APG > 種族 > 人間

人間 Humans

 人間は適応性と拡張への熱情を持ち、野心と想像力の洗礼を受けて駆り立てられている。このような特徴によって彼らは世界全土に広がり、無限に多様な地に適応し、それぞれの新しいフロンティアを征服している。遠くから見ている種族にはしばしば攻撃的で破壊的だと理解されているが、ほとんどの人間は単に自らの人生を生きるために与えられた時間をフルに使うことを求めているだけである。有能な交渉者や適応した者、人間の終わりない発展の下に倒れた者さえも、しばしば同化されていき、種族の文化的な冒険主義の新たな原動力となる。

 人間は肉体的な外見に非常な多様性をあらわす。皮膚は暗い褐色から乳のような蒼白まで、髪は亜麻色から黒檀色までの全領域にある。彼らが見られるであろう場所は非常にさまざまである。定住者、もっとも不毛な砂漠の中心、氷の海の冷涼たる海岸、灼熱の地底の深みにまで自らの道をもとめる野心的な人間の探索者も、すべて次の地平線の向こうにあるものを目指すという終わりなき到達しがたい探究の下に一致しているように見える。人間の多様性は学問のあらゆる領域にも同様に広がっており、彼らの好奇心により無制限の機会主義と終わりのない習熟への努力へと導かれる。

人間の冒険者 Human Adventurers

 人間の冒険者はあらゆる職業で特化され、その才能と野心によって単に成功するのみならず偉大な達成にまで駆り立てられ、彼らの短い人生を永きにわたる遺産とする。

 アルケミスト:時にエキセントリックで危険な技術をかじった者と切り捨てられるが、人間のアルケミストはその実践的な技能で常に次に雇い口を見つけることができる。しばしば雇い主からは安全だけの距離をとられるが。

 インクィジター:信仰と信頼の力を持つものの、人間は等しく被害妄想と疑念にとらわれやすく、そしてほとんどの人間のインクィジターの騎士団は、危険なクリーチャーの駆逐と頑迷な魔女狩りを通じて名声(あるいは悪名)を得てきた。

 ウィザード:多くの人間は力、知識、創造の秘密への洞察を求め、人間のウィザードは秘術伝承の古の神秘と新しい魔法の発明を探究する。人間は特定の魔法の系統を極めることにも、より総合的な学習をすることにも優れている。

 ウィッチ:世界を超えて支配しようとする欲望を持つ人間は神秘的で潜在的に危険な道へと導かれる。人の目から隠されたウィッチの道のような。

 オラクル:人間のオラクルはオラクルの本質と外見をあらわにするようなさまざまな秘教的なやり方を用いる。これらの予言者がその奇妙な技にいかなる力を用いるのかで多少変化し、しばしば神秘的な真実を反映する。

 キャヴァリアー:人間は多くの騎士団の中核となり、貴族的な気取りと主君と騎士団の理想に仕える献身との均衡を取り、一般人からも貴族からも等しく名声を得る。

 クレリック:人間は自分自身よりも大きな理想を喜んで信仰し、大小さまざまな宗教に集まる。人間はしばしば神格と個人的なつながりを持ち、自らが理想とする特性と力を体現する。

 サモナー:生命を形作りその言葉で恐怖に命令する人間のサモナーは創造の力を奉ずる。彼の指揮下にある幻獣は非常にさまざまな形態をとり、大抵は主の奥底にある希望や最も暗い悪夢を体現する。

 ソーサラー:混血の血脈の長い歴史を持つ人間は頻繁に生得の秘術の力を示す。時には奇形として貶められ、あるいは驚異として称揚されるソーサラーは生き残るために自らの内にある力に頼らなければならない。

 ドルイド:ドルイド教は多くの人間に古い信仰とみなされているが、永遠のものであり世界そのものに広がっている。一部の者は彼らを進歩への道の途上にいる時代遅れの隠者として切り捨てるが、ドルイドはしばしば用心深い尊敬と疑い深い恐怖の双方を集める。

 バード:人間のバードはほとんど制約を持たず大いなる芸術的な幅を有する。しばしば熱心に面白い物語や歴史を蒐集し、他者の物語を語るうちに自らの伝説を築く。

 バーバリアン:霧に包まれたジャングルから荒涼としたステップまで、バーバリアンは「文明」社会を避け、自らの頑健と鋼の自信、不屈の武勇を以って名声を勝ち取る。野蛮の中にあっても種族的な創造性は輝き、しばしば人間のバーバリアンはさまざまな粗野だが致死的な武器と武術を作り出し身に付けることになる。

 パラディン:英雄的な理想を熱望し、同胞を守る高貴な道を求め、あるいは単に名誉と英雄的な高邁な理想を望む人間は、しばしばパラディンクラスに惹かれる。困難でしばしば自己犠牲的な道を通じ、人間のパラディンは悪の軍勢に対するほとんど全ての十字軍の最前線に突き進む。

 ファイター:人間のファイターはその職業の全領域にいる。放浪者、兵士から活劇剣士、格闘士まで―それらは軽視してはならない。

 モンク:平安と完全性への訓練を追及する人間のモンクはしばしば社会から離れたところにいる。多くの者はモンクを敬しているが、最も献身する者のみが自らの道を究めるための明晰さと自己抑制を保つのだ。

