APG > 基本クラス > ドルイド

ドルイド Druid

 ドルイドは自然界の管理者であり、傲慢な文明人が自然との境界線をはみ出さないように見守る守護者である。高い山の頂から熱帯のジャングル、海に至るまで、辺りを囲む自然環境やそこで暮らすクリーチャーたちからドルイドは学びとり、その力を引き出す。自然そのものであるかのように、ドルイドは優しく手を差し伸べることも、その牙や爪を赤く染めることもできる。彼らは風と雨に対してのみ答えを必要とするのである。

 以下に示すのは、ドルイドを特定の地形種別のために最適化する助けとなる新しい改訂クラス・ルールと、特定の動物のトーテムを崇拝するドルイドのシャーマン用ルールである。

極地ドルイド Arctic Druid

 なんとか居住できる地において辛うじて生きていく十分に成長できない頑丈な生命を育てながら、極地ドルイドは世界中の深き氷に閉ざされた不毛の大地を見守っている。

 極地生まれ(変則)/Arctic Native:2レベルにおいて、極地ドルイドは寒冷か氷で覆われた地域においてイニシアチブ判定と〈隠密〉〈生存〉〈知覚〉〈知識:地理〉の技能判定に自身のドルイド・レベルの1/2に等しい洞察ボーナスを得、それらの環境で追跡を受けなくなる。この能力は森渡りの代替能力である。

 氷上歩行(変則)/Icewalking:3レベルにおいて、極地ドルイドは寒冷か氷で覆われた地域や天候状態において、移動速度や〈隠密〉〈軽業〉〈登攀〉判定へのペナルティがなくなる。さらに堅い雪の上や薄い氷の上を、雪や氷を割らずに横切ることができるようになる。この能力は跡無き足取りの代替能力である。

 極地耐性(変則)/Arctic Endurance:4レベルにおいて、極地ドルイドはエンデュア・エレメンツの呪文を使用しているかのように、寒冷気候に耐える効果を得る。彼女はさらに目が眩んだ状態完全耐性を得る。この能力は自然の誘惑への抵抗力の代替能力である。

 自然の化身(超常)/Wild Shape:極地ドルイドはこの能力を6レベル時に得る。この能力は自身のドルイド・レベルが-2されることを除いては、通常と同様に機能する。

 雪の術者(超常)/Snowcaster:9レベルにおいて、極地ドルイドはアイス・ストームスリート・ストームや自然の雪嵐に等しい状況下であっても、いつもと変わらずものを見ることができる。加えて、彼女は[火]補足説明を持ついかなるドルイド呪文も、完全に同じ効果を持つ[冷気]の呪文として準備することができる。この呪文の及ぼすダメージは[火]ダメージではなく[冷気]ダメージとなる。この能力は毒への耐性の代替能力である。

 吹雪の姿(変則)/Flurry Form:13レベルにおいて、極地ドルイドは回数無制限でガシアス・フォームに等しい、雪の柱のように渦巻く姿をとることができる。この姿の間、彼女は寒冷地域で〈隠密〉判定に自身のドルイド・レベルに等しい状況ボーナスを得る。この能力は千の顔の代替能力である。

荒地ドルイド Blight Druid

 腐敗し、崩壊し、破壊された自然の献身的な従者である荒地ドルイドは、自然災害により荒廃した地の介護者である。文明の崩壊により略奪された土地を改質し開拓することに情熱を注ぐものもいるが、より貪欲な自然の本来の猛威を探し、徐々に忍び寄る、万物に終焉をもたらす腐敗と衰退を送り込むものもいる。

 自然との絆(変則)/Nature Bond:荒地ドルイドは動物の相棒との絆を持つことができない。しかし自身のドルイド・レベルと同じレベルのウィザードとして使い魔を呼び出すか、通常使用できる領域に加えて破壊の領域から選択することができる。

 蟲との共感(超常)/Vermin Empathy:荒地ドルイドは通常のドルイドが動物にするように蟲の態度を向上させることができる。蟲の最初の態度は非友好的である。加えて荒地ドルイドは動物と以前は動物だった意思を持たないアンデッド・クリーチャーの態度を向上させることができる。しかし動物やアンデッドが病気の特殊攻撃を持たない場合、判定に-4のペナルティを受ける。この能力は野生動物との共感の代替能力である。

 瘴気(変則)/Miasma:5レベルの開始時に、もし荒地ドルイドがターンの最初にクリーチャーと隣接している場合、クリーチャーは頑健セーヴ(DC10+ドルイド・レベルの1/2+ドルイドの【判断力】修正値)に成功しなければ1ラウンドの間不調状態になる。種別が植物、動物、フェイのクリーチャーはそれらのセーヴに失敗すると1ラウンドの間吐き気がする状態となり、その後1分の間不調状態となる。そのセーヴィング・スローに成功したクリーチャーは病気の影響を受けず、以後24時間はこの作用を受けることがない。この能力は自然の誘惑への抵抗力の代替能力である。

