1回使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―アラーム、3レベル―グリフ・オヴ・ウォーディング、7レベル―ガーズ・アンド・ウォーズ

イネヴァタブルの副領域 Inevitable

関連領域:秩序。

代替能力:下記に与えられる能力を、秩序の領域における“秩序の手”能力と入れ替える。イネヴァタブルは秩序にして中立の来訪者の種族である(Pathfinder Bestiary II参照)。

指令(超常)/Command:1回の標準アクションとして、君はコマンド呪文によって、拒否できない命令を感情のないクリーチャーにさえも与えることができる。この効果は意志セーヴで無効化できる。君はこの能力で1体のクリーチャー対して、一日につき一度しかこの能力の目標にすることはできない。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:3レベル―コマンド・アンデッド、5レベル―グレーター・コマンド、6レベル―プレイナー・バインディング(イネヴァタブルのみ)。

羽毛の副領域 Feather

関連領域:動物。

〈飛行〉を君のクラス技能に加える。さらに、君が自分に飛行移動速度を与える呪文を発動したときはいつでも、君の飛行性能は1段階良くなる(完璧まで)。

代替能力:下記に与えられる能力を、動物の領域における“スピーク・ウィズ・アニマルズ”能力と入れ替える。

鷹の目(変則)/Eyes of the Hawk:君は〈知覚〉判定に自身のクレリック・レベルの1/2(最低で+1)と同じ種族ボーナスを得る。さらに、君が不意討ちラウンドに行動できる場合には、イニシアチブ判定に+2の種族ボーナスを受ける。

代替領域呪文:2レベル―フェザー・フォール、3レベル―フライ、9レベル―マス・フライ*。

運命の副領域 Fate

関連領域:幸運。

代替能力:下記に与えられる能力を、幸運の領域における“良き運命”能力と入れ替える。

印付きの綴れ織り(超常)/Tugging Strands:8レベルにおいて、君は視線に入ったクリーチャーがたった今振ったロールを結果が分かる前に振り直すよう働きかけることができる。たとえ振り直したロールの結果が元々のロールより悪かったとしても、目標は振り直したロールの結果を用いなければならない。君はこの能力を8レベルの時に1日に1回使用でき、8レベルを越える6レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文:2レベル―オーギュリイ、3レベル―ボロウ・フォーチュン*。

回復の副領域 Restoration

関連領域:治癒。

代替能力:下記に与えられる能力を、治癒の領域における“死の調伏”能力と入れ替える。

回復の接触(超常)/Restorative Touch:君はクリーチャーに触れて、君の神の癒しの力を通してクリーチャーの重大でない状態異常を取り除くことができる。君の接触は目が眩んだ状態疲労状態怯え状態不調状態よろめき状態からいずれか1つを取り除くことができる。取り除く状態1つは君が選択してよい君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:2レベル―リムーヴ・ディジーズ、4レベル―ニュートラライズ・ポイズン、5レベル―ブレイク・エンチャントメント

革命の副領域 Revolution

関連領域:解放。

代替能力:下記に与えられる能力を、解放の領域における“自由の呼び声”能力と入れ替える。

力強き説得者(超常)/Powerful Persuader:8レベルにおいて、君が〈交渉〉〈威圧〉判定をしたときに、君は2回ロールを行い高い出目を選択することができる。この能力の使用はフリー・アクションである。君はこの能力をレベル8の時に1日に1回使用でき、レベル8を越える2レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文:2レベル―エンスロール、6レベル―シンボル・オヴ・パースウェイジョン

家族の副領域 Family

関連領域:共同体。

代替能力:下記に与えられる能力を、共同体の領域における“なだめの手”能力と入れ替える。

絆の紐(超常)/Binding Ties:1回の標準アクションとして、君は味方に触れて影響を及ぼしている状態を1つ自分自身に転送することができる。この転送は君のクレリック・レベルと同じラウンドのまで続くが、君のターンにフリー・アクションで終了させることができる。この効果の最後に、その状態は終了しているか別の効果で転送されない限り、元のクリーチャーへと戻る。この力を使用している間、目標は転送された状態に対して完全耐性を得る。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:2レベル―カーム・エモーションズ、3レベル―クリエイト・フード・アンド・ウォーター

記憶の副領域 Memory

関連領域:知識。

代替能力:下記に与えられる能力を、知識の領域における“伝承の守り手”能力と入れ替える。

回想(超常)/Recall:触れることによって、君はクリーチャーの忘れていたわずかな伝承や情報を思い起こさせることができる。クリーチャーは1分以内にどんな〈知識〉判定でも、君の【判断力】修正値に等しい洞察ボーナスを得て再挑戦することができる。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:2レベル―メモリー・ラプス*、6レベル―モディファイ・メモリー、8レベル―モーメント・オヴ・プレシャンス

季節の副領域 Seasons

関連領域:天候。

代替能力:下記に与えられる能力を、天候の領域における“暴風の爆発”能力と入れ替える。

四季の一撫で(超常)/Untouched by the Seasons:クリーチャーに触れることにより、君は自身のクレリック・レベルにつき1時間続く、エンデュア・エレメンツ呪文の利益を与えることができる。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―グッドベリー、4レベル―ブライト、8レベル―サンバースト

