B5 > グラシュティグ

グラシュティグ Glaistig

奇妙な原初の美の雰囲気がこの女性を包んでおり、人のものならぬ肌の調子と獣じみた脚によってそれが際立っている。

グラシュティグ 脅威度21/神話ランク10 Glaistig CR 21/MR 10

経験点409,600
CN/中型サイズのフェイ神話
イニシアチブ +26; 感覚 振動感知120フィート、夜目〈知覚〉+37
オーラ 泥酔の有頂天(30フィート、意志 DC32)
防御
AC 40、接触32、立ちすくみ28(+8外皮、+10反発、+12【敏】)
hp 422(25d6+335);再生30(風;風殺しを参照)
頑健 +18、反応 +26、意志 +23;第二のセーヴ
DR 15/冷たい鉄およびエピック; 完全耐性 幻惑、[精神作用]効果、朦朧、よろめき; 抵抗 [音波]30、[酸]30、[電気]30、[火]30、[冷気]30; SR 32; 弱点 風殺し
攻撃
移動速度 60フィート、穴掘り60フィート、登攀 60フィート; 地潜り
近接 アース・ウィップ=+26/+21/+16(10d6+20/19~20殴打、刺突、または斬撃、加えて“呪術”)またはリーフ・ウィップ=+26/+21/+16(20d6+30/19~20斬撃、加えて“呪術”)
遠隔 アース・ブラスト=+36(10d6+30/19~20殴打、刺突、または斬撃、加えて“呪術”)またはリーフ・ブラスト=+36(20d6+40/19~20斬撃、加えて“呪術”)
接敵面 5フィート; 間合い 5フィート(アース・ウィップまたはリーフ・ウィップは10フィート)
特殊攻撃 注入ボウリング・インフュージョンデッドリー・アースエンタングリング・インフュージョンエクステンデッド・レンジフラグメンテーショングラップリング・インフュージョンインペールキネティック・ウィップモービル・ブラストプッシング・インフュージョン、スネーク、ウォール)、テラキネシス、フェイのウィッチ、神話パワー(10回/日、+1d12)
擬似呪文能力 (術者レベル25;精神集中+35)
一般データ
【筋】28、【敏】35、【耐】30、【知】27、【判】28、【魅】31
基本攻撃 +12; CMB +21; CMD 69
特技 《イニシアチブ強化》《擬似呪文能力高速化:コンフュージョン《技能熟練:真意看破》《技能熟練:はったり》《近距離射撃》《クリティカル強化:キネティック・ブラスト》《精密射撃》《精密射撃強化》《戦闘発動》《武器熟練:キネティック・ブラスト》《武器の妙技》《防御的戦闘訓練》《迎え討ち》
技能 〈威圧〉+28、〈隠密〉+40、〈軽業〉+40、〈芸能:舞踏〉+38、〈交渉〉+38、〈真意看破〉+43、〈脱出術〉+40、〈知覚〉+37、〈知識:自然〉+37、〈知識:地域〉+37、〈知識:地理〉+21、〈手先の早業〉+40、〈登攀〉+17、〈はったり〉+44、〈変装〉+28、〈魔法装置使用〉+38
言語 エルフ語、共通語、地界語、森語
その他の特殊能力 信仰の対象、森林の優美さ
生態
出現環境 温暖/森林または沼地
編成 単体
宝物 ×2
特殊能力
風殺し/Airbane グラシュティグの森林の優美さと再生はこのクリーチャーが空中にいるとき抑止される。グラシュティグが着地している間、純粋な風の元素の攻撃(キネティシストの風の単純爆発やエア・エレメンタルの叩きつけ攻撃など)のみがグラシュティグの再生を抑止できる。
注入/Infusions グラシュティグは特殊攻撃欄に列挙されているキネティシストの本質注入と形態注入の使用権を得、燃焼を受け入れる必要なくテラキネシスの能力によって与えられた爆発に適用することができる。これは基本燃焼コストにのみ適用される;グラシュティグはプッシング・インフュージョンといった注入を伴う更なる効果を得るために追加の燃焼を受け入れなければならない。
泥酔の有頂天(超常)/Reveler's Rapture グラシュティグは30フィートの有効距離に至福の大酒飲みのオーラを発する。オーラの範囲内に入ったクリーチャーは、野生的の一面が表出し、イレジスティブル・ダンスと等しい効果を受ける。意志セーヴに成功したクリーチャーは24時間そのグラシュティグのオーラに完全耐性を持つ状態となるが、セーヴに成功したとしても依然として1ラウンドの間踊る。グラシュティグの泥酔の有頂天の効果下のクリーチャーは最初より後の各々のターンの終了時に、この効果を終了させこのオーラに完全耐性を持つようになる為の新しいセーヴを試みることができる。グラシュティグは自身のオーラの効果から望む目標を除外することができる。
森林の優美さ(超常)/Sylvan Grace グラシュティグは【魅力】ボーナスに等しい反発ボーナスをACに得、近接でないアース・ブラストとリーフ・ブラストの攻撃ロールとダメージ・ロールに【魅力】ボーナスに等しいボーナスを得る。
テラキネシス(擬呪、超常)/Terrakinesis グラシュティグは20レベル・キネティシストであるかのように様々な地の元力の使用権を持つが、地と植物の物質の混合物の様相を呈する。地と植物に関連した存在として、アース・ブラストを行うことができ、燃焼コストなしで、リーフ・ブラストと呼ぶ特殊な地の元素の合成爆発を行うこともできる。グラシュティグのリーフ・ブラストは斬撃ダメージを与える物理的な合成爆発である。グラシュティグは一般的な注入だけでなく、リーフ・ブラストにデッドリー・アースエンタングリング・インフュージョンインペールプッシング・インフュージョン注入を適用することができる。グラシュティグはその他の特殊能力欄にある注入汎用元力の能力を得るが、20レベル・キネティシストとしての他の能力も得ない。
フェイのウィッチ(超常)/Witch of the Fey グラシュティグは荒廃変装幸運不運呪術と、苦悩応報上級呪術自然災害大いなる呪術を20レベル・ウィッチとして使用することができる:特技を得る目的でこの能力は呪術のクラス特徴としてみなされる。この能力のセーヴDCは【魅力】に基づいている。近接攻撃が成功すると、グラシュティグは追加の効果として、苦悩不運応報の呪術のいずれかを目標に与えることができる。アース・ブラストあるいはリーフ・ブラストを使用するとき、ブラストによってダメージを与える全てのクリーチャーに影響を及ぼすためにこれらの呪術の1つを選択することができる。

