OA > アーキタイプ > ミーディアム

+  目次

ミーディアム Medium

 ほとんどのミーディアムが用いる伝説の霊の器になる技術を、舞いや語りに変質させるものもいる。そしてまた、物体、土地、自分自身から霊を呼び降ろすものもいる。

カミ降ろし(アーキタイプ) Kami Medium

 伝説の霊ではなく、カミと呼ばれる自然霊の力を引き出すミーディアムもいる。カミについてはこちらを参照のこと

 カミとの交信(超常)/Kami Channeler:カミ降ろしは通常のミーディアムが霊と交信する場合とは異なる場所でカミと交信する。カミ降ろしは交差点と他の主要街道の一里塚でドウソジン(トリックスターとして働く)と、観葉植物や盆栽でフクジン(マーシャルとして働く)と、嵐のさなかにカミナリ(チャンピオンとして働く)と、澄んだ湖や湧き水、泉や井戸でスイジン(ハイエロファントとして働く)と、重要な門、出入り口、鳥居でズイシン(ガーディアンとして働く)と交信する。カミ降ろしはアークメイジの伝説を使用しない。この能力はを変更する。

 生来の禁忌(変則)/Natural Taboo:1レベルの時点で、カミ降ろしは禁忌能力を得る。どのカミと交信しているかにかかわらず、カミ降ろしは毎日「自然を強く崇拝し、金属製の鎧や盾を身につけてはならない」というハイエロファントの禁忌を受け入れなければならない。カミ降ろしは通常通り、この禁忌を受け入れたことで、影響力を消費することなく霊の活性を2回使用することができる。この能力は禁忌を変更する。

 お札(超常)/Ofuda:カミ降ろしはお札――念術の込められた祈祷の巻物――を用いて呪文を集める。カミ降ろしの呪文はお札を費用がかからない追加の物質要素として持つ。カミ降ろしが信仰の高まりによって獲得した呪文において、お札は信仰焦点具を置き換える。接触攻撃や遠隔接触攻撃が必要な場合を除き、カミ降ろしは同意しない目標に対してお札を貼るために攻撃ロールを試みる必要はない。お札は効果を受けた目標のところに現れるだけである。持続時間が瞬間の呪文ではお札は発動時に消費される。それ以外の持続時間を持つ呪文では、お札は持続時間の間目標に張られたままで、持続時間が終了した時点で破壊される。カミ降ろしの呪文はディスペル・マジックグレーター・ディスペル・マジックによって解呪されることはないが、お札を取り除いたり破壊したりすると持続時間は即座に終了する。お札ははっきりと見えていなければならず、隠すことはできない(ただし通常通り、お札を貼られたクリーチャーが隠すことはできる)。アイテム1つを取り除くための盗み取りや組みつきの戦技判定に成功すれば、同意しない目標からお札を取り除くことができる。また標準アクションにより、同意する目標からお札を自動的に取り除くことができる。お札は紙製の物体であり、ミーディアム・レベル毎に5ヒット・ポイントを持つものとして扱う。呪文の目標は自分に張られたお札を見ることも傷つけることも取り除くこともできないが、仲間は見たり傷つけたり取り除いたりすることができる。呪文が無害なものなら、目標はお札を見ることができる。

 この能力はミーディアムの呪文発動能力を変更する。

 シキガミ(変則)/Shikigami:3レベルの時点で、カミ降ろしは折り紙で作った動物に下級のシキガミとして一時的に守護させる術を身につける。まず、この下級のシキガミは紙の身体から離れることはできず、全ての意味で折り紙の動物の種類に近しい一般的な動物のように振る舞う。しかし依然として紙で作られたように見える。5レベルの時点で、シキガミ《上級使い魔》シキガミが持つ能力を獲得する。この際、カミ降ろしがシキガミを使い魔とするための前提条件を満たしている必要はない。シキガミはカミ降ろしを宿りとして扱う。加えて、シキガミは本来のシキガミの姿と折り紙形態の間で姿を変える能力を得る(ビースト・シェイプIIと同様)。

