TG > 世界観 > 呪文

呪文 Spells


アンティテック・フィールド

Antitech Field/アンティテックの場
系統 防御術; レベル ウィザード/ソーサラー7、ドルイド6
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、物質/信仰 (錆1瓶)
距離 10フィート
目標 術者を中心とした半径10フィートの放射
持続時間 1分/レベル(解除可)
セーヴィング・スロー 頑健・不完全(本文参照); 呪文抵抗

 術者は持ち運びのできる半球状のエネルギー場を作り出す。このエネルギー場は科学技術に関する物体や信号、クリーチャーの侵入を抑止する。

 アンティテック・フィールドは範囲内で使用されたか、持ち込まれたか、範囲内で展開された科学技術効果を全て抑止するが、失わせるわけではない。アンティテック・フィールドの範囲内で時間が経過すれば、抑止された効果の持続時間も消費され続ける。

 アンティテック・フィールドに侵入したロボットやその他の科学技術の人造は、範囲内にいる限り毎ラウンド頑健セーヴィング・スローを試みなければならない。失敗すれば、クリーチャーはそのラウンドの間アクションを取ることはできず、無防備状態と見なされる。成功すればクリーチャーはそのラウンドの間、移動アクション1回もしくは標準アクション1回のいずれかを行うことができる。アンドロイドやサイボーグなど、部分的に科学技術の要素を持つクリーチャーはセーヴィング・スローに失敗しても単によろめき状態になるだけですむ。サイバー技術の装備はアンティテック・フィールドの中では機能せず、全ての利益が抑止されることに注意。

 科学技術によらないクリーチャーは範囲に入ることができ、スリング用の石や矢のような技術水準の低い矢弾も通過することができる。ブリットやミサイルといった技術水準の高い矢弾がこの場に触れると即座に休止状態となり、害をもたらすことなく地面に落下するか、爆発する。アンティテック・フィールドは魔法を発生源とする工船を止めることはないが、レーザーのようなビーム武器から放たれた光線は止める。アンティテック・フィールドは科学技術の爆発物が爆発したことによる衝撃に対して防護を提供することはない――それ故、場の中にいるクリーチャーは、依然としてクリーチャーに対して爆発したロケットからダメージを受ける。

 クリーチャーがこの防御壁が覆う範囲よりも大きい場合、クリーチャーの防御壁の外側に出ている部分はこの場の影響を受けない。

 この呪文は防御的にのみ使用することができ、攻撃的に使用することはできない。この呪文の中には入れないクリーチャーに対して無理矢理押しつけると、この防御壁は崩れてしまう。

イレイディエート

Irradiate/放射線照射
系統 召喚術(創造); レベル ウィザード/ソーサラー3、ウィッチ3、クレリック3、サモナー3、ドルイド4、メイガス3
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作
距離 中距離(100フィート+10フィート/レベル)
効果 特殊(下記参照)
持続時間 瞬間
セーヴィング・スロー 頑健・不完全(下記参照); 呪文抵抗 不可

 この呪文の効果範囲は危険な放射線で満たされる。術者が作り出す放射線の強度は後述の通り、術者レベルに従って決定される。放射線が照射された範囲の中心は、常に半径10フィートの拡散であり、放射線の範囲と効果のルールに従って通常通り広がる。範囲内にいるクリーチャーは一度だけ放射線に曝される。放射線がこの範囲に持続することはない。放射線効果に抵抗するためのセーヴはこの呪文によって決定され、放射線の標準のセーヴDCは用いない。

術者レベル 放射線レベル
6レベル以下 低濃度
7レベル~9レベル 中濃度
10レベル~16レベル 高濃度
17レベル以上 深刻


インヒューズ・ロボット

Infuse Robot/ロボットへの魔力注入
系統 変成術; レベル ウィザード/ソーサラー7、ウィッチ7、クレリック7、ドルイド7
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作
距離 中距離(100フィート+10フィート/レベル)
目標 ロボット1体
持続時間 10分/レベル(解除可)
セーヴィング・スロー 意志・無効; 呪文抵抗

