B4 > フレッシュウォープ

フレッシュウォープ Fleshwarp

 最も恐ろしいドラウは敵の単なる敗北と死亡では満たされず、恐ろしい方法で敵を汚すのを好む。変成の中でも最も悍ましい形態が、フレッシュウォープの複雑なプロセスを通して敵の本質そのものを襲う。
 フレッシュウォープ化とは悍ましい神秘的かつ錬金術的な工程という手段によってクリーチャーの物理的形状と精神状態を変える実践である。それは、被験者を奇妙な試薬から調合した魔法的かつ錬金術的な粘液でいっぱいの桶に沈め、大量の生きた昆虫と蟲を注ぎ込むところから開始する。蟲が不必要な肉を食べている間、この粘性は被験者の肉と骨を溶解し再構築させ、新しい錬金術的に成長した肉を定着させる手段となる。プロセスは拷問であり、被験者はそれを通じて生きており意識がある。
 フレッシュウォープ化される基本クリーチャーによるが、凶悪なプロセスは数日、数週間、数か月さえも続く。全ての時間はフレッシュウォープ化させる者によって監視される――邪悪な好奇心が生命や正気への気遣いに優ってしまう技術者によって。そのフレッシュウォープ化させる者は被験者を突き、刺激し、皮膚を剥いで、必要に応じその他の残虐な拷問を行い、不可欠である蟲を操作し、フレッシュウォープ化粘液の試薬の混合が心霊のプロセスのあらゆる段階で正しいことを確認する。一度プロセスが終了すると、変成した唾棄すべき化物は自力でフレッシュウォープ化粘液から出るものである;そうすることができないものは即座に屠殺される。
 その結果となる産物は基本形状より良かったり悪かったりする。プロセスは基本的にドラウが実験したあらゆる種別のクリーチャーで同じであるが、結果は大幅に異なる。フレッシュウォープ化ドラウはドライダーとなる。フレッシュウォープ化エルフはイルナクルスとなり、フレッシュウォープ化トログロダイトはゴーンヘイティンとなる。いくつかの種族はフレッシュウォープ化のプロセスに抵抗するようである――ドワーフはこれまでフレッシュウォープ化に成功せず、多くのフェイはプロセスに非常な耐性を持つ。フレッシュウォープ化についての凡その真実は、この工程を抜ける生来的に悪のクリーチャーは、善を始める者よりもドラウにとって有益である傾向が強いということである。フレッシュウォープの中で最も役に立つものは、他のドラウを元に作成されたものだ。これらの不運な被験者は一般的に彼らの家で失敗するか、身体的もしくは精神的障害を持って生まれる者である。不妊症であったり、生殖器、生殖能力が欠如しているような他のフレッシュウォープと異なり、ドライダーは自身の種族で出産を行える。
 フレッシュウォープを作成するプロセスは基本クリーチャーにとって危険であり、作成者にとって高価なものである。プロセスの間では、対象は耐え難い痛みを伴い破壊され、2d6ポイントの【耐久力】ダメージを受ける(頑健・DC15・半減)。粘液を構成する試薬は少なくとも10,000gpのコストがかかり、フレッシュウォープ化を促進するのに用いられる、より希少な蟲の標本も、一般市場で買うならば同じだけかかる。
 ドラウは何らかのデーモン・ロードと結んだ猥雑な契約の報酬としてフレッシュウォープ化する恐ろしい技法を学んだとしばしば言われるが、不浄なるプロセスについての知識を授けたデーモン・ロードの詳細は各々の話によって変化する。
 フレッシュウォープ化を理解し使用する他の文化もあるが、そうした文化は古いか、極めて秘密主義か、他文化を嫌う傾向がある。シンスポーン、フレッシュドレッグ、ラミアを基本とした飢えたものが、ドラウでないフレッシュウォープの一例である。