 レンジャー:人間は全ての種類の獲物に対して最適であることに挑み、多くの者は熟練の狩人や獣の追跡者、危険な追っ手となる。時が過ぎると、多くの人間のレンジャーは動物の相棒を同胞よりも好むようになる。

 ローグ:野心的で、時として過ちを犯す人間のローグは望むものを得るためにあらゆる障害を乗り越える。良心のない暗殺者であれ突き進む盗賊であれ、そのような覚悟を決めた無頼の欺きや魅惑に抗することができる者はほとんどいない。

代替種族特性 Alternate Racial Traits

 下の種族特性は、既存の人間の種族特性と交換するものである。こうした新しい選択肢を選ぶ前に、君のGMに意見を聞くこと。

 才能を見抜く目/Eye for Talent:人間は隠れた潜在性に対する優れた洞察力を持つ。この種族特性を持つ人間は〈真意看破〉判定に+2のボーナスを獲得するのに加えて、動物の相棒や絆の乗騎、腹心、使い魔を得る際、そのクリーチャーはキャラクターが選択した1つの能力に+2のボーナスを獲得する。この種族特性は人間の種族特性であるボーナス特技の代わりに取得できる。

 畑の心/Heart of the Fields:農村地域で生まれる人間は重労働に慣れている。この種族特性を持つ人間は任意の〈製作〉または〈職能〉にキャラクター・レベルの半分のボーナスを獲得し、1日1回疲労状態過労状態の効果を無視できる。この種族特性は人間の種族特性である熟練の代わりに取得できる。

 ストリートの心/Heart of the Streets:活気溢れる都市の人間は群れることに熟練している。この種族特性を持つ人間は2人以上の仲間に隣接している際、反応セーヴとアーマー・クラスに+1の回避ボーナスを獲得する。この種族特性を持つ人間は群衆を移動困難な地形として扱わない。この種族特性は人間の種族特性である熟練の代わりに取得できる。

 自然の心/Heart of the Wilderness:荒野に生まれ育つ人間は弱肉強食のルールを学ぶ。この種族特性を持つ人間は任意の〈生存〉にキャラクター・レベルの半分のボーナスを獲得し、瀕死状態の際の容態安定化する為の判定に+5のボーナスを獲得する。また、【耐久力】にキャラクター・レベルの半分を加えた値と同じだけヒット・ポイントが0を下回った際に、死亡状態となる。この種族特性は人間の種族特性である熟練の代わりに取得できる。

適性クラス・オプション Favored Class Options

 適性クラスのレベルを獲得する際の追加技能ランクまたは追加ヒット・ポイントを獲得する代わりに、人間は他の多くのオプションからボーナスを選ぶことができる。以下に記載された適性クラスを持つ全ての人間はオプションを利用できる。特に明記しない限り、君が選択した記載された適性クラスの恩恵を選択する毎にボーナスは適用される。

 アルケミスト:キャラクターの処方リストにアルケミストの処方リストから選択したエキスの処方を1つ加える。この処方はアルケミストが作り出せるもっとも高い処方レベルから、1レベル以上低いものでなければならない。

 インクィジター:インクィジター呪文リストから選択した呪文1つを追加する。この呪文はインクィジターの発動できる呪文レベルより少なくとも1レベルは低くなければならない。

 オラクル:オラクル呪文リストから1つの修得呪文を追加する。この呪文はオラクルの発動できる呪文レベルより少なくとも1レベルは低くなければならない。

 キャヴァリアー:キャヴァリアーの旗印ボーナスに+1/4する。

 クレリック:来訪者の呪文抵抗を克服する際に行なう術者レベル判定に+1する。

 サモナー:サモナーの幻獣のヒット・ポイントか技能ランクに+1する。

 ウィッチ:ウィッチの使い魔にウィッチ呪文リストから選択した呪文1つを加える。この呪文はウィッチの発動できる呪文レベルより少なくとも1レベルは低くなければならない。使い魔を変えるならば、新しい使い魔は即座にこのボーナス呪文を獲得する。

 ウィザード:ウィザード呪文リストから選択した呪文1つをウィザードの呪文書に追加する。この呪文はウィザードの発動できる呪文レベルより少なくとも1レベルは低くなければならない。

 ソーサラー:ソーサラー呪文リストから選択した呪文1つを追加する。この呪文はソーサラーの発動できる呪文レベルより少なくとも1レベルは低くなければならない。

 ドルイド:態度を変更する際の〈交渉〉〈威圧〉判定に+1/2する。

 バード:バード呪文リストから選択した呪文1つを追加する。この呪文はバードの発動できる呪文レベルより少なくとも1レベルは低くなければならない。

 バーバリアン:罠感知に+1/2するか呪い避け激怒パワーによるボーナスに+1/3する。

 パラディン:選択した1つのエネルギーに対する抵抗に+1(最大10)する。

 ファイター:選択した2つの戦技に対するCMDに+1する。

 モンクプールに+1/4する。

 レンジャー:動物の相棒のヒット・ポイントか技能ランクに+1する。動物の相棒を変えるならば、新しい動物の相棒は即座にこのボーナスヒット・ポイントや技能ランクを獲得する。

 ローグ:ローグの技に+1/6する。