 目標となったロボットが意志セーヴィング・スローに失敗すると、目標は木、石、肉、骨といったもので作られた魔法の人造に変化する。ロボットの基本データや能力は変化しないが、科学技術の人造ではなく魔法の人造である。目標は(ロボット)の副種別を失うが、(もしあれば)【知力】値を失うことはない。この呪文の有効距離内に目標が留まり続ける限り、術者は魔力を吹き込んだロボット(目標)に心の中で命令を与えることができる。このように命令を下すのは、術者が行うフリー・アクションである。この呪文の持続時間が終了すると、ロボットは通常の姿に戻るが、1d4ラウンドの間よろめき状態となる。

ディスチャージ

Discharge/チャージ消費
系統 防御術; レベル ウィザード/ソーサラー3、ウィッチ3、クレリック3、バード3、メイガス3
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作
距離 中距離(100フィート+10フィート/レベル)
目標 クリーチャー1体または科学技術の物体1つ
持続時間 瞬間
セーヴィング・スロー 頑健・無効; 呪文抵抗 不可

 ディスチャージは科学技術の物体1つのチャージを浪費させるか、チャージを消費せず電力で動く科学技術の物体1つの電力を一時的に弱めたり、(ロボット)の副種別を持つクリーチャーを著しく妨害したりする。この呪文がチャージを持つ物体を目標とした場合、その物体は残っているチャージを全て失う。目標となった物体がチャージではなく電力によって力を持っている場合、その昨日は1d4ラウンドの間抑止される。この呪文が(ロボット)の副種別を持たないクリーチャーを目標とした場合、この呪文は目標となったクリーチャーが保持するチャージを持つアイテムないし電力で作動するアイテムから、1つを無作為に選んで効果を及ぼす。目標がロボットの場合、そのロボットは1d4ラウンドの間、よろめき状態となるとともにエネルギーに基づく攻撃を一切行うことができなくなる。この呪文の効果を受けたロボットは、毎ラウンドの終了時に新しいセーヴィング・スローを行い、成功すればこの効果を終了させることができる。

グレーター・ディスチャージ

Discharge, Greater/上級チャージ消費
系統 防御術; レベル ウィザード/ソーサラー6、ウィッチ6、クレリック6、バード6、メイガス6
目標または効果範囲 クリーチャー1体または科学技術の物体1つ、または半径20フィートの爆発

 この呪文はディスチャージと同様に働くが、複数の科学技術の物体のチャージを消費させるため、範囲を目標として使用することができる。

 術者はグレーター・ディスチャージを使用する際、以下の2つの方法から1つを選択する。範囲型チャージ消費か、目標型チャージ消費である。

 範囲型チャージ消費/Area Discharge:この方式でグレーター・ディスチャージが使用されると、この呪文は半径20フィートの爆発の範囲内に存在するもの全てに効果を及ぼす。範囲内のクリーチャーは全てディスチャージの目標となったかのように効果を受け(クリーチャーが所持する物体1つにのみ効果を及ぼす)、誰も所有していない物体も同様に影響を受ける。

 目標型チャージ消費/Targeted Discharge:この呪文はディスチャージと同様に機能するが、目標がクリーチャーであれば、目標となったクリーチャーが保持するチャージを持つアイテムないし電力で作動するアイテムから、術者の術者レベル4毎に1つを無作為に選択してチャージ消費させる。

ディテクト・レイディエーション

Detect Radiation/放射線識別
系統 占術; レベル ウィザード/ソーサラー1、クレリック1、ドルイド1、バード1、レンジャー1
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作
距離 120フィート
効果範囲 術者を中心とした、球状の核酸
持続時間 10分/レベル
セーヴィング・スロー なし; 呪文抵抗 不可