フレッシュウォープ怪物誌 Fleshwarp Bestiary

 ドラウ・フレッシュウォープは新しいフレッシュウォープを発見するために絶えず実験をする。ここに最も一般的なフレッシュウォープのリストがある。
 ドライダー(ドラウ)/Drider:ドライダーは一番最初に、最も多くドラウによって作られたフレッシュウォープ・クリーチャーである。彼らは真に繁殖することが知られている唯一のフレッシュウォープ・クリーチャーである。
 ゴーンヘイティン(トログロダイト)/Ghonhatine:これらのフレッシュウォープはトログロダイトのサイズのほぼ2倍で、はるかに残忍で恐ろしい。
 ゴニッツ(ノーム)/Gomnits:汚いキノコのような人型生物に似ている何かにこのプロセスを受けるノームは変容する。
 グロスラット(人間)/Grothlut:フレッシュウォープの人間は思慮のない、ナメクジのようなものに変成する。
 ガブラスクス(ゴブリン)/Gublasks:フレッシュウォープに変成したゴブリンはキチン質の皮膚を発達させ、腕は鞭状の針へと変成する。
 ハルソラ(ヴェジピグミー)/Halsora:フレッシュウォープ・ヴェジピグミーはよりがっしりしてより強くなり、彼らの沈んだ目は酸の黒い涙を流している。
 イルナクルス(エルフ)/Irnakurse:ドラウは特に嫌っている親類から創ったこれらの触手のある木のような怪物を称揚している。
 ジェイショイ(ハーフリング)/Jashoi:フレッシュウォープ・ハーフリングは腹立たしく、制御が難しい奇怪な犬のような四足の獣となる。結果、滅多にドラウはハーフリングをフレッシュウォープにしない。
 オロンシ(オーク)/Oronci:オロンシはオークの上半身とムカデの下半身を持ち、有毒な唾がある。
 ウルゴシ(オーガ)/Urgoci:オーガの後脚は収縮し幹の痕跡のようなものになる。その前腕は伸び、下半身の痕跡を引っ張るために使われる。たくさんの蛇のような触手が肩と胴部の上側から生え始める。

フレッシュウォープ:ゴーンヘイティン Fleshwarp, Ghonhatine

背中を丸め四つん這いになり忍び寄るこの爬虫類の巨獣はその獲物を睥睨し、突出した歯で荒々しく噛み切る。

ゴーンヘイティン 脅威度10 Ghonhatine

経験点9,600
CE/大型サイズの異形
イニシアチブ -2; 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚〈知覚〉+9
オーラ 強力な悪臭(10フィート、DC24、1d4ラウンド)
防御
AC 24、接触7、立ちすくみ24(+17外皮、-1サイズ、-2【敏】)
hp 162(12d8+108)
頑健 +13、反応 +2、意志 +6
完全耐性 [酸]、クリティカル・ヒット、毒、病気
攻撃
移動速度 40フィート
近接 爪(×2)=+16(1d6+8)、噛みつき=+16(2d6+8)、尾の打撃=+14(1d8+4)
遠隔 吐き戻し=+6(2d6[酸]、加えて“汚穢熱”)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート(尾は15フィート)
特殊攻撃 汚穢熱、むさぼり食らう
一般データ
【筋】27、【敏】7、【耐】28、【知】4、【判】7、【魅】8
基本攻撃 +9; CMB +18(+20突き飛ばし); CMD 26(対突き飛ばし28)
特技 《強打》《渾身の一打》《突き飛ばし強化》《薙ぎ払い》《複数回攻撃》《ふっとばし攻撃》
技能 〈隠密〉+0(地下では+4)、〈知覚〉+9、〈登攀〉+12; 種族修正 +4地下での〈隠密〉
言語 竜語
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 単体または戦隊(2~8)
宝物 なし
特殊能力
 むさぼり食らう(超常)/Feed 死亡状態気絶状態のクリーチャーの体をむさぼることに全ラウンド・アクションを費やすことによってゴーンヘイティンは1d8+9一時的ヒット・ポイントを得て、1分間の間攻撃ロールとダメージ・ロールに+2のボーナスを得る。ヒット・ポイントへのボーナスは【耐久力】に基づいている。
 汚穢熱(変則)/Filth Fever 病気・致傷型; セーヴ 頑健・DC25; 潜伏期間 1d3日; 頻度 1日; 効果 1d3 【敏】ダメージおよび1d3 【耐】ダメージ; 治癒 2回連続のセーヴ成功。このセーヴDCは【耐久力】に基づいている。
 強力な悪臭(変則)/Powerful Stench 怒ったゴーンヘイティンはタール状で、麝香のような化学物質を分泌する。生きているゴーンヘイティン以外の10フィート以内のクリーチャーはDC24の頑健セーヴに成功するか、影響を受けている範囲に残り続ける限り、その後1d4ラウンドの間吐き気がする状態とならなければならない。セーヴをしたクリーチャーは範囲に残り続ける限り不調状態となり、24時間同じゴーンヘイティンの悪臭から再び影響を受けることはない。これは[毒]効果である。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。
 吐き戻し(変則)/Regurgitate ゴーンヘイティンは射程単位20フィートを持つ飛散武器の遠隔攻撃として胃の中身を吐き出すことができる。目標に2d6の[酸]ダメージを与え、全ての隣接したクリーチャーに飛散させる。ダメージを受けることに加え、ゴーンヘイティンの吐き戻しが直接当たった目標は2回のDC24の頑健セーヴを行わなければならず、1回目は汚穢熱の感染に抵抗し、2回目は1分間の吐き気がする状態を避けるためである。吐き気がする状態のクリーチャーは1ガロンの水に浸すことによって手早く終了させることができる。目標に隣接していた全てのクリーチャーは不調状態を避けるためにDC24の頑健セーヴを行わなければならない。一度ゴーンヘイティンがこの能力を使うならば、むさぼり食らうまでこの能力を使うことはできない。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。