 荒廃の血(変則)/Blightblooded:9レベルにおいて、荒地ドルイドは自然的な病気も超自然的な病気も含む、全ての病気に対する完全耐性を得る。彼女はさらに不調状態吐き気がする状態を被る状況でもその影響を受けない。この能力は毒への耐性の代替能力である。

 疫病の痛打(超常)/Plaguebearer:13レベル開始時に、接触攻撃、素手打撃、肉体武器で荒地ドルイドを攻撃したクリーチャーは頑健セーヴ(DC10+ドルイド・レベルの1/2+ドルイドの【判断力】修正値)に成功しなければ、コンテイジョンの呪文のように病気にかかる。そのセーヴィング・スローに成功したクリーチャーは、以後24時間はこの作用を受けることがない。この能力は千の顔の代替能力である。

砂漠ドルイド Desert Druid

 全ての土地が緑に覆われた楽園というわけではない。しかし干からびた砂漠にさえ生命は存在する――ほとんど太陽から隠れ、友好的であることは滅多にないが――それは粗野な孤独の美である。ここで砂漠ドルイドは敬意を払い、生命が住まうことのできるわずかな場所を保護するとともに維持し、この焼けつく無慈悲な栄光の全ての中にある自然の尊厳の証人となる。

 砂漠生まれ(変則)/Desert Native:2レベル時に砂漠ドルイドは砂漠地形において、イニシアチブ判定と〈隠密〉〈生存〉〈知覚〉〈知識:地理〉の技能判定に自身のドルイド・レベルの1/2に等しい洞察ボーナスを得、それらの環境で追跡を受けなくなる。この能力は森渡りの代替能力である。

 砂上歩き(変則)/Sandwalker:3レベルにおいて、砂漠ドルイドは砂地か砂漠地形において移動速度や〈隠密〉〈軽業〉判定へのペナルティを受けることがなくなる。この能力は跡無き足取りの代替能力である。

 砂漠耐性(変則)/Desert Endurance:4レベルにおいて、砂漠ドルイドはエンデュア・エレメンツの呪文を使っているかのように暑熱気候に耐える効果を得る。彼女はさらにリング・オヴ・サステナンスを身に着けているかのように、食事と飲料水が少なくて済むようになる(睡眠は通常通り必要である)。この能力は自然の誘惑への抵抗力の代替能力である。

 自然の化身(超常)/Wild Shape:砂漠ドルイドはこの能力を6レベル時に得る。自身のドルイド・レベルが-2されることを除いては、通常と同様に機能する。彼女は植物形態になるために、自然の化身を使うことはできない。10レベルにおいて、砂漠ドルイドはビースト・シェイプIII呪文と同様に小型または中型サイズの蟲に変身できるようになり、そして12レベル時にビースト・シェイプIV呪文と同様に超小型または大型サイズの蟲に変身できるようになる(蟲は動物と同様に能力値と外皮修正値を決定する)。

 陰視(変則)/Shaded Vision:9レベルにおいて、砂漠ドルイドは目が眩んだ状態盲目状態に対して完全耐性を得る。加えて、凝視攻撃と(虚像)(幻覚)副系統の幻術に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。この能力は毒への耐性の代替能力である。

 砂丘との融合(変則)/Dunemeld:13レベルにおいて、砂漠ドルイドは砂の塊のように渦巻く姿を自由自在に身につけることができる。これはガシアス・フォームと同様に機能するが、ドルイドは飛行移動速度ではなく10フィートの地上移動速度と穴掘り移動速度を得る。この姿の間、彼女は砂漠地形における〈隠密〉判定に自身のドルイド・レベルと同じ状況ボーナスを得る。この能力は千の顔の代替能力である。

山岳ドルイド Mountain Druid

  穏やかで住まうによい土地は耕され文明化が進み、多くのドルイドは最も高い山の不変の頂の中に隠れ家と孤独を求める。

 登山家(変則)/Mountaineer:2レベルにおいて、山岳ドルイドは山岳地形においてイニシアチブ判定と〈隠密〉〈生存〉〈知覚〉〈知識:地理〉〈登攀〉の技能判定に自身のドルイド・レベルの1/2に等しい洞察ボーナスを得、それらの環境で追跡を受けなくなる。この能力は森渡りの代替能力である。

 確かな足取り(変則)/Sure-Footed:3レベルにおいて、山岳ドルイドは急こう配の坂や瓦礫、岩崩れの場所を横切る際、移動速度や〈隠密〉および〈軽業〉判定へのペナルティを受けなくなる。この能力は跡無き足取りの代替能力である。

