MA > 神話特技

神話特技 Mythic Feats

 神話級キャラクターと神話級モンスターは、階梯やランクを得る際に神話特技を得る。これらの特技は神話的な成長の一部としてのみ選択することができ、キャラクターの通常の成長や他のボーナス特技の形で得ることはできない。
 ほとんどの神話特技は、前提条件に神話級ではない特技を必要とする。これらの神話特技は前提条件となる特技の利益を拡張するもので、本当に畏敬の念を起こさせるものだ。キャラクターが神話特技を得るときに必要な前提条件を満たすことが一切できない場合、そのキャラクターは次の階梯やレベルを得る時まで神話特技の選択を遅らせることができる。
 (君の持つ3階梯毎に+1のボーナス、のような)階梯の割合に基づいた神話特技の値は、常にその最低値を1とする。
 この章ではいくつかの非神話級特技も掲載している。これらは昇華の瞬間を未だ得ていないキャラクターがある程度の神話級の力を得られるものであり、そのキャラクターが後で神話級キャラクターになった場合にも効果を及ぼし続ける。

特技の種類

 多くの特技は関連した特別なルールを持つカテゴリに属している。このカテゴリは特技名の後に記載されている。以下の特技の種類が本章に掲載されている。

呪文修正特技

 呪文修正特技により、呪文の使い手は呪文を修正し変化させることができるようになる。これにより呪文は新しい力や効果を得る。一般に、そのような呪文は通常の呪文よりも高いレベルの呪文スロットを必要とする。

神話特技

 神話階梯を持つクリーチャーや神話ランクを持つクリーチャーのみが、これらの特技を修得することができる。キャラクターが神話級でなくなったなら、もはやそれらの特技から利益を得ることはないが、永続的にそれらを失うわけではない。そのクリーチャーが再度神話級になれば、かつて得ていた全ての神話特技を使用することができるようになる。
 多くの神話特技は同名の非神話級特技を拡張する。クリーチャーがある特技の神話版を持つ場合、その特技はそのデータの特技項において、上付き文字で“M”と記載されている。

神話級における呪文修正特技 Mythic and Metamagic Feats

 君は神話特技に呪文修正特技がないことに気付いているだろう。ある意味で呪文の神話版はそれ自身を修正したものであり、そのような呪文発動を強化する多くの神話級能力が存在する。それゆえに呪文修正特技の神話特技に必要性がないのだ。もし君が呪文発動能力をさらに高めたいと望むなら、《神話呪文追加》特技を複数回選択するとよいだろう。
 呪文を発動するための非神話級呪文修正特技の神話特技版もある。《呪文昇華》である。