 ドラウによってフレッシュウォープ化を強制されたトログロダイトであるゴーンヘイティンはトログロダイトが野蛮な先史時代に何をしていたかもしれないかに耳を傾ける。彼らは身長10フィートを超え(背中を丸めるとおよそ8フィート)、体重は5,000ポンドを上回る。

フレッシュウォープ:グロスラット Fleshwarp, Grothlut

青白く湿気で光るこのナメクジのようなクリーチャーは、唸り声をそのよだれを垂らしている唇から漏らしながら、ぼんやりと見つめている。

グロスラット 脅威度3 Grothlut

経験点800
CE/中型サイズの異形
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉-1
オーラ 哀れなうめき声(30フィート)
防御
AC 13、接触8、立ちすくみ13(+5外皮、-2【敏】)
hp 42(5d8+20)
頑健 +7、反応 -1、意志 +3
完全耐性 [酸]、[精神作用]効果
攻撃
移動速度 20フィート
近接 叩きつけ(×2)=+6(1d6+3)
特殊攻撃 哀れなうめき声、消化液の吐出、悍ましい終焉
一般データ
【筋】15、【敏】6、【耐】18、【知】1、【判】8、【魅】5
基本攻撃 +3; CMB +5; CMD 13(足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《頑健無比》《武器熟練:叩きつけ》
技能 〈登攀〉+10
その他の特殊能力 収縮
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 単体または雑然とした群れ(2~10)
宝物 なし
特殊能力
 消化液の吐出(変則)/Digestive Spew 食物を摂取するために、グロスラットは犠牲者に消化液を最初に吐き出さなければならない。標準アクションとして、5フィート以内のクリーチャー1体にこれらの液体を吐くことができる。この吐出は3d6の[酸]ダメージを与える(反応・DC15・半減)。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。
 悍ましい終焉(変則)/Disgusting Demise グロスラットが0以下のヒット・ポイントとなった時、消化器は破裂し、そのグロスラットの残りの内臓と肉に激しい影響を及ぼす錬金術の薬剤を解き放つ。これはこのクリーチャーから30フィート半径の爆発の範囲内へグロスラットの内臓の破裂を引き起こす。内臓はダメージを与えないが、見ることは悍ましく、臭いは範囲内の生きているクリーチャーに1d4ラウンドの間吐き気がする状態を起こす(頑健・DC14・無効)。これは毒効果である。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。
 哀れなうめき声(超常)/Piteous Moan グロスラットが別のクリーチャーを見るときはいつでも、フリー・アクションとしてうめき声を上げ始める。うめき声を聞くことができる60フィート以内の者はDC15の意志セーヴに成功するか、それを聞くことができる限りうめき声によって不調状態とならなければならない。範囲内に2体の追加のグロスラットがいるたび、DCは1増加し、最大DC18となる。これは[精神作用]、[音波]効果である。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。