凶暴の副領域 Ferocity

関連領域:力。

代替能力:下記に与えられる能力を、力の領域における“力の招来”能力と入れ替える。

凶暴な一撃(超常)/Ferocious Strike:君が近接攻撃を行うときはいつでも、凶暴な一撃を攻撃に加えることができる。攻撃が命中した場合、君のクレリック・レベルの1/2(最低で+1)に等しいダメージを加える。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:3レベル―レイジ、6レベル―マス・ブルズ・ストレンクス

金属の副領域 Metal

関連領域:地。

代替能力:下記に与えられる能力を、地の領域における“酸の矢”能力と入れ替える。

金属の拳(超常)/Metal Fist:1回の即行アクションとして、君は1ラウンドの間自身の拳を金属に変えることができ、1d6+【筋力】修正値の殴打ダメージの素手打撃を与える。これらの素手攻撃は機会攻撃を誘発しないが、攻撃するときは二刀流攻撃のルールは通常通り使う。さらに、これらの素手攻撃は硬度10以下のアイテムが持つ硬度を無視する。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:2レベル―ヒート・メタル、6レベル―ウォール・オヴ・アイアン、8レベル―アイアン・ボディ

雲の副領域 Cloud

関連領域:風。

代替能力:下記に与えられる能力を、風の領域における“電気に対する抵抗”能力と入れ替える。

積乱雲(超常)/Thundercloud:8レベルにおいて、君は標準アクションとして、嵐雲を召喚することができる。この力は雲の内部にいるクリーチャーを毎ラウンドに稲光と稲妻により聴覚喪失状態にさせ2d6ポイントの[電気]ダメージを与える以外はフォッグ・クラウド呪文として働く。一度作り出せば、君は毎ラウンド30フィートずつ動かすために精神集中することができる。君はこの能力を1日に自身のクレリック・レベルと同じラウンド数だけ使うことができる。それらのラウンド数は連続している必要はない。

代替領域呪文:4レベル―ソリッド・フォッグ、9レベル―ストーム・オヴ・ヴェンジャンス

毛皮の副領域 Fur

関連領域:動物。

代替能力:下記に与えられる能力を、動物の領域における“スピーク・ウィズ・アニマルズ”能力と入れ替える。

捕食者の恩恵(超常)/Predator's Grace:1回の即行アクションとして、君は1ラウンドの間自分自身の基本移動能力に+10フィートのボーナスを受けることができる。このボーナスはクレリック・レベル5レベルごとに5フィート増える。加えて、君は1ラウンドの間夜目の能力を得る。君が既に夜目の能力を持っている場合、1ラウンドの間薄暗い場所で人間の3倍の距離まで見通すことができる。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―マジック・ファング、3レベル―ビースト・シェイプI(動物のみ)。

激怒の副領域 Rage

関連領域:破壊。

代替能力:下記に与えられる能力を、破壊の領域における“破壊のオーラ”能力と入れ替える。

激怒(超常)/Rage:8レベルにおいて、君はバーバリアンのように、1日にクレリック・レベルと同じラウンド数続く、とてつもない激怒に入ることができる。12レベルと16レベル時に、君は激怒パワーを1つ選ぶことができる。君はレベルが達していなければ取得できない激怒パワーを選ぶことができない。他の点では君のバーバリアン・レベルは君のクレリック・レベルの1/2と同じである。激怒ラウンド数は、君が持つバーバリアン・レベルによるものと累積する。

代替領域呪文:2レベル―ブルズ・ストレンクス、6レベル―ムーンストラック*。

煙の副領域 Smoke

関連領域:火。

代替能力:下記に与えられる能力を、火の領域における“炎の矢”能力と入れ替える。

煙の雲(超常)/Cloud of Smoke:1回の標準アクションとして、君は半径5フィートの煙の雲を作り出すことができる。この力は30フィートの範囲距離を持つ。雲の内部にいるクリーチャーは内部にいる間と雲を出てから1ラウンドの間攻撃ロールと〈知覚〉技能判定に-2のペナルティを受ける。雲の内部にいるクリーチャーは隣接していない敵からの攻撃に視認困難を得る。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:2レベル―パイロテクニクス、3レベル―スティンキング・クラウド

言語の副領域 Language

関連領域:ルーン。

代替能力:下記に与えられる能力を、ルーンの領域における“呪文の刻印”能力と入れ替える。

移動の刻印(超常)/Rune Shift:6レベルにおいて、君は1回の即行アクションとして破壊の刻印1つの場所を変更することができる。刻印は30フィート以内になくてはならない。君は他のクリーチャーで占められているマスも含めて、隣接するマスのいずれかに破壊のルーンを置くことができる。

代替領域呪文:1レベル―コンプリヘンド・ランゲージズ、2レベル―シェア・ランゲージ*、3レベル―タンズ、5レベル―テレパシック・ボンド

交易の副領域 Trade

関連領域:旅。

代替能力:下記に与えられる能力を、旅の領域における“敏捷の足”能力と入れ替える。

交渉は銀(超常)/Silver-Tongued Haggler:君が〈はったり〉〈交渉〉〈真意看破〉判定を行うときはいつでも、1回のフリー・アクションとして、自身のクレリック・レベルの1/2(最低で+1)のボーナスを自分自身に加えることができる。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―フローティング・ディスク、5レベル―オーヴァーランド・フライト、9レベル―ゲート

