B5 > グリオス

グリオス Grioth

この静かなバットのような人型には長くラットのような尾と4つの細い目がある。

グリオス 脅威度1 Grioth CR 1

経験点400
CE/中型サイズの人怪
イニシアチブ +4; 感覚 擬似視覚20フィート、暗闇を見通す〈知覚〉+6(暗闇では+10)
防御
AC 14、接触14、立ちすくみ10(+4【敏】)
hp 13(2d10+2)
頑健 +1、反応 +7、意志 +6
完全耐性 [冷気]
弱点 光に過敏
攻撃
移動速度 30フィート、飛行40フィート(標準)
近接 高品質のククリ=+3(1d4+1/18~20、加えて1d4非致傷)、噛みつき=-3(1d6、加えて“毒”)
特殊攻撃 精神撃、念術武器
念術魔法(擬呪)/Psychic Magic (術者レベル1;精神集中+2)6念術エネルギー(PE)―イド・インシニュエイションI(2PE、DC13)、オープン/クローズ(0PE)、デイズ・モンスター(2PE、DC13)、ディテクト・マジック(0PE)、メイジ・ハンド(0PE)
一般データ
【筋】10、【敏】18、【耐】12、【知】13、【判】13、【魅】11
基本攻撃 +2; CMB +2; CMD 16
特技 《鋼の意志》
技能 〈隠密〉+9、〈真意看破〉+3、〈知覚〉+6(暗闇では+10)、〈知識:地理〉+3、〈飛行〉+9; 種族修正 +4暗闇での〈知覚〉
言語 アクロ語、グリオス語;テレパシー30フィート
その他の特殊能力 無呼吸
生態
出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、2体、集会(3~6、加えて3レベル・クレリック1)、またはカルト(7~20、加えて3レベル・クレリック2~6、3レベル・バーバリアン2~4、および7レベル・クレリック1)
宝物 NPCの装備品(高品質のククリ、その他の宝物)
特殊能力
 精神撃(超常)/Mindshock グリオスが念術武器でクリーチャーにダメージを与えるときは、暴力的な念術エネルギーのうねりが犠牲者の体内で脈打ち、1d4ポイントの追加の非致傷ダメージを与える。クリティカル・ヒットを確定させるとこの追加の非致傷ダメージは増加しないが、打たれたクリーチャーはDC13の意志セーヴに成功するか1d2ラウンドの間混乱状態とならなければならない。これは[精神作用]効果である。セーヴDCは【魅力】に基づき、+2の種族ボーナスを含む。
 毒(変則)/Poison 噛みつき・致傷型; セーヴ 頑健・DC12; 頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間); 効果 1ラウンド間の怯え状態治癒 1回のセーヴ成功。
 念術武器(変則)/Psychic Weapons グリオスの武器は、グリオスに精神撃の能力を使用させ、斬撃と刺突の武器に追加の1ポイントのダメージを与えることを引き起こさせる奇妙な金属でできている。

 グリオスは自分たちの星から漂流して孤立した惑星に居住する――しばしば彼らは日食の間に強力な魔法のポータルを通って他の世界へと旅をし、自分たちの凍った母星では珍しい資源を略奪する。これらの多くの悪のクリーチャーは外なる神ニャルラトテップ(闇をさまようものとして彼らの装いで崇拝される)への検診のために知られており、グリオスの植民地がクレリックによって導かれることは珍しいことではない。
 グリオスはキーキーと、カチっと、他の無意味な動物の音からなる言語を話す――彼らは他の言語を話すことはできるが、かすれた乾いた声で話す。彼らは念術の力で相乗作用する金属製の武器を好む。
 グリオスの種族は突然変異の傾向があり、彼らの形状が妖力の力によって動きの悪いジャイアントや歪んだ恐怖となってしまう。その種の中で最も強力なものは、彼らの暗い尖塔の都市を支配し、自身より異界の実体に対する絶え間ない戦闘を助ける独自のユニークな念術魔法や擬似呪文能力だけでなく、強力な念術の才能を備えている。