 グロスラットはどこか人間の頭部と胴部に似たもの、そして両側に不器用に動くゴム状の腕を持つナメクジのような化物である。他のクリーチャーが視界に入ってくるまで、彼らは考えもなく這い進み、攻撃と食事のために前方へ滑る前に哀れなうめき声をあげる。これらのうめき声は、このクリーチャーの知性の断片が連続的に変成の追体験を強要されることに依って泣き放たれる、かつての人間自身の最後の痕跡である。
 変成がその人間の意識をほぼ根絶やしにしているため、多くの肉体作成者はグロスラットを失敗作と考えている。それに同意せず、クリーチャーの精神歪曲は有用さを増すものである、その愚かさによってより勤勉に、より飼い馴らしやすくなるからだと論じる者もいる。ドラウは一般的に自分たちの飛び地の端をゆっくりと警邏する守護者としてだけグロスラットを使う。しかし一度配置すると、グロスラットは粗雑な突撃部隊として使うことができ、放たれると敵軍を痛めつけ、その後より価値のある戦士が参戦しグロスラットの爆発する器官と肉によって吐き気がする状態となった敵を斬り殺す。

フレッシュウォープ:ハルソラ Fleshwarp, Halsora

この小さな植物のようなクリーチャーには粘着性がある黒い涙を絶えず滴らせる窪んだ眼と万力のような膨らんだ筋肉がある。

ハルソラ 脅威度7 Halsora

経験点3,200
CE/小型サイズの異形
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+19
防御
AC 19、接触13、立ちすくみ17(+6外皮、+1サイズ、+2【敏】)
hp 75(10d8+30)
頑健 +6、反応 +5、意志 +9
DR 5/殴打または斬撃; 完全耐性 [酸]、病気
攻撃
移動速度 30フィート
近接 爪(×2)=+13(1d8+4、加えて“胞子”)
特殊攻撃 急所攻撃+2d6、酸の涙、胞子
一般データ
【筋】19、【敏】14、【耐】17、【知】6、【判】11、【魅】8
基本攻撃 +7; CMB +10; CMD 22
特技 《技能熟練:隠密》《技能熟練:知覚》《強打》《鋼の意志》《武器熟練:爪》
技能 〈隠密〉+25、〈知覚〉+19
言語 ヴェジピグミー語(話せない)、地下共通語
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 単体または徒党(2~6)
宝物 なし
特殊能力
 酸の涙(変則)/Acidic Tears ハルソラの沈んだ目には黒い酸の涙を常に流す嘆き悲しむ特大の涙腺がある。機会攻撃を誘発する標準アクションとして、ハルソラは頭を震わし、20フィート以内の1体のクリーチャーの上へ酸の涙を降らせることができる。そのクリーチャーは2d6の[酸]ダメージを受ける(反応・DC18・半減)。セーヴに失敗したクリーチャーは1d4ラウンドの間か酸を払うまで、ハルソラのターン終了時に追加の1d4ポイントの[酸]ダメージを受ける。酸を払うには、ダメージを受けているクリーチャーか、そのクリーチャーに隣接するクリーチャーの全ラウンド・アクションを必要とする。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。
 胞子(変則)/Spores ハルソラの爪は突然変異したラシット・モールドで覆われている。爪攻撃が当たったクリーチャーはDC18の頑健セーヴに成功するかラウンド毎に2ポイントの【耐久力】ダメージを受けなければならない。各ラウンドに成長を止めるために新しい頑健セーヴを試みることができる。これらの胞子によって【耐久力】が0に減少したクリーチャーは内臓と胞子を撒き散らして爆発する。爆発の範囲内のクリーチャーはDC18の頑健セーヴィング・スローに成功するかハルソラの爪攻撃を受けるかのように影響を受けなければならない。これは病気効果である。セーヴは【耐久力】に基づいている。