 術者は周囲に存在する放射線を識別する。術者は放射線のオーラを、放射性物質から放射され空気中に広がる、輝く緑色の揺らめきとして見ることができる。より明るくより強い緑色に慣ればなるほど、その放射線の強度はより狭量なものであることを示す。その物体自身が輝いている場合を除き、この輝きは光源を提供せず、暗闇を見通す助けにもならない。この呪文は障壁を貫通するが、厚さ1フィートの石、厚さ1インチの一般的な金属、鉛の薄膜、厚さ3フィートの木や土はこの呪文を遮る――しかし放射線は次第にこのような障害物に浸透し、それらを放射性物質へと変える(そしてこの呪文によって見えるようになる)。

テクノマンシー

Technomancy/科学技術識別
系統 占術; レベル ウィザード/ソーサラー1、バード1
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、物質(電線を巻いたコイルで撹拌された油)
距離 60フィート
目標 円錐形の放射
持続時間 3ラウンド/レベル
セーヴィング・スロー なし; 呪文抵抗 不可

 この呪文はディテクト・マジックと同様に働くが、魔法の物体ではなく科学技術の物体の存在を識別する。この呪文は術者が所有する科学技術アイテムの特性を識別するために〈知識:工学〉判定を試みる際、術者に《科学技術者》特技を与える。既にこの特技を有している場合、術者は科学技術アイテムの特性を識別するために行う〈知識:工学〉判定に、+10のボーナスを得る。

デストロイ・ロボット

Destroy Robot/ロボット破壊
系統 変成術; レベル ウィザード/ソーサラー6、ドルイド5
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、焦点/信仰
距離 近距離(25フィート+5フィート/2レベル)
目標 ロボット1体(下記参照)
持続時間 瞬間
セーヴィング・スロー 頑健・不完全; 呪文抵抗

 術者は有効距離内にいる、任意のロボット1体を破壊しようと試みる。この呪文を発動すると、術者の手で電気がパチパチと音を立てる。目標に効果を及ぼすには、術者は遠隔接触攻撃に成功しなければならない。目標は12d6+術者レベル毎に1ポイントのダメージを受ける。セーヴに成功すれば、目標は代わりに3d6+術者レベル毎に1ポイントのダメージを受ける。サイボーグ及びアンドロイドもこの呪文からダメージを受けるが、半分しかダメージを受けず、この呪文の効果に抵抗するために行うセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。

プロテクション・フロム・テクノロジー

Protection from Technology/科学技術よりの保護
系統 防御術; レベル ウィザード/ソーサラー2、クレリック2
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、物質/信仰 (銅の粉末1瓶)
距離 接触
目標 接触したクリーチャー
持続時間 1分/レベル(解除可)
セーヴィング・スロー 意志・無効(無害)、本文参照; 呪文抵抗 不可、本文参照

 この呪文はクリーチャー1体を、科学技術の物体や(ロボット)の副種別を持つクリーチャーによる攻撃から守り、科学技術による精神的な操作に対して防護を提供する。この呪文は目標の周り1フィートに魔法的な防御壁を作り出す。この防御壁は目標と共に移動し、大きく2つの効果を与える。

 まず、目標はACに+2の反発ボーナスと、セーヴィング・スローに+2の抵抗ボーナスを与える。これらのボーナスは科学技術の物体や(ロボット)の副種別を持つクリーチャーによる攻撃もしくは効果に対してのみ適用される。

 次に、目標は自分に効果を及ぼしている、科学技術効果による精神的な操作に対して、(もし受けた時点でセーヴィング・スローを行えるものであれば)もう一度セーヴィング・スローを行う。この効果にはトーピナルなどの調合薬による効果も含まれる。目標はこのセーヴィング・スローに+2の士気ボーナスを得る。このセーヴィング・スローには元々の効果と同じDCを用いる。目標がこのセーヴに成功したなら、この効果はこの呪文の持続時間の間抑止される。この呪文の持続時間が終了すると、この効果は再開される。この呪文の効果を受けている間、目標は科学技術による精神的な操作の試みに対して完全耐性を得る。

