ACG > クラス・オプション > アルケミスト

アルケミスト Alchemist

 アルケミストは錬金術の秘密を解き明かそうと苦労する――それはしばしば、精神と肉体に多大なる対価を負わせる。彼らは実験を通して変異薬と恐るべき爆弾を発見する。それは時に劇的で悲惨な効果さえ伴う。しかしこの実験を通して新しい理解へと思考が飛躍することがある。すなわち、全く同じアルケミストは2人といない、のだ。彼らは全く異なる方法で世界を旅し、自分の生来の技を磨き上げる。そこには個々の魔法と科学の融合が伴う。この項では、新しいアルケミストの発見とアルケミストのアーキタイプを紹介する。

発見 Discoveries

 以下の発見は、前提条件を満たした全てのアルケミストが修得することができる。

 大いなる閃き薬(超常)/Grand Inspiring Cognatogenアルケミスト閃き薬はACに+4の回避ボーナスと反応セーヴィング・スローに+4のボーナス、【筋力】と【耐久力】に-6のペナルティに加え、以下のインヴェスティゲーターの技の効果を有しているかのように扱う:魔法のアイテムの知識冴えた閃き暗黒街の閃き。12レベル以上で上級閃き薬の発見を有していなければ、アルケミストはこの発見を選択することはできない。

 上級閃き薬(超常)/Greater Inspiring Cognatogenアルケミスト閃き薬はACに+2の回避ボーナスと反応セーヴィング・スローに+2のボーナス、【筋力】と【耐久力】に-4のペナルティに加え、以下のインヴェスティゲーターの技の効果を有しているかのように扱う:卓越した閃き写真記憶閃き拡張。12レベル以上で閃き薬の発見もしくはクラス特徴を有していなければ、アルケミストはこの発見を選択することはできない。

 閃き爆弾(超常)/Inspired Bomb:この発見を身につけたアルケミストが(クラス特徴、特技、閃き薬の発見などで得た)閃きを持つならば、閃きの使用回数を2回分消費することで、爆弾のダメージを1d6だけ増加させることができる。爆弾が与えるダメージ種別は変更しない。他の爆弾に効果を及ぼす発見とは異なり、これは他の爆弾系の発見1つと同時に適用することができる。ただし、1つの爆弾に、複数回この発見を適用することはできない。

 閃き薬(超常)/Inspiring Cognatogen:この発見を身につけたアルケミストは閃き薬の作り方を修得する。この薬は変異薬に似た混合物で、【筋力】と【耐久力】を代償として(インヴェスティゲーターのクラス特徴のような)閃きを与えてくれる。閃き薬を飲むと、アルケミストはアルケミスト・レベルの半分+【知力】修正値(最低1)に等しい数の閃きプールを得る。アルケミストはまた、ACに+2の回避ボーナスを得るが、【筋力】と【耐久力】に-2のペナルティを受ける。
 フリー・アクションとして、アルケミストは閃きを1回分消費することで、能力値判定もしくは技能判定の結果に1d6を加えることができる(出目10や出目20を選択した場合でも、行うことができる)。この能力はちょうどインヴェスティゲーター閃き能力と同様に機能するが、アルケミストは閃き薬を飲んだ時点で閃きプールを得、閃き薬の持続時間が終了すると未使用の閃きは失われてしまう点が異なる。アルケミストがすでに閃きを使用できる場合、閃き薬で得られた閃きアルケミストの閃きプールに加えられる。しかしこの能力が起動している間に閃きを使用するたびにアルケミストはDC20の意志セーヴィング・スローを行わねばならず、失敗すると1ラウンドの間幻惑状態となる。このセーヴィング・スローに対して、アルケミスト閃きを使用することができない。
 変異薬の制限は全て、同じものであるかのように閃き薬にも適用される――アルケミスト変異薬か閃き薬、進化薬のいずれか1つの利益しか一度に得ることはできず、作り出したアルケミスト以外が閃き薬を手にすると不活性状態となり、アルケミストでないものが閃き薬を飲むと不調状態になる、などである。閃き薬の効果が終了すると、アルケミストは【筋力】と【敏捷力】に2ポイントの能力値ダメージを受ける。変異薬注入の発見と持続変異薬クラス能力は、閃き薬にも効果を及ぼす。

閃き薬師(アーキタイプ) Inspired Chemist

 練心学師に似た閃き薬師は精神能力値を高める薬の代わりに、インヴェスティゲーターのような閃きを与える薬を用いる。この閃きは危険を避ける素晴らしい力を閃き薬師に与えるが、肉体の力と健康の両方を損なう。

 閃き薬/Inspiring Cognatogen:1レベルの時点で、閃き薬師は閃き薬の発見と同様の閃き薬の作り方を学ぶ。この能力は変異薬クラス特徴を置き換える(つまり、閃き薬師は変異薬の発見を修得しない限り、変異薬を作ることはできない)。

 ボーナス特技/Bonus Feat:閃き薬師は、発見の代わりに《技能熟練》〈呪文学〉〈真意看破〉〈装置無力化〉、全ての〈知識〉技能、〈治療〉〈変装〉〈魔法装置使用〉のいずれか)を選択することができる。

 ボーナス・インヴェスティゲーターの技/Bonus Investigator Talents:閃き薬師は発見の代わりにインヴェスティゲーターの技を2つ得ることができる。ただし、このインヴェスティゲーターの技は、閃き薬の効果を受けている間にのみ使用することができる。

 言語/Languages:閃き薬師は発見の代わりに言語を3つ修得することができる。

 発見/Discoveries:以下の発見は閃き薬師アーキタイプを補完する:大いなる閃き薬閃き爆弾上級閃き薬