ACG > クラス・オプション > ウィッチ

ウィッチ Witch

 ウィッチが英雄だというものもいるし――ウィッチが悪漢だというものもいる。実のところ、そんなに単純なわけではないし、ウィッチがどのように魔法を使うかは、個人の経歴に結びついていることがしばしばだ。

呪術交信者(アーキタイプ) Hex Channeler

 呪術交信者は生――傷を癒やし、アンデッドを破壊する――もしくは死――生けるものを殺し、アンデッドを治療する――のいずれかに専念するウィッチである。

 エネルギー放出(超常)/Channel Energy:2レベルの時点で、呪術交信者は守護者を呼び降ろし、自分もしくは使い魔からエネルギーの波を解き放つことができるようになる。善属性のウィッチは(善属性のクレリックのように)正のエネルギー放出を行い、悪属性のウィッチは(悪属性のクレリックのように)負のエネルギー放出を行う。善属性でも悪属性でもないウィッチは正負いずれのエネルギー放出を行うかを選択しなければならない。一度選択したら、以後変更することはできない。
 エネルギー放出はウィッチを中心とした半径30フィートの中にいる、(アンデッドか生きているクリーチャーの)いずれか1種類の全てのクリーチャーに効果を及ぼす。呪術交信者は1日に3+【魅力】修正値(最低1)回に等しい回数だけエネルギー放出を行うことができる。その他の点については、この能力はクレリックエネルギー放出を使用する場合と同様に機能する。ただし呪術交信者はこの能力を使用する際に聖印を必要としない。呪術交信者はエネルギー放出に依存するその他の効果を決定する際、クレリック・レベルとしてウィッチ・レベルを用いる(ただし、回復したり傷つけたりするダメージ量の増加には適用されない)。呪術交信者はこの効果の目標に、自分と自分の使い魔を含めても良いし、含めなくても良い。
 この爆発は1d6ポイントのダメージを治癒するか、同量のダメージを与える。呪術交信者は新しい呪術上級呪術大いなる呪術を含むが、《呪術追加》特技で得られる呪術は除く)を修得する際に、呪術を修得する代わりにエネルギー放出の値を1d6だけ増加することができる。この能力は2レベルの時点で得られる呪術を置き換える。(変更

 呪術/Hex:以下のウィッチ呪術は呪術交信者アーキタイプを補完する:荒廃治癒毒浸し護り

 上級呪術/Major Hexes:以下の上級呪術は呪術交信者アーキタイプを補完する:応報化膿する傷苦悩上級治癒食人料理

 大いなる呪術/Grand Hexes:以下の大いなる呪術は呪術交信者アーキタイプを補完する:恐ろしい予言死の呪い生命付与者霊の召喚

山の魔女(アーキタイプ) Mountain Witch

 社会から狩りたてられたウィッチにとって、山は聖地である。ここで彼らは高地に住まう霊と絆を結ぶ。

 呪文/Spells:山の魔女は守護者呪文のいくつかを以下のものと置き換える:2レベル―マジック・ストーン、4レベル―ストーン・コール、6レベル―メルド・イントゥ・ストーン、8レベル―ストーンスキン、10レベル―ウォール・オヴ・ストーン、12レベル―ストーン・テル、14レベル―スタチュー、16レベル―リペル・メタル・オア・ストーン、18レベル―クラッシング・ロックス

 石霊の呪術/Stone Spirit Hex:山の魔女はシャーマン石の霊に記載された呪術を、ウィッチ呪術として選択することができる。この呪術の効果を決定する際、シャーマン・レベルとしてウィッチ・レベルを用いる。この呪術のDCを決定する際、【判断力】の代わりに【知力】を用いる。この能力は呪術を変更する。

 山の野生動物との共感(変則)/Mountain Beast Empathy:2レベルの時点で、山の魔女は山に住む動物の態度に影響を及ぼすことができる。これはドルイド野生動物との共感クラス特徴と同様に機能するが、山岳環境に住む動物にのみ効果を及ぼす。山の魔女はこの能力において、ドルイド・レベルとしてウィッチ・レベルを用いる。この能力は2レベルの時点で得られる呪術を置き換える。

 呪術/Hex:以下のウィッチ呪術は、山の魔女アーキタイプを補完する:石の安定性*、石の護り*、加重*、凶兆の獣金属の呪い*、水晶の視界*。(アスタリスク[*]の付与されたものはシャーマン・クラスに詳細が記されている。)

 上級呪術/Major Hexes:以下の上級呪術は、山の魔女アーキタイプを補完する:隠れ家獣の目天候制御

 大いなる呪術/Grand Hexes:以下の大いなる呪術は、山の魔女アーキタイプを補完する:永遠のまどろみ自然災害魔女の小屋