短所

短所  Drawbacks

 短所は特徴の逆だ。恩恵を与える代わりにこれらは負の効果を、概して特定の状況下で与える。君が短所を取得することを選ぶ場合、君は条件に反しない3つ目の特徴を取得できる。短所を取得する必要はない。

〔心配性〕  Anxious

 例えば、家族を敵の捜索者に偶然晒してしまったときなど、子供の時口を堅く閉じていないためにものすごく苦しんだあと、君は自分の言葉にあまりにも慎重になってしまう習慣を身に着けてしまった。
 効果:君は〈交渉〉判定に-2のペナルティを受け、精神集中判定が必要となるときにゆっくりと喋らなければならない。特に明記しない限り、君は囁くより大きな声で話していないとする。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔裏切り〕  Betrayed

 君は危険な権力に通報され命からがら死を免れた。君は決して誰かを信用するべきかについてわからないままにせず、再びその一団のエージェントに出会うならば、危険にさらさず、絶えず本能と知恵で判断する。
 効果:君は直観を得るための〈真意看破〉判定に2回ロールし、低い結果を取らなければならない。他の能力により再ロールを行えることができるとしても、君はこの結果を再ロールすることはできない。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔火傷〕  Burned

 君は火山灰、松明を振るう暴漢、何かしらかの火災の事故によって一度ひどくやけどをした。そして火にあまりに近づくと傷跡がものすごく痛む。
 効果:君は[火]の効果に対するセーヴィング・スローに-1のペナルティを受ける。
 加えて、火に隣接してるか燃えているときは、火から離れてラウンドを費やすまで君は全ての攻撃ロール、セーヴィング・スロー、技能判定に-1のペナルティを受ける。これらのペナルティは累積しない(その後1ラウンド経過するまで、君に隣接しているか君に影響を及ぼした瞬間的な火の効果はこのペナルティを適用する)。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔恩着せがましい〕  Condescending

 君のような人だけが本当に敬意に値するという保証を得て、種族、民族や国籍以外の物を軽蔑しないことを証明する不快な方法がある。
 効果:君に対する他のクリーチャーの態度を改善するための〈交渉〉〈威圧〉判定に-5のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔残酷〕  Cruelty

 子供の時、可能な限り完璧に他人に対する勝利を誇示する報いられ、君の敵の傷に塩を塗る感覚を楽しむことを発見した。
 効果:君が戦闘に関わっており、死亡状態もしくは無防備状態の敵が30フィート以内にいるとき、死亡状態もしくは無防備状態ではない敵に対する攻撃ロールに-2のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔空の仮面〕  Empty Mask

 個性の自覚の多くを失った政敵から逃れるために本当のアイデンティティを隠すことに長いことを費やした。
 効果:君は(強制)に対する意志セーヴに-1のペナルティを受ける。君の本当のアイデンティティを知っている敵に対してこのペナルティは-2に増加する。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔羨望〕  Envy

 君は豊かな頽廃的な文化やその近くで育ち、妬みの種があなたの心に植えられる原因になって、他の具体的な富または成果を示す以外の何物でもなくて評価されてきた。
 効果:少なくとも10gp相当の貴重品や他の富を盗むことなく、君が過ごす日ごとにDC20の意志セーヴを試みる。失敗すると、君が意志セーヴと反応セーヴと精神集中判定に累積する-1のペナルティを受ける(最大-5まで)。成功するとペナルティは0までリセットされる。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔フェイの取りかえっ子〕  Fey-Taken

 子供の頃、フェイによって連れ去られた。君が戻ってきた時、奇妙で遠いところと考えられてきた。君はそこに戻ることを切望し、定命の世界がぼんやりとし、時折実に不愉快であるとわかるので、奇妙な展望を疑われなく、疑うべきものとして食べない。
 効果:フェイの呪文、擬似呪文能力、超常能力に対して同様に、すべての種類の病気、幻術、毒に対するセーヴィング・スローに-2のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔忘れっぽい〕  Forgetful

 君は簡単に取り乱し、重要なことを忘れる傾向がある。
 効果:1時間以上長くいた場所を離れるときは、君はDC10の【判断力】判定を試みなければならない。失敗すると、君は1つのランダムな一般のアイテムを落っことす(お金の財布はアイテムとみなす)。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔悪意ある象徴〕  Foul Brand

 効果:君は悪のシンボルを肉体に焼かれた。シンボルが君の手にあるならば、〈装置無力化〉〈変装〉〈手先の早業〉判定に-1のペナルティを受ける。シンボルが君の顔にあるならば、〈はったり〉〈交渉〉〈変装〉に-2のペナルティを受ける。
 これは呪文を発動するための信仰焦点具の目的の聖印として数えない。
 出典:Pathfinder Player Companion: Champions of Corruption

〔詐欺罪〕  Guilty Fraud

 君は報いを受ける価値のない詐欺を通して何かを受け取った。そしてその悪口のために君の罪の意識は君の周りの危険性から気を散らせる。
 効果:君は君への態度が中立的かそれより良いクリーチャーに対する〈はったり〉判定に-4のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔忘れられぬ後悔〕  Haunting Regret