特技 前提条件 利益
《栄光の印》
Marked for Glory
《頑健無比》《神速の反応》《鋼の意志》のいずれか 活性の使用回数を追加で1つ得る
《神話の相棒》
Mythic Companion
神話クリーチャーでないこと 君は神話クリーチャーと見なされる
神話特技 前提条件 利益
《活性最大化》
Maximize Surge
第6神話階梯 活性を最大化するために神話パワーの使用回数を消費する
《寓話の如き虚像》
Fabulous Figments
《呪文熟練:幻術》 非神話級クリーチャーは君の幻術を見破ることができない
《幸運の活性》
Lucky Surge
《力ある活性》、第3神話階梯 活性を2回ロールし、最も高い結果を用いる
《酒こそ人生》
Drink Is Life
【耐】19、第3神話階梯 アルコールを摂取することで利益を得る
《呪文昇華》
Ascendant Spell
呪文の神話版を模倣する
《神話呪文追加》
Mythic Spell Lore
呪文を発動する能力 神話階梯に等しい数の神話呪文を得る
《神話の規範》
Mythic Paragon
神話能力の効果を決定する際、君の階梯は2だけ高いものと見なされる
《神話の道追加》
Dual Path
第1神話階梯 第二の神話の道から能力を得る
《神話の道能力追加》
Extra Path Ability
第3神話階梯 追加の神話の道能力を得る
《神話パワー追加》
Extra Mythic Power
神話パワーの追加の使用方法を2つ得る
《伝説級チームワーク》
Legendary Teamwork
任意のチームワーク特技2つ チームワーク特技から得られるボーナスの数値を1だけ増加させる
《力ある活性》
Potent Surge
活性の結果に1を加える
《ティタンの一打》
Titan Strike
《素手打撃強化》 君の素手打撃は1サイズだけ大きいかのようにダメージを与える
《勇敢なる跳躍》
Valiant Vault
《駆け抜け攻撃》《騎乗戦闘》〈騎乗〉5ランク 攻撃の際、乗騎が敵を飛び越える
《両手で一飲み》
Two Fisted Drinker
《早抜き》 移動アクションとして2つのポーションもしくは飲料を取り出し、標準アクションとしてその両方を飲むことができる
神話拡張特技 前提条件 利益
《神話アイテム作成》
Mythic Crafter
任意のアイテム作成特技1つ 魔法の神話アイテムを作成する
《欺きの名人》
Deceitful
《欺きの名人》 〈はったり〉判定と〈変装〉判定に追加で+2のボーナス。加えて神話パワーを消費してこれらの判定の1つで出目20をロールしたかのように扱う
《足払い強化》
Improved Trip
《足払い強化》 階梯に基づいたボーナスを足払いに得る
《アンデッド威伏》
Command Undead
《アンデッド威伏》 《アンデッド威伏》を使用する際、神話階梯に応じて意志セーヴが増加する
《アンデッド退散》
Turn Undead
《アンデッド退散》 神話階梯に応じて距離が増加する。さらに君はアンデッドを破壊するために《アンデッド退散》を使用することができる
《アンデッドの支配者》
Undead Master
《アンデッドの支配者》 アンデッドを制御できる数を決定する際、術者レベルに階梯を加える
《威圧演舞》
Dazzling Display
《威圧演舞》 《威圧演舞》をより早く使用でき、神話パワーを消費して恐れ状態にする
《石工の勘強化》
Improved Stonecunning
《石工の勘強化》 ストーン・テル擬似呪文能力として得る
《異種族の祖先》
Racial Heritage
《異種族の祖先》 選択した種族特徴1つを得る
《一撃離脱》
Spring Attack
《一撃離脱》、基本攻撃ボーナス+6 移動の前に1回攻撃を行う
《位置ずらし強化》
Improved Reposition
《位置ずらし強化》 神話階梯に応じて位置ずらしにボーナスを得る
《イニシアチブ強化》
Improved Initiative
《イニシアチブ強化》 神話階梯に応じてボーナスが増加する
《忌まわしき呪術》
Accursed Hex
《忌まわしき呪術》 《忌まわしき呪術》の対象はセーヴを2回ロールし、より低い結果を選択する
《裏技強化》
Improved Dirty Trick
《裏技強化》 神話階梯に応じて裏技にボーナスを得る
《運動能力》
Athletic
《運動能力》 〈水泳〉判定と〈登攀〉判定に追加で+2のボーナス。加えて神話パワーを消費してこれらの判定の1つで出目20をロールしたかのように扱う
《鋭敏感覚》
Alertness
《鋭敏感覚》 〈真意看破〉判定と〈知覚〉判定に追加で+2のボーナス。加えて神話パワーを消費してこれらの判定の1つで出目20をロールしたかのように扱う
《エネルギー放出強化》
Improved Channel
《エネルギー放出強化》 君のエネルギー放出からダメージを受けた非神話級クリーチャーはセーヴを2回ロールし、より悪い結果を選択する
《エネルギー放出の一撃》
Channel Smite
《エネルギー放出の一撃》 エネルギー放出の力に応じて、攻撃にボーナスを得る
《エルフの精密性》
Elven Accuracy
《エルフの精密性》 ボウ類を使用している際、視認困難を無視する
《エレメンタル熟練》
Elemental Focus
《エレメンタル熟練》 DCが増加する。神話パワーを消費して、敵に熟練している呪文に対するセーヴを2回ロールしより悪い結果を選択させる
《エレメンタルの拳》
Elemental Fist
《エレメンタルの拳》 ダメージを増加し、《エレメンタルの拳》の使用回数を増加させる
《エレメンタルへのエネルギー放出》
Elemental Channel
《エレメンタルへのエネルギー放出》 (エレメンタル)の副種別を持つもの全てに効果を及ぼす
《遠射》
Far Shot
《遠射》 神話パワーを消費して射程の増加を無視する
《遠投》
Distance Thrower
【筋】17、《遠投》 武器を通常の間合いで2回投げる
《恐るべき虐殺》
Dreadful Carnage
《恐るべき虐殺》 君の虐殺は神話級でない敵により大きな効果を及ぼす。また君は神話パワーを消費して、敵を怯え状態にする
《快速》
Fleet
《快速》 防具や重量に関係なく、地上移動速度が5フィートだけ増加する
《回避》
Dodge
《回避》 +1の回避ボーナスを得る。神話パワーを消費して、1回の攻撃に対して+10の回避ボーナスを得る
《駆け抜け攻撃》
Ride By Attack
《駆け抜け攻撃》 攻撃が命中した後、その対象に対して追加の攻撃を行う
《軽業師》
Acrobatic
《軽業師》 〈軽業〉判定と〈飛行〉判定に追加で+2のボーナス。加えて神話パワーを消費してこれらの判定の1つで出目20をロールしたかのように扱う
《華麗な美辞麗句》
Rhetorical Flourish
《華麗な美辞麗句》 神話階梯に応じて、〈交渉〉判定に得られるボーナスを増加させる
《頑健無比》
Great Fortitude
《頑健無比》 非神話級のものから生じた頑健セーヴにおいて、2回ロールしてより高い結果を選択する
《感知の熟達》
Detect Expertise
《感知の熟達》 即座に《感知の熟達》の利益を得る
《貫通打撃》
Penetrating Strike
《貫通打撃》 神話階梯に基づき追加でDRを無視する
《貫通突撃》
Charge Through
《貫通突撃》 君が《貫通突撃》を行う際、仲間を無視し蹴散らしを行う
《騎射》
Mounted Archery
《騎射》 乗騎を遮蔽として用いる際、標準アクションとして遠隔武器による攻撃1回を行う
《騎乗蹂躙》
Trample
《騎乗蹂躙》 乗騎は1回ではなく2回の蹄攻撃を行うことができる
《騎乗戦闘》
Mounted Combat
《騎乗戦闘》 神話階梯に基づき、君の乗騎に対する攻撃の命中を追加で何回か無効化する
《機動射撃》
Shot on the Run
《機動射撃》 移動中、1回ではなく2回の攻撃を行う
《技能熟練》
Skill Focus
《技能熟練》 急いでいたり危機が迫っている状況であっても、いつでも出目10もしくは出目20を選択できる
《急所打撃術》
Knockout Artist
《急所打撃術》 素手打撃による非致傷ダメージにおいて、急所攻撃にd8を用いる
《共感高速化》
Fast Empathy
《共感高速化》 即行アクションとして野生動物との共感を使用する
《強行突破》
Mobility
《強行突破》 +4ではなく+6のボーナスを得る。攻撃がミスした際5フィート移動する
《強打》
Power Attack
《強打》 《強打》ダメージは神話階梯に応じて増加する
《器用な指先》
Deft Hands
《器用な指先》 〈装置無力化〉判定と〈手先の早業〉判定に追加で+2のボーナス。加えて神話パワーを消費してこれらの判定の1つで出目20をロールしたかのように扱う
《狂乱集中》
Furious Focus
《狂乱集中》 《狂乱集中》を使用している間、《強打》のペナルティを無視する
《近距離射撃》
Point Blank Shot
《近距離射撃》 《近距離射撃》使用時、さらなるボーナスを得る
《組みつき強化》
Improved Grapple
《組みつき強化》 神話階梯に応じて、組みつきにボーナスを得る
《クリティカル強化》
Improved Critical
《クリティカル強化》、基本攻撃ボーナス+8 クリティカル倍率が1だけ増加する
《クリティカル熟練》
Critical Focus
《クリティカル熟練》 非神話級敵に対して、自動的にクリティカル・ヒットが確定する。フォーティフィケーションによる無効化の確率を抑制する
《クリティカル体得》
Critical Mastery
《クリティカル熟練》《クリティカル体得》 神話階梯に応じて追加のクリティカル特技を使用する
《化身時発動》
Natural Spell
《化身時発動》 自然の化身使用時、呪文完成型もしくは呪文解放型のアイテムを使用する
《蹴散らし強化》
Improved Overrun
《蹴散らし強化》 神話階梯に応じて、蹴散らしにボーナスを得る
《幸運を呼ぶハーフリング》
Lucky Halfling
《幸運を呼ぶハーフリング》 神話階梯に応じてボーナスを得る。神話パワーを使用して、セーヴに成功した際の効果を無効化する
《降下突撃》
Death from Above
《降下突撃》 クリティカル可能域への修正を増加し、高所から突撃した際に足払い戦技を使用する
《高速装填》
Rapid Reload
《高速装填》 全ての武器を通常より早く装填する
《攻防一体》
Combat Expertise
《攻防一体》 追加で+2の回避ボーナスを得る。神話パワーを消費してペナルティを減少する
《ゴルゴンの拳》
Gorgon's Fist
《ゴルゴンの拳》 《ゴルゴンの拳》の目標に凝視攻撃を行う
《渾身の一打》
Vital Strike
《渾身の一打》 《渾身の一打》における全てのダメージに倍率を適用する
《蠍の型》
Scorpion Style
《蠍の型》 神話階梯を持続時間に加えるか、目標にスローの効果を与える
《持久力》
Endurance
《持久力》 神話階梯に応じて判定およびセーヴへのボーナスを増加する
《疾走》
Run
《疾走》 より早くより長い時間疾走する
《忍びの技》
Stealthy
《忍びの技》 〈隠密〉判定と〈脱出術〉判定に追加で+2のボーナス。加えて神話パワーを消費してこれらの判定の1つで出目20をロールしたかのように扱う
《社会的》
Sociable
《社会的》 〈交渉〉へのボーナスが増加するか、アクションなしに通常のボーナスを得る
《修道院の遺産》
Monastic Legacy
《修道院の遺産》 ACボーナスを決定する際、モンクでないクラスのレベルの半分を加える。神話パワーを消費して素手打撃によるダメージとACボーナスを増加する
《出血化クリティカル》
Bleeding Critical
《クリティカル熟練》《出血化クリティカル》 神話階梯に応じて、出血ダメージと止血のためのDCを増加する
《呪文熟練》
Spell Focus
《呪文熟練》 《呪文熟練》および《上級呪文熟練》のDCを増加する
《呪文相殺強化》
Improved Counterspell
《呪文相殺強化》 同じ系統で同じかより高いレベルの呪文であれば呪文相殺に使用できる
《呪文体得》
Spell Mastery
《呪文体得》 全ラウンド・アクションとして選択した呪文を準備できる
《呪文潰し》
Spellbreaker
《呪文潰し》 防御的発動を行う非神話級術者は機会攻撃を誘発する
《上級使い魔》
Improved Familiar
《上級使い魔》 神話階梯に応じて使い魔の能力が強化される
《招来クリーチャー強化》
Augment Summoning
《招来クリーチャー強化》 招来したクリーチャーを神話級と見なす
《自力生存》
Self-Sufficient
《自力生存》 〈生存〉判定と〈治療〉判定に追加で+2のボーナス。加えて神話パワーを消費してこれらの判定の1つで出目20をロールしたかのように扱う
《神官戦士》
Warrior Priest
《神官戦士》 神話階梯に応じてイニシアチブ判定と精神集中判定へのボーナスが増加する
《神聖なる干渉》
Divine Interference
《神聖なる干渉》 敵の攻撃ロールに対するペナルティを2~3倍する
《神速の反応》
Lightning Reflexes
《神速の反応》 非神話級のものから生じた反応セーヴにおいて、2回ロールしてより高い結果を選択する
《神託者の声》
Voice of the Sibyl
《神託者の声》 神話階梯に応じて、〈芸能:朗誦〉〈交渉〉〈はったり〉技能のボーナスが増加する
《救いの盾》
Saving Shield
《救いの盾》 攻撃を無効化した際、攻撃した相手は機会攻撃を誘発する
《素手打撃強化》
Improved Unarmed Strike
《素手打撃強化》 神話階梯に応じてダメージへボーナスを得る。神話パワーを消費して硬度を無視する
《素早い移動》
Nimble Moves
《素早い移動》 神話階梯に応じた数の移動困難な地形を無視する
《説得力》
Persuasive
《説得力》 〈威圧〉判定と〈交渉〉判定に追加で+2のボーナス。加えて神話パワーを消費してこれらの判定の1つで出目20をロールしたかのように扱う
《選択的エネルギー放出》
Selective Channeling
《選択的エネルギー放出》 対象から外したクリーチャーの数に応じて、エネルギー放出の効果を増加させる
《速射》
Rapid Shot
《速射》 -2のペナルティを無視するか、追加で2回の攻撃を行う
《代用武器の巧み》
Catch Off-Guard
《代用武器の巧み》 代用武器を用いたダメージに階梯を加える
《耐え忍ぶ英雄》
Heroic Defiance
《耐え忍ぶ英雄》 1日1回、有害な状態や苦痛の発現を無効化しようと試みることができる
《鷹の目》
Eagle Eyes
《鷹の目》 距離による〈知覚〉へのペナルティを無視する
《盾熟練》
Shield Focus
《盾熟練》 盾ボーナスと盾への強化ボーナスを接触ACに加える
《盾のぶちかまし》
Shield Slam
《盾のぶちかまし》 壁や他の障害物にぶつけることで追加のダメージを与える
《束ね射ち》
Manyshot
《束ね射ち》 一度目と二度目の攻撃で2本の矢を放つ
《力強き化身》
Powerful Shape
《力強き化身》 自然の化身にジャイアント単純テンプレートを適用する
《力強き再起》
Strong Comeback
《力強き再起》 再ロールの際、2回ロールしてより高い結果を選択する
《致命的な狙い》
Deadly Aim
《致命的な狙い》 ダメージ・ボーナスを増加する
《追加hp》
Toughness
《追加hp》 ヒット・ポイントを2倍得る。0ヒット・ポイントを下回るとDR10/エピックを得る
《杖による足払い》
Tripping Staff
《杖による足払い》 足払いに対するCMDは神話階梯に応じて増加する。君に足払いを試みて失敗したものは、君からの機会攻撃を誘発する
《突き落とし》
Unseat
《突き落とし》 《突き落とし》の際、目標は神話階梯に応じて落下ダメージを受ける
《突き飛ばし強化》
Improved Bull Rush
《突き飛ばし強化》 神話階梯に応じて突き飛ばしにボーナスを得る
《抵抗破り》
Spell Penetration
《抵抗破り》 神話階梯の半分を呪文抵抗を破るための術者レベル判定に加える
《手ひどい一打》
Deadly Stroke
《手ひどい一打》 神話パワーを消費して、非神話級目標を即座に殺す
《動物の友》
Animal Affinity
《動物の友》 〈騎乗〉判定と〈動物使い〉判定に追加で+2のボーナス。加えて神話パワーを消費してスピーク・ウィズ・アニマルズを使用する
《薙ぎ払い》
Cleave
《薙ぎ払い》 間合いの中にいれば、場所にかかわらずどの敵でも追加の《薙ぎ払い》を行える
《二刀のかきむしり》
Two Weapon Rend
《二刀のかきむしり》 かきむしりによるダメージは2d8+【筋力】修正値の2倍に増加する
《二刀の守り》
Two Weapon Defence
《二刀の守り》 盾ボーナスに武器の強化ボーナスを適用する
《二刀流》
Two Weapon Fighting
《二刀流》 神話パワーを消費してペナルティを無視する
《任意呪文修正》
Spontaneous Metafocus
《任意呪文修正》 毎朝この特技を適用する呪文を変更する
《盗み取り強化》
Improved Steal
《盗み取り強化》 神話階梯に応じて盗み取りにボーナスを得る
《熱情の音楽》
Fire Music
《熱情の音楽》 《熱情の音楽》は神話階梯に応じた[火]に対する抵抗を無視する
《ノームの奇術師》
Gnome Trickster
《ノームの奇術師》 追加で擬似呪文能力を得る。ノームの擬似呪文能力をより頻繁に使用できる
《鋼の意志》
Iron Will
《鋼の意志》 非神話級のものから生じた意志セーヴにおいて、2回ロールしてより高い結果を選択する
《発動妨害》
Disruptive
《発動妨害》 機会攻撃範囲の中における防御的呪文発動のDCを増加させる
《早抜き》
Quick Draw
《早抜き》 フリー・アクションとしていかなるアイテムも取り出すことができ、神話パワーを消費することでアイテムを2つ取り出す
《針の目を通す狙い》
Pinpoint Targeting
《針の目を通す狙い》 移動した後であっても《針の目を通す狙い》を使用する
《反撃の構え》
Strike Back
《反撃の構え》 待機アクションの目標へ移動して攻撃する
《万能投擲術》
Throw Anything
《万能投擲術》 代用投擲武器や飛散武器を用いた攻撃ロールとダメージ・ロールに+2のボーナスを得る
《引きずり強化》
Improved Drag
《引きずり強化》 神話階梯に応じて引きずりにボーナスを得る
《秘術使いの鎧訓練》
Arcane Armor Training
《秘術使いの鎧訓練》 即行アクションを用いることなくこの特技の利益を得る
《秘術の遺産》
Eldritch Heritage
《秘術の遺産》 さらなる血脈の力を得る
《秘術の打撃》
Arcane Strike
《秘術の打撃》 《秘術の打撃》は1分間持続する。神話パワーを消費することで、魔法の武器の特殊能力を得る
《秘術の盾》
Arcane Shield
《秘術の盾》 《秘術の盾》によるボーナスに神話階梯の半分を加える。神話パワーを消費して《秘術の盾》の持続時間を伸ばす
《秘術の奔流》
Arcane Blast
《秘術の奔流》 足払いや突き飛ばしを行うことによるダメージを半減する
《卑劣なとどめ》
Dastardly Finish
《卑劣なとどめ》 幻惑状態あるいはよろめき状態の非神話級敵に、とどめの一撃を行う
《武器落とし強化》
Improved Disarm
《武器落とし強化》 神話階梯に応じて武器落としにボーナスを得る
《武器開眼》
Weapon Specialization
《武器開眼》 神話階梯に応じてダメージ・ロールのボーナスが増加する
《武器熟練》
Weapon Focus
《武器熟練》 攻撃ロールにおけるボーナスを2倍にする。神話パワーを消費することでより高いボーナスを得る
《武器の妙技》
Weapon Finesse
《武器の妙技》 攻撃ロールとダメージ・ロールの両方に【敏捷力】ボーナスを用いる
《武器破壊強化》
Improved Sunder
《武器破壊強化》 神話階梯に応じて武器破壊にボーナスを得る
《物質要素省略》
Eschew Materials
《物質要素省略》 費用のかかる物質要素を用いることなく呪文を発動する
《踏み込み》
Lunge
《踏み込み》 《踏み込み》を使用した攻撃が命中したなら、そのクリーチャーに対するACにペナルティを受けない
《防御崩し》
Shatter Defenses
《防御崩し》 すべての攻撃において目標は立ちすくみ状態となる
《防御的戦闘訓練》
Defensive Combat Training
《防御的戦闘訓練》、第4神話階梯 CMDに神話階梯の半分を加える
《魔女のナイフ》
Witch Knife
《魔女のナイフ》 守護者呪文だけではなく、全ての呪文の焦点具として《魔女のナイフ》を使用できる
《魔法の才》
Magical Aptitude
《魔法の才》 〈呪文学〉判定と〈魔法装置使用〉判定に追加で+2のボーナス。加えて神話パワーを消費してこれらの判定の1つで出目20をロールしたかのように扱う
《導きの手》
Guided Hand
《導きの手》 神格の好む武器によるダメージに、【筋力】や【敏捷力】の代わりに【判断力】ボーナスを適用する
《迎え討ち》
Combat Reflexes
《迎え討ち》 機会攻撃を何回でも行える
《無視界戦闘》
Blind-Fight
《無視界戦闘》 神話パワーを消費して視認困難による失敗確率を無視する
《メドゥサの怒り》
Medusa's Wrath
《メドゥサの怒り》 敵をよろめき状態にするため、攻撃を1回行う
《猛突撃》
Spirited Charge
《猛突撃》 君の騎乗突撃の目標はよろめき状態となる
《朦朧化打撃》
Stunning Fist
《朦朧化打撃》 神話階梯に応じて《朦朧化打撃》のDCが増加する
《野獣の化身》
Aspect of the Beast
《野獣の化身》 新しく強力な形で《野獣の化身》が顕現する
《矢つかみ》
Snatch Arrows
《矢つかみ》 割り込みアクションとして、つかんだ投擲武器で近接攻撃を行う
《矢止め》
Deflect Arrows
《矢止め》 止められる攻撃回数を追加する。神話パワーを消費して光線をそらす
《闇を見通す目》
Deepsight
《闇を見通す目》 暗視は神話階梯毎に10フィート伸びる
《矢を弾く盾》
Missile Shield
《矢を弾く盾》 神話階梯の半分に等しい数の遠隔攻撃をそらす
《預言者の先見》
Prophetic Visionary
《預言者の先見》 回数無制限でオーギュリイを使用する
《蘇る英雄》
Heroic Recovery
《蘇る英雄》 神話パワーを消費して、状態や苦痛に対するセーヴを再度行う
《来訪者へのエネルギー放出》
Alignment Channel
《来訪者へのエネルギー放出》 選択した属性の副種別を持つクリーチャーではなく、選択した属性のクリーチャーに対してエネルギー放出が効果を及ぼす
《腕力による威圧》
Intimidating Prowess
《腕力による威圧》 神話階梯に応じて、非神話級クリーチャーに対する〈威圧〉にボーナスを得る

