B4 > ナイトゴーント

ナイトゴーント Nightgaunt

このひょろっとした黒檀の人型生物はバットのような翼、角、ものを掴むのに適している長い尾を持つが、顔が欠けている。

ナイトゴーント 脅威度4 Nightgaunt

経験点1,200
CN/中型サイズの人怪他次元界
イニシアチブ +6; 感覚 暗視60フィート、擬似視覚60フィート、全周囲視覚〈知覚〉+6
防御
AC 18、接触13、立ちすくみ15(+1回避、+5外皮、+2【敏】)
hp 37(5d10+10)
頑健 +3、反応 +8、意志 +6
防御能力 無貌; 完全耐性 [冷気]、嗅覚に基づく攻撃、吸入毒、凝視攻撃
攻撃
移動速度 30フィート、飛行40フィート(標準)
近接 爪(×2)=+9(1d6+4、加えて“つかみ”)
特殊攻撃 擽り、把持
一般データ
【筋】18、【敏】15、【耐】14、【知】5、【判】14、【魅】11
基本攻撃 +5; CMB +9(+17組みつき); CMD 22
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《神速の反応》
技能 〈隠密〉+11、〈知覚〉+6、〈飛行〉+7; 種族修正 +4〈隠密〉
言語 アクロ語(話せない)
その他の特殊能力 無呼吸
生態
出現環境 気候問わず/山岳(夢の次元)
編成 単体、2体、小編成(3~12)、または共棲集団
宝物 なし
特殊能力
 把持(変則)/Clutches ナイトゴーントは組みつきの戦技判定に+4の種族ボーナスを持つ。ナイトゴーントが自身と組みつき状態の目標を移動させるために飛行移動を使用するならば、完全な速度で飛行することができる。
 無貌(変則)/Faceless ナイトゴーントには顔がなく、まるでその全身が目であるかのように四方八方を見ることができる。凝視攻撃に対する完全耐性を持つが、機能させるのに視覚に頼る幻術に対する完全耐性は持たない。これは呼吸する必要がなく、全ての吸入されるか嗅覚に基づく効果にも完全耐性を持つ。
 擽り(変則)/Tickle 即行アクションとして、恐ろしい効率で組みつき状態無防備状態の敵を擽るためにナイトゴーントはその尾を使うことができる。目標はDC14の頑健セーヴに成功するか1ラウンドの間吐き気がする状態にならなければならない。セーヴDCは【敏捷力】に基づいている。

 ナイトゴーントは夢で最も深く暗い溝に取りつく。彼らは正気の眠りの端に迫る影として潜むが、いつでも軽率な夢見るものを強奪し、終わりのない悪夢の領域に運び、あらゆる方法で擽る。彼らは身を屈め、やせ衰えた人型生物として現れるが、筋肉質の手足があり注目すべき強さを持っている。その頭から突き出ている真っ黒な皮膚、バットのような翼、長い棘だらけの尾、デーモンのような角があるナイトゴーントは恐るべき敵である――それでも顔の特徴の欠落は本当に悪夢のようである。
 典型的なナイトゴーントは直立すると身長7フィートで体重175ポンドである。
 ナイトゴーントは感情で生きており、絶望、恐怖、神経質な笑いを好む。高い山の上に獲物を運び、感情をかき混ぜるために獲物を擽り、他のモンスターが獲物に忍び寄ることができ、彼らを殺すことのできる遠い場所に犠牲者を降ろし彼らは楽しむ。一部のクリーチャーはナイトゴーントに金を払って守護者として仕えさせるか場所から場所へと運搬させるが、ナイトゴーントは極めて些細な理由で雇い主に反逆する傾向がある。
 多くのナイトゴーントは自身の飢えを睡眠者で満たす以外には興味をほぼ持っておらず、奇妙な愛撫を通じて感情の記憶を共有することでお互いを楽しませるために植民地に集まる。彼らは時折自身の荒涼とした領土で見つけた他のクリーチャーと戦争をする。