 君が若かったころ、頻繁に喧嘩をしていた親戚が亡くなり、彼または彼女の魂が休むことができなかった。現在不安定な時に不安定な霊が君の周囲に現れ、助けることができなかった後悔で君の気を散らす。
 効果:君は[精神作用]効果と、スウォームのわずらわす能力に対するセーヴィング・スロー、および精神集中判定に-2のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔悪名高い〕  Infamous

 君は真実かどうかに関わらず、重大な悪名高い犯罪との関係があった。どこに行くにしても注意を引き、犯罪が行われた管区では投獄や禁固の危険にさらされる。
 効果:(君を訴えた当局の敵を除く)善良な市民と交流するために、君と君の味方は〈交渉〉判定に-4のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔情報過多〕  Information Overload

 君は何千ものスパイの報告書にアクセスし、多くは対立したスパイのグループによって広められた不完全な推論や虚偽の話に基づくものが分かった。この時点で君は誤った知識に正確な情報と同じくらい晒され、どちらがどれかについて必ずしも覚えているわけではない。
 効果:君はすべての〈知識〉判定に-2のペナルティを受け、5以上の差で〈知識〉判定に失敗すると真実とは正反対の情報を思い出す。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔孤独〕  Lonely

 あなたは他人の友好的な意図を非常に簡単に納得してしまう。
 効果:君は〈真意看破〉判定と、変装を看破するための〈知覚〉判定、(魅了)の呪文と擬似呪文能力に対するセーヴィング・スローに-2のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔一匹狼〕  Loner

 海賊、盗賊、君のために彼らの首を差し出す気がないその他のトラベルメーカーによってもたらされた問題のために君は一人で動くことに慣れている。味方の存在は君を簡単に気を散らせ、君は彼らを君のスペースに入れないように最善を尽くす。
 効果:君は味方に隣接している間か、援護アクションを受けているとき、ACと攻撃ロールに-1のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔魔法に対する間抜け〕  Magical Klutz

 君は有り余るほどの奇妙な相互作用している魔法がある場所で生まれ、魔法は危険なほど君の周りで行動したがる。
 効果:君はやみくもにアイテムを起動させるための〈魔法装置使用〉と魔法のアイテムによって生み出された効果に対する反応セーヴを2回ロールし、低い結果を取らなければならない。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔奴隷の証〕  Mark of Slavery

 君は若かりし頃の一部または全部を奴隷として過ごし、そうしなければならないことをすることができなかったときはいつでも、どのように罰されたかについて思い出させる焼き印やタトゥーなどの特徴がある。
 効果:技能判定に失敗したとき、それが失敗した技能判定を再び試みる一部分でない限り君の次のターン終了時まで君の試みる技能判定もしくは攻撃ロールに-2のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔ナイーヴ〕  Naive

 良心的ではない敵が君の誤って導かれた楽観主義を利用するかもしれないとき、誰もが本質的に善という君の認識は戦闘の最中には良い兆しではない。
 効果:君は代用武器を用いた攻撃に対するACに-2のペナルティを受け、裏技の戦技に対するCMDに-2のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔ナーバス〕  Nervous

 絶えず死の脅威に晒されるか圧政的な政府からの悪さの下で生きている君の神経はひどくすり減っている。
 効果:失敗に対するペナルティを与える技能または能力値判定に出目10を行うとき(時間が無駄となるものと除く)、例え時間がかかることであるとしても、10の代わりに8をロールしたかのように君の判定を扱う。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔無関心〕  Oblivious

 君が熱心な空想家であるか、手渡されている全てのことに慣れており、君の利益のために説明されているかどうにか関わらず、君は周囲や他の人にほとんど注意を払っていない。
 効果:君は〈真意看破〉と視覚に基づく〈知覚〉判定に-2のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔心霊交渉〕  Occult Bargain

 君はアイデンティティが秘密のままであると主張している源から魔法の力を得る。
 効果:君は精神集中判定に-1のペナルティを受け、毎日単語や文章で実体の名を呼び起こすか、その日の呪文スロットを回復することができなくならなければならない。君はこの短所を選択するために、クラス特徴として0レベルと1レベルの呪文を発動できなければならない。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔過保護〕  Overprotective

 君は若いころ、若い友人か恋人が重大な傷を負うか死ぬのを見た。そして何もすることができなかったとしても、君は助けるためにそこにいなかった自身を責めた。
 効果:味方の一人がヒット・ポイント・ダメージから気絶状態となった場合、君はその倒れた味方から10フィート以上離れている限り、攻撃ロールと技能判定に-2のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔義憤〕  Righteous Indignation

 君は非人間的な状況で生きた後癇癪を押さえるのに苦労している。
 効果:敵が君に対して機会攻撃を誘発するときはDC10+君のレベルに対する意志セーヴに成功しない限り、機会攻撃を行わなければならない。[恐怖]の補足説明を持たない[感情]の補足説明を持つ呪文に対する意志セーヴに-1のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔秘密の恥〕  Secret Shame