 頂の歩き手(変則)/Spire Walker:4レベルにおいて、山岳ドルイドは登攀中にACへの【敏捷力】ボーナスを失わない。山岳ドルイドは高山病に完全耐性を得る。また、エンデュア・エレメンツの呪文を使用しているかのように寒冷気候に耐える効果を得る。この能力は自然の誘惑への抵抗力の代替能力である。

 自然の化身(超常)/Wild Shape:山岳ドルイドはこの能力を6レベル時に得る。この能力は自身のドルイド・レベルが-2されることを除いては、通常と同様に機能する。山岳ドルイドは植物形態になるために自然の化身を使うことはできない。しかし、12レベル時にジャイアント・フォームI呪文のように大型サイズの巨人に変身できるようになる。16レベルにおいて、ジャイアント・フォームII呪文のように超大型サイズの巨人に変身できるようになる。

 山の如き構え(変則)/Mountain Stance:9レベルにおいて、山岳ドルイドは石化状態に対して完全耐性を得る。また、彼女に対する突き押し、引き寄せ、突き飛ばし、引きずりを試みた場合のCMD、もしくは(リヴァース・グラヴィティリペル・ウッド、強い風によって吹き飛ばされるなど)彼女を現在位置から物理的に動かそうとする効果に対するセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。この能力が彼女に対する足払い、組みつき、蹴散らしに防御能力を与えることはない。この能力は毒への耐性の代替能力である。

 山の岩石(変則)/Mountain Stone:13レベルにおいて、山岳ドルイドは回数無制限で、自身の体を完全に晒し風化した石に似た姿に変えることができる。これはスタチュー呪文と同様に働く。この能力は千の顔の代替能力である。

市街ドルイド Urban Druid

 多くのドルイドが自然に閉じこもる一方で、居住地域の中で自らの道を見出すものもいる。彼らはそこで生きる動物や蟲と心を通わせ、文明の最初期に蔓延した自然と話をする。

 任意発動/Spontaneous Casting:市街ドルイドは蓄積した呪文のエネルギーを、事前に準備していたものとは異なる領域呪文として流用することができる。彼女は準備した呪文から好きなものを選んで“失う”代わりに、その呪文レベル以下の任意の領域呪文を発動できる。この能力はサモン・ネイチャーズ・アライの任意発動能力の代替能力である。

 自然との絆(変則)/Nature Bond:市街ドルイドは動物の相棒との絆を持つことができない。その代わりに、ドルイドが通常使用できる領域ではなく、下記の領域から選択しなければならない:安息共同体高貴ルーン守護知識天候魅了

 伝承者(変則)/Lorekeeper:2レベルにおいて、市街ドルイドは〈交渉〉〈知識:貴族〉〈知識:地域〉〈知識:歴史〉技能をクラス技能として得る。彼女はさらに、これらの技能判定に+2のボーナスを受ける。この能力はドルイドの森渡りと跡無き足取りの代替能力である。

 誘惑への耐性(変則)/Resist Temptation:4レベルにおいて、市街ドルイドは心術呪文と占術呪文に対するセーヴに+2のボーナスを得る。この能力は自然の誘惑への抵抗力の代替能力である。

 千の顔(超常)/A Thousand Faces:市街ドルイドはこの能力を6レベル時に得る。

 自然の化身(超常)/Wild Shape:市街ドルイドはこの能力を8レベル時に得る。この能力は自身のドルイド・レベルが-4されることを除いては、通常と同様に機能する。

 精神力(変則)/Mental Strength:9レベルにおいて、市街ドルイドは心術(強制)と(魅惑)効果に完全耐性を得る。この能力は毒への耐性の代替能力である。

湿地ドルイド Swamp Druid

 自らの家と呼び、手間をかけて世話をする場所として心地よい空き地や林を避け、ジメジメした湿地帯、霧の濃い湿原やヒース、人跡未踏の沼を探すドルイドもいる。彼らは他のものがほとんど望んで入ることのないこの場所で、豊富な美と命を見つけ出す。

 沼の民(変則)/Marshwight:2レベルにおいて、湿地ドルイドは沼沢地形においてイニシアチブ判定と〈隠密〉〈水泳〉〈生存〉〈知覚〉〈知識:地理〉の技能判定に自身のドルイド・レベルの1/2に等しい洞察ボーナスを得、それらの環境で追跡を受けなくなる。この能力は森渡りの代替能力である。

 沢歩き(変則)/Swamp Strider:3レベルにおいて、湿地ドルイドは沼地や下生えがある状況において、移動速度や〈隠密〉〈軽業〉判定へのペナルティがなくなる。この能力は跡無き足取りの代替能力である。

