UI > クラス・オプション > バード

バード Bard


無面の使者(アーキタイプ) Impervious Messenger

 出典 Ultimate Intrigue 20ページ
 無面の使者はバードの魔法独特の特徴を利用して、最も重要な秘密やメッセージを保ち、運び、やり取りする。例え厳重な監視の中でも――魔法であれ衆人のものであれ――、それは変わらない。

 バードの呪芸(超常)/Bardic Performance:無面の使者は以下のバードの呪芸を獲得する。

 完全記憶の唱和(超常)/Chant of Perfect Recall:1レベルの時点で、無面の使者はバードの呪芸を1ラウンド分消費することで、事柄を記憶に打ち込むことができる。この能力はメモライズ・ページACGと同様に機能するが、無面の使者のみを対象とし、1ページを記憶するのに1ラウンドしか必要としない。無面の使者はバードの呪芸のラウンド数を追加で消費することで、記憶に値するページを追加で記憶することができる。ただし、上限はバード・レベルの半分に等しいページ数(最低1)までである。
 この能力は恍惚の呪芸と置き換える。

 ごまかしの調べ(超常)/Song of Subterfuge:6レベルの時点で、無面の使者は自分の芸を用いて、占術の試みを妨げ、自分の記憶を様々な思考の中に紛れ込ませる術を身につける。これはデストラクションと似た形で機能するが、ディテクト・ソウツのような精神を読もうとする試みに対するセーヴィング・スローの代わりに、無面の使者は〈芸能〉判定の結果を用いることができる。18レベルの時点で、無面の使者はごまかしの調べを使用している間に行うセーヴィング・スローに成功したなら、占術効果を試みたキャラクターは意志セーヴ(DC=20+無面の使者の【魅力】修正値)を行わねばならなくなる。失敗したなら、無面の使者は即座にその効果の特性を理解した上で、その占術効果を無効化する代わりに、その占術効果の結果ではなく、無面の使者が選択した情報を伝えることができる。
 この能力は示唆の詞群衆示唆の詞を置き換える。

 乱れぬ歩み(超常)/Unbroken Stride:8レベルの時点で、無面の使者はバードの能力を用いて、自分からしなやかで素早い動きを引き出すことができる。このバードの呪芸を使用している間、無面の使者は〈軽業〉〈騎乗〉〈登攀〉〈飛行〉判定に、バード・レベルの半分に等しい洞察ボーナスを得る。加えて、この呪芸を維持している間、無面の使者はレンジャーの森渡りの能力を獲得し、地上移動速度に+10フィートのボーナスを得る。12レベルの時点で、乱れぬ歩みのバードの呪芸を使用している無面の使者は、フリーダム・オヴ・ムーヴメントの効果を受けているものとして扱われる。加えて、基本地上移動速度に対する強化ボーナスは+30フィートに増加する。
 この能力は悲運の葬送歌戦慄の音色を置き換える。

 謎めいた囁き(変則)/Cryptic Whisper:2レベルの時点で、無面の使者は言語と暗号の理解を深めてき、バードの能力を通してそれを整理するようになる。無面の使者は全ての〈言語学〉判定と、秘密のメッセージを送るために行う〈はったり〉判定にバード・レベルの半分を加える。また、無面の使者はグリフ呪文、シンボル呪文、[言語依存]効果に対するセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。
 この能力はバードの知識熟達者を置き換える。


仮面役者(アーキタイプ) Masked Performer

 出典 Ultimate Intrigue 20ページ
 仮面役者は単なる仮想した芸人ではなく、自分がまとった装いを反映した個性を宿す。その性格は演劇でよくある役まわり、伝説の英雄、慕われる精霊かもしれない。仮面役者はしばしば宗教劇やお祭りのスターであり、熱狂的ファンはその姿を見るとすぐにその存在を認識し、最も有名な役と紐付ける。