 保護者としても災害としても迎えられるグラシュティグは地と結びつきその力を帯びた古代のフェイである。悪ではないがグラシュティグは予測できず短気である――簡単に興奮して怒り、軽蔑の対象に大きな危害を与える為の強力な魔法を所有している。
 グラシュティグは緑がかった肌とファウヌスサテュロスのものに類似した山羊の下腿を持つ奇妙な人間の女性に似ている。グラシュティグは流行のローブあるいはガウン、通常は夏や秋の頃の色をしたまま凍った葉から製織されたもの、で獣のような下半身を多い、シンプルではあるがエレガントな宝石で身を飾る。彼らの忘れられないような目は瞳孔を示さず、彼らが踏むあらゆるステップは終わりなき舞踏の中の1つの動きのように見える。彼らは気まぐれかもしれないが、時に深く熟考し行動する、特に大きな怒りが心頭に発する際には。
 グラシュティグは現存する中では最古かつ最強のフェイに属する。伝説によると彼らはかつては過酷な世界で農民の素朴な生活をしている初期の人間を守るために努めた地の非実体の霊であり、その保護と近接を通してこれらの霊は現在保持している形状へと合体したのだという。その起源がどうであれ、多くのグラシュティグは地方の農村、森林、沼、そしてそこに住む人々を保護している。彼らの保護はしばしば控えめである;彼らは枝葉の迷彩から自身の力と保護を発現し、荒野自体が侵入者に対して行動しているように見せかけることを好む。しかし大いに必要になった時や、非常に怒った時、グラシュティグは公然と危険に立ち向かう。グラシュティグによって保護されている場所の住人は、しばしば指定された上座に食べ物、飲み物、宝石、工芸品を残すか、グラシュティグが陰から聴けるよう集まって歌を歌ったり話を語ったりする。そのようなコミュニティは森林に住む緑の乙女の物語や、原始のままの荒野の物語を伝え、彼らの移り気な保護者に関するいくつかの教訓的な話を語る。このような話には2つの目的がある:地元のグラシュティグの恵みを保つ為と、しばしば死を意味する事になるこの緑の乙女の怒りを誘発する何らかの行為から若者と愚者を保護することである。そのような慎重な畏敬の念のお返しとして、この年長のフェイの保護下にいる者は時に自分たちの為に不可思議にも動いた畝間や大地、干ばつの間に新鮮な水で満たされた飼葉桶や樽、あるいは彼方へ駆り立てられた殺戮する怪物さえ見つける。しかしそのような調和はしばしば希薄であり、グラシュティグの為に貢ぎ物を残す者たちは、彼女を賞賛するのと同様宥める為の行為も沢山する。水をもたらし土を耕すグラシュティグは同様に、田舎全体を荒廃させたり地震を起こしたりすることができる。グラシュティグの存在感だけで他の者に制御できぬ踊りの発作や発狂した気まぐれな行動を煽ることができ、グラシュティグを怒らせる者は本当に強力な敵を得る。
 戦闘では、グラシュティグは容易かつ優雅に動き、典型的にはオーラの効果下にある者を衰弱させる呪術の目標としてから、撤退して援護させる為のアース・エレメンタルを招来し、敵を葉と泥で爆撃する。地とそこの植物と木々とのグラシュティグの体の生きている絆はグラシュティグを空中で脆弱化させ、彼女は地上に留まることができる限り留まる。しかし、怒りの頂点であってもグラシュティグはまだ時々理屈が通じることがある。グラシュティグは典型的に会談のために立ち止まり、貴重な好ましい魔法の十分価値のあるアイテム、典型的には木製や石製のアイテムと引き換えに戦闘を中止するよう揺れ動かされる。グラシュティグ自身は真実を曲げるかあからさまにごまかすことについての良心の呵責はないが、他の者がグラシュティグに嘘をつくとき極度の侮辱ととり、嘘を嗅ぎ分けるのが非常に上手い。グラシュティグが誰かが嘘をついたと推測すると、たとえその事実に反するものがお世辞のために話されたものであったとしても、グラシュティグはその人と再び話すことはないほど怒りに満ちる。
 グラシュティグが登場する最も一般的な教訓的な話の一部には、時にグラシュティグが幼い子供を原野の故郷の奥深くまで誘い込み拐し、何らかの形でフェイのペテン師と入れ替えるものがある。実際にはこれらのフェイは子供の無邪気さ、正直さ、遊び心を楽しみ、通常は短時間会話か踊りをする為だけに留めてから家に無傷で送り届ける。