 この能力は霊障との交信土地との交信縁者との交信を置き換える。

 カミの助言(超常)/Ask the Kami:13レベルの時点で、カミ降ろしはコミューン・ウィズ・ネイチャーとして、情報を得るために土地のカミに問いかけることができるようになる。1日に何度でもこの能力を使用することができるが、特定の場所にいるカミに質問できるのは1日に1回だけである。そのため、この能力を再び使用するには、重なりのない範囲まで移動しなければならない。この能力は霊の助言を置き換える。

 宿り(超常)/Ward:14レベルの時点で、カミ降ろしは範囲や物体を、自分が交信するカミが宿りとして使用できる適切な場所であると宣言することができる。これによりカミ降ろしは(カミ)の副種別の宿り能力と宿り主との合一能力を得る。湖や嵐のような広い範囲においては、カミ降ろしはミーディアム・レベル毎に半径5フィートの円形の範囲を宿りとする。この能力はアストラル旅行を置き換える。

再臨の英雄(アーキタイプ) Reanimated Medium

 ときに、伝説になるべく定められた魂が肉体と分かたれると、蘇った自分の肉体に憑依して再び生きる機会を与えられることがある。

 自分との交信(超常)/Channel Self:再臨の英雄は本来肉体がない魂であり、魂のない肉体に憑依することで影響力を行使している。“再臨の英雄”という言葉は、この霊を指したものだ。通常のミーディアムと異なり、再臨の英雄はその肉体が本来持つ以上の強力な影響力を持つ。毎日、再臨の英雄は自分が取りうる将来の伝説から1つを指定して、通常通り降霊会を執り行う。再臨の英雄はその肉体に宿る可能性と同じように強力な、伝説的潜在力と交信する。霊は自分の肉体への影響力を3ポイント獲得する。これは最大で6ポイントとなる。自分自身が憑依している霊であるため、影響力を5ポイント以上失っても制御を失わない。しかし通常通り、影響力を3ポイント以上失うとその伝説の影響力ペナルティを受ける。影響力を増減する効果や能力(霊の活性霊力)は、再臨の英雄においては逆の効果を示す(例えば、鎮魂は影響力を1ポイント増加させ、霊の活性は影響力を1ポイント減少させる)。これは再臨の英雄アーキタイプから得られた新しい能力には適用されない。再臨の英雄は霊の活性を使用する際に影響力を失わないようにするため、より弱いを降ろすことができない。影響力が0になった再臨の英雄の身体は死に似た昏睡状態に陥り、24時間の間無防備状態になる。肉体が生きていれば、再臨の英雄が影響力を1ポイント回復すれば元の状態に戻る。しかし更に24時間が経過するまで、降霊会を行うことはできない。

 1レベルより後の時点で再臨の英雄アーキタイプを選択することができるのは、瀕死状態になった後だけである。GMが許可し、他のクラスの死亡したキャラクターの肉体に失われた部位がなく、ミーディアムのレベルを取得できるだけの経験値を獲得しており、再臨の英雄アーキタイプを獲得できるのであれば、この死亡したミーディアムはこのアーキタイプを獲得してもよい。いかなる場合でも、再臨の英雄アーキタイプを獲得して蘇生下からと行って、負のレベルやその他の不利な効果を受けることはない。

 この能力はを変更する。

 禁忌がない(変則)/Nothing Is Taboo:憑依した英雄は禁忌クラス特徴を獲得しない。

 容易き旅路(超常)/Ease Passage:3レベルの時点で、肉体に失われた部位がないのであれば、再臨の英雄が蘇るのは容易になる。再臨の英雄はレイズ・デッドで負のレベルを2ではなく1しか受けない。この能力は霊障との交信を置き換える。

 留まる魂(超常)/Lingering Spirit:5レベルの時点で、再臨の英雄が死亡状態になった後に影響力を1ポイント消費するならば、その後1ラウンドの間、再臨の英雄の魂は肉体から離れず、留まり続けるようになる。再臨の英雄がヒット・ポイントへのダメージにより死亡したならば、この猶予時間の間は肉体に治癒効果は機能し、それにより命を吹き返すことができる。魂が肉体から離れても(すなわち再臨の英雄が死亡状態になってから1ラウンド以上経過していたとしても)、ブレス・オヴ・ライフ呪文はさらに1ラウンドの間機能し続ける。この能力は土地との交信を置き換える。