氷の副領域 Ice

関連領域:水。

代替能力:下記に与えられる能力を、水の領域における“冷気に対する抵抗”能力と入れ替える。

氷の体(超常)/Body of Ice:8レベルにおいて、君は体を変化させて一定の時間氷を身にまとうことができる。君は1回の標準アクションで氷の形態をとり、自分のターンで行う1回のフリー・アクションで変化を終了させることができる。君が氷の形態をとったとき、君は[冷気]に対する完全耐性とDR5/―を得るが、[火]から通常の2倍のダメージを受ける。君は1日に自身のクレリック・レベルと同じラウンド数だけ氷の形態をとることができる。それらのラウンド数は連続している必要はない。

代替領域呪文:7レベル―フリージング・スフィアー、9レベル―ポーラー・レイ

災害の副領域 Catastrophe

関連領域:破壊。

代替能力:下記に与えられる能力を、破壊の領域における“破壊のオーラ”能力と入れ替える。

致命的な天候(超常)/Deadly Weather:8レベルにおいて、君は天へと呼びかけて怒りを解放し、1日にクレリック・レベルと同じラウンド数続く決して変化することのない破壊の嵐の力を召喚することができる。この嵐はクレリック・レベル毎に5フィートの半径を持つ。毎ラウンド、嵐は以下の効果の1つを表す:豪雨(全ての〈知覚〉判定と遠隔攻撃ロールに-4)、暴風(〈飛行〉技能判定と遠隔攻撃ロールに-8)、豪雪(全ての地形の難易度が上がる)、落雷(コール・ライトニング呪文と同様)。さらに別の効果を天候に任せることもできる(GMが自由に決定する)。君はそれぞれのラウンドで効果を選ぶことができるが、続くラウンドに効果を繰り返すことはできない。それらのラウンド数は連続する必要はない。

代替領域呪文:2レベル―ガスト・オヴ・ウィンド、3レベル―コール・ライトニング、7レベル―コントロール・ウェザー

錯乱の副領域 Insanity

関連領域:狂気。

代替能力:下記に与えられる能力を、狂気の領域における“狂気の幻影”能力と入れ替える。

狂気の中心(超常)/Insane Focus:君は1回の標準アクションとして同意しているクリーチャーに触れ、[精神作用]効果に対する全てのセーヴィング・スローに+4のボーナスと精神混乱に完全耐性を与えることができる。このボーナスは1分間続く。クリーチャーがこの間に[精神作用]効果に対するセーヴィング・スローに失敗した場合、精神混乱に対する完全耐性を失い1ラウンドの間直ちに混乱する。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:4レベル―ムーンストラック*、6レベル―ファンタズマル・ウェブ*。

殺人の副領域 Murder

関連領域:死。

代替能力:下記に与えられる能力を、死の領域における“死の抱擁”能力と入れ替える。

殺人の一撃(超常)/Killing Blow:8レベルにおいて、君は使用している武器に死の力を吹き込むことができる。近接攻撃か遠隔攻撃のクリティカル・ヒットが確定したときはいつでも、君の攻撃に自身のクレリック・レベルの半分に等しい値の出血ダメージを与える。君はこの能力を8レベルの時に1日に1回使用でき、8レベルを越える4レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文:3レベル―キーン・エッジ、5レベル―サフォケーション*、9レベル―マス・サフォケーション*。

思考の副領域 Thought

関連領域:知識。

代替能力:下記に与えられる能力を、知識の領域における“遠距離知覚”能力と入れ替える。

読心(超常)/Read Minds:8レベルにおいて、君は自分の周囲の精神の広がりを網羅することができる。そうすることで君はディテクト・ソウツ呪文を発動したかのように30フィート以内にいるクリーチャー全ての思考を読む。この能力は君が1ラウンド精神集中した後でクリーチャーの表面的な思考を読み取れるようにする。範囲内にいるクリーチャーは効果を受けないようにするために意志セーヴを行える。意志セーヴのDCは10+君のクレリック・レベルの1/2+【判断力】修正値である。君はこの能力を1日に自身のクレリック・レベルと同じラウンド数だけ使うことができる。それらのラウンド数は連続している必要はない。

代替領域呪文:3レベル―シーク・ソウツ*、5レベル―テレパシック・ボンド、8レベル―マインド・ブランク

疾風の副領域 Wind

関連領域:風。

代替能力:下記に与えられる能力を、風の領域における“電弧”能力と入れ替える。

突風(超常)/Wind Blast:1回の標準アクションとして、君は30フィート直線の爆風を解き放つことができる。君の術者レベルを君の基本攻撃ボーナスとして、そして君の【判断力】修正値を【筋力】の代わりに使用し、直線上にいるクリーチャーそれぞれに対して1回、戦技判定を行う。その効果は突き飛ばしの試みとして扱う。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―ウィスパリング・ウィンド、6レベル―ウィンド・ウォーク、9レベル―ウィンズ・オヴ・ヴェンジャンス*。

指導者の副領域 Leadership

関連領域:高貴。

代替能力:下記に与えられる能力を、高貴の領域における“鼓舞の言葉”能力と入れ替える。

鼓舞の命令(超常)/Inspiring Command:1回の標準アクションとして、君は味方に鼓舞の命令を発することができる。鼓舞の命令は30フィート以内にいる味方―1体+君のクレリック・レベル3レベルに付き1体増える―全員に作用する。作用を受けた味方は1ラウンドの間攻撃ロール、AC、戦技防御値、技能判定に+2の洞察ボーナスを得る。これは言語依存の[精神作用]効果である。