 池の浮き泡(変則)/Pond Scum:4レベルにおいて、湿地ドルイドは病気と人怪の擬似呪文能力、超常能力、変則的能力に対するセーヴに+4のボーナスを得る。湿地ドルイドはさらにスウォームからの攻撃に対して自身のドルイド・レベルの半分に等しいDR/-を得る。もしこのダメージ減少でダメージを受けなかった場合、ドルイドはスウォームのわずらわす能力やその他の特殊攻撃を受けない。この能力は自然の誘惑への抵抗力の代替能力である。

 自然の化身(超常)/Wild Shape:湿地ドルイドはこの能力を6レベル時に得る。この能力は自身のドルイド・レベルが-2されることを除いては、通常と同様に機能する。

 滑る体(変則)/Slippery:13レベルにおいて、湿地ドルイドは継続的なフリーダム・オヴ・ムーヴメントの能力を得る。この能力は千の顔の代替能力である。

ジャングル・ドルイド Jungle Druid

 熱帯地方の実り豊かなジャングルは数多くの生命と古の伝承に満ちている;ドルイドの守護者たちの聖なる池、太古の木、そして震える火山を見上げる崩れた寺院、自然に屈することのない胸の高鳴りによる失われた文明の再興である。

 ジャングルの守護者(変則)/Jungle Guardian:2レベルにおいて、ジャングル・ドルイドはジャングル地形においてイニシアチブ判定と〈隠密〉〈生存〉〈知覚〉〈知識:地理〉〈登攀〉の技能判定に自身のドルイド・レベルの1/2に等しい洞察ボーナスを得、それらの環境で追跡を受けなくなる。この能力は森渡りの代替能力である。

 森渡り(変則)/Woodland Stride:ジャングル・ドルイドはこの能力を3レベル時に得る。この能力は跡無き足取りの代替能力である。

 酷暑耐性(変則)/Torrid Endurance:4レベルにおいて、ジャングル・ドルイドはエンデュア・エレメンツの呪文を使っているかのように暑熱気候に耐える効果を得る。彼女はさらに病気と動物と魔獣の変則的能力に対するセーヴに+4のボーナスを得る。この能力は自然の誘惑への抵抗力の代替能力である。

 自然の化身(超常)/Wild Shape:ジャングル・ドルイドはこの能力を6レベル時に得る。この能力は自身のドルイド・レベルが-2されることを除いては、通常と同様に機能する。

 緑の監視者(超常)/Verdant Sentinel:13レベルにおいて、ジャングル・ドルイドはツリー・シェイプを回数無制限で使用することができる。この能力は千の顔の代替能力である。

水界ドルイド Aquatic Druid

 池と海の世話役である水界ドルイドは、浅い小川から深き大海の海溝までに渡る生態系を守り、その地に住むものの代表者として潮流と意志を通わせる。

 野生動物との共感(変則)/Wild Empathy:水界ドルイドの野生動物との共感は水泳移動速度を持つか副種別が(水棲)か()のクリーチャーにのみ働く。しかしながら彼女は【知力】が2以下であれば、いかなるクリーチャーの態度であっても改善させることができる;これには精神を持たないクリーチャーも含まれる。

 水中適応(変則)/Aquatic Adaptation:2レベルにおいて、水界ドルイドは水辺の地域においてイニシアチブ判定と〈隠密〉〈水泳〉〈生存〉〈知覚〉〈知識:地理〉の技能判定に自身のドルイド・レベルの1/2に等しい洞察ボーナスを得、それらの環境で追跡を受けなくなる。この能力は森渡りの代替能力である。

 生来の泳ぎ手(変則)/Natural Swimmer:3レベルにおいて、水界ドルイドは陸上での移動速度の半分に等しい水泳移動速度を得る。この能力は跡無き足取りの代替能力である。

 大海の怒りへの抵抗力(変則)/Resist Ocean's Fury:4レベルにおいて、水界ドルイドは[水]種別の呪文と、(水棲もしくは()の副種別を持つクリーチャーの変則的能力および超常能力に対するセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。この能力は自然の誘惑への抵抗力の代替能力である。

 自然の化身(超常)/Wild Shape:水界ドルイドはこの能力を6レベル時に得る。この能力は自身のドルイド・レベルを-2して扱うことを除いては、通常と同様に機能する。

 水陸両生(変則)/Seaborn:9レベルにおいて、水界ドルイドは(水棲の副種別、水陸両生の特徴、地上移動速度に等しい水泳移動速度を得る。彼女はさらにエンデュア・エレメンツの呪文を使っているかのように寒冷気候に耐える効果を得る。この能力は毒への耐性の代替能力である。

 深き潜り手(変則)/Deep Diver:13レベルにおいて、水界ドルイドは自身のレベルの1/2に等しい“DR/斬撃または刺突”を得る。このダメージ減少はさらに(ブラック・テンタクルズクラッシング・ハンドのような)組みつきや押しつぶしのダメージを与える呪文や擬似呪文能力にも適用される。彼女は深海での水圧によるダメージを決して受けない。この能力は千の顔の代替能力である。