 霊的守護(超常)/Spirit Warding:7レベルの時点で、再臨の英雄は他の霊や使者の呼び声に対して自分自身を守ることができるようになる。再臨の英雄は憑依、[即死]効果、負のエネルギーに対するセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。このボーナスは高い影響力を持つことでミーディアムが得る憑依への抵抗におけるボーナスと累積する。18レベルの時点で、再臨の英雄は憑依、[即死]効果、負のエネルギーに対する完全耐性を得る。この能力は縁者との交信広大なる魂を置き換える。

 生ける伝説(超常)/Living Legend:20レベルの時点で、再臨の英雄は遥か昔に借り受けていた伝説的な潜在力を発揮し、自らの伝説を生きながらにして体現する。再臨の英雄と共にいる仲間は、再臨の英雄と交信するために降霊会を執り行うことができる(この降霊会には1時間かかり、ミーディアムの降霊会における他のルールに従う)。仲間それぞれは、1日に1回だけ降霊会を執り行うことができる。降霊会の終わりに、再臨の英雄は自分の影響力を1ポイント減少させてもよい。そうする場合、再臨の英雄のの一部が仲間に染み込む。これにより仲間は影響力を消費する再臨の英雄の能力を使用するために、影響力を1ポイント消費することができるようになる。この能力はアストラルの灯台を置き換える。

遺物交信者(アーキタイプ) Relic Channeler

 遺物交信者は身の回りにあった伝説の遺物を持ち運ぶ。彼らは自分が探す特定の霊が住まう場所を必要としないが、遺物によって交信できる固有の霊の数に制限を受ける。

 遺物(超常)/Relics:遺物交信者は伝説の6種それぞれに対応する遺物を1つずつ持ってゲームを開始する。遺物それぞれは1つに対応しており、ある種、念術的に共鳴している――それはその霊に関連した紋様を備えたルーン石から、伝説の英雄が残した骨まで様々である。遺物交信者が禁忌霊力における選択(アークメイジの秘奥伝説のチャンピオンなど)を決定すると、その伝説と交信するたびに、その選択がなされて効果を発揮することになる。通常のミーディアムとは異なり、遺物交信者は毎回異なる選択肢を選ぶことができない。遺物交信者は霊の活性から受ける影響力を削減するために、より弱いを降ろすことができない。遺物交信者は単に遺物を用いてと交信するため、交信の際に適切な場所を見つける必要が無い。遺物を1つ失うと、その遺物を手に入れるまでその伝説と交信することができなくなる。遺物が破壊されると、遺物交信者は遺物の霊との強いつながりと自分の霊的な本質を用いて、その霊に対する新しい遺物につなぎ止めることができる。これには1週間の集中した降霊会が必要となり、自分のミーディアム・レベルごとに500gpが必要となる。この能力はを変更する。

 強力な絆(超常)/Powerful Bond:常に同じと交信し、そののかつての命や伝説と物理的につながっているために、遺物交信者はの影響力ペナルティを受けている間、常に《鋭敏感覚》特技の利益を得る。遺物交信者はアークメイジの秘奥信仰の高まりにおいてレベル毎に1つではなく2つの呪文を選択し、チャンピオンの武威で1つではなく2つの特殊武器に習熟する。また、伝説のチャンピオンにおいては2つではなく3つの戦闘特技を選択し、トリックスターの手並みでは2つではなく3つの技能を選択する。この能力はを変更する。

 オブジェクト・リーディング(超常)/Object Reading:3レベルの時点で、遺物交信者はオカルティストオブジェクト・リーディング能力を得る。この能力において、オカルティスト・レベルとしてミーディアム・レベルを用いる。この能力は霊障との交信を置き換える。