特技の説明 Feat Descriptions

 神話特技は上記の表にまとめられている。特技の前提条件と利益は閲覧の利便性のため省略されていることに注意すること。詳細に関しては特技のそれぞれの説明を参照されたい。
 以下に、特技の説明書式を示す。
 特技名:特技の名前と、あればその属するサブカテゴリーを()で示す。さらに、その特技で何ができるかの簡単な説明が続く。
 前提条件:キャラクターがこの特技を修得するために持っていなければならない最低限の能力値、別の特技、最低限の基本攻撃ボーナス、技能ランクなどを示す。もしなにも前提条件がなければ、この項は存在しない。複数の前提条件を持つ特技も存在する。神話級キャラクターもしくは神話級モンスターであることは、常に神話特技の前提条件である。
 利益:その特技によって、キャラクター(特技の説明文では“君”と記述される)ができるようになること。同じ特技を複数回取得しても、その特技の説明に累積すると明記されていなければ、その利益は累積しない。
 通常:キャラクターがその特技を持っていない場合、行動にどんな制限を受けるか、あるいは何ができないか。その特技を持っていないことで特に不利益が発生しないなら、この項目はない。
 特殊:その特技に関する追加の普通でない事項。

《栄光の印》 Marked for Glory

 君はありふれた冒険者や単なる定命のものの理解を超えた栄光を掴む運命にある。
 前提条件《頑健無比》《神速の反応》《鋼の意志》のいずれか。
 利益:君は活性能力を1日に1回使用できる(1d6を加える)。君が既に神話級か神話級になったなら、君は1日に追加で1回活性を使用することができる。

《活性最大化》(神話) Maximize Surge

 喫緊に必要な時に、君は自らの神話パワーを燃やして成功を確かなものとすることができる。
 前提条件:第6神話階梯。
 利益:1日1回君が活性を使用する際、君は神話パワーの使用回数を2回分消費することで、活性のダイスで最大の出目が出たものとして扱うことができる。
 特殊:君はこの特技を複数回修得できる。修得するたびに、この特技の1日の使用回数を追加で1回得る。

《寓話の如き虚像》(神話) Fabulous Figments

 君の幻術は現実と見まごうばかりだ。
 前提条件《呪文熟練:幻術》
 利益:非神話級クリーチャーは君の幻術呪文を〈呪文学〉を用いて看破することはできない。これにはアーケイン・サイトディテクト・マジック、その他の類似の効果の一部として得られる判定も含まれる。神話級クリーチャーが君の幻術を看破しようとした時、その〈呪文学〉判定のDCに君の階梯を加える。神話級クリーチャーは君の幻術が現実のものではない言を仲間に伝えることで、看破するための意志セーヴに+2のボーナスしか得ない。非神話級クリーチャーは看破する際にボーナスを得ない。

《幸運なる活性》(神話) Lucky Surge

 君の活性は確率に逆らう。
 前提条件《力ある活性》、第3神話階梯。
 利益:君が活性能力を使用する際、活性のダイスを2回ロールしてより高い結果を選択することができる。君が既に活性のダイスを2回ロールしてより高い結果を選択することができるなら、活性のダイスを3回ロールして最も高い結果を選択する。

《酒こそ人生》(神話) Drink Is Life

 強い酒は君の中で神話級の炎を燃え上がらせる。
 前提条件:【耐】19、第3神話階梯。
 利益:君は魔法のものでないアルコールを摂取することでペナルティを受けることはない。君は移動アクションではなく即行アクションを用いてアルコール飲料を飲み干すことができる。アルコール飲料を飲み干すたびに、君はポリパーパス・パナシーアPathfinder RPG Ultimate Magic 232)の利益の1つを得ることができる。君は同時にこの利益の1つだけしか得ることはできない。アルコール飲料を飲んでいる間に神話パワーの使用回数を1回消費するならば、君は能力値ダメージを2ポイント回復するか、能力値1つへの一時的なペナルティを無効化するか、以下の状態のいずれか1つを取り除くことができる:恐れ状態怯え状態過労状態混乱状態吐き気がする状態病気疲労状態不調状態よろめき状態

《呪文昇華》(呪文修正) Ascendant Spell

 君は非神話級の力を使用して神話呪文を模倣する術を学んだ。
 利益:君はその呪文の神話版を模倣するように、呪文1つを変換することができる。《呪文昇華》された呪文はその呪文の神話版を用いるが、君が神話級クリーチャーでない限り、その呪文に作用する効果に対する目的においては、神話呪文とは見なさない。君はこの神話呪文を修正した呪文を使用することはできないし、(例え君が神話パワーを使用することができたとしても)神話パワーの使用回数を消費する必要のある呪文の効果を使用することもできない。《呪文昇華》された呪文はその呪文の本来のレベルよりも5レベル高い呪文スロットを使用する。

《神話アイテム作成》(神話) Mythic Crafter

 君は魔法の神話アイテムを作成することができる。
 前提条件:何らかのアイテム作成特技。
 利益:君は前提を満たしたアイテム作成特技を持つ、全ての魔法の神話アイテムを作成することができる。加えて、君は非神話級魔法のアイテムを作成する際、技能判定に+5のボーナスを得る。

《神話呪文追加》(神話) Mythic Spell Lore

 君は呪文の力を解き放ち、神話パワーと組み合わせる術を学んだ。
 前提条件:呪文を発動する能力。
 利益:君は神話階梯に等しい数の神話呪文を修得する。また、神話呪文の結果を高めるために神話パワーを消費することができる。神話呪文を選択するためには、その呪文の非神話級版を発動することができるか、その呪文の非神話級版が修得している呪文の一覧に含まれていなければならない。新しい神話階梯を得るたびに、君は追加で神話呪文を1つ選択することができる。
 特殊:君はこの特技を複数回選択することができる。この特技を選択するたびに、異なる呪文を選択しなければならない。

《神話の相棒》 Mythic Companion

 神話級たる本質を持たずとも、君は偉大なる神話の世界の要素を備えている。
 前提条件:神話級であってはならない。
 利益:神話呪文や神話効果が君に影響を及ぼすかどうかを考慮する際、君は神話クリーチャーと見なされる。君が神話級になった場合でさえ、神話呪文や神話効果に対する全てのセーヴに+1のボーナスを得る。

《神話の規範》(神話) Mythic Paragon

 君の神話パワーは他の神話級存在のほとんどよりも遥かに強力だ。
 利益:君の階梯は神話能力、神話特技、神話呪文の効果を決定する際に本来より2だけ高いものとして扱う。この効果を得ても、君は本来取得するために必要な値よりも低い神話階梯で神話能力や神話呪文の上位版を使用できるようになるわけではない。また、神話パワーの追加の使用回数を得ることもなく、活性のダイスに影響を与えることもない。

《神話の道追加》(神話) Dual Path

 君は2つの神話の道に従う。
 前提条件:第1神話階梯。
 利益:昇華の瞬間に選択した神話の道以外の神話の道を1つ選択すること。君はその神話の道の第1神話階梯能力(アークメイジの秘奥ガーディアンの求め信仰の活性チャンピオンの打撃トリックスターの武技マーシャルの指令のいずれか)を得る。神話の道能力を得るたびに、君はいずれかの神話の道に属する神話の道能力の一覧か、共通神話の道能力の一覧から神話の道能力を選択することができる。

《神話の道能力追加》(神話) Extra Path Ability

 君は授かっている神話パワーを超えた力を呼び起こすことができる。
 前提条件:第3神話階梯。
 利益:君の神話の道にある神話能力か汎用神話の道能力から1つを選択する。君はその前提条件を満たしていなければならない。君はその神話の道能力を得る。

《神話パワー追加》(神話) Extra Mythic Power

 君は神話階梯で通常得られる以上の神話パワーを有することができる。
 利益:君は毎日の神話パワーの使用回数を追加で2回得る。

《力ある活性》(神話) Potent Surge

 君の活性はずっと強力だ。
 利益:君が活性能力を使用する際、活性の結果に1を加える。

《ティタンの一打》(神話) Titan Strike

 君の拳はティタンの如き敵にも振り下ろすことができる。
 前提条件《素手打撃強化》(神話)
 利益:君の素手打撃は君が1サイズ大きいかのようにダメージを与える。君は自分よりも大きい目標に対して、サイズの差毎に+1のボーナスを得る。このボーナスは以下のものに与えられる:突き飛ばし、引きずり、組みつき、蹴散らし、武器破壊、足払いの戦技判定。《朦朧化打撃》のDC。

《伝説級チームワーク》(神話) Legendary Teamwork

 君と君の仲間は素晴らしい連携を取りながら戦う。
 前提条件:任意のチームワーク特技2つ。
 利益:チームワーク特技から得られる定数のボーナスは1だけ増加する。この効果は、変化するボーナスや、数字によるボーナスを与えない効果(機会攻撃、移動、他の追加のアクションなど)には適用されない。