洞窟ドルイド Cave Druid

 地上にある世界の緑生い茂る平野から遠く離れたところでは、その下に光のない広大な空間が横たわっている。この薄暗い理想郷にはそれ自身の美と自然の驚異が無いわけではない。この隠された地域を保護し、この地域を地下から引き上げようとする地上からの恐怖を追放する術を探し求めるドルイドもわずかながら存在する。

 洞窟感覚(変則)/Cavesense:洞窟ドルイドは〈知識:地理〉の代わりに〈知識:ダンジョン探検〉をクラス技能に加える。さらに〈生存〉〈知識:ダンジョン探検〉判定に+2のボーナスを得る。この能力は自然感覚の代替能力である。

 自然との絆(変則)/Nature Bond:洞窟ドルイドは通常選択できる領域に加えての領域を選択することができるが、天候の領域を選ぶことはできない。

 野生動物との共感(変則)/Wild Empathy:洞窟ドルイドはこの能力を魔獣ではなく粘体に対して使用できるが、自身の野生動物との共感判定に-4のペナルティを被る。

 穴潜り(変則)/Tunnelrunner:2レベルにおいて、洞窟ドルイドは瓦礫の範囲や無理矢理入り込むような狭い通路を、ペナルティを受けずに通常の移動速度で移動することができる。この能力は森渡りの代替能力である。

 軽やかな足取り(変則)/Lightfoot:3レベルにおいて、洞窟ドルイドは振動感知によって知覚されなくなる。この能力は跡無き足取りの代替能力である。

 地中の穢れへの耐性(変則)/Resist Subterranean Corruption:4レベルにおいて、洞窟ドルイドは粘体および異形の擬似呪文能力、超常能力、変則的能力に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。この能力は自然の誘惑への抵抗力の代替能力である。

 自然の化身(超常)/Wild Shape:洞窟ドルイドはこの能力を6レベル時に得る。この能力は自身のドルイド・レベルが-2されることを除いては、通常と同様に機能する。彼女は自然の化身に植物形態を選ぶことはできない。10レベルにおいて、洞窟ドルイドはビースト・シェイプIII呪文と同様に、小型または中型サイズの粘体に変身できるようになる。そして12レベル時にビースト・シェイプIV呪文と同様に、超小型または大型サイズの粘体に変身できるようになる(粘体には魔獣のような外皮ボーナスは無い)。粘体形態を取っている間、洞窟ドルイドは内臓組織を持たなくなり、毒、急所攻撃、クリティカル・ヒットに完全耐性を持つ。

平原ドルイド Plains Druid

 広大で起伏に富むサバンナやプレーリーの上で、平原ドルイドは草原を警戒する。これらのドルイドは至る所を歩き回り、遊牧民やさまよう群れを観察し、時にはこの広大な空間の壊れやすい生態系を修復する。

 平原の旅人(変則)/Plains Traveler:2レベルにおいて、平原ドルイドは草原地形においてイニシアチブ判定と〈隠密〉〈生存〉〈知覚〉〈知識:地理〉の技能判定に自身のドルイド・レベルの1/2に等しい洞察ボーナスを得、それらの環境で追跡を受けなくなる。この能力は森渡りの代替能力である。

 風の如き疾走(変則)/Run Like the Wind:3レベルにおいて、平原ドルイドは軽装鎧か鎧を着用していない状態で装備品の総重量が軽荷重以下であれば、地上移動速度が10フィート増加し、1時間毎に1ラウンド、疾走および突撃における移動距離を通常の倍にすることができる。彼らは自身の動物の相棒に騎乗している場合もこの効果を得る。この能力は跡無き足取りの代替能力である。

 草原での待ち伏せ(変則)/Savanna Ambush:4レベルにおいて、平原ドルイドは自然環境で伏せている時はいつでも視認困難を得る。加えて彼らは伏せて移動しない場合ペナルティなしで、這っている場合には-5のペナルティを受けて〈隠密〉判定を行うことができる。平原ドルイドは不意討ちラウンドの間、割り込みアクションで伏せ状態から立ち上がることができる。この能力は自然の誘惑への抵抗力の代替能力である。

 自然の化身(超常)/Wild Shape:平原ドルイドはこの能力を6レベル時に得る。この能力は自身のドルイド・レベルが-2されることを除いては、通常と同様に機能する。

 抜け目無い突撃(変則)/Canny Charger:9レベルにおいて、平原ドルイドは目標への最後の10フィートが直線であれば、(騎乗か徒歩かにかかわらず)味方のいるマスを邪魔することなく通り抜けて突撃を行うことと突撃の間に90度曲がることができる。彼女はさらに敵の突撃攻撃に対するACに+4の回避ボーナスと敵の突撃に対して待機アクションを行った際のダメージに+4のボーナスを得る。この能力は毒への耐性の代替能力である。