 二つの人格(変則)/Dual Identity:この能力はヴィジランテの同名の能力と同様に機能するが、以下の点が異なる。仮面役者の人格は社交の人格と不羈の人格ではなく、社交の人格と仮面の人格となる。
 ヴィジランテとは異なり、仮面役者のことを知っているほとんどの人は、仮面役者の人格のそれぞれを知っており、両方が同じであると知っている。それでもなお、二つの人格能力は、問題における2つの側面に対処する際や異なる2つの属性を持つということから、仮面役者に価値をもたらす。
 この能力はバードの知識を置き換える。

 バードの呪芸/Bardic Performance:仮面役者は以下のバードの呪芸を獲得する。
 つなぎ目なき変わり身(変則)/Seamless Guise:1レベルの時点で、仮面役者は舞台にいるかいないかに応じて、現在の役割において普通で適した姿で振る舞う術を身につける。仮面役者はバードの呪芸を3ラウンド消費するごとに、1時間この呪芸を維持できる。この呪芸を使用している間、既に自分の個性を確立した後にその個性を維持するために行う〈芸能:演劇〉判定と〈変装〉判定に+10のボーナスを得る。例えば、このボーナスは自分に興味を持っているクリーチャーに会う際には適用されないが、やり取りをした1時間ごとに自動的に行う〈知覚〉判定には適用される。
 この能力は打ち消しの調べを置き換える。

 大げさな仕草(超常)/Exaggerated Pose:3レベルの時点で、仮面役者は単に振る舞いを変えるだけで、身体能力や社交能力を強化できるようになる。この呪芸を開始する際、仮面役者は【筋力】基準、【敏捷力】基準、【魅力】基準の技能から1つを選択する。この呪芸を維持している間、仮面役者は選択した技能に+2の技量ボーナスを得る。3レベルを超える4レベルごとに、このボーナスは1ずつ増加する(7レベルの時点で+3、11レベルの時点で+4、15レベルの時点で+5、19レベルの時点で+6)。仮面役者は即行アクションで技能の選択を変更できる。Exaggerated Poseは[感情]効果であり、視覚要素に依存する。
 この能力は自信鼓舞の呪芸を置き換える。

 殺陣(超常)/Stage Combat:6レベルの時点で、この呪芸を維持している間、仮面役者は自分が修得していない戦闘特技1つの利益を得る。この呪芸を開始する際に、仮面役者は特技を1つ選択する。仮面役者は特技の前提条件を満たしていなければならない。一時的に特技を修得する他の場合と同様に、選択した特技に使用時の制限がある場合(《朦朧化打撃》の一日の使用回数など)、殺陣を維持している間の使用回数を全て特技の使用回数として数える。《朦朧化打撃》の場合、仮面役者が同じ日にこの特技を再び獲得したなら、消費した使用回数は消費されたままである。殺陣は視覚要素に依存する。
 この能力は示唆の詞を置き換える。

 数多の仮面(超常)/Multiplicity of Masks:18レベルの時点で、仮面役者は任意の数の仲間を、自分あるいは60フィート以内にいる別の仲間の姿に見せかけることができるようになる。効果を受けるには、仲間は仮面役者の60フィート以内にいて仮面役者のことを見ることができなければならない。仮面役者がこの呪芸を維持している間、敵は効果を受けた仲間が選択したキャラクターの姿であると考える。効果を受けた仲間が選択したキャラクターと異なるクリーチャー種別の場合、敵は見破るための意志セーヴ(DC=10+仮面役者のバード・レベルの半分+【魅力】修正値)を試みることができる。
 それ以外の場合はセーヴィング・スローを行えない。ただし、姿を変えた仲間に攻撃が命中すると、自動的に仲間の本当の姿が明らかになる。仲間が有効距離の外に移動したならその仲間は元の姿を取り戻し、仮面役者の姿を与えていた仲間が有効距離の外に出ると効果の全てが終了する。数多の仮面は幻術(虚像)効果であり、視覚要素に依存する。
 この能力は群衆示唆の詞を置き換える。

 優美なる技術(変則)/Social Grace:2レベルの時点で、仮面役者はヴィジランテの社交の技である優美なる技術を身につける。仮面役者は優美なる技術による追加の技能を、ヴィジランテよりも1レベル遅く得る(6レベル、10レベル、など)。
 この能力は万能なる芸を置き換える。