代替領域呪文:1レベル―ブレス、3レベル―プレイヤー、6レベル―ブリリアント・インスピレーション*。

自由の副領域 Freedom

関連領域:解放。

代替能力:下記に与えられる能力を、解放の領域における“解放”能力と入れ替える。

自由の祝福(擬呪)/Liberty's Blessing:1回の標準アクションとして君が同意するクリーチャーに触れ、恩恵を与える。この恩恵を受けたクリーチャーは、即行アクションで、1つの呪文か受けているセーヴを要求する効果に対してセーヴィング・スローを行うことができる。セーヴィング・スローのDCは呪文や効果の元々のDCと同じである。セーヴィング・スローに成功した場合、その効果は終了する。この恩恵は1分間経過するか成功して呪文や効果を取り除くか、どちらか時間が短い方が終了するまで続く。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―サンクチュアリ、5レベル―プレイン・シフト

殉教者の副領域 Martyr

関連領域:高貴。

代替能力:下記に与えられる能力を、高貴の領域における“統率力”能力と入れ替える。

犠牲の絆(超常)/Sacrificial Bond:8レベルにおいて、30フィート以内の味方が攻撃によってダメージを受けたとき、君は1回の割り込みアクションとしてダメージを君自身へと移すことができる。この力はさらにダメージに付随するどんな効果でも移すことができる。君はその受けたダメージをどんな方法でも減らすことはできない。君はこの能力をレベル8の時に1日に1回使用でき、14レベル時と20レベル時に回数が1つ追加される。

代替領域呪文:2レベル―シールド・アザー、6レベル―サクリファイシャル・オース*。

信仰の副領域 Divine

関連領域:魔術。

代替能力:下記に与えられる能力を、魔術の領域における“従者の見えざる手”能力と入れ替える。

信仰の器(超常)/Divine Vessel:君が信仰呪文の対象になる場合には、君は即行アクションで15フィート以内にいる味方全てに信仰の恩恵を与えることができる。この恩恵は次の攻撃ロールか技能判定、能力値判定のどれかにそれぞれの次のターンの終了まで+2のボーナスを与える。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:2レベル―ブレス・ウォーター、5レベル―クレンズ*、7レベル―リザレクション、9レベル―ミラクル

人造の副領域 Construct

関連領域:工匠。

代替能力:下記に与えられる能力を、工匠の領域における“踊る武器”能力と入れ替える。

従者操り(超常)/Animate Servant:8レベルにおいて、君は1回の標準アクションとして無生物の物体に命を吹き込むことができる。この能力は術者レベルが君のクレリック・レベルと同じアニメイト・オブジェクツ呪文として働く。君はこの能力を8レベル時に1日毎に1回使うことができ、8レベルを超える4レベル毎に1回ずつ増えていく。

代替領域呪文:7レベル―リミテッド・ウィッシュ、8レベル―ポリモーフ・エニィ・オブジェクト

清浄の副領域 Purity

関連領域:守護。

代替能力:下記に与えられる能力を、守護の領域における“守護のオーラ”能力と入れ替える。

浄化の接触(超常)/Purifying Touch:8レベルにおいて、君は聖なる力をもって同意するクリーチャーに触り、現在影響を与えているそれぞれの効果に対するセーヴィング・スローを与え、その際にはその効果の元々のセーヴィング・スローのDCを使用することができる。それぞれのセーヴィング・スローの成功は関係する効果を終わらせる。そのクリーチャーはセーヴをしない効果を選ぶことができる。君はこの能力をレベル8の時点で1日に1回使用でき、14レベル時と20レベル時に1日に1回ずつ使用回数が追加される。

代替領域呪文:1レベル―プロテクション・フロム・ケイオスイーヴルグッドロー、3レベル―リムーヴ・ブラインドネス/デフネス、5レベル―アトーンメント

成長の副領域 Growth

関連領域:植物。

代替能力:下記に与えられる能力を、植物の領域における“樹木の拳”能力と入れ替える。

巨大化(超常)/Enlarge:1回の即行アクションとして、君はエンラージ・パースン呪文の対象にしたように、1ラウンドの間自分自身を大きくすることができる。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―エンラージ・パースン、5レベル―ライチャス・マイト

戦術の副領域 Tactics

関連領域:戦。

代替能力:下記に与えられる能力を、戦の領域における“戦の激怒”能力と入れ替える。

イニシアチブの掌握(超常)/Seize the Initiative:君と君の味方たちがイニシアチブ判定を行なうときは30フィート以内の味方1体に対し、ロールを2回行ってどちらかを適用する能力を与えることができる。この判定は結果が明かされる前に行わなければならない。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:2レベル―エイド、5レベル―グレーター・コマンド、8レベル―グレーター・プレイナー・アライ

祖先の副領域 Ancestors

関連領域:安息。

代替能力:下記に与えられる能力を、安息の領域における“死への守り”能力と入れ替える。

死者との会話(超常)/Speak With Dead:8レベルにおいて、君は1回の標準アクションとして死んだクリーチャーへスピーク・ウィズ・デッド呪文を使用したかのように質問する事ができる。死んだクリーチャーは君の属性と違う場合、君の質問に意志セーヴを得ることができない。君はこの能力を1日に自身のクレリック・レベルと同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:4レベル―レスト・エターナル*、6レベル―ギアス/クエスト