 身かわし(変則)/Evasion:13レベルにおいて、平原ドルイドは軽装鎧か鎧を着用しておらず、装備品の総重量が軽荷重以下であれば、身かわしの能力を得る。これはローグの同名の能力と同じように機能する。この能力は千の顔の代替能力である。

動物のシャーマン Animal Shamans

 ドルイドの中には動物の種別1つとの緊密な絆を作り出すものもいる。下記の動物のシャーマンはドルイドとそのトーテムの間に特別な絆を探る、いくつかの可能性を表している。これらのシャーマンはみな類似した能力を持ち、それらの説明は熊のシャーマンの項で詳細が述べられている。

狼のシャーマン Wolf Shaman

 賢い狼を讃えるこのトーテムのシャーマンは、単独で放浪することを好む。しかし1人では対応できないほどに大きな危険が迫っている場合には、群れをなすほどには賢くもある。
 自然との絆/Nature Bond:狼のシャーマンが動物の相棒を選択する場合、ウルフを選ばなくてはならない。領域を選ぶ場合には、狼のシャーマンは解放共同体動物の領域から選ばなくてはならない。
 野生動物との共感(変則)/Wild Empathy:狼のシャーマンは野生動物との共感をイヌ科の動物に対して使用する際、1回の全ラウンド・アクションで行うことができる。加えて、その判定に+4のボーナスを得る。
 トーテムの化身(超常)/Totem Transformation:2レベルにおいて、狼のシャーマンは通常の姿を保ったまま狼の化身を取り込むことができる。この能力は熊のシャーマン能力と同様に機能するが、ドルイドは以下のボーナスから選ぶことができる:狼の移動力(地上移動速度に+20フィートの強化ボーナス)、狼の感覚(夜目、鋭敏嗅覚、臭いを追跡している時の〈生存〉判定に+4の種族ボーナス)、狼の肉体武器(中型のシャーマンで噛みつき[1d4に加えて足払い]、足払い判定のCMBに+2)。トーテムの化身を使用している間、狼のシャーマンは通常どおり会話でき、スピーク・ウィズ・アニマルズ(イヌ科の動物のみ)を回数無制限で発動できる。
 トーテム招来(超常)/Totemic Summons:5レベルにおいて、狼のシャーマンはイヌ科の動物を招来する際には、1回の標準アクションとしてサモン・ネイチャーズ・アライの呪文を発動することができる。加えて招来されたイヌ科の動物は、ドルイド・レベルに等しい一時的ヒット・ポイントを与えることができる。この能力はこれ以外の点では熊のシャーマンの能力と同様に機能する。
 自然の化身(超常)/Wild Shape:6レベルにおいて、狼のシャーマンは自然の化身能力を、自身のドルイド・レベルを-2して使用できるようになる。彼女がイヌ科の動物の姿を取る場合には、自身のドルイド・レベルを+2して使用できる。
 ボーナス特技:9レベルと以降4レベル上がる毎に、狼のシャーマンは以下の追加特技を1つ得る:《足払い強化》《一撃離脱》《技能熟練:隠密》《強行突破》《上級足払い》。彼女がこれらのボーナス特技を得るには前提条件を満たさなくてはならない。この能力は毒への耐性の代替能力である。