《勇敢なる跳躍》(神話) Valiant Vault

 君の乗騎は英雄的な跳躍を行うことができる。
 前提条件《駆け抜け攻撃》《騎乗戦闘》〈騎乗〉5ランク。
 利益:君の乗騎が跳躍するために〈軽業〉を使用する際、常に助走しているものと見なされる。君は神話パワーを1回使用することで、乗騎の行う1回の〈軽業〉判定に+10のボーナスを与えることができる。この判定が跳躍のために行われるならば、そのボーナスは+20になる。
 騎乗して突撃を行う際、君は起点から突撃の目標の間にいる敵を飛び越えるよう、乗騎に指示することができる。突撃の間に君が〈騎乗〉判定を、君の乗騎が〈軽業〉判定を行うこと。この結果のいずれか低い方を用いて、〈騎乗〉技能の障害跳びのルールを適用する。飛び越えようとするクリーチャーの身長を超える障害を飛び越える高さを跳躍できたならば、君はそれを飛び越え、その向こう側に着地して突撃を続ける。この移動は機会攻撃を誘発する。また、君は《駆け抜け攻撃》を行っている間に目標を飛び越えることができ、それにより敵の接敵面に入り込んだりすり抜けたりして、その向こう側に移動を続けることができる。跳躍が目標の高さを超えたならば、高い場所からの攻撃のため、君は攻撃ロールに+1のボーナスを得る。また君の味方がその目標を機会攻撃範囲に収めているならば、君は《駆け抜け攻撃》においてその目標を挟撃しているものとして扱う。

《両手で一飲み》(神話) Two-Fisted Drinker

 君は驚くほどの勢いで飲料を飲み干すことができる。
 前提条件《早抜き》
 利益:君は移動アクションとして、2つのポーションもしくは他の飲み物――ありふれたものでも魔法のものでもよい――を、ベルトポーチや弾帯、同様の容器(ただし背負い袋は不可)から取り出すことができる。標準アクションとして、君は2つのポーションもしくは他の飲み物を飲み干すことができる。この特技を使用するには、何にも占められていない手が2つ必要となる。

《欺きの名人》(神話) Deceitful

 君の欺きの力は他に比べるものがないほどだ。
 前提条件《欺きの名人》
 利益《欺きの名人》による〈はったり〉および〈変装〉技能判定へのボーナスは2だけ増加する。加えて、君は神話パワーの使用回数を1回分消費することで、〈はったり〉もしくは〈変装〉判定において、出目20をロールしたかのように扱うことができる。この能力を使用するかどうかは、ロールの前に決定しなければならない。

《足払い強化》(神話) Improved Trip

 君は敵を転ばせることに熟達している。
 前提条件《足払い強化》
 利益:君は足払いの判定と敵が君に対して行う足払いに対するCMDに対して、自分の神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。
 さらに、そのクリーチャーもこの特技を修得していない限り、君は自身に対して足払いを試みるいかなるクリーチャーに対しても機会攻撃を行うことができる。

《アンデッド威伏》(神話) Command Undead

 君のアンデッド制御はほとんど絶対的だ。
 前提条件《アンデッド威伏》
 利益:君が《アンデッド威伏》を行う際、意志セーヴのDCは君の階梯の半分だけ増加する。また、知性のあるアンデッドは最初に威服に対するセーヴを試みた後に追加のセーヴを得ることができない。君の支配しているアンデッドに対して非神話級クリーチャーが《アンデッド威伏》を試みても、自動的に失敗する。また、君はアンデッドの制御を奪おうとする神話級クリーチャーの試みを抑止するために行う【魅力】判定に+4のボーナスを得る。

《アンデッド退散》(神話) Turn Undead

 君の信仰エネルギーの力はアンデッドを逃亡させるだけでなく、その拠って立つ場所を破壊してしまう。
 前提条件《アンデッド退散》
 利益:君が《アンデッド退散》を使用する際、その間合いは神話階梯毎に10フィートだけ増加する。また非神話級アンデッドは君の階梯に等しいペナルティをセーヴィング・スローに被る。
 君は神話パワーを1回分消費することで、《アンデッド退散》を使用してアンデッドを破壊することができる。逃亡する代わりに、セーヴに失敗したアンデッドは破壊される可能性がある。君は神話階梯毎に2d4ヒット・ダイスまでのアンデッドを破壊する。最も小さいHDのアンデッドが最初にこの効果を受ける。HDが等しいアンデッドの中では、爆発の起点に最も近いものが最初に影響を受ける。HDが9以上のアンデッドはこの効果を受けず、アンデッドに影響を与えなかったHDは無駄になってしまう。

《アンデッドの支配者》(神話) Undead Master

 恐るべき神話的な本質により、君はアンデッドを凌駕する比類の無い力を持つ。
 前提条件《アンデッドの支配者》
 利益:君がアニメイト・デッドを発動したり《アンデッド威伏》特技を使用したりする際、君が作り出すアンデッドのヒット・ダイスの総数を決定する際に用いる術者レベルに階梯を加える。これは《アンデッドの支配者》による術者レベルの増加と累積する。君がコマンド・アンデッドを発動する際、持続時間は2倍でなく3倍となる。

《威圧演舞》(神話) Dazzling Display

 君は武威を用いて、あっという間に他人の士気をくじけさせる。
 前提条件《威圧演舞》
 利益《武器熟練》を持つ武器を装備する間、君は標準アクションとして〈威圧〉判定に-5のペナルティを受けて《威圧演舞》を使用することができる。あるいは移動アクションとして-10のペナルティを受けるか、即行アクションとして-20のペナルティを受けるかしてこの特技を使用することもできる。君は《威圧演舞》を使用する際に神話パワーを1回分消費することで、この演舞の目標を怯え状態ではなく恐れ状態にすることができる。

《石工の勘強化》(神話) Improved Stonecunning

 近くで耳を傾ければ、君は石の秘密を聞くことができる。
 前提条件《石工の勘強化》
 利益:君は擬似呪文能力としてストーン・テルを1日に1回使用できる。術者レベルは自分の神話階梯の2倍に等しい。

《異種族の祖先》(神話) Racial Heritage

 君の異種族の血統は神話パワーと混じり合い、より顕著なものとなった。
 前提条件《異種族の祖先》
 利益:君は神話特技でない《異種族の祖先》を修得した際に選択した種族から、種族特性を1つ選択して得る。この種族特性は君のサイズや能力値を変更することはできない。君は(もしあれば)その種族の種族言語のうち、君がまだ知らない言語を1つ得る。複数の種族言語を持つ種族の場合、その全てを得る。

《一撃離脱》(神話) Spring Attack

 君は戦場を縦横無尽に闊歩する。刃の旋風はわずかに見えるのみ。
 前提条件《一撃離脱》、基本攻撃ボーナス+6。
 利益《一撃離脱》を使用する際、君は最初の攻撃を行う前に10フィート移動する必要がなくなる。《一撃離脱》を開始する際に神話パワーの使用回数を1回分消費することで、君が《一撃離脱》の間に行う移動は機会攻撃を誘発しなくなる。

《位置ずらし強化》(神話) Improved Reposition

 君は望む場所へ正確に敵を動かす。
 前提条件《位置ずらし強化》
 利益:君は位置ずらし戦技を試みるための判定と自分に対して行われる位置ずらし戦技の試みに対するCMDに、自分の神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスは《位置ずらし強化》で得られるボーナスと累積する。
 加えて、そのクリーチャーもこの特技を有していない限り、君は自分に対して位置ずらしを試みるクリーチャーに対して機会攻撃を行うことができる。

《イニシアチブ強化》(神話) Improved Initiative

 君は素早く、確信を持って緊張の中に飛び込んでいく。
 前提条件《イニシアチブ強化》
 利益《イニシアチブ強化》によるイニシアチブ判定へのボーナスは、君の階梯の値だけ増加する。このボーナスは《イニシアチブ強化》によるボーナスと累積する。加えて、イニシアチブをロールする代わりに神話パワーを1回分消費することで、出目20をロールしたものとして扱うことができる。

《忌まわしき呪術》(神話) Accursed Hex

 君の呪術は効果を及ぼし続けながら広がっていく。
 前提条件《忌まわしき呪術》
 利益:君が一度呪術の目標となったクリーチャーを目標として《忌まわしき呪術》を使用する際、そのクリーチャーはセーヴィング・スローを2回ロールし、より低い結果を選択しなければならない。

《裏技強化》(神話) Improved Dirty Trick

 君は卑劣な戦い方の達人だ。
 前提条件《裏技強化》
 利益:君は裏技戦技を試みるための判定と自分に対して行われる裏技戦技の試みに対するCMDに、自分の神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスは《裏技強化》で得られるボーナスと累積する。
 加えて、そのクリーチャーもこの特技を有していない限り、君は自分に対して裏技を試みるクリーチャーに対して機会攻撃を行うことができる。

《運動能力》(神話) Athletic

 君は肉体的な能力を用いた行為において、他人よりはるかに優れている。
 前提条件《運動能力》
 利益《運動能力》による〈水泳〉および〈登攀〉技能判定へのボーナスは2だけ増加する。加えて、君は神話パワーの使用回数を1回分消費することで、〈水泳〉もしくは〈登攀〉判定において、出目20をロールしたかのように扱うことができる。この能力を使用するかどうかは、ロールの前に決定しなければならない。

《鋭敏感覚》(神話) Alertness

 君の知覚能力はいかなる人をも上回っている。君が周囲や他人の意図に注意を払っていたかどうかは、この事実を覆さない。
 前提条件《鋭敏感覚》
 利益《鋭敏感覚》による〈真意看破〉および〈知覚〉技能判定へのボーナスは2だけ増加する。加えて、君は神話パワーの使用回数を1回分消費することで、〈真意看破〉もしくは〈知覚〉判定において、出目20をロールしたかのように扱うことができる。この能力を使用するかどうかは、ロールの前に決定しなければならない。

《エネルギー放出強化》(神話) Improved Channel

 エネルギーの神聖な導管として、君には他に並ぶものがない。
 前提条件《エネルギー放出強化》
 利益:君のエネルギー放出からダメージを受ける非神話級クリーチャーは、セーヴィング・スローを2回ロールしてより低い結果を選択しなければならない。

《エネルギー放出の一撃》(神話) Channel Smite

 君の武器は神聖なエネルギーを伝える。
 前提条件《エネルギー放出の一撃》
 利益《エネルギー放出の一撃》を使用する際、君はエネルギー放出クラス特徴により与えられたd6の数に等しいボーナスを攻撃ロールに得る。これは(正のエネルギー放出ならば)清浄ボーナスもしくは(負のエネルギー放出ならば)不浄ボーナスである。君の攻撃が目標に命中しなかった場合、君はフリー・アクションとして神話パワーを1回分消費することで、エネルギー放出を解き放つことができる。これはエネルギー放出クラス特徴の通常の効果を及ぼし、君が一撃を与えようとしたクリーチャーを中心とする。

《エルフの精密性》(神話) Elven Accuracy

 君のエルフの視界は視認困難を見通す。
 前提条件《エルフの精密性》
 利益:君が(コンポジット・ボウを含む)ショートボウもしくはロングボウを用いて攻撃を行う際、視認困難を無視することができる。ただし完全視認困難を無視することはできない。君は依然として完全視認困難による失敗確率の影響を受けるが、完全視認困難のために攻撃が外れた場合、君は《エルフの精密性》通りに失敗確率を再ロールすることができる。

《エレメンタル熟練》(神話) Elemental Focus

 君の元素呪文は強力で効果的だ。
 前提条件《エレメンタル熟練》
 利益:君が《エレメンタル熟練》を取得しているエネルギー種別から1つを選択する。《エレメンタル熟練》および《上級エレメンタル熟練》により、選択したエネルギー種別の呪文に与えられるセーヴDCの増加量は1だけ増加する。このエネルギー種別の補足説明を持つ呪文を発動する際、君は神話パワーを1回分消費することで、呪文の目標にセーヴィング・スローを2回ロールさせ低い結果を選択させることができる。