損失の副領域 Loss

関連領域:闇。

代替能力:下記に与えられる能力を、闇の領域における“闇の目”能力と入れ替える。

忘却のオーラ(超常)/Aura of Forgetfulness:8レベルにおいて、君は1日にクレリック・レベルと同じラウンド数続く忘却のオーラを30フィートに放射することができる。この範囲内にいる目標のクリーチャーは意志セーヴをしなければならずさもなければ範囲内にいる間記憶を失い続ける。さらに、範囲内にいる呪文の使い手は毎ラウンド準備した呪文か利用できる呪文スロットを1つ失い、その呪文は1レベルから始まり徐々に上のレベルに上がっていく。呪文の使い手は毎ラウンドこの損失を無効にするセーヴを行うことができる(このセーヴは記憶を失うセーヴとは区別される)。それらのラウンド数は連続する必要はない。

代替領域呪文:5レベル―エナヴェイション、6レベル―モディファイ・メモリー、9レベル―エナジー・ドレイン

大海の副領域 Oceans

関連領域:水。

代替能力:下記に与えられる能力を、水の領域における“氷柱”能力と入れ替える。

怒涛(超常)/Surge:1回の標準アクションとして、君は1体のクリーチャーを押すか引く力強い波を起こすことができる。CMBに君のクレリック・レベル+【判断力】修正値を用いて、目標に対して戦技判定を行う。成功した場合、君は戦技の突き飛ばしや引きずり*を使ったときのようにクリーチャーを押したり引いたりすることができる。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。(*APGで加わった新しい戦技)

代替領域呪文:2レベル―スリップストリーム*、6レベル―ウォーター・ウォーク、9レベル―ツナミ*。

ダイモンの副領域 Daemon

関連領域:悪。

代替能力:下記に与えられる能力を、悪の領域における“悪の大鎌”能力と入れ替える。ダイモンは中立にして悪の来訪者の種族である(Pathfinder Bestiary II参照)。

悪の囁き(超常)/Whispering Evil:8レベルにおいて、君は1回の標準アクションとして、催眠状態にするために空虚な制約の嘆願を囁くことができる。30フィート放射の範囲内の君の声が聞こえる敵それぞれは、君が嘆願を続けている間は意志セーヴに成功しない限り恍惚状態となる。君はこの能力を1日に自身のクレリック・レベルと同じラウンド数だけ使うことができるが、それらのラウンドは連続する必要はない。これは[精神作用]効果である。

代替領域呪文:1レベル―コーズ・フィアー、3レベル―ヴァンピリック・タッチ、6レベル―プレイナー・バインディング(ダイモンのみ)。

騙しの副領域 Deception

関連領域:欺き。

代替能力:下記に与えられる能力を、欺きの領域における“写し身”能力と入れ替える。

不意の移動(擬呪)/Sudden Shift:瞬きしている瞬間、君は別の場所へと現れる。君への近接攻撃が外れた後に1回の割り込みアクションとして、君が見える場所に10フィートの瞬間移動を行うことができる。この場所はクリーチャーから君への攻撃が届く範囲でなければならない。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:2レベル―ミラー・イメージ、7レベル―プロジェクト・イメージ

魂の副領域 Souls

関連領域:安息。

代替能力:下記に与えられる能力を、安息の領域における“穏やかな休息”能力と入れ替える。

精神世界の接触(超常)/Touch the Spirit World:接触することで、君は武器に非実体のクリーチャーに作用する能力を与えることができる。触れた武器は非実体のクリーチャーに半分のダメージを与え、それが魔法の武器の場合は全ダメージを与える。この利益は君のクレリック・レベルと同じラウンド数だけ続く。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:3レベル―アニメイト・デッド、6レベル―アンティライフ・シェル、9レベル―トラップ・ザ・ソウル

(PRD外)ファラズマの友好的な魂の副領域:悪でないファラズマのクレリックは代替領域呪文を以下に置き換えることができる。3レベル―スピーク・ウィズ・デッド[ソース]

探検の副領域 Exploration

関連領域:旅。

代替能力:下記に与えられる能力を、旅の領域における“敏捷な足”能力と入れ替える。

ドア・サイト(超常)/Door Sight:君はどのような表面にでも手を置いてクレアヴォイアンス呪文を使ったかのように、別な場所を見ることができる。この力の使用には1分間かかり、その間中君がそれを通じて見たいと思っている表面に触れていなければならない。君はこの力を使い10分間にわたって見続けることができるが、その間は表面に触れていなければならず他に別な行動をとることはできない。その表面は6インチ+君のクレリック・レベルにつき1インチよりも厚くなることはできない。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―エクスペディシャス・リトリート、4レベル―ロケート・クリーチャー、9レベル―ワールド・ウェイヴ*。

血の副領域 Blood

関連領域:戦。

代替能力:下記に与えられる能力を、戦の領域における“武器の達人”能力と入れ替える。

致傷の刃(超常)/Wounding Blade:8レベルにおいて、君はクレリック・レベルの1/2と同じラウンド数の間、触れた武器にウーンディングの武器特性を与える事ができる。君はこの能力を8レベル時に1日に1回使うことができ、8レベルを超える4レベル毎に1回増えていく。

代替領域呪文:3レベル―ヴァンピリック・タッチ、5レベル―ウォール・オヴ・ソーンズ、7レベル―マス・インフリクト・シリアス・ウーンズ

デーモンの副領域 Demon

関連領域:混沌、悪。

代替能力:下記に与えられる能力を、混沌の領域における“混沌の手”能力か、悪の領域における“悪の手”能力と入れ替える。デーモンは混沌にして悪の来訪者の種族である(Bestiary』P.56参照)。