熊のシャーマン Bear Shaman

 強力な熊を讃えるシャーマンは森林と山々の巨人にして力と凶暴性の規範であるが、それでいて寡黙なあふれる知恵の守護者でもある。
 自然との絆/Nature Bond:熊のシャーマンが動物の相棒を選択する場合、ベアを選ばなくてはならない。領域を選ぶ場合には、熊のシャーマンは守護動物の領域から選ばなくてはならない。
 野生動物との共感(変則)/Wild Empathy:熊のシャーマンは野生動物との共感を熊とクズリに対して使用する際、1回の全ラウンド・アクションで行うことができる。さらにその判定に+4ボーナスを得る。
 トーテムの化身(超常)/Totem Transformation:2レベルにおいて、熊のシャーマンは通常の姿を保ったまま熊の化身を取り込むことができる。彼女は以下のボーナスの1つを得る:熊の移動力(地上移動速度に+10フィートの強化ボーナス、〈水泳〉判定に+4の種族ボーナス)、熊の感覚(夜目、鋭敏嗅覚)、熊の強靭さ(ACに+2の外皮ボーナス、《持久力》特技)、熊の肉体武器(中型のシャーマンで噛みつき[1d6]と爪[1d4]×2、組みつき判定のCMBに+2)。トーテムの化身を使用している間、熊のシャーマンは通常どおり会話できスピーク・ウィズ・アニマルズ(哺乳類のみ)を回数無制限で発動できる。この能力を使用するのは2レベル時で標準アクション、7レベル時で移動アクション、12レベルで即行アクションとなる。熊のシャーマンはこの能力を1日に自身のドルイド・レベルと同じ分数だけ使うことができる。これらの時間は連続している必要はないが、1分間分は使用しなくてはならない。これは(ポリモーフ)効果であり、使用中は自然の化身のような別の(ポリモーフ)効果を使うことはできない。
 トーテム招来(超常)/Totemic Summons:5レベルにおいて、熊のシャーマンは熊を招来する際には、1回の標準アクションとしてサモン・ネイチャーズ・アライの呪文を発動することができる。招来された熊には、ドルイド・レベルに等しい一時的ヒット・ポイントを与えることができる。彼女は全ての熊にヤング・テンプレートを付与することで、招来呪文のレベルを1下げることができる。また、彼女は招来呪文のレベルを1上げることで、アドヴァンスト・テンプレートジャイアント・テンプレートのどちらかを全ての熊に適用することができる。また、招来呪文のレベルを2上げることで、アドヴァンスト・テンプレートジャイアント・テンプレートの両方を適用することができる。この能力は千の顔の代替能力である。
 自然の化身(超常)/Wild Shape:6レベルにおいて、熊のシャーマンは自然の化身能力を、自身のドルイド・レベルを-2したものとして使用できるようになる。彼女が熊の姿を取る場合には、自身のドルイド・レベルを+2して使用できる。
 ボーナス特技:9レベルと以降4レベル上がる毎に、熊のシャーマンは以下の追加特技を1つ得る:《頑健無比》《頑健無比強化》《持久力》《追加hp》《不屈の闘志》。彼女がこれらのボーナス特技を得るには前提条件を満たさなくてはならない。この能力は毒への耐性の代替能力である。

獅子のシャーマン Lion Shaman

 誇り高いライオンを讃えるこのトーテムのシャーマンは、堂々として威厳があり、恐るべき狩人の力強き指導者である。
 自然との絆/Nature Bond:獅子のシャーマンが動物の相棒を選択する場合、ライオンを選ばなくてはならない。領域を選ぶ場合には、獅子のシャーマンは栄光高貴太陽動物の領域から選ばなくてはならない。
 野生動物との共感(変則)/Wild Empathy:獅子のシャーマンはネコ科の動物に対して野生動物との共感を使用する際、1回の全ラウンド・アクションで行うことができる。さらにその判定に+4のボーナスを得る。
 トーテムの化身(超常)/Totem Transformation:2レベルにおいて、獅子のシャーマンは通常の姿を保ったままライオンの化身を取り込むことができる。この能力は熊のシャーマンの能力と同様に機能するが、ドルイドは以下のボーナスから選ぶことができる:ライオンの移動力(地上移動速度に+20フィートの強化ボーナス)、ライオンの感覚(夜目、鋭敏嗅覚)、ライオンの肉体武器(中型のシャーマンで噛みつき[1d4]と爪[1d4]×2、組みつき判定のCMBに+2)。トーテムの化身を使用している間、獅子のシャーマンは通常どおり会話でき、スピーク・ウィズ・アニマルズ(ネコ科の動物のみ)を回数無制限で発動できる。
 トーテム招来(超常)/Totemic Summons:5レベルにおいて、獅子のシャーマンはネコ科の動物を招来する際、1回の標準アクションでサモン・ネイチャーズ・アライの呪文を発動することができる。さらに招来したネコ科の動物に、ドルイド・レベルに等しい一時的ヒット・ポイントを与えることができる。この能力はそれ以外の点においては、熊のシャーマンの能力と同様に機能する。
 自然の化身(超常)/Wild Shape:6レベルにおいて、獅子のシャーマンは自然の化身能力を自身のドルイド・レベルを-2したものとして使用できるようになる。彼女がネコ科の動物の姿を取る場合には、自身のドルイド・レベルを+2して使用できる。
 ボーナス特技:9レベルと以降4レベル上がる毎に、獅子のシャーマンは以下の追加特技を1つ得る:《回避》《技能熟練:軽業》《鋼の意志》《鋼の意志強化》《踏み込み》。彼女がこれらのボーナス特技を得るには前提条件を満たさなくてはならない。この能力は毒への耐性の代替能力である。

蛇のシャーマン Serpent Shaman

 狡猾な蛇を讃えるこのトーテムのシャーマンは、気づかぬうちに弱みにつけこみ攻撃をするこそこそした詐欺師である。不安定な自然を嫌うものもいれば、その一方で自然の思慮に富む実用性を称賛するものもいる。