 仮面の技/Masked Talents:5レベルの時点で、仮面役者は以下の一覧からローグの技を1つ得る。壁登りUC高速隠密跳躍の達人APG縄使いUC跳ね起き這い進み屋根歩き。17レベルの時点で、仮面役者は上記の技と以下の上級の技から1つを得る。影隠れUC技能体得高速軽業APG打撃のいなし。この能力は《ローグの技追加》特技の前提条件を満たさない。
 この能力は博識を置き換える。


首謀者(アーキタイプ) Ringleader

 出典 Ultimate Intrigue 21ページ
 首謀者は仲間を最大限に活かすことに長けており、事前に予想を上回る協調行動を計画するのがうまい。仲間が分割され、その場で互いに意思疎通が行えない状況であってなお、卓越した盗みと潜入の裏にいる首謀者は、その組織力を用いて計画の遂行を確実にする。

 バードの呪芸/Bardic Performance:首謀者は高レベルになるとより優れた効果を与える自信鼓舞の呪芸の変更版を得る。

 自信鼓舞の呪芸(超常)/Inspire Competence:3レベルの時点で、首謀者は仲間の成功を支援するために呪芸を使用できるようになる。この能力は以下の追加効果を持つ、自信鼓舞の呪芸のバードの呪芸として機能する。8レベルの時点で、首謀者の仲間は追加の技能1つにも技量ボーナスを得られるようになる(合計で技能2つ)。加えて、首謀者は効果を終了させることで、効果を与えていた技能のいずれか1つの判定を再ロールさせることができる(再ロールには、自信鼓舞の呪芸のボーナスが適用される)。仲間それぞれは、この再ロールの能力を1日に1回だけ使用できる。この回数は効果を受けている技能の数や、自信鼓舞の呪芸の効果を受けた回数には影響しない。14レベルの時点で、首謀者の仲間はさらに追加の技能1つにも技量ボーナスを得られるようになる(合計で技能3つ)。加えて、緊張する状況や気をそらす状況であったとしても、効果を受けている技能で出目10を選択できる。
 この能力は自信鼓舞の呪芸を変更し、悲運の葬送歌戦慄の音色を置き換える。

 鼓舞の計画(超常)/Inspired Plan:2レベルの時点で、首謀者は仲間一人に後になってから効果を及ぼさせるように呪芸を変化させることができるようになる。首謀者はこの効果で消費するバードの呪芸1ラウンド毎に1分を費やして、対象の仲間に計画を説明しなければならない。この際、変化させる呪芸に応じた音声要素と視覚要素を使用する必要がある。これにより、首謀者はバードの呪芸のラウンド数を、指定した値だけ消費する。
 首謀者がバードの呪芸の使用回数を回復するまでの任意のタイミングで、効果を受けたキャラクターは標準アクションで呪芸を起動できる。起動されると、変化した呪芸は対象となった仲間にのみ効果を及ぼし、音声要素も視覚要素も持たない。呪芸が通常なら複数の仲間に効果を及ぼすものの場合、首謀者が呪芸で消費したラウンド毎に2ラウンド持続する。そうでない場合、この効果は首謀者が呪芸で消費したラウンド毎に1ラウンド持続する。
 首謀者はこの方法で打ち消しの調べ散逸の演技勇気鼓舞の呪芸自信鼓舞の呪芸武勇鼓舞の呪芸英雄鼓舞の呪芸の呪芸を変化させられる。首謀者は呪芸を設定する時に必要な選択を行う。打ち消しの調べ散逸の演技の場合、首謀者は計画を起動する際に一度だけ〈芸能〉判定を行う。この判定では一時的なボーナスやペナルティは(ボーナスが計画を説明する際に提供されていても、仲間が起動する時に提供されていても)適用されない。キャラクターは同時に鼓舞の計画1つの効果を受けることができ、鼓舞の計画と首謀者が使用するその呪芸の通常版の効果を同時に得ることはできない。しかし、同時に他のバードの呪芸の利益を得ることはできる。首謀者は自分に鼓舞の計画を使用することはできない。ただし計画の準備を異なる仲間に同時に伝え、この能力の準備をすることはできる。
 この能力は万能なる芸を置き換える。