 遺物転送(超常)/Apport Relic:5レベルの時点で、遺物交信者は1日に1回、自分の遺物を1つ呼び出すことができる。これはアポート・オブジェクト*をそのアイテムに使用し、その呪文を精神的に完了させたかのように機能する。さらに、アポート・オブジェクト呪文を獲得したなら、遺物交信者はその呪文をあらかじめ発動しておくことなく、同様に自分の遺物を手元に呼び寄せることができる。遺物交信者が遺物を呼び寄せる距離は、(この能力と呪文のいずれにおいても)5レベルを超える2レベル毎に5フィートずつ増加する。この能力は土地との交信を置き換える。

 専門の縁者(擬呪)/Connection Specialty:7レベルの時点で、遺物交信者は土地との交信を有していないにもかかわらず、通常のミーディアムと同様に縁者との交信を獲得して使用することができるようになる。例え適切な場所にいたとしても、この能力を使用するには、遺物交信者は親密さが必要となる。この能力は縁者との交信を変更する。

霊舞士(アーキタイプ) Spirit Dancer

 霊舞士は霊のために熱狂的な舞いを上演する。素早く相手や演目を変えることで様々な役割を担う。

 霊舞(超常)/Spirit Dance:毎日降霊会の間に、霊舞士は6つの伝説に対応するを1つずつ降ろすかのように、全ての霊力を選択する。霊の活性から受ける影響力を減少するために、霊舞士は通常より弱いと更新することを選択できない。また、霊舞士は常に6つの伝説全てから、降霊会の恩恵、霊ボーナス霊力霊の活性を受け取るわけではない。

 その代わりに、霊舞士はフリー・アクションとして霊舞を開始し、降霊会の間に準備した6つの内、1つから降霊会の恩恵、霊ボーナス霊力霊の活性の能力すべてを得る。霊舞士は1日に【魅力】修正値+ミーディアム・レベルの2倍に等しいラウンド数だけ、霊舞を執り行うことができる。このラウンド数は連続している必要はない。霊舞が終了すると、霊舞士は1分の間、攻撃ロール、セーヴィング・スロー、技能判定に-2のペナルティを受ける。またこの間、新たに霊舞を開始することはできない。霊舞士は怯え状態恐れ状態恐慌状態の間に霊舞を開始することができない。霊舞士は霊舞における全ての影響力を、同じポイントで合算して処理する。影響力が3ポイント以上になると、霊舞を使用していない場合でもイニシアチブ判定に-2のペナルティを受け、5ポイント以上になると、通常のミーディアムのように、現在の霊の制御下になる(この制御は霊舞のラウンド制限を受けない)。霊舞士は影響力を1ポイント受け入れることで霊舞を4ラウンド回復することができる。これによって1日の最大数を超えることはできない。

 霊舞士は霊舞を行っていない間であっても、霊毎の能力の1日の使用回数は変化せず、減少したままである。最上級の霊力を保持する霊舞士は1日1回だけ使用できる最上級の霊力を1つだけ使用することができる。次の降霊会が終わるまでの間、1日1回だけ使用できる、他の最上級の霊力を使用することはできない。

 この能力はを変更し、霊ボーナス霊の活性を置き換える。

 禁忌がない(変則)/Nothing Is Taboo:霊舞士は禁忌クラス特徴を獲得しない。

 霊のオーラ(超常)/Spirit Aura:2レベルの時点で、霊舞士のよろよろした立ち振舞いは、30フィート以内にいる仲間全てに現在の降霊会の恩恵を与えるオーラを作り出すようになる。効果を決定する必要がある降霊会の恩恵を与える場合、その日に霊のオーラを受けた最初の時点で、仲間それぞれがその決定を行うこと。この効果における決定は、別の日に再びこの霊のオーラの効果を受けるまでその仲間に適用される。この能力は共有降霊会を置き換える。

 重ね舞い(超常)/Spirit Troika:15レベルの時点で、霊舞士は2つの動きを取り込んだ舞を行う術を身につける。霊舞を使用する際、霊舞士は毎ラウンド霊舞を3ラウンド分消費することで、1ラウンドの間降霊会で準備した6つのから2つを選び、それぞれの能力を使用できるようになる。この能力は二重降霊を置き換える。