マジック・サークル・アゲンスト・テクノロジー

Magic Circle Against Technology/対科学技術魔法円
系統 防御術; レベル ウィザード/ソーサラー4、クレリック4
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、物質/信仰 (直径3フィートの円上に撒いた銅の粉末)
距離 接触
効果範囲 接触したクリーチャー1体を中心とした、半径10フィートの拡散
持続時間 10分/レベル
セーヴィング・スロー 意志・無効(無害)、本文参照; 呪文抵抗 不可;本文参照

 範囲内の全てのクリーチャーはプロテクション・フロム・テクノロジー呪文の効果を受ける。範囲内のクリーチャーや発動後にこの範囲に入ったクリーチャーは、自分に対する精神的な操作を与える科学技術の効果を1つだけ選び、抑止しようと試みることができる。クリーチャーがセーヴに成功すると、このような効果はクリーチャーが範囲内にいる限り抑止することができる。範囲から離れた後に戻ってきたクリーチャーは守護されない。ロボットは中に入ろうとすると妨げられるが、セーヴィング・スローに成功するか呪文抵抗で退ければ、この効果を受けずに済む。ただし、ロボットがセーヴィング・スローに成功して範囲内に入ることができたとしても、範囲内の科学技術によらないクリーチャーは依然として反発ボーナスと抵抗ボーナスを受け、精神的な操作に対する守護を得る。

 この呪文はプロテクション・フロム・テクノロジーと互いに累積することはない。

グレーター・メイク・ホウル

Make Whole, Greater/上級完全修理
系統 変成術; レベル ウィザード/ソーサラー4、クレリック4
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作
距離 10フィート
目標 5ポンド/レベルまでの物体1つ
持続時間 瞬間
セーヴィング・スロー 意志・無効(無害、物体); 呪文抵抗 可(無害、物体)

 人造クリーチャーに発動すると、この呪文は術者レベル毎に1d6+1(最大10d6+10)ポイントのダメージを修理する。グレーター・メイク・ホウルは破壊された魔法のアイテムや科学技術アイテム(ヒット・ポイントが0以下のアイテム)を修理することができ、術者の術者レベルがアイテムの術者レベル以上であれば、アイテムの魔法の特性を回復する。これらの点を除き、この呪文はメイク・ホウルとして働く。

メモリー・オヴ・ファンクション

Memory of Function/作動時の記憶
系統 変成術; レベル ウィザード/ソーサラー7、クレリック7
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、10,000gpの価値があるスカイメタルの粉末
距離 接触
目標 接触した物体1つまたは人造1体
持続時間 瞬間
セーヴィング・スロー 意志・無効; 呪文抵抗

 破壊されたものでさえ、機能していたときに意味していたことを覚えている。術者は破壊された物体1つまたはダメージを受けた人造を、新品同様の機能できる状態にまで回復する。物体や人造の欠けている部分は欠けたままである。失われた箇所が大規模なものならば、正しく機能できない可能性がある。その物体がチャージを使用するものなら、チャージが最大値になるが、経年劣化しているという事実は失われない(この呪文は、経年劣化したアイテムを再度チャージできる数少ない方法の1つである)。この呪文を経年劣化したアイテムに発動してから1時間の間、この物体は突発異常が発生する確率が一切ない。矢弾のような消費される物体が回復することはない。

 この呪文がダメージを受けた人造に発動されると、この人造が受けていたヒット・ポイントへのダメージが全て回復する。この呪文が破壊された人造に対して発動されると、目標は全ての機能と全てのヒット・ポイントを回復するが、破壊された人造が大部分(脚全てなど)失われている場合、その部分が回復することはない。このようにして復元された人造は、破壊される瞬間までの記憶を全て覚えており、術者が行ったことに対して一切の意志を示さない。

 破壊されてから術者レベル毎に10年以上が経過した物体もしくは人造にこの呪文を発動すると、呪文は失敗する。

リチャージ

Recharge/再チャージ
系統 力術; レベル ウィザード/ソーサラー3、クレリック3、バード2、メイガス3
発動時間 1ラウンド
構成要素 音声、動作、物質(500gpの価値があるダイヤモンドの粉末)
距離 接触
目標 接触した物体1つ
持続時間 瞬間
セーヴィング・スロー 頑健・無効(物体); 呪文抵抗 可(物体)