 計画の秘匿(変則)/Hidden Plans:2レベルの時点で、首謀者は極めて慎重になる。首謀者は思考を読む効果や真実を言うように強制させる効果に対するセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。
 この能力は熟達者を置き換える。

 用意周到(変則)/Prepared:5レベルの時点で、首謀者は予期せぬことを予期するようになる。特定の魔法のものでない装備品を使用することができる状況にあるなら、首謀者は現在の状況に適切な〈知識〉判定を試みることで、そのアイテムをあらかじめ購入しておいたことにできる。この判定のDCはアイテムのGP換算の費用に等しい。成功したなら、首謀者は現在の所持金からアイテムの費用を支払い、そのアイテムをなぜか所持していたことになる。首謀者はこの能力で運搬分類が変わるほど荷重が変わるアイテムを遡って入手することはできない。このような場合、ミュールの荷物や、他次元界にある貯蔵空間や、その他重量に影響を与えない場所に入っていたと言うことはできる。首謀者は5レベルの時点でこの能力を1日に1回使用でき、5レベルを超える5バード・レベル毎に1日に追加で1回使用できるようになる。
 この能力は博識を置き換える。


悲嘆の魂(アーキタイプ) Sorrowsoul

 出典 Ultimate Intrigue 22ページ
 バードにとって、ときに深い悲しみや辛い苦しみを描いた曲を作ったり歌ったりすることは珍しいことではない。ほとんどのバードはそのような芸を名声や富のために行う。しかし悲嘆の魂はとても親しいところで悲劇と喪失を知ってしまい、自分の魂とそれらの芸を結びつけた。

 悲哀の叙情(超常)/Lyric Sorrow:悲嘆の魂は苦痛、怒り、悲しみを引き出し、バードの呪芸の燃料とすることができる。バードの呪芸を開始する際、悲嘆の魂は悲哀の叙情によってそれを変化させることを選択してもよい。そうするなら、悲嘆の魂は一日のバードの呪芸のラウンド数を通常の2倍消費し、たとえ悲嘆の魂が《持続する呪芸》APG特技を修得していたとしても、呪芸の効果は通常より長く持続しなくなる。
 1レベルの時点で、悲嘆の魂は勇気鼓舞の呪芸とともに悲哀の叙情を使用できるようになる。そうするなら、セーヴィング・スローのボーナスと武器による攻撃ロールとダメージ・ロールに対するボーナスは+1から+2に増加する。しかし、悲嘆の魂以外はこの利益を得られなくなる。5レベルの時点と以降6レベル毎に、悲哀の叙情を勇気鼓舞の呪芸と組み合わせて使用した際のボーナスは2ずつ増加し、17レベルの時点で最大の+8になる。
 12レベルの時点で、悲嘆の魂は武勇鼓舞の呪芸とともに悲哀の叙情を使用できるようになる。そうするなら、悲嘆の魂は自分に対して、ヒット・ダイスに+3のボーナスと、攻撃ロールに+2の技量ボーナス、頑健セーヴに+2の技量ボーナスを与える。この場合、武勇鼓舞の呪芸は自分にのみ作用し、他の仲間に効果を及ぼすことはない。
 15レベルの時点で、悲嘆の魂は英雄鼓舞の呪芸とともに悲哀の叙情を使用できるようになる。この形で呪芸を使用したなら、悲嘆の魂は高速治癒5と、ディスプレイスメントと同様に50%の失敗確率による利益を得る。この利益は通常の英雄鼓舞の呪芸により得られるボーナスと追加で得られるが、この形で発動すると、英雄鼓舞の呪芸は悲嘆の魂にのみ適用され、他の仲間には適用されなくなる。
 この能力はバードの呪芸を変更し、癒やしの呪芸万能なる芸を置き換える。

 闇の否定(変則)/Darkness Denied:2レベルの時点で、悲嘆の魂は負のエネルギーと[即死]効果に対するセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。これは熟達者を置き換える。