《エレメンタルの拳》(神話) Elemental Fist

 素手打撃を通して元素の力を注ぐ君の能力は、恐ろしいほど強力だ。
 前提条件《エレメンタルの拳》
 利益《エレメンタルの拳》による追加エネルギー・ダメージは1d8ポイントだけ増加する。さらに君は1日に神話階梯ごとに1回、追加で《エレメンタルの拳》の使用回数を得る。君は割り込みアクションとして神話パワーを1回分消費することで、君の次のターンの開始までに行われる素手打撃全てに《エレメンタルの拳》による追加ダメージを加える事ができる。この追加ダメージは、現在の行動において行う攻撃の回数に関わりなく適用される。

《エレメンタルへのエネルギー放出》(神話) Elemental Channel

 エレメンタル存在を凌駕する君の力はほとんど絶対的だ。
 前提条件《エレメンタルへのエネルギー放出》
 利益:君の《エレメンタルへのエネルギー放出》は、《エレメンタルへのエネルギー放出》を取得したときに選択した1種別だけではなく、(エレメンタル)の副種別を持つものいずれかに効果を及ぼす。君が《エレメンタルへのエネルギー放出》を使用するたびに、この特技を使用する前に(エレメンタル)の副種別から1つを選択しなければならない。君は神話パワーを1回分消費することで、《エレメンタルへのエネルギー放出》が効果を及ぼす(エレメンタル)の副種別の2つ目を選択することができる。

《遠射》(神話) Far Shot

 君は特筆すべき正確さで、遠方からの攻撃を行う。
 前提条件《遠射》
 利益:即行アクションとして神話パワーを1回分消費することで、君は自分のターンの終了まで遠隔攻撃に射程単位によるペナルティを全て無視することができる。

《遠投》(神話) Distance Thrower

 君の強力な投擲術の前では、事実上限界などは存在しない。
 前提条件:【筋】17、《遠投》
 利益:君が装備した投擲武器は通常の2倍の有効距離を持つ。

《恐るべき虐殺》(神話) Dreadful Carnage

 君の殺害するさまは見るものを真に恐れさせる。
 前提条件《恐るべき虐殺》
 利益《恐るべき虐殺》を使用する際、30フィート以内にいる全ての敵に加えて、君は60フィート以内にいる非神話級敵に効果を及ぼす。君は《恐るべき虐殺》を用いて敵の士気をくじくために〈威圧〉判定を行う前に神話パワーを1回分消費することで、怯え状態ではなく恐れ状態にすることができる。持続時間は通常の怯え状態にする効果と同じである。この能力によって恐れ状態となっている間、その敵は攻撃ロール、セーヴィング・スロー、技能判定、能力値判定に、君の階梯に等しいペナルティを受ける。

《快速》(神話) Fleet

 君の歩みの軽さは幻想的だ。
 前提条件《快速》
 利益:君の基本地上移動速度は5フィートだけ増加する。これには着用している防具や重量は影響しない。このボーナスは《快速》から得られているボーナスと累積する。
 特殊:君はこの特技を複数回修得できるが、非神話級《快速》を修得した回数を超えることはできない。効果は累積する。

《回避》(神話) Dodge

 集中すれば、君に攻撃を当てるのはほとんど不可能だ。
 前提条件《回避》
 利益《回避》によるACへのボーナスは1だけ増加する。割り込みアクションとして神話パワーを1回分消費することで、君は1回の攻撃に対するACに、追加で+10の回避ボーナスを得ることができる。

《駆け抜け攻撃》(神話) Ride-By Attack

 君は騎乗して敵を駆け抜ける際、複数回の攻撃を行うことができる。
 前提条件《駆け抜け攻撃》
 利益《駆け抜け攻撃》の一部として敵に攻撃を行い成功したならば、君は連続した目標に対して攻撃を行い続けることができる。君は3神話階梯毎に追加で1回の攻撃を行うことができるが、全力攻撃を行う際の攻撃回数を超えて攻撃を行うことはできない。全力攻撃を行う場合同様に、連続した攻撃はより低いボーナスを使用する。君はそれぞれの攻撃の間に少なくとも10フィートだけ移動しなければならない。

《軽業師》(神話) Acrobatic

 君のしなやかさと滑らかさには比べるものがない。
 前提条件《軽業師》
 利益《軽業師》による〈軽業〉および〈飛行〉技能判定へのボーナスは2だけ増加する。加えて、君は神話パワーの使用回数を1回分消費することで、〈軽業〉もしくは〈飛行〉判定において、出目20をロールしたかのように扱うことができる。この能力を使用するかどうかは、ロールの前に決定しなければならない。

《華麗な美辞麗句》(神話) Rhetorical Flourish

 君は相手を誤解させる言論術と、他人に影響を与える策略に非常に熟達している。
 前提条件《華麗な美辞麗句》
 利益:君が非神話級クリーチャーに《華麗な美辞麗句》を使用することに成功したならば、〈交渉〉判定におけるボーナスは君の階梯だけ増加する。目標が神話クリーチャーの場合、代わりにそのボーナスは君の階梯の半分だけ増加する。
 君は神話パワーを1回分消費することで、失敗した〈はったり〉判定1回を再ロールすることができる。再ロールした結果がより悪くなったとしても、新しい結果を選択しなければならない。

《頑健無比》(神話) Great Fortitude

 君の頑健性は並ぶものがない。
 前提条件《頑健無比》
 利益:君が非神話級のものから呪文、擬似呪文能力、超常能力に対して頑健セーヴィング・スローをロールする際、2回ロールしてより良い結果を選択する。

《感知の熟達》(神話) Detect Expertise

 君は一目見るだけでクリーチャーの魔法的な能力に気付くことができる。
 前提条件《感知の熟達》
 利益:君は《感知の熟達》に記載された占術を使用して、(クリーチャーを3ラウンド観察する必要なく)直ちに《感知の熟達》の利益を得る。非神話級クリーチャーはこの効果に意志セーヴを試みることはできない。

《貫通打撃》(神話) Penetrating Strike

 何より重厚な鎧を身につけた敵の防備であってさえ、君はそれを貫く打撃を見舞う方法を知っている。
 前提条件《貫通打撃》
 利益《貫通打撃》もしくは《上級貫通打撃》を使用する際、君は自分が有する神話階梯3毎にダメージ減少を追加で1ポイント無視することができる。加えて、この効果は(DR 10/―のような)種別を持たないダメージ減少にも適用される。

《貫通突撃》(神話) Charge Through

 君は自分と突撃の目標の間に立つものを切り開いて進むことができる。
 前提条件《貫通突撃》
 利益:突撃の際、君は目標に突撃できるかどうかを決定する際、経路にいる仲間を無視することができる。さらに、君が《貫通突撃》を使用して少なくとも1回の蹴散らしを試みた後、君はフリー・アクションとして神話パワーを1回分消費し、同じ突撃の経路にいる異なる敵に対してもう一度蹴散らしを試みることができる。

《騎射》(神話) Mounted Archery

 騎手としての技術のお陰で、君は驚くほどの正確さで遮蔽を得、射撃を行うことができる。
 前提条件《騎射》
 利益〈騎乗〉技能を使用して乗騎を遮蔽として使用しても、君は標準アクションとして1回の遠隔攻撃を行うことができる。君の乗騎が移動している間、君は神話パワーを1回分消費することで、君の次のターンの開始までで騎乗している間に行う遠隔武器攻撃へのペナルティを無視することができる。

《騎乗蹂躙》(神話) Trample

 君の育てた乗騎はほとんど足並みを乱すことなく敵を地面に叩きつける。
 前提条件《騎乗蹂躙》
 利益:君の乗騎は蹴散らしで打ち倒して伏せ状態にした敵に対して、1回ではなく2回の蹄攻撃を行うことができる。君は1回以上の蹄攻撃がクリティカル・ロールを行う際に、神話パワーを1回分消費することができる。そうした場合、そのクリティカルは自動的に確定する。両方がクリティカル可能状態となったなら、神話パワーの1回分を消費することで自動的に両方がクリティカルを確定させる。

《騎乗戦闘》(神話) Mounted Combat

 君が厳しい戦闘の中で乗騎を繰る能力に対抗できるものはほとんどいない。
 前提条件《騎乗戦闘》
 利益:君はラウンド毎に神話階梯に等しい回数だけ、乗騎に対する攻撃を追加で無効化することができる。ラウンド1回割り込みアクションとして神話パワーを1回分消費することで、君は乗騎が行わねばならない1回の反応セーヴィング・スローを〈騎乗〉判定で代替することができる。

《機動射撃》(神話) Shot on the Run

 あっさりと、君は戦場で駆け回りながら二回の射撃を繰り出すことができる。
 前提条件《機動射撃》、基本攻撃ボーナス+6。
 利益:君が《機動射撃》を行う際、移動の間の任意の地点において、最も高い基本攻撃ボーナスを用いて1回ではなく2回の遠隔攻撃を行うことができる。

《技能熟練》(神話) Skill Focus

 君はこの技能に精通し、比類なきものとなった。それは難局においてさえ変わらない。
 前提条件《技能熟練》
 利益:君は《技能熟練》で選択した技能の判定において、常に出目10あるいは出目20を選択することができる。これは君が急いでいたり危機に瀕している状況であっても構わない。
 特殊:君はこの特技を複数回修得することができる。効果は累積しない。この特技を修得するたびに、異なる非神話級《技能熟練》特技に適用される。

《急所打撃術》(神話) Knockout Artist

 君の意識を奪う殴打は本当に強力だ。
 前提条件《急所打撃術》
 利益:素手打撃を用いて敵に非致傷ダメージと急所攻撃ダメージを与える際、君は急所攻撃の各ダイスとしてd6ではなくd8をロールする。

《共感高速化》(神話) Fast Empathy

 君はほとんど超常的な素早さでもって、野獣の感情を落ち着けることができる。
 前提条件《共感高速化》
 利益:君は即行アクションとして、野生動物との共感を使用することができる。

《強行突破》(神話) Mobility

 君は遠くへ前進する勢いを使って、戦場を縫って進む能力を完成させた。
 前提条件《強行突破》
 利益《強行突破》を使用する際、君はACに通常の+4ではなく+6の回避ボーナスを得る。加えて、1ラウンド1回、君の移動によって誘発された機会攻撃が失敗したとき、君はフリー・アクションとして5フィート移動してもよい。この移動はこのラウンド全体の移動としては扱われないが、機会攻撃を誘発する。

《強打》(神話) Power Attack

 君の攻撃こそ、まさに破壊的だ。
 前提条件《強打》
 利益《強打》を使用する際、君は近接攻撃のダメージ・ロールに+2ではなく+3のボーナスを得る。基本攻撃ボーナスが+4となったか以後4増加する毎に、このダメージへのボーナスの総量は+2ではなく+3ずつ増加する。加えて、この特技によるボーナス・ダメージはクリティカル・ヒットにおいて2倍となる。これは武器のクリティカル倍率によって増加する前に行われる。
 君は《強打》を使用する際に神話パワーを1回分消費することで、近接攻撃ロールと戦技判定に被るペナルティを1分の間無視することができる。

《器用な指先》(神話) Deft Hands

 君の手は驚くほど素早い。
 前提条件《器用な指先》
 利益《器用な指先》による〈装置無力化〉および〈手先の早業〉技能判定へのボーナスは2だけ増加する。加えて、君は神話パワーの使用回数を1回分消費することで、〈装置無力化〉もしくは〈手先の早業〉判定において、出目20をロールしたかのように扱うことができる。この能力を使用するかどうかは、ロールの前に決定しなければならない。

《狂乱集中》(神話) Furious Focus

 君の攻撃は精密さを犠牲にすることのないテンポのよい連打をもたらす。
 前提条件《狂乱集中》
 利益《狂乱集中》を使用している際、君は機会攻撃において《強打》による攻撃ロールのペナルティを受けない。フリー・アクションとして、君は神話パワーを1回分消費することで、《強打》を使用している1ラウンドの間、全ての近接攻撃における《強打》のペナルティを無視することができる。

