PU > 技能とオプション > 統合技能 > 〈知覚〉

+  目次

〈知覚〉(【判】) Perception

 君の感覚は鋭く、細かなことに気付き、危険の到来を見通し、人が嘘を吐いたり疑わしい振る舞いをしたりするときに察することができる。


クリーチャーや細部に気付く Notice Creatures and Details

 君は対抗〈知覚〉判定に成功することで、〈隠密〉を使用しているクリーチャーに気付くことができる。また、視覚、聴覚、感覚で判別できる何らかの刺激に気付くこともできる。隠された物体、罠、隠し扉、その他判別するのに時間がかかるものを見つけるためには、〈知覚〉の捜索機能を用いること。

出来事 〈知覚〉DC
戦いの音を聞きつける -10
腐敗した生ごみを嗅ぎつける -10
会話の細部を聞き取る 0
目に見えるクリーチャーを見る 0
煙の臭い 0
食糧がいたんでいるかどうかを判断する 5
歩いているクリーチャーを聞きつける 10
ささやきあっている会話の細部を聞き取る 15
味でポーションの効果を識別する 15+ポーションの術者レベル
錠前の中で鍵が回るのを聞きつける 20
弓の引き絞りを聞きつける 25
君の足下でクリーチャーが穴を掘っているのを感じ取る 25
すりに気がつく 〈技巧〉との対抗判定
〈隠密〉を使っているクリーチャーに気がつく 〈隠密〉との対抗判定

 気付く(および捜索の)ための〈知覚〉判定のDCは、以下の表に示す修正を受ける。

気付く際の修正 〈知覚〉DC修正値
発生源や物体、クリーチャーから離れるごとに 10フィートごとに+1
閉じた扉を1枚へだてるごとに +5
壁を1枚へだてるごとに 厚さ1フィートごとに+10
有利な状況 -2
不利な状況 +2
困難な状況 +5
判定を行なうクリーチャーの注意がそれている +5
判定を行なうクリーチャーが眠っている +10
クリーチャーや物体が不可視である +20

 アクション:なし。この機能のほとんどは、識別できる刺激に対する反応である。

 再挑戦:可。

 状況:使用する感覚に応じて、有利な状況、不利な状況、困難な状況は変化する。視界に関する判定の場合、明るい光は有利な状況だが、松明や月明かりのような薄明かりは不利な状況と言えるだろう。周囲の雑音は聴覚に関する判定においてDCを増加させうるし、強い臭気は嗅覚基準の判定のDCを増加させるだろう。困難な状況は視覚に関する判定におけるろうそくの光、他の音をかき消す竜の咆哮、かすかな臭いを嗅ぎ分ける際の凄まじい悪臭などが挙げられる。

真意看破 Sense Motives

 対抗〈知覚〉判定により、君はクリーチャーが自分に嘘を吐こうとする際にそれと知ることができる。〈感化〉技能の機能を参照のこと。

 アクション:なし。

 再挑戦:不可。ただし1つにつき1回、〈知覚〉判定を試みることができる。

心術に気付く Sense Enchantments

 クリーチャーの振る舞いが心術魔法に影響を受けたものだと気付くには、DC25の〈知覚〉判定(そのクリーチャーが支配されている場合はDC15)に成功しなければならない。

 アクション:1分。

直感を得る Get Hunches

 DC20の〈知覚〉判定に成功することで、君は周囲の状況を判断することができる。君は何か悪いことを示すものや、人物が全体的に信用できないことを感じ取ることができるが、特定の情報を得ることはない。特定の情報が嘘かどうかを判断しようとするなら、真意看破機能を用いること。

 アクション:1分。

捜索 Search Locations

 君は隠された罠、扉、その他のものを見つけようと周囲をくまなく調べることができる。クリーチャーや細部に気付く機能に対する〈知覚〉DCに適用される修正(上述)が、捜索のための〈知覚〉DCにも適用される。

隠された物体 〈知覚〉DC
平均的な隠し扉を発見する 15
平均的な秘密の扉を発見する 20
隠された罠を発見する 罠によりさまざま

 アクション:移動アクション。移動アクションを費やすことで、10フィート×10フィートの範囲を捜索することができる。

 再挑戦:可。

ひそかなメッセージの判別 Discern Secret Messages

 〈知覚〉を用いることで、〈感化〉技能を用いて誰かに送られようとする密かなメッセージを識別することができる。この〈知覚〉判定はメッセージを送るものの〈感化〉判定の対抗判定となる。そのメッセージに関する情報が1つ抜けているごとに、〈真意看破〉に-2のペナルティが付く。この判定に4以下の差で成功したなら、何かひそかなメッセージが伝えられていると気づくが、具体的な内容はわからない。5以上の差で成功したなら、メッセージに気づき、内容も理解する。4以下の差で失敗したなら、ひそかな意思疎通が行なわれていることに気づかない。5以上の差で失敗したなら、何らかの誤った情報を得る。60ページの〈感化〉ひそかなメッセージを送るに記載したルールを参照のこと。

 アクション:なし。この機能はメッセージを受け取る時間に含まれる。

 再挑戦:不可。しかし密かなメッセージが別途送れたなら、そのメッセージに対して判定を試みることができる。