アビスの激怒(超常)/Fury of the Abyss:即行アクションで、君は自身のクレリック・レベルの1/2(最低で1)に等しい強化ボーナスを自身の近接攻撃、近接ダメージ・ロール、そして戦技判定に与えることができる。このボーナスは1ラウンド続く。このラウンドの間、君はACに-2のペナルティを受ける。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―ドゥーム、3レベル―レイジ、6レベル―プレイナー・バインディング(デーモンのみ)。

デヴィルの副領域 Devil

関連領域:秩序、悪。

代替能力:下記に与えられる能力を、悪の領域における“悪の手”能力か、秩序の領域における“秩序の手”能力と入れ替える。デヴィルは秩序にして悪の来訪者の種族である(Bestiary』P.71参照)。

地獄の堕落(超常)/Hell's Corruption:君は近接接触攻撃でクリーチャーを、より堕落の影響を受けるようにさせることができる。触れられたクリーチャーは全てのセーヴィング・スローに-2のペナルティを受け全ての対抗技能判定を2回ロールして、悪い結果の方を選ばなければならない。この効果は君のクレリック・レベルの1/2(最低で1)に等しいラウンド数続く。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―コマンド、3レベル―サジェスチョン、6レベル―プレイナー・バインディング(デヴィルのみ)。

洞窟の副領域 Caves

関連領域:地。

代替能力:下記に与えられる能力を、地の領域における“酸に対する抵抗”能力と入れ替える。

洞穴を行くもの(超常)/Tunnel Runner:8レベルにおいて、君は洞穴と洞窟を易々と通り抜けることができる。この能力は1回の標準アクションで起動する。君はどんな石の表面でもスパイダー・クライム呪文の効果下にあるように横切ることができる。君はさらに60フィートの暗視能力を得て、暗闇を問題なく見通せるようになる。君がすでに暗視能力を持っているならば、距離はさらに60フィート伸びる。地下にいる間、君はさらに自身のクレリック・レベルに等しい洞察ボーナスを〈隠密〉判定に得て自身の【判断力】修正値に等しい洞察ボーナスをイニシアチブ判定に得る。君はこの能力を1日ごとにクレリック・レベルにつき1分間使うことができる。それらの分数は連続する必要はないが、1回に付き1分は消費しなければならない。

代替領域呪文:2レベル―クリエイト・ピット*、3レベル―スパイクト・ピット*、6レベル―ハングリー・ピット*。

色欲の副領域 Lust

関連領域:魅了。

代替能力:下記に与えられる能力を、魅了の領域における“魅力的な微笑み”能力と入れ替える。

とにかくお願い(超常)/Anything to Please:8レベルにおいて、君は1回の標準アクションとして、30フィート以内のクリーチャーに無理やりお願いをすることができる。クリーチャーは効果を無効にするために意志セーヴを行うことができる。セーヴに失敗した場合、そのクリーチャーは1ラウンドの間君の敵を攻撃するか、君に価値のあるアイテムを渡すか、1d4ラウンドの間君の脚元に横たわり這いつくばる(GMが選ぶ)。君はこの能力をレベル8の時に1日に1回使用でき、レベル8を越える4レベル毎に追加で1回使用できる。この能力は[精神作用]効果である。

代替領域呪文:2レベル―タッチ・オヴ・イディオシー、4レベル―コンフュージョン

盗みの副領域 Thievery

関連領域:欺き。

代替能力:下記に与えられる能力を、欺きの領域における“達人の幻影”能力と入れ替える。

盗賊の神(超常)/Thief of the Gods:8レベル時に、君が〈装置無力化〉〈手先の早業〉判定を行うとき、君はロールを2回行い良い方を取ることができる。この能力はフリー・アクションで行う。君はこの能力をレベル8の時に1日に1回使用でき、レベル8を越える2レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文:3レベル―ロケート・オブジェクト、7レベル―イセリアル・ジョーント

呪いの副領域 Curse

関連領域:幸運。

代替能力:下記に与えられる能力を、幸運の領域における“ちょっとしたツキ”能力と入れ替える。

悪意の眼差し(超常)/Malign Eye:1回の標準アクションとして、君は悪意の眼差しによって30フィート以内の目標1体を、自身の呪文に対しての全てのセーヴィング・スローに-2のペナルティを与えて苦しませることができる。この効果は1分間過ぎるか目標が君に攻撃を当てるまで続く。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―ベイン、3レベル―ビストウ・カース、6レベル―アイバイト

灰の副領域 Ash

関連領域:火。

代替能力:下記に与えられる能力を、火の領域における“火に対する抵抗”能力と入れ替える。

灰の壁(超常)/Wall of Ashes:8レベルにおいて、君は100フィート以内ならどこでも巻き上がる灰の壁を作り出すことができる。この壁は20フィートの高さでクレリック・レベル毎に10フィートの長さを持つ。この灰の壁は視線を遮り、通り抜けようとしたクリーチャーは頑健セーヴに失敗すると1d4ラウンドの間盲目状態になる。灰の壁は中にいるか壁に隣接している透明なクリーチャーの存在を明らかにするが、それらが壁から離れると再び透明になる。君はこの能力を1日に自身のクレリック・レベルと同じ分数だけ使うことができるが、それらの分数は連続しなくても良い。