《近距離射撃》(神話) Point-Blank Shot

 君の遠隔攻撃は精密で、近距離という言葉は当てはまらない。
 前提条件《近距離射撃》
 利益《近距離射撃》でもたらされる攻撃ロールとダメージ・ロールのボーナスは+2に増加する。即行アクションとして、君は神話パワーを1回分消費することで、これらのロールに君の階梯の半分に等しい追加のボーナスを得ることができる。

《組みつき強化》(神話) Improved Grapple

 君の格闘における動きに反撃することは難しい。
 前提条件《組みつき強化》
 利益:君は組みつき戦技を試みるための判定と自分に対して行われる組みつき戦技の試みに対するCMDに、自分の神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスは《組みつき強化》で得られるボーナスと累積する。
 加えて、そのクリーチャーもこの特技を有していない限り、君は自分に対して組みつきを試みるクリーチャーに対して機会攻撃を行うことができる。

《クリティカル強化》(神話) Improved Critical

 選択した武器で見舞われる君のクリティカルは、最悪以上に恐ろしい。
 前提条件《クリティカル強化》、基本攻撃ボーナス+8。
 利益:君が選択した武器のクリティカル倍率は1だけ増加する(最大で×6)。
 特殊:君はこの特技を複数回修得できる。この効果は累積しない。この特技を修得するたびに、異なる非神話級《クリティカル強化》特技に適用される。

《クリティカル熟練》(神話) Critical Focus

 君が武器を振るえば、それは寸分の違いもなく目標の急所に行き着く。
 前提条件《クリティカル熟練》
 利益:君が非神話級敵に対してクリティカル可能状態になったなら、自動的にクリティカルが確定する。加えて、フォーティフィケーション特殊能力ないし類似の能力を備えた鎧を身につけたクリーチャーに対してクリティカル可能状態になったなら、そのクリーチャーはこのクリティカル・ヒットを無効化できるかどうかを決めるために2回ロールしてより悪い結果を選択しなければならない。

《クリティカル体得》(神話) Critical Mastery

 君のクリティカル・ヒットは多様で破壊的だ。
 前提条件《クリティカル熟練》(神話)《クリティカル体得》
 利益《クリティカル体得》を使用する際、適用できるクリティカル特技の数は君の階梯3毎に1回増加する。

《化身時発動》(神話) Natural Spell

 君は自然の化身を使用している時でも会話でき、いくつかの魔法のアイテムを使用することができる。
 前提条件《化身時発動》
 利益:自然の化身を使用している際、君は人間形態で身につけていた呪文完成型や呪文解放型の魔法のアイテムを使用することができる。自然の化身を使用している間、君はそれらのアイテムを使用する際に物理的にアイテムを操る必要はない。さらに、君は自然の化身を使用している時でも通常通り会話することができる。

《蹴散らし強化》(神話) Improved Overrun

 君は戦場にあっては止められない勢いだ。弱い敵はあっさりとはねのけてしまう。
 前提条件《蹴散らし強化》
 利益:君は蹴散らし戦技を試みるための判定と自分に対して行われる蹴散らし戦技の試みに対するCMDに、自分の神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスは《蹴散らし強化》で得られるボーナスと累積する。
 加えて、そのクリーチャーもこの特技を有していない限り、君は自分に対して蹴散らしを試みるクリーチャーに対して機会攻撃を行うことができる。

《幸運を呼ぶハーフリング》(神話) Lucky Halfling

 君は周りにいる人と神話級の幸運を分け合う。
 前提条件《幸運を呼ぶハーフリング》
 利益《幸運を呼ぶハーフリング》を使用する際、セーヴィング・スローのボーナスに君の階梯を加える。セーヴィング・スローに成功しても影響を受ける効果に対して、仲間1人が君のセーヴを使用して成功した時に、君は神話パワーを1回分消費することができる。消費したならば、その仲間はセーヴィング・スローに成功した際に被る効果の一切を受けない。

《降下突撃》(神話) Death from Above

 空中や高い位置から攻撃する際、君は命を奪う効果を及ぼすために敵を圧倒する。
 前提条件《降下突撃》
 利益:君が地面より高いところか飛行中に突撃を行ったなら、君の武器のクリティカル倍率は2だけ増加する(最大で×6)。この能力は武器のクリティカル倍率を増加させる他の効果と累積しない。君の突撃による攻撃が命中したなら、君はフリー・アクションとして、機会攻撃を誘発することなく攻撃の目標に対して足払いの戦技を試みることができる。

《高速装填》(神話) Rapid Reload

 君はどのような種別の武器であれ、驚きの速度で装填することができる。
 前提条件《高速装填》
 利益:君はこの特技を得たときに元々選択していた一種類だけではなく、全てのクロスボウや火器に《高速装填》の利益を得る。即行アクションとして、君は神話パワーを1回分消費することで、1分の間機会攻撃を誘発することなくクロスボウや火器を装填する能力を得る。

《攻防一体》(神話) Combat Expertise

 君は技術と抵抗の意志を持って、攻撃の道から飛び出すことができる。
 前提条件《攻防一体》
 利益《攻防一体》を使用する際、君はアーマー・クラスに+2の回避ボーナスを追加で得る。君は神話パワーを1回分消費することで、1分の間《攻防一体》を使用することで被る近接攻撃ロールと戦技判定へのペナルティを無視することができる。

《ゴルゴンの拳》(神話) Gorgon's Fist

 君の打撃は敵を衰弱させ、方向感覚を失わせる。
 前提条件《ゴルゴンの拳》
 利益《ゴルゴンの拳》を使用した君の攻撃がクリーチャーにヒットしたなら、その目標は頑健セーヴィング・スローを行わねばならず、失敗すればよろめき状態の代わりに1ラウンドの間幻惑状態となる。君は《ゴルゴンの拳》の攻撃が命中したときに神話パワーを1回分消費することで、そのDCを自身の神話階梯の半分だけ増加させる。

《渾身の一打》(神話) Vital Strike

 君は信じられない力でもって敵を攻撃することができる。
 前提条件《渾身の一打》
 利益:君が《渾身の一打》《渾身の一打強化》《上級渾身の一打》を使用する際、【筋力】ボーナス、魔法のボーナス、そして他の通常であればクリティカル・ヒットにおいて倍化するボーナスに、武器のダメージ・ダイスに適用される倍率を適用する。
 通常ならばクリティカル・ヒットでは増加しないものによる追加ダメージは、この特技でも増加しない。

《蠍の型》(神話) Scorpion Style

 君の素手打撃は、敵をほとんど不自由にするほどの倦怠感を及ぼすことができる。
 前提条件《蠍の型》
 利益《蠍の型》を使用しているとき、君は目標の基本地上移動速度が減少しているラウンド数に自身の階梯を加える。君は攻撃を行う際に神話パワーを1回分消費することで、スロー呪文のように目標を減速状態にすることができる。目標は頑健セーヴ(DC 10+君のキャラクター・レベルの半分+君の【判断力】修正値)に成功すればこの効果を免れる。減速効果は《蠍の型》による通常の移動速度へのペナルティの代わりに適用されるが、持続するラウンド数は同じものを用いる。

《持久力》(神話) Endurance

 君の持久力はまさに常軌を逸している。
 前提条件《持久力》
 利益《持久力》による判定やセーヴへのボーナスは、君の階梯の半分だけ増加する。君は強行軍、飢えや渇き、焦熱地や寒冷地、ゆっくりとした窒息から被る非致傷ダメージを避けるために行う判定に失敗しても、受けるダメージは半分で済む。
 君は重装鎧を着たまま眠っても、疲労状態にならない。

《疾走》(神話) Run

 君は超自然的な速度と持久力でひた走る。
 前提条件《疾走》
 利益:疾走時、君は中装鎧か軽装鎧を身に着けているか何も鎧を身に着けておらず、かつ中荷重を超えるものを運んでいない場合、通常の移動速度の7倍まで移動することができる。もし重装鎧を身に着けているか、重荷重の場合には通常の移動速度の6倍まで移動することができる。疾走を開始した後に跳躍を行う場合、君は〈軽業〉判定に君の階梯+4に等しい追加のボーナスを得る。
 君は【耐久力】値+自分の神話階梯に等しいラウンド数まで、判定の必要なく疾走することができる。しかしその後も疾走を続けるには【耐久力】判定に成功しなければならない。

《忍びの技》(神話) Stealthy

 君の優雅さとなめらかさは比べるものがない。
 前提条件《忍びの技》
 利益《忍びの技》による〈隠密〉および〈脱出術〉技能判定へのボーナスは2だけ増加する。加えて、君は神話パワーの使用回数を1回分消費することで、〈隠密〉もしくは〈脱出術〉判定において、出目20をロールしたかのように扱うことができる。この能力を使用するかどうかは、ロールの前に決定しなければならない。

《社会的》(神話) Sociable

 君の心地よい本質は、努力することなく君からにじみ出て人をほっとさせる。
 前提条件《社会的》
 利益:君は《社会的》により得られる〈交渉〉判定への+2のボーナスを、移動アクションを消費する必要なく常に得る。1日に君の階梯に等しいラウンド数まで、君は移動アクションを消費することで、このボーナスを+4に増加させることができる。

《修道院の遺産》(神話) Monastic Legacy

 新しい経験は悟りへの道を通してさらなる一歩をもたらしてくれた。
 前提条件《修道院の遺産》
 利益:君がACボーナスを決定する際の有効モンク・レベルを決定する際、モンク・レベルでないクラスのレベルの半分をモンク・レベルに加える。フリー・アクションとして君は神話パワーを1回分消費することで、基本素手打撃ダメージとACボーナスを決定するための有効モンク・レベルに君の階梯の半分を加える。この効果は君の次のターンの開始まで持続する。

《出血化クリティカル》(神話) Bleeding Critical

 何よりも命を奪う君の一振りは、血の川をほとばしらせる。
 前提条件《クリティカル熟練》《出血化クリティカル》
 利益《出血化クリティカル》によりもたらされる出血ダメージは君の階梯だけ増加する。出血ダメージを止めるためには、DC 15+君の階梯の半分の〈治療〉判定に成功しなければならない。この出血ダメージはいかなる魔法的な治癒効果でも通常通り終了する。
 君は神話パワーを1回分消費することで1【耐】ダメージを与えることができる。このダメージはこの特技で通常与えるヒット・ポイントへの出血ダメージと同時に与えられる。この効果は消費する神話パワーを1回分追加で消費するたびに1ずつ増加する。

《呪文熟練》(神話) Spell Focus

 君の魔法の専門性はとりわけ効果が高い。
 前提条件《呪文熟練》
 利益:既に《呪文熟練》で選択している魔法の系統を1つ選択する。《呪文熟練》及び《上級呪文熟練》で与えられるセーヴDCへのボーナスが1だけ増加する。君は選択した系統の呪文を発動する行為の一部として神話パワーを1回分消費することで、この呪文の目標全てはセーヴィング・スローを2回ロールしてより低い結果を選択しなければならなくなる。
 特殊:君はこの特技を複数回修得できる。効果は累積しない。この特技を修得するたびに、別の非神話級《呪文熟練》特技に適用される。

《呪文相殺強化》(神話) Improved Counterspell

 君は魔法構造を生まれながらにして理解している。それにより君は純粋な魔法のエネルギーで呪文を解きほどくことができる。
 前提条件《呪文相殺強化》
 利益:呪文相殺において、君は目標の呪文の呪文レベル以上の呪文レベルを持つ、同じ系統の呪文を使用することができる。

《呪文体得》(神話) Spell Mastery

 君は特定の呪文に親しんでおり、驚くほど気軽にそれらを準備することができる。
 前提条件《呪文体得》
 利益:君は全ラウンド・アクションとして《呪文体得》で選択した呪文を準備することができる。君は体得していない他の呪文を準備するためには適切な時間を準備しなければならない。全ラウンド・アクションとして、君は神話パワーを1回分消費することで、《呪文体得》で選択した呪文全てを準備することができる。