 被害の拒絶(超常)/Spurn Harm:悲嘆の魂は自らのバードの力を注ぎ込み、確実な死に直面しながらにして耐え忍ぶことができる。5レベルの時点で、悲嘆の魂は割り込みアクションとして1日のバードの呪芸のラウンド数を3ラウンド分消費することで、1ラウンドの間全てのセーヴィング・スローに+2の洞察ボーナスを得ることができるようになる。11レベルの時点で、悲嘆の魂はこの能力を使用した際、同時に11+バード・レベルに等しい呪文抵抗を得る。17レベルの時点で、悲嘆の魂はこの能力を使用した際、同時にDR10/ーを得る。
 この能力は博識と置き換える。


才人(アーキタイプ) Wit

 出典 Ultimate Intrigue 23ページ
 才人は賢い受け答えとverbal duelingの達人であり、水の中にいる魚のように貴族の宮廷を動き回る。

 話術の才(変則)/Way with Words:才人は〈威圧〉〈言語学〉〈交渉〉〈真意看破〉〈はったり〉に+1のボーナスを得る。4レベルの時点と以降4バード・レベル毎に、このボーナスは1ずつ増加し、20レベルの時点で最大の+6となる。加えて、才人はverbal duelの開始時に、このボーナスに等しいedgeを得る。
 この能力はバードの知識と置き換える。

 打ち消しの語句/Counterargument:才人は打ち消しの調べを使用するために〈芸能:演劇、お笑い、朗誦〉のいずれのみを使用できる。
 この能力は打ち消しの調べを変更する。

 バードの呪芸/Bardic Performance:才人は以下のバードの呪芸を得る。
 辛辣な嫌味(超常)/Cutting Remark:3レベルの時点で、才人は言葉で傷を与えることができるようになる。才人は標準アクションとしてバードの呪芸を1ラウンド分消費することで、30フィート以内にいるクリーチャー1体に1d4+才人のバード・レベルに等しい非致傷ダメージを与えることができる。このダメージにはダメージ減少が有効である。
 8レベルの時点で、辛辣な嫌味からダメージを受けた目標は才人の30フィート以内にいる限り、1ラウンドの間不調状態となる。加えて、ダメージ減少を考慮する際、この非致傷ダメージは魔法によるものとして扱われる。
 14レベルの時点で、辛辣な嫌味からダメージを受けた目標は意志セーヴ(DC=10+才人のバード・レベルの半分+【魅力】修正値)を行わねばならず、失敗すると1ラウンドの間幻惑状態となるようになる。セーヴに成功したクリーチャーは24時間の間、この才人によるcutting remarkから受ける幻惑状態に完全耐性を得る。
 Cutting remarkは[言語依存、精神作用]効果であり、音声要素に依存する。
 この能力は自信鼓舞の呪芸悲運の葬送歌戦慄の音色を置き換える。

 明敏な勘(変則)/Quick witted:2レベルの時点で、才人は不意打ちラウンドに行動できるようになる(ただし、行動するまでは立ちすくみ状態である)。加えて、才人は自分のバード・レベルの半分をイニシアチブ判定に加える。
 この能力は万能なる芸と置き換える。

 抜け目なし(変則)/On the Ball:5レベルの時点で、才人はイニシアチブ判定を行う前に、出目を10として扱うことを選択できるようになる(他の修正を通常通り適用する)。5レベルの時点で才人はこの能力を1日に1回使用でき、以降6レベル毎に1日の使用回数が1回ずつ増加する。20レベルの時点で、この能力を使用する際、才人は出目を20として扱うことを選択できるようになる。この能力は博識を置き換える。

 duelの達人(変則)/Duel Master:10レベルの時点で、才人はverbal duelでextreme disadvantageであったとしても、edgeを失わなくなる。また、観衆のbiasを決めるための〈真意看破〉判定に成功したなら、追加で1つbiasをか、発見したbiasを1つ自動的に取り除くかすることができるようになる。verbal duelの間に1回、才人はtactic1つから技能を割り当てていないtacticへと割り当て直すことができる。もともと割り振っていたtacticは以後duelにおいて準備されていないものとして扱う。
 この能力は何でも屋を置き換える。