 術者はチャージを回復する。回復するチャージ数は、目標がバッテリーの場合レベル毎に1チャージ、バッテリーからチャージすることのできる科学技術アイテムの場合レベルの半分に等しいチャージとなる。バッテリーを再チャージする場合、20%の確率でこの試みのためにバッテリーが破壊される。そのアイテムが保持できるチャージ数を超えて回復した場合、そのアイテムは頑健セーヴィング・スローを行わねばならず、失敗すると超過したチャージ毎に1d6ポイントの[電気]ダメージを受ける。この呪文はアイテムが安全に保持できるチャージ数に関しての情報を一切適用しない。しかし術者は危険を減らすため、最大値よりも少ないチャージだけを与えることができる。術者はこの呪文を発動する前に、回復するチャージ数を決定しなければならない。

リビューク・テクノロジー

Rebuke Technology/科学技術威服
系統 防御術; レベル ウィザード/ソーサラー4、ドルイド4
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、焦点/信仰(粉末にした科学技術の破片)
距離 中距離(100フィート+10フィート/レベル)
目標 科学技術の物体1つまたはクリーチャー1体
持続時間 1ラウンド/レベル
セーヴィング・スロー 頑健・無効(物体); 呪文抵抗 可(物体)

 術者は科学技術の目標や科学技術クリーチャー(ロボットやナノテク・スウォームなど)を目標にして、魔法のエネルギーで覆う。この呪文に対する抵抗に失敗すると、この呪文の持続時間の間、目標は不活性状態となり使用できなくなる(クリーチャーの場合、気絶状態となる)。クリーチャーはこの呪文の影響を受けてから1ラウンド経過した後の自分のターンの終了時に、この効果を終了するために再度頑健セーヴを試みることができる。

リムーヴ・レイディオアクティヴィティ

Remove Radioactivity/放射線除去
系統 召喚術(治癒); レベル インクィジター4、ウィッチ4、クレリック4、ドルイド4、バード4、パラディン4、レンジャー4
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作
距離 接触
目標 接触したクリーチャーまたは物体
持続時間 瞬間
セーヴィング・スロー 頑健・無効(物体); 呪文抵抗 可(物体)

 術者は目標1つが被る全ての継続している放射線効果を、初期効果も副次効果も全て取り除く。ただし術者は術者レベル判定(DC=放射線効果に対する頑健セーヴDC)に成功しなければならない。加えて、術者は直ちに、目標が受けている放射線による【耐久力】吸収と【筋力】吸収の両方を1d4ポイントずつ回復する――この呪文はそれ以外の原因による能力値ダメージも能力値吸収も回復することはできない。範囲に発動すると、リムーヴ・レイディオアクティヴィティは術者が触れた場所を中心とした半径20フィートの放射線を取り除く。この呪文には自然の放射性物質を無効化する能力はない。そのような素材が範囲内にある限り除去された放射線が再び現れる可能性がある。

グレーター・リムーヴ・レイディオアクティヴィティ

Remove Radioactivity, Greater/上級放射線除去
系統 召喚術(治癒); レベル ウィッチ8、クレリック8、ドルイド8

 この呪文はリムーヴ・レイディオアクティヴィティと同様に働くが、目標が受けた放射線による全ての能力値ダメージと能力値吸収を回復する。さらに、術者は放射性物質を無力化することができる。しかしそうするには術者はその物体に触れなければならず、その物体の放射線に最低でも1ラウンド曝されることになる。その物体の放射線を枯渇させるには、術者レベル判定(DC=5+その放射線効果に対する頑健セーヴDC)に成功しなければならない。成功すれば、その物体はもう放射線を放出しない。原子炉や核弾頭の場合、この炉や弾頭は永続的に不活性となり無害なものとなる。