代替領域呪文:7レベル―ディスインテグレイト、9レベル―ファイアリー・ボディ*。

光の副領域 Light

関連領域:太陽。

代替能力:下記に与えられる能力を、太陽の領域における“太陽の祝福”能力と入れ替える。

目を眩ます閃光(超常)/Blinding Flash:1回の標準アクションとして、君は聖印か聖なる焦点具から閃光を放つことができる。非常に力強い光が君から20フィートの範囲へ広がる。この範囲内にいる、ヒット・ダイスが君のクレリック・レベルより少ないクリーチャーは、頑健セーヴに成功しない限り1d4ラウンドの間盲目状態になる。この範囲内にいる全てのクリーチャーはクレリック・レベルの1/2(最低で1)と同じラウンドの間目が眩んだ状態になる。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―フェアリー・ファイアー、3レベル―デイライト

秘術の副領域 Arcane

関連領域:魔術。

代替能力:下記に与えられる能力を、魔術の領域における“従者の見えざる手”能力と入れ替える。

秘術のかがり火(超常)/Arcane Beacon:1回の標準アクションとして、君は秘術のかがり火の力を次のターンの最後まで得ることができる。そのオーラは君を中心とした15フィート拡散の範囲に広がる。このオーラの中で発動された全ての秘術呪文は、術者レベルが1上がるか呪文のDCが1増加する。術者は呪文を発動するときにどちらを得るか選ぶことができる。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―マジック・オーラ、4レベル―アーケイン・アイ、6レベル―アナライズ・ドゥウェオマー

昼の副領域 Day

関連領域:太陽。

代替能力:下記に与えられる能力を、太陽の領域における“後光”能力と入れ替える。

昼の再起(超常)/Day's Resurgence:8レベルにおいて、君は1体のクリーチャーをちょうど8時間完全に休息を終えたかのように回復させることができる。この力を使用するには10分間かかる。この力が中断させられた場合、初めからやり直さなければならず、さもなければ力は失われてしまう。10分間が終了した時、君が触れた同意している1体のクリーチャーは夜間に休息をとったかのようにヒット・ポイントが回復し、セーヴを要求される効果の1つに対して新たなセーヴィング・スローを行うことができる。これは(可能ならば)進行中の苦痛を取り除く成功数に含めるが、目標はセーヴィング・スローに失敗したことによるどんな負の効果も受けることはない。この能力によって、目標が1日に追加で呪文を準備する時間を与えることはない。君はこの能力を8レベルの時点で1日に1回使用でき、8レベルを越える2レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文:2レベル―コンティニュアル・フレイム、3レベル―デイライト

不屈の副領域 Resolve

関連領域:力。

代替能力:下記に与えられる能力を、力の領域における“神々の力”能力と入れ替える。

不屈の授与(超常)/Bestow Resolve:8レベルにおいて、君は自身の神の大胆さでクリーチャーを祝福することができる。君は20フィート以内の全ての味方に、君のレベル+【判断力】修正値の一時的ヒット・ポイントを与えることができる。この一時的ヒット・ポイントは1分間持続する。君はこの能力を8レベルの時に1日に1回使用でき、8レベルを越える4レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文:1レベル―ブレス、6レベル―ヒーローズ・フィースト

復活の副領域 Resurrection

関連領域:治癒。

代替能力:下記に与えられる能力を、治癒の領域における“癒し手の祝福”能力と入れ替える。

命の贈与(超常)/Gift of Life:8レベルにおいて、君は数分以内に死んだクリーチャーに触れてわずかな時間の命を与えることができる。死亡状態のクリーチャーは君のクレリック・レベルと同じラウンド数の間生き返る。この手段で生き返ったクリーチャーは君のクレリック・レベルの半分に等しいヒット・ポイントを持ち、死んだときに受けた作動中の呪文、状態や苦痛の影響を受け続ける。この時間が終了すると、クリーチャーは再び死ぬ。クリーチャーはこの間は元気に見え行動も自由である。君はこの時間を越えて死を抑制することはできない。君はこの能力をレベル8の時に1日に1回使用でき、レベル8を越える4レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文:5レベル―レイズ・デッド、7レベル―リザレクション、9レベル―トゥルー・リザレクション

プロティアンの副領域 Protean

関連領域:混沌。

代替能力:下記に与えられる能力を、混沌の領域における“混沌の刃”能力と入れ替える。プロティアンは混沌にして中立の来訪者の種族である(Pathfinder Bestiary II参照)。

混沌のオーラ(超常)/Aura of Chaos:8レベルにおいて、君は自分の周囲を野生のエネルギーの場で取り囲むことができる。そのエネルギーは1日に君のクレリック・レベルと同じラウンド数だけ続く30フィートの混沌のオーラを明確にする。このオーラの中にいる全ての敵は彼らのターンの最初に1つの行動(攻撃、呪文を発動する、移動、アイテムを使う、特殊能力を起動する)の宣言と意志セーヴをしなければならない。意志セーヴに失敗したクリーチャーたちは宣言した行動以外の行動を取らなくてはいけない。意志セーヴに成功した場合、宣言したアクションを取らなければならない。クリーチャーたちは自分たちが行えない行動を選ぶことはできない。

代替領域呪文:1レベル―レッサー・コンフュージョン、3レベル―ディスプレイスメント、6レベル―プレイナー・バインディング(プロティアンのみ)。

腐敗の副領域 Decay

関連領域:植物。

代替能力:下記に与えられる能力を、植物の領域における“棘の鎧”能力と入れ替える。

腐敗のオーラ(超常)/Aura of Decay:8レベルにおいて、君は標準アクションで30フィートに腐敗のオーラを放射することができる。このオーラ内にいる(君自身を除く)生きているクリーチャーは肉が腐り落ちることにより1ラウンドに1d6のダメージを受ける。さらにオーラの中に残っているクリーチャーは毎ラウンド【筋力】に-1のペナルティを累積して受け続ける。一度オーラの外へ出れば、ペナルティは1ラウンド毎に1つずつ失われていくが、再びオーラの中に入った場合、また増えていく。植物クリーチャーは1ラウンドに2d6のダメージを受ける。君はこの能力を1日に自身のクレリック・レベルと同じラウンド数だけ使うことができる。それらのラウンド数は連続しなくても良い。