 すぐに次の章へ(超常)/Attacca:18レベルの時点で、霊舞士は枚の次の動きへ素早く移る方法を身につける。霊舞士は以後、霊舞を終了した後即座に別の霊舞を開始しても、ペナルティを受けることがなくなる。

 この能力は広大なる魂を置き換える。

 無限の型の舞(超常)/Dance of Infinite Forms:20レベルの時点で、霊舞士は自らの舞いを完成させる。霊舞士は1日に1回使用できる最上級の霊力を、それぞれ1日に1回使用することができる。霊舞士は重ね舞いを使用する際、ラウンドごとに霊舞を3ラウンドではなく2ラウンドだけ消費すればよい。最後に、霊舞士は毎ラウンド霊舞を4ラウンド消費することで、準備している6つ全てに対して霊舞を執り行うことができる。

 この能力はアストラルの灯台を置き換える。

語り部(アーキタイプ) Storyteller

 全てのミーディアムは伝説の霊と交流するが、語り部と呼ばれるミーディアムは自分の霊的能力を代償に、卓越した物語に満ちた極端な人生を持つ伝説に対する強迫観念を取り込む。

 減衰した霊(変則)/Diminished Spirits:語り部はの降霊会の恩恵を得られない。語り部は霊の活性による影響力を削減するため、弱いと更新することができない。伝説に対する強迫観念のために、語り部は降霊会の後、影響力を1ポイントではなく2ポイント持った状態になる。

 この能力はを変更する。

 物語の知識(変則)/Knowledge of Tales:語り部は自分が修得済みの〈知識〉技能による技能判定全てに+1のボーナスを得る。このボーナスはミーディアム・レベル4毎に1ずつ増加する。

 この能力は霊ボーナスを置き換える。

 多様なる活性(超常)/Versatile Surge:語り部の霊の活性は、語り部が能力値判定、技能判定、セーヴィング・スローに失敗した後に使用することができる。

 この能力は霊の活性を変更する。

 語り部の芸(超常)/Storyteller's Performance:2レベルの時点で、語り部は現在の状況に似通った物語の断片を思い起こす能力を得る。この能力は語り部のミーディアム・レベルを持つバードが使用したバードの呪芸に似ており(特技、呪文、その他の能力における利益や不利益に対しても同様に機能する)、〈芸能〉技能として〈芸能:演劇〉〈芸能:お笑い〉〈芸能:朗誦〉のいずれかを用いる。ただし、語り部は以下のバードの呪芸のみを使用することができる:勇気鼓舞の呪芸(2レベル)、自信鼓舞の呪芸(3レベル)、武勇鼓舞の呪芸(9レベル)、英雄鼓舞の呪芸(15レベル)。

 この能力は共有降霊会禁忌霊障との交信鎮魂二重降霊を置き換える。

 物語の研究(擬呪)/Learn the Story:7レベルの時点で、語り部は土地の物語を学ぶことに卓越する。語り部は1分をかけ、語り部の芸10ラウンドだけ消費することで、レトロコグニション*の効果を得る。10レベルの時点で、語り部は1d4×10分をかけ、語り部の芸を10ラウンドだけ消費することで、レジェンド・ローアの利益を得る。この効果が有効に機能するには、目標はレジェンド・ローアの効果時間の間手の届く場所にいなければならない。19レベルの時点で、語り部は標準アクションをかけ、語り部の芸を1ラウンドだけ消費することで、任意の目標に対するヴィジョンの効果を得ることができる。この能力は縁者との交信霊体得を置き換える。

 生ける物語(擬呪)/Living Story:20レベルの時点で、語り部は自分の生み出した物語の中に他人を押しやることができる。語り部は1全ラウンドの間自分の人生における物語に誘うための物語を語り、語り部の芸から1ラウンドを消費しなければならない。そのラウンドの終わりに、マイクロコズム*の範囲にいる、30ヒット・ダイスまでの聞き手に効果を及ぼすことができる。通常のマイクロコズムとは異なり、これは[音波、言語依存]効果であり、セーヴに成功したヒット・ダイスが16以上のクリーチャーは、以降24時間の間、この語り部からの行ける物語能力に完全耐性を得る。

 この能力はアストラルの灯台を置き換える。