 君は大勢の一般市民、グループまたは重要な人物(君の命の騎士、君の君主、家族、恋人など)に君の恥ずべき事実を学ばせておくことへの激しい恐れがある。
 効果:君は[恐怖]効果のセーヴィング・スローに-1のペナルティを受け、君の士気をくじくための〈威圧〉判定のDCは1減少する。君が通常[恐怖]に対する完全耐性を持つならば、これらのペナルティを受けない代わりに、[恐怖]に対する完全耐性を失う(その源に関係なく)。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔影の傷跡〕  Shadow-Scarred

 君は人間を取り巻く外側の暗闇で生きる恐ろしい恐怖に摂食され、影の場に戻るたび君の生命力は衰えるのを感じる。
 効果:明るい光か暗闇の場所にいるとき、君はセーヴィング・スローに-1のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔箱入り娘〕  Sheltered

 上流の環境で育ち、暴力をほとんど知らない君はそれに慣れることに苦労している。
 効果:君が最大ヒット・ポイントの半分を下回った時は、怯え状態となる。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔過眠症〕  Sleepy

 君は完全な休憩の利益を得るために、毎晩最低12時間は休むか寝なければならない。
 効果:君はスリープの効果に対するセーヴィング・スローに-2のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔びっくり病〕  Spooked

 このようなクリーチャーへの君の反応を今日まで彩る若いころに精神に触れたトラウマな経験をした。
 効果:君が60フィート以内のフェイ、来訪者、アンデッドに気が付くとき、君は15+クリーチャーの【魅力】修正値に等しいDCの意志セーヴに成功しない限り、1d4ラウンドの間怯え状態となる。[恐怖]効果への完全耐性はこのセーヴィング・スローに適用されない;たとえ[恐怖]に完全耐性を持つとしても、適用できるとき+4のボーナスを得て、君はこの欠点のために意志セーヴィング・スローをロールしなければならない。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔迷信深い〕  Superstitious

 大部分の魔法を生来危険であるとみなした人の周りで育った君は自分の利益のためにさえ喜んで魔法を受ける気にならない。
 効果:君が無害な呪文の影響を受けるときは、たとえ君の利益になるとしても効果を防ぐためにセーヴィング・スローをロールしなければならない可能性が50%ある。これは自身によって自分に発動する無害な呪文には適用されない。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔汚染された精神〕  Tainted Spirit

 君が子供の時、両親や君の親権を持つ者が君のためにフィーンドと軽い協定をし、小さな恩恵の代わりに君の活力の一部を盗んだ。
 効果:戦闘終了時、君は頑健セーヴを試みなければならない。DCは10+君が戦闘で行動したラウンド数である。このセーヴに失敗すると、その遭遇間行動したラウンドの毎に10分間疲労状態となる。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔秘密が多い〕  Too Many Secrets

 君はあまりに多くの嘘をつき、あまりに多くの作り話を作った。そして現在君はまっすごにそれを保つことができない。嘘は君の現実となり、それは新しい納得のいく嘘について考えることを難しくする。君の周りの人をだまそうとするとき決定的な瞬間に躊躇する。
 効果:君は〈はったり〉判定と幻術に対するセーヴィング・スローに-2のペナルティを受ける。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔暗影部の隠されざる場〕  Umbral Unmasking

 効果:君は影を全く投影しないか、君の持つ影は怪物である。通常の照明の下では、これを観察するのは難しくない――しかし気が付くことは珍しい。DC15の【判断力】判定に成功したクリーチャーはそれを明確に認識する(環境の状況に基づいて〈知覚〉判定が追加で必要となるかもしれない)。この邪悪な兆候は蔭に影響を及ぼすもの(インヴィジビリティなど)を除き、ミスディレクションノンディテクションや幻術によって隠されることはない。
 出典:Pathfinder Player Companion: Champions of Corruption

〔未学習〕  Unlearned

 君は常に情報の学習と保持に苦労しており、明白な物を超えたものと君の職業に関連することの少ししか知らない。
 効果〈知識〉技能を1つ選択する。たとえ判定のDCが10以下であるとしても、君は他のどの〈知識〉技能でも訓練されていない〈知識〉判定を試みることができない。特定の〈知識〉をカバーしている図書館へアクセスできる場合、-2のペナルティを受け訓練されていない〈知識〉判定を試みることができるかもしれない。
 出典:Pathfinder Player Companion: Quests & Campaigns

〔虚栄心〕  Vainglory

 君は自分の好意の評価を強迫観念的に求め、繊細に行動することを難しくしている。
 効果:君は〈はったり〉〈変装〉〈隠密〉判定に-1のペナルティを受け、君が発動した幻術のセーヴDCは通常より1低くなる。
 出典:Pathfinder Player Companion: Spymaster’s Handbook

〔自然との戦い〕  Warded Against Nature

 効果:君もしくは動物の主人がDC20の〈動物使い〉〈騎乗〉、野生動物との共感判定に成功しない限り、動物は君の30フィート以内に自発的に近づかない。君のクラス能力によって得られた動物の相棒、使い魔、乗騎はこの効果に完全耐性を持つ。
 出典:Pathfinder Player Companion: Champions of Corruption