代替領域呪文:3レベル―コンテイジョン、4レベル―ポイズン、6レベル―ハーム

防御の副領域 Defense

関連領域:守護。

代替能力:下記に与えられる能力を、守護の領域における“抵抗の手”能力と入れ替える。

偏向のオーラ(超常)/Deflection Aura:1日に1回、君は自身のクレリック・レベルに等しいラウンドの間20フィートに広がるオーラを放射することができる。オーラの中にいる味方はACと戦技防御値に+2の反発ボーナスを得る。

代替領域呪文:1レベル―シールド、2レベル―バークスキン、7レベル―デフレクション*。

保護の副領域 Wards

関連領域:ルーン。

代替能力:下記に与えられる能力を、ルーンの領域における“呪文の刻印”能力と入れ替える。

保護の刻印(超常)/Warding Rune:6レベルにおいて、クリーチャーが君の破壊の刻印によってダメージを受けたとき、意志セーヴに成功しない限り、そのクリーチャーはサンクチュアリ呪文のように君のクレリック・レベルの1/2と同じラウンド数の間君を攻撃することができない。この能力を使用するのは1回の割り込みアクションであり、君の破壊の刻印の1つが発動条件となる。この能力が、呪文や特殊能力の範囲効果による攻撃や影響から君を守ることはない。君はこの能力を8レベルの時点で1日に1回使用でき、14レベル時と20レベル時に回数が1つ追加される。

代替領域呪文:1レベル―アーケイン・ロック、4レベル―ディメンジョナル・アンカー、6レベル―ガーズ・アンド・ウォーズ

名誉の副領域 Honor

関連領域:栄光。

代替能力:下記に与えられる能力を、栄光の領域における“栄光の手”能力と入れ替える。

名誉の抑制(超常)/Honor Bound:君が接触することで、接触したクリーチャーの任務と責任を思い出させ、効果を表している全ての心術(魅惑)や心術(強制)効果に対して、新しいセーヴィング・スローを与えることができる。セーヴィング・スローが成功した場合、その心術効果は終了する。この能力はセーヴができる効果にのみ作用する。君がそういう効果のセーヴに失敗した場合、君は1回の割り込みアクションとしてこの能力を使い、追加でセーヴを行うことができる。一度1体の目標(君か触れたクリーチャーのどちらか)がセーヴを行ったならば、この能力はその心術効果に対して再度効果を表すことはない。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:2レベル―ゾーン・オヴ・トゥルース、6レベル―ギアス/クエスト

勇気の副領域 Heroism

関連領域:栄光。

代替能力:下記に与えられる能力を、栄光の領域における“神々しき存在感”能力と入れ替える。

勇気のオーラ(超常)/Aura of Heroism:8レベルにおいて、君は1日にクレリック・レベルと同じラウンド数続く勇気のオーラを30フィートに放射することができる。この能力は1回の即行アクションで使用し、オーラの中にいる味方はあたかもヒロイズム呪文の効果下にあるかのように扱う。それらのラウンド数は連続する必要はない。

代替領域呪文:3レベル―ヒロイズム、6レベル―グレーター・ヒロイズム

夜の副領域 Night

関連領域:闇。

代替能力:下記に与えられる能力を、闇の領域における“闇の手”能力と入れ替える。

夜の狩人(超常)/Night Hunter:1回の標準アクションとして、君は夜の影の中に溶け込むことができ、ほとんど透明になることができる。君が薄暗い明かりか闇の範囲にいる間はずっと、暗視を持っていないクリーチャーにとって透明状態(インヴィジビリティとして扱う)となる。この能力は君のクレリック・レベルの1/2(最低で1)と同じラウンド数続く。君はこの能力を1日に3+自身の【判断力】修正値と同じ回数だけ使うことができる。

代替領域呪文:1レベル―スリープ、6レベル―ナイトメア

労役の副領域 Toil

関連領域:工匠。

代替能力:下記に与えられる能力を、工匠の領域における“踊る武器”の能力と入れ替える。

反復のオーラ(超常)/Aura of Repetition:8レベルにおいて、君は1日にクレリック・レベルと同じラウンド数続く反復のオーラを30フィートに放射することができる。このオーラの内部にいるすべての敵は毎ラウンド意志セーヴに成功しなければ、前のラウンドの行動を(可能であれば)繰り返さなければならない。前のラウンドに攻撃を行ったクリーチャーが次のラウンドに再び攻撃を行うなら、その目標を変更してもよい。前のラウンドに移動を行ったクリーチャーが次のラウンドに再び移動を行う場合、移動経路を変更してもよい。ポーションを飲んだクリーチャーは、再び空のビンから飲むことしかできない。消費された行動は繰り返すことができない。それらのラウンド数は連続している必要はない。

代替領域呪文:1レベル―コマンド、5レベル―ウェイヴズ・オヴ・ファティーグ、7レベル―ウェイヴズ・オヴ・イグゾースチョン


オマケ神格&副属性一覧表(pdf)