 不浄なるフレッシュウォープのプロセスによって変成したヴェジピグミーは二度呪われたクリーチャー、ハルソラとなる。彼らが経験する錬金術の拷問は他のフレッシュウォープが苦しんでいるものと比較して小さい――単にヴェジピグミーの嵩と強さを増し、彼が酸を分泌するように目を変形させるだけである。このプロセスは、宿主となるヴェジピグミーの体内に残存しこれまで不活性であったラシット・モールドにより面白い影響を及ぼす。ハルソラの体内を通して致命的な胞子を作り出すこのカビの変異は、指先を通ってゆっくり排出され、このクリーチャーの爪に群生する。
 酸の涙が流れるのと彼らの沈んだ眼が、これらのクリーチャーをしばしば哀れであるように見えさせるが、彼らは怒りと自己嫌悪の獰猛な塊である。フレッシュウォープ化させた者たちによる調整によって彼らはどのような接触したドラウの敵にも攻撃し感染させるが、彼らの意識に残っているものによって自分たちがもたらす変異した胞子に激怒する。さらに悪いことに、多くのドラウはこれらのクリーチャーを使って他のヴェジピグミーの部族を追い詰め、感染させる。

フレッシュウォープ:イルナクルス Fleshwarp, Irnakurse

奇形の四肢、配置の異常な諸要素、そして内から突き出す骨の破片からなる狂った目をした汚穢は、肉を叩く耳障りな音の中自身の体を引きずっている。

イルナクルス 脅威度9 Irnakurse

経験点6,400
CE/大型サイズの異形
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+15
防御
AC 23、接触12、立ちすくみ20(+11外皮、-1サイズ、+3【敏】)
hp 105(10d8+60)
頑健 +9、反応 +8、意志 +9
攻撃
移動速度 10フィート
近接 噛みつき=+8 14(1d8+7)、触手(×4)=+8(1d6+3、加えて“精神の鞭”)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート(触手は15フィート)
特殊攻撃 かきむしり(2回の触手 2d6+10; 3回の触手 3d6+10; 4回の触手 4d6+10)、魂の叫び
一般データ
【筋】24、【敏】17、【耐】23、【知】8、【判】14、【魅】18
基本攻撃 +7; CMB +15; CMD 28(対足払い32)
特技 《イニシアチブ強化》《神速の反応》《武器熟練:触手》《迎え討ち》《矢止め》
技能 〈隠密〉+12、〈知覚〉+15、〈登攀〉+20
言語 エルフ語(話せない)
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 単体
宝物 なし
特殊能力
 精神の鞭(超常)/Mind Lash イルナクルスに打たれたものは、暗い感情と破棄された生命の腐敗する印象に圧倒される。イルナクルスの触手によって攻撃された悪でないクリーチャーはDC19の意志セーヴに成功するか、1ラウンドの間朦朧状態とならなければならない。セーヴに成功したクリーチャーは24時間同じイルナクルスの精神の鞭の影響を受けることはない。セーヴDCは【魅力】に基づいている。
 魂の叫び(超常)/Soul Scream その激怒と恐怖の全てを1つの不自然な雑音として放出することができ、イルナクルスは標準アクションとして、異界の恐怖の音を放つことができる。叫んでいるイルナクルスから30フィート以内にいる悪でないクリーチャーはDC19の意志セーヴに成功するか、1d4ポイントの【判断力】を吸収されなければならない。叫び声が始まると、イルナクルスは6ラウンドの間フリー・アクションとして継続できるが、その後5分間再び叫ぶことはできない。セーヴDCは【魅力】に基づいている。

 エルフ語で「完璧な人」を意味するイルナクルスは、地表の世界の同胞へのドラウの憎悪の迸りの合計を表している。これらの洗脳された、怒りに満ち溢れた不快なものは、フレッシュウォープ化に服従したエルフの結果である――そしてドラウにしてみれば、エルフ種族の将来の体現である。その体と心が完全に破滅するまで、各々のイルナクルスはダーク・エルフの最も熟達したフレッシュウォープ化させる者の手術を受けている。拷問と変成の数週間が完了するとき、かつてエルフであったものは、優美さを失った金切り声の偽物、再加工された肉と砕けた骨の怪物、ドラウにとっての「完璧な」エルフ、そしてエルフ族の生命に対する罪として現れる。
 彼らを作る冒涜的な拷問を通じて、イルナクルスは完全に狂気に陥り、ドラウを傷つけることができなくなる。しかしながら全てのドラウでない者を恐怖の対象として見、怒り狂う。エルフは特にイルナクルスの怒りを誘う。
 2体のイルナクルスが全く同じに見える事はない――ドラウの拷問人はエルフの犠牲者を、苦悶する独特な傑作に仕上げる事に不敬な誇りを持つ――ほとんどは身長8~9フィートで、体重は少なくとも300ポンドである。