《呪文潰し》(神話) Spellbreaker

 君は呪文の使い手にとって最悪の悪夢だ。
 前提条件《呪文潰し》
 利益:君の間合いの中にいる非神話級クリーチャーは全て、呪文もしくは擬似呪文能力を使用する際には(例え防御的発動や《呪文高速化》された呪文を発動する場合であっても)常に君からの機会攻撃を誘発する。
 30フィート以内にいる非神話級クリーチャーが呪文もしくは擬似呪文能力を使用する際、君は神話パワーを1回分消費することで、機会攻撃として(例えそのクリーチャーが通常ならば機会攻撃を誘発しない場合であっても)1回の遠隔攻撃を行うことができる。この能力を使用するためには、君は手に遠隔武器を持っているか、非神話級《早抜き》特技を持っている上に片手が空いていなければならない。君は神話パワーを2回分消費することで、神話級クリーチャーに対してこの能力を使用することができる。

《上級使い魔》(神話) Improved Familiar

 君の使い魔は信じられないほどの頑丈さと洞察力をいくらか得る。
 前提条件《上級使い魔》
 利益:君の持つ神話階梯3毎に、君の使い魔は君が選択する能力値1つに+2のボーナスを得る。これらのボーナスは累積する。君の使い魔は外皮ボーナスと(もし呪文抵抗を持つならば)呪文抵抗に君の階梯を加える。

《招来クリーチャー強化》(神話) Augment Summoning

 君の招来呪文は単なる一般の獣ではなく、神話級クリーチャーをもたらす。
 前提条件《招来クリーチャー強化》
 利益:君が(招来)呪文を用いて招来されたクリーチャーは全て、他の神話級クリーチャーから影響を受ける際に神話級であると見なされる。招来されたクリーチャーは神話能力や神話パワーを得ることはないが、第1神話階梯の神話クリーチャーであるかのように神話呪文と神話能力の影響を受ける。加えて、招来されたクリーチャーがダメージ減少を持つ場合、そのダメージ減少DR/エピックとなる。

《自力生存》(神話) Self-Sufficient

 独立心は自然と君に訪れた。君は自力で生活する術を身につけた。
 前提条件《自力生存》
 利益《自力生存》による〈生存〉および〈治療〉技能判定へのボーナスは2だけ増加する。加えて、君は神話パワーの使用回数を1回分消費することで、〈生存〉もしくは〈治療〉判定で出目20をロールしたかのように扱うことができる。この能力を使用するかどうかは、ロールの前に決定しなければならない。

《神官戦士》(神話) Warrior Priest

 信仰が君を戦場へと促す。信仰が心と自信をさらに強めてくれる。
 前提条件《神官戦士》
 利益:君はイニシアチブ判定と、防御的発動か組みつかき状態で呪文や擬似呪文能力を発動する際の精神集中判定において、神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスは《神官戦士》によるボーナスと累積する。

《神聖なる干渉》(神話) Divine Interference

 君の神聖なる力は、信仰の敵を妨げる。
 前提条件《神聖なる干渉》
 利益:君が《神聖なる干渉》を使用する際、敵の攻撃ロールにおけるペナルティは消費した呪文のレベルの2倍に等しい。君は呪文を消費する際に神話パワーを1回分消費することで、このペナルティを消費した呪文の3倍に等しい値に増加させることができる。

《神速の反応》(神話) Lightning Reflexes

 君の反応は人間を超えた。
 前提条件《神速の反応》
 利益:君が非神話級のものから放たれた呪文、擬似呪文能力、超常能力に対して反応セーヴィング・スローをロールする際、2回ロールしてより高い結果を選択する。

《神託者の声》(神話) Voice of the Sibyl

 君はただ一人の声でもって弱いものを圧倒し、さらに脆弱な心を植え付ける。
 前提条件《神託者の声》
 利益:君は全ての〈芸能:朗誦〉〈交渉〉〈はったり〉判定に、君の階梯3ごとに+1のボーナスを得る。このボーナスは《神託者の声》によるボーナスと累積する。君がこれらの技能の少なくとも2つを10ランク以上持つならば、君が発動する全ての[言語依存]呪文のDCに+2のボーナスを得る。

《救いの盾》(神話) Saving Shield

 仲間を傷から守ることで、君は盾攻撃を仕掛ける機会を得る。
 前提条件《救いの盾》
 利益《救いの盾》を用いて仲間に提供する盾ボーナスは+3に増加する。君が隣接する味方に対する攻撃を《救いの盾》で無効化することに成功したならば、君は直ちに攻撃した相手に対して1回の機会攻撃を行うことができる。攻撃した相手は君の近接攻撃の間合いにいなければならない。

《素手打撃強化》(神話) Improved Unarmed Strike

 君の素手打撃は他の人よりはるかに強力だ。
 前提条件《素手打撃強化》
 利益:君は素手打撃のダメージに自分の神話階梯の半分を加える事ができる。即行アクションとして、君は神話パワーを1回分消費することで、素手打撃を用いて物体の硬度を無視することができる。この効果は君の階梯に等しいラウンドだけ持続する。物体の硬度が15を超える場合、君はその硬度を無視することはできない。

《素早い移動》(神話) Nimble Moves

 君は簡単に障害物をかいくぐって飛び回る。まるでそれらがそこに存在しないかのようだ。
 前提条件《素早い移動》
 利益:君の2神話階梯毎に、毎ラウンド5フィート(最低5フィート)の移動困難な地形を通常の地形であるかのように通り抜けることができる。この効果は《素早い移動》《軽業移動》により提供される値と累積する。

《説得力》(神話) Persuasive

 君は説得の達人である。時には相手をなだめすかし、また時には荒々しい怒声で命令する。
 前提条件《説得力》
 利益《説得力》による〈威圧〉および〈交渉〉技能判定へのボーナスは2だけ増加する。加えて、君は神話パワーの使用回数を1回分消費することで、〈威圧〉もしくは〈交渉〉判定において、出目20をロールしたかのように扱うことができる。この能力を使用するかどうかは、ロールの前に決定しなければならない。

《選択的エネルギー放出》(神話) Selective Channeling

 君がエネルギー放出の効果をクリーチャーに与えない時、効果を及ぼす対象への効果は更に強くなる。
 前提条件《選択的エネルギー放出》
 利益:君がエネルギー放出を使用する際、君が癒やすあるいは与えるダメージは、エネルギー放出の対象から除外した目標の数の2倍だけ増加する。君は神話パワーを1回分消費することで、エネルギー放出から除外する目標の数を君の階梯の半分だけ増加することができる。

《速射》(神話) Rapid Shot

 君は驚くほどの精密さで、毎ラウンド複数回射撃攻撃を見舞うことができる。
 前提条件《速射》
 利益《速射》を使用する際、君はこの特技による攻撃ロールへの-2のペナルティを無視するか、1回ではなく2回の追加攻撃を行うかのいずれかができる。

《代用武器の巧み》(神話) Catch Off-Guard

 君の手にかかれば、なんであれ恐ろしい武器となる。
 前提条件《代用武器の巧み》
 利益:代用武器を用いて与えるダメージは、君の階梯だけ増加する。君はまた、自分が身につけている代用武器に対して武器破壊もしくは武器落としを敵が試みた際、CMDに自分の神話階梯に等しいボーナスを得る。

《耐え忍ぶ英雄》(神話) Heroic Defiance

 君は他人ならば倒れてしまうような有害な効果を無視する。
 前提条件《耐え忍ぶ英雄》
 利益:1日1回割り込みアクションとして、君は開始時にセーヴィング・スローで無効化することができる(すなわち永続でも瞬間でもない)有害な状態や障害(恐慌状態麻痺状態朦朧状態など)が開始する際、それを無効化しようと試みることができる。そうするならば、この効果の元のDCに対して、君の階梯に等しいボーナスを得た意志セーヴィング・スローを試みること。成功したなら、その状態は無効化される。失敗したなら、その効果の開始は次の君のターンの終了まで遅らせられるが、通常の効果が適用される。この特技はヒット・ポイントへのダメージや能力値ダメージにはなんの効果ももたらさない。
 この効果は非神話級《耐え忍ぶ英雄》の使用とは独立に扱う。

《鷹の目》(神話) Eagle Eyes

 君の視界は何よりはるか遠くを見据える猛禽に匹敵する。
 前提条件《鷹の目》
 利益:君は視覚的な〈知覚〉判定における距離によるペナルティを、通常の-5までではなく-10まで無視する。即行アクションとして、君は神話パワーを1回分消費することで、視覚的な〈知覚〉判定における距離によるペナルティを1ラウンドの間無視することができる。

《盾熟練》(神話) Shield Focus

 君は身を守るために盾を使うことに熟達している。
 前提条件《盾熟練》
 利益:盾ボーナスと盾の強化ボーナスを君の接触ACに加える。割り込みアクションとして神話パワーを1回分消費することで、君は頑健セーヴもしくは反応セーヴに盾ボーナスと盾の強化ボーナスを加えることができる。この選択はダイスをロールする前に行わねばならない。

《盾のぶちかまし》(神話) Shield Slam

 君の盾攻撃には強力な蹴りが続く。
 前提条件《盾のぶちかまし》
 利益:突き飛ばしにおいて《盾のぶちかまし》を使用する際、目標は壁や他の面に挟まれることで倒れて伏せ状態になり、衝突によるダメージも受ける。このダメージは君の2神話階梯毎に1d6ポイントである。君は割り込みアクションとして神話パワーを1回分消費することで、《盾のぶちかまし》による突き飛ばしを行うための戦技判定に君の階梯を加えることができる。

《束ね射ち》(神話) Manyshot

 君はほんのわずかな努力で、矢の雨を目標に降らせることができる。
 前提条件《束ね射ち》
 利益《束ね射ち》を用いてボウで全力攻撃アクションを行う際、最初の1回だけではなく、最初と2回目の攻撃において2本の矢を放つことができる。

《力強き化身》(神話) Powerful Shape

 君が自然の化身として取る姿は、自然の片割れよりも大きい。
 前提条件《力強き化身》
 利益:君は自分が自然の化身で取る形態がなんであれ、それにジャイアント単純テンプレート(クイック・ルール版、Pathfinder RPG Bestiary 295参照)を付与する。この利益は《力強き化身》の利益を置き換える。
 フリー・アクションとして君は神話パワーを1回分消費することで、君の階梯に等しいラウンドの間、この特技の利益と非神話級《力強き化身》の利益の両方を得ることができる。

《力強き再起》(神話) Strong Comeback

 君は決して同じ間違いを二度行わない。
 前提条件《力強き再起》
 利益:君が能力値判定、技能判定、セーヴィング・スローを再ロールする際、ダイスを2つロールしてより高い結果を選択する。その後《力強き再起》によるボーナスを加える。

《致命的な狙い》(神話) Deadly Aim

 君の照準は本当に破壊的だ。
 前提条件《致命的な狙い》
 利益:君が《致命的な狙い》を使用する時、遠隔攻撃のダメージ・ロールに+2ではなく+3のボーナスを得る。基本攻撃ボーナスが+4に到達したか以後+4ごとに、遠隔攻撃のダメージ・ロールに加えられるこのボーナスは+2ではなく+3だけ増加する。

《追加hp》(神話) Toughness

 君は伝説的な回復力と耐久性を持つ。
 前提条件《追加hp》
 利益《追加hp》は君のヒット・ポイントを本来の2倍増加させる。加えて、君が0ヒット・ポイントを下回ったなら、君はDR10/エピックを得る。このDRは君の持つ他のいかなるDR/エピックとも累積する。

