B5 > エアリアル・サーヴァント

エアリアル・サーヴァント Aerial Servant

空中の微かな波紋は、恐ろしい速度で動く、漠然とした曖昧な人型生物の形の蒸気を示唆している。

エアリアル・サーヴァント 脅威度11 Aerial Servant CR 11

経験点12,800
N/中型サイズの来訪者エレメンタル他次元界
イニシアチブ +10; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+16
防御
AC 23、接触16、立ちすくみ17(+7外皮、+6【敏】)
hp 149(13d10+78)
頑健 +10、反応 +14、意志 +10
防御能力 生来の不可視; DR 10/魔法; 完全耐性 エレメンタルの種別特性
攻撃
移動速度 飛行60フィート(完璧)
近接 叩きつけ(×2)=+19(2d8+6、加えて“つかみ”)
特殊攻撃 息詰め急所攻撃+2d6、締めつけ(2d8+6)、突風
一般データ
【筋】23、【敏】22、【耐】23、【知】4、【判】10、【魅】11
基本攻撃 +13; CMB +19(+23組みつき); CMD 35
特技 《イニシアチブ強化》《強打》《追尾》《追尾強化》《追尾打撃》《鋼の意志》《迎え討ち》
技能 〈隠密〉+20、〈生存〉+14(痕跡を辿る場合+24)、〈知覚〉+16、〈知識:次元界〉+5、〈飛行〉+20; 種族修正 +4〈生存〉
言語 共通語、風界語
その他の特殊能力 強化版追跡
生態
出現環境 気候問わず/地形問わず(風の元素界)
編成 単体
宝物 なし
特殊能力
 強化版追跡(変則)/Improved Tracking エアリアル・サーヴァントは通常の移動速度で移動するとき、〈生存〉判定にペナルティを受けず、痕跡を辿るための〈生存〉に+10のボーナスを得る。
 生来の不可視(超常)/Natural Invisibility この能力はエアリアル・サーヴァントが攻撃しているときでさえ常に効果があり、インヴィジビリティ・パージを受けない。不可視状態のクリーチャーを見ることができない敵に対して、サーヴァントは移動するとき〈隠密〉判定に追加の+20のボーナスを得て、動かないとき+40のボーナスを得る。アストラル界もしくはエーテル界にいるとき、エアリアル・サーヴァントは不可視でなく視認困難を得る(20%の失敗確率)。
 突風(超常)/Wind Blast 1d4ラウンドに1回、標準アクションとして、エアリアル・サーヴァントは80フィートの直線に風の爆発を放出し、8d8ポイントの殴打ダメージを与えることができる(反応・DC22・半減)。セーヴィング・スローに失敗した中型かそれより小さいクリーチャーは伏せ状態となり1d4 × 5フィート押しやられる。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。

 エアリアル・サーヴァントは風の元素界を原住とする危険な狩人であるが、彼らは時折、エーテル界への次元門を抜けて当てもなく彷徨い、時にはアストラル界も徘徊することがある。彼らは通常賞金稼ぎまたは暗殺者として物質界に招請され、生来の不可視と完璧に近い追跡能力の技能を使って獲物を追求し、それから見られないままに打つ。彼らは通常風の爆発で敵を蹴散らしてから獲物を絞め殺す。エアリアル・サーヴァントはインヴィジブル・ストーカーPathfinder Roleplaying Game Bestiary)と混同されやすいが、前者は遥かに危険であり、クリーチャーを誤認した者は、その誤解を後悔できるほど生きられないだろう。
 エアリアル・サーヴァントを招請する人は、彼らに完了が可能である仕事を割り当てるように注意しなければならない、割り当てられた作業に失敗した場合、この個性の強いエレメンタルは招請者を追跡し攻撃する事があるからだ。