 自然との絆/Nature Bond:蛇のシャーマンが動物の相棒を選択する場合、スネークを選ばなくてはならない。領域を選ぶ場合には、蛇のシャーマンは欺き動物魅了の領域から選ばなくてはならない。
 野生動物との共感(変則)/Wild Empathy:蛇のシャーマンが爬虫類に対して野生動物との共感を使用する際、1回の全ラウンド・アクションで行うことができる。さらにその判定に+4のボーナスを得る。
 トーテムの化身(超常)/Totem Transformation:2レベルにおいて、蛇のシャーマンは通常の姿を保ったまま蛇の化身を取り込むことができる。この能力は熊のシャーマンの能力と同様に機能するが、ドルイドは以下のボーナスから選ぶことができる:蛇の移動力(20フィートの登攀移動速度、20フィートの水泳移動速度)、蛇の鱗(ACに+2の外皮ボーナス)、蛇の感覚(夜目、鋭敏嗅覚)、蛇の肉体武器(中型のシャーマンで噛みつき[1d4]と毒[頻度1/ラウンド(6ラウンド)、効果1【耐久力】ダメージ、治癒セーヴ1回、DCは【耐久力】基準]、組みつき判定のCMBに+2)。トーテムの化身を使用している間、蛇のシャーマンは通常どおり会話できスピーク・ウィズ・アニマルズ(爬虫類のみ)を回数無制限で発動できる。
 トーテム招来(超常)/Totemic Summons:5レベルにおいて、蛇のシャーマンは蛇を招来するときに、1回の標準アクションとしてサモン・ネイチャーズ・アライの呪文を発動することができる。招来された蛇には、ドルイド・レベルに等しい一時的ヒット・ポイントを与えることができる。この能力はそれ以外の点においては、熊のシャーマンの能力と同様に機能する。
 自然の化身(超常)/Wild Shape:6レベルにおいて、蛇のシャーマンは自然の化身能力を、自身のドルイド・レベルを-2したものとして使用できる。彼女が蛇の姿を取る場合には、自身のドルイド・レベルを+2して使用できる。
 ボーナス特技:9レベルと以降4レベル上がる毎に、蛇のシャーマンは以下の追加特技を1つ得る:《技能熟練:はったり》《攻防一体》《忍びの技》《反撃の構え》《フェイント強化》。彼女がこれらのボーナス特技を得るには前提条件を満たさなくてはならない。この能力は毒への耐性の代替能力である。

鷲のシャーマン Eagle Shaman

 高潔な鷲を讃えるこのトーテムのシャーマンは厳格で誇り高く、何者をも見逃さない鋭く無慈悲な目を持って世界の空高くを滑空する。
 自然との絆/Nature Bond:鷲のシャーマンが動物の相棒を選択する場合、バード(イーグル)を選ばなくてはならない。領域を選ぶ場合には、鷲のシャーマンは高貴天候動物の領域から選ばなくてはならない。
 野生動物との共感(変則)/Wild Empathy:鷲のシャーマンは鳥に対して野生動物との共感を使用する際、1回の全ラウンド・アクションで行うことができる。さらにその判定に+4ボーナスを得る。
 トーテムの化身(超常)/Totem Transformation:2レベルにおいて、鷲のシャーマンは通常の姿を保ったまま鷲の化身を取り込むことができる。この能力は熊のシャーマンの能力と同様に機能するが、ドルイドは以下のボーナスから選ぶことができる:鷲の移動力(30フィートの飛行移動速度(標準)、ドルイドはこのボーナスを選択するのに5レベルになる必要がある)、鷲の感覚(夜目、〈知覚〉に+4の種族ボーナス)、鷲の肉体武器(中型のシャーマンで噛みつき[1d4]と鉤爪[1d4]×2)。トーテムの化身を使用している間、鷲のシャーマンは通常どおり会話でき、スピーク・ウィズ・アニマルズ(鳥のみ)を回数無制限で発動できる。
 トーテム招来(超常)/Totemic Summons:5レベルにおいて、鷲のシャーマンはイーグル、ルフ、ジャイアント・イーグル(4レベルリストに加える)を招来する際、1回の標準アクションとしてサモン・ネイチャーズ・アライの呪文を発動することができる。招来されたこれらのクリーチャーには、ドルイド・レベルに等しい一時的ヒット・ポイントを与えることができる。この能力はそれ以外の点においては熊のシャーマンの能力と同様に機能する。
 自然の化身(超常)/Wild Shape:6レベルにおいて、鷲のシャーマンの化身能力は自身のドルイド・レベルを-2したものとして使用することができる。もし彼女が鷲かルフの姿を取るならば、自身のドルイド・レベルを+2して使用できる。
 ボーナス特技:9レベルと以降4レベル上がる毎に、鷲のシャーマンは以下の追加特技を1つ得る:《風の如き脚》《かすめ飛び攻撃》《技能熟練:知覚》《神速の反応》《神速の反応強化》。彼女がこれらのボーナス特技を得るには前提条件を満たさなくてはならない。この能力は毒への耐性の代替能力である。