B5 > スキンウォーカー

スキンウォーカー Skinwalker

この男ははじめは人間に見えるが、より近くで観察すると爪と鋭い歯があることがわかる。

スキンウォーカー 脅威度1/2 Skinwalker CR 1/2

経験点200
スキンウォーカー(男性)、1レベル・レンジャー
N/中型サイズの人型生物スキンウォーカー変身生物
イニシアチブ +2; 感覚 夜目〈知覚〉+6
防御
AC 15、接触12、立ちすくみ13(+2【敏】、+3鎧)
hp 12(1d10+2)
頑健 +3、反応 +4、意志 +2
攻撃
移動速度 30フィート
近接 爪(×2)=+4(1d4+3)
遠隔 ロングボウ=+3(1d8/×3)
特殊攻撃 得意な敵(人間+2)
スキンウォーカーの擬似呪文能力 (術者レベル1;精神集中+3)
一般データ
【筋】17、【敏】14、【耐】13、【知】8、【判】14、【魅】8
基本攻撃 +1; CMB +4; CMD 16
特技 《強打》
技能 〈水泳〉+7、〈生存〉+6、〈知覚〉+6、〈登攀〉+7、〈動物使い〉+5; 種族修正 +2〈動物使い〉
言語 共通語
その他の特殊能力 追跡+1、変身、野生動物との共感+2
生態
出現環境 気候問わず/森林、丘陵、または山岳
編成 単体、2体、または小さな群れ(3~12)
宝物 標準(スタデッド・レザー・アーマー、ロングボウ、その他の宝物)
特殊能力
 変身(超常)/Change Shape スキンウォーカーは標準アクションとして獣形態へと変身することができる。獣形態では、スキンウォーカーは【筋力】、【敏捷力】、【耐久力】の選択したものに+2の種族ボーナスを得る。この形態である間、スキンウォーカーは特殊効果を提供する動物的な特徴も受ける。スキンウォーカーが獣形態となるたびに、各々が1d4ポイントのダメージを与える2回の爪攻撃、60フィートの暗視、+1の外皮ボーナスのうち選択したものを得ることができる。スキンウォーカーが即行アクションとして人型生物の形態に戻るまでこれらの利益は継続する。スキンウォーカーは利益を変えるために再び獣形態へと変身する前に、人型生物の形態に一旦戻らなければならない。ここで示しているスキンウォーカーは現在獣形態であり、爪攻撃と【筋力】に+2の種族ボーナスを得ている。

 スキンウォーカーはライカンスロープの混血種であるか、ライカンスロープの呪いの弱いバージョンを持っていると多くの人々は思っている。しかしながら、スキンウォーカーのシャーマンは我らの民は人間と動物の橋渡しとして神に選ばれたのだと主張している。いずれにしても、スキンウォーカーは多くの時間において人間と似ているが、 動物の力強く恐ろしい一面を持つ獣じみた人型生物に変成する驚異的な能力を持つ。

スキンウォーカーのキャラクター Skinwalker Characters

 スキンウォーカーは彼らのクラス・レベルによって定義される――彼らは種族ヒット・ダイスを持たない。スキンウォーカーは以下の種族特性を持つ。
 +2【判断力】、-2【知力】、獣形態の間身体的能力値の1つに+2:スキンウォーカーは理由の上で自然率と価値観に調子を合わせる。彼らの獣形態は様々な方向で体を強化する。
 中型:スキンウォーカーは中型クリーチャーであり、サイズによるボーナスもペナルティも受けない。
 通常移動速度:スキンウォーカーは30フィートの基本移動速度を持つ。
 夜目:スキンウォーカーは薄暗い照明の環境下で人間の2倍の距離まで見通すことができる。
 擬似呪文能力:11以上の【判断力】を持つスキンウォーカーは1日1回擬似呪文能力としてスピーク・ウィズ・アニマルズを使うことができ、彼の【判断力】修正値を精神集中判定を決定するために使用する。この能力のための術者レベルはスキンウォーカーのキャラクター・レベルに等しい。
 動物の心/Animal-Minded:スキンウォーカーは〈動物使い〉野生動物との共感に+2の種族ボーナスを持つ。
 変身:上記参照。
 言語:スキンウォーカーはプレイ開始時に共通語の会話能力を持っている。高い【知力】を持つスキンウォーカーはいずれかの言語をボーナス言語として選択できる(ドルイド語のような秘密言語を除く)。