《杖による足払い》(神話) Tripping Staff

 君の杖は攻撃と防御のバランスを取る価値あるものだ。
 前提条件《杖による足払い》
 利益:君は足払いの戦技に対するCMDと、クオータースタッフを用いる足払いにおける戦技判定に神話階梯の半分を加える。君がクオータースタッフを装備していて君の機会攻撃範囲にいる敵が君に足払いを試みて失敗したなら、その敵は君から機会攻撃を誘発する。この機会攻撃には装備しているクオータースタッフを使用しなければならない。

《突き落とし》(神話) Unseat

 君は脳を揺らす恐ろしい力でもって乗騎から敵を突き落とす。
 前提条件《突き落とし》
 利益:君が《突き落とし》を用いて乗騎から敵を押しやることに成功したなら、その敵は君が持つ2神話階梯毎に1d6ポイントの落下ダメージを受ける。〈軽業〉判定の成功のような落下ダメージを減少させるアイテムや能力は、この衝撃によるダメージも減少することができる。

《突き飛ばし強化》(神話) Improved Bull Rush

 君は驚くほど簡単に敵を押しやる。
 前提条件《突き飛ばし強化》
 利益:君は突き飛ばし戦技を試みるための判定と自分に対して行われる突き飛ばし戦技の試みに対するCMDに、自分の神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスは《突き飛ばし強化》で得られるボーナスと累積する。
 加えて、そのクリーチャーもこの特技を有していない限り、君は自分に対して突き飛ばしを試みるクリーチャーに対して機会攻撃を行うことができる。

《抵抗破り》(神話) Spell Penetration

 君の神話パワーは敵の防護を突き破る。
 前提条件《抵抗破り》
 利益呪文抵抗を無視するために行う術者レベル判定に君の階梯の半分を加える。君が《上級抵抗破り》を修得しているなら、代わりに神話階梯の値全てを加える。

《手ひどい一打》(神話) Deadly Stroke

 君は一打で殺すことができる。
 前提条件《手ひどい一打》
 利益《手ひどい一打》による攻撃を行う際、君は神話パワーを1回分使用することで、非神話級生きているクリーチャーを直ちに殺すことができる。頑健セーヴ(DC 10+君の基本攻撃ボーナス+君の階梯)に成功すればこの効果を無効化できるが、その場合でも《手ひどい一打》による2倍のダメージと【耐】出血ダメージは受ける。人造、粘体、クリティカル・ヒットや精密さに基づくダメージに完全耐性を持つクリーチャーはこの特技を用いて殺すことはできない。

《動物の友》(神話) Animal Affinity

 君は野生動物に強い親しみを抱き、彼らと会話することもできる。
 前提条件《動物の友》
 利益《動物の友》による〈騎乗〉および〈動物使い〉技能判定へのボーナスは2だけ増加する。加えて、君は神話パワーの使用回数を1回分消費することで、スピーク・ウィズ・アニマルズ呪文を使用することができる。この効果の術者レベルは君の階梯の2倍に等しい。

《薙ぎ払い》(神話) Cleave

 君は間合いにいる全ての敵を薙ぎ払うことができる。
 前提条件《薙ぎ払い》
 利益:君が《薙ぎ払い》もしくは《薙ぎ払い強化》を使用する際、その攻撃のうち1回は直前に攻撃した敵に隣接した敵に限らず、君の間合いの中の任意の敵を目標とすることができる。君は《薙ぎ払い》もしくは《薙ぎ払い強化》を使用する際に神話パワーを1回分消費することで、その位置に関わらず、それぞれの敵に攻撃が命中し続ける限り攻撃を続けることができる。君はこの能力を使用して、1体の敵にラウンド中に2回以上攻撃を行うことはできない。

《二刀のかきむしり》(神話) Two-Weapon Rend

 君は同時に二回の攻撃を行う。それは遥かに危険であり、後に残る傷をつけることができる。
 前提条件《二刀のかきむしり》
 利益:君の《二刀のかきむしり》によるダメージは2d8ポイント+君の【筋力】修正値の2倍に増加する。君は神話パワーを1回分消費することで、このダメージに君の階梯の2倍に等しいボーナスを得ることができる。

《二刀の守り》(神話) Two-Weapon Defense

 君は攻撃と防御を優雅に移り変わり、攻撃を命中しにくくする。
 前提条件《二刀の守り》
 利益《二刀の守り》を使用している間、君はこの特技により与えられる盾ボーナスに、君の武器2つの強化ボーナスのより高い方を加える。

《二刀流》(神話) Two-Weapon Fighting

 巧みな攻撃により、君はわずかなダメージ以上の優位性を敵に対して得る。
 前提条件《二刀流》
 利益:割り込みアクションとして神話パワーを1回分消費することで、君は武器を2つもって戦う際に被る攻撃ロールへのペナルティを、君の階梯に等しいラウンドの間無視することができる。

《任意呪文修正》(神話) Spontaneous Metafocus

 君は他の任意発動を行える術者よりもずっと容易に、呪文に呪文修正特技を適用することができる。
 前提条件《任意呪文修正》
 利益:君は《任意呪文修正》特技を適用する呪文を、毎朝消費した呪文スロットを回復する際に変更することができる。この呪文はどのレベルであってもよいが、《任意呪文修正》特技を適用する条件を満たすものを選択しなければならない。
 特殊:君はこの特技を複数回修得できる。効果は累積しない。この特技を修得するたびに、異なる非神話級《任意呪文修正》特技に適用される。

《盗み取り強化》(神話) Improved Steal

 君の指は軽やかで、敵がなによりしっかり握っているアイテムでさえ持ち去ることができる。
 前提条件《盗み取り強化》
 利益:君は盗み取り戦技を試みるための判定と自分に対して行われる盗み取り戦技の試みに対するCMDに、自分の神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスは《盗み取り強化》で得られるボーナスと累積する。
 加えて、そのクリーチャーもこの特技を有していない限り、君は自分に対して盗み取りを試みるクリーチャーに対して機会攻撃を行うことができる。

《熱情の音楽》(神話) Fire Music

 君は優れた技量で、呪文の内に古代の火の歌を織り込む。
 前提条件《熱情の音楽》
 利益:君がバード呪文で与えるダメージを《熱情の音楽》を用いて[火]ダメージに変換する際、そのダメージは君の階梯までの[火]に対する抵抗を無視する。
 君がバード呪文としてサモン・モンスターを発動し、招来したクリーチャーに炎の容貌を持たせることにしたならば、(既に《熱情の音楽》で与えられている抵抗に加えて)[火]に対する抵抗を5だけ増加させ、通常の《熱情の音楽》により与えられる+1の[火]ダメージの代わりに1d4ポイントの[火]ダメージを全ての肉体武器に加える。(火)の副種別を持つクリーチャーもこれらの利益を得る。

《ノームの奇術師》(神話) Gnome Trickster

 神話パワーのお陰で、君の血に流れる魔力はより強力となり、さらなる多様性を得た。
 前提条件《ノームの奇術師》
 利益:君は以下の擬似呪文能力を得る。1/日―ヴァニッシュおよびブラー
 君はノームの擬似呪文能力を1日に追加で神話階梯の半分だけ使用することができる。君はこの追加の使用回数を、君の望むノームの擬似呪文能力のいずれかとして使用するために消費することができる。ノームの擬似呪文能力の術者レベルは、君のキャラクター・レベル+君の階梯に等しくなる。

《鋼の意志》(神話) Iron Will

 君の意志が崩れることはない。
 前提条件《鋼の意志》
 利益:君が非神話級のものから受ける呪文、擬似呪文能力、超常能力に対して意志セーヴィング・スローをロールする際、2回ロールしてより高い結果を選択する。

《発動妨害》(神話) Disruptive

 君は近くにいる呪文の使い手を妨害することが得意だ。
 前提条件《発動妨害》
 利益:君の機会攻撃範囲で防御的発動を行うためのDCは、君の階梯の半分だけ増加する。これは《発動妨害》による増加と累積する。加えて、例え君が機会攻撃を行えない場合でさえ、非神話級呪文の使い手は君を警戒し、《発動妨害》の効果の影響を受け続ける。

《早抜き》(神話) Quick Draw

 君は武器だけでなく、どのようなアイテムでも素早く取り出すことができる。
 前提条件《早抜き》
 利益:君は《早抜き》を用いて、武器だけではなくいかなる種類のアイテムでも取り出すことができる。それらのアイテムは保有しているか携帯して隠蔽されているかしている必要がある。移動アクションとして君は神話パワーを1回分消費することで、隠しているアイテムを2つまで取り出すことができる。そうする場合、君は両手が空いていなければならない。

《針の目を通す狙い》(神話) Pinpoint Targeting

 君の攻撃は目標の弱点めがけて飛んでいき、無数の防護をかいくぐる。
 前提条件《針の目を通す狙い》
 利益:君はこのラウンドに移動していた場合でもこの特技を使用することができる。しかし移動した距離は神話階梯毎に5フィート以下でなければならない。

《反撃の構え》(神話) Strike Back

 君の精密な反撃は、戦闘における敵の優位性を損なわせる。
 前提条件《反撃の構え》
 利益:君が近接武器の間合いの外にいる敵に対して、待機アクションとして近接攻撃を行ったなら、その敵に向けて5フィート・ステップを行うことができる。君は神話パワーを1回分消費することで、代わりに敵に向けて君の移動速度で移動することができる。いずれの用法であれ、この移動は君のターンの間の移動とは見なされない。

《万能投擲術》(神話) Throw Anything

 君は投擲武器に熟達しており、何を投げるかはほとんど問題とならない。
 前提条件《万能投擲術》
 利益:君は代用投擲武器と飛散武器を用いた攻撃ロールとダメージ・ロールに+2のボーナスを得る。このボーナスは非神話級《万能投擲術》特技によるボーナスと累積する。君が投擲飛散武器を外した場合、投擲物の射程単位に関わらず常に目標に隣接したマスに着地する。

《引きずり強化》(神話) Improved Drag

 君はあっさりと、敵を戦場で引きずり回す。
 前提条件《引きずり強化》
 利益:君は引きずり戦技を試みるための判定と自分に対して行われる引きずり戦技の試みに対するCMDに、自分の神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスは《引きずり強化》で得られるボーナスと累積する。
 加えて、そのクリーチャーもこの特技を有していない限り、君は自分に対して引きずりを試みるクリーチャーに対して機会攻撃を行うことができる。

《秘術使いの鎧訓練》(神話) Arcane Armor Training

 君は鎧を身につけることによる制約をものともせずに呪文を発動することに熟達している。
 前提条件《秘術使いの鎧訓練》
 利益:君は《秘術使いの鎧訓練》を用いて秘術呪文失敗確率を減少させる際、即行アクションを消費する必要がなくなる。さらに、君が軽装鎧を身につけているならば、秘術呪文失敗確率を20%だけ減少させる。

《秘術の遺産》(神話) Eldritch Heritage

 君のソーサラーの祖先の血は神話パワーと混じり合い、大いなる効果をもたらす。
 前提条件《秘術の遺産》
 利益:君はソーサラー・レベルが自分のキャラクター・レベル-2であるかのように、《秘術の遺産》と関連する血脈におけるソーサラーの血脈の力を得る。その血脈の1レベル血脈の力において、効果を決定する際にはキャラクター・レベルの値そのままを使用すること。他の血脈の力においては、キャラクター・レベル-2を自分のソーサラー・レベルと見なす。

《秘術の打撃》(神話) Arcane Strike

 驚くほどの秘術の才能を用いて、君は魔法のエネルギーを注ぎ込んだ破壊的な打撃を振るうことができる。
 前提条件《秘術の打撃》
 利益:君が自分の武器を強化するために《秘術の打撃》を使用する際、その効果は1ラウンドではなく1分間持続する。《秘術の打撃》を使用する際に神話パワーを1回分消費するならば、君は基本市価修正が+1の魔法の武器特殊能力1つを自分の武器に付与することができる。この基本市価修正は4神話階梯で+2に、7神話階梯で+3に、10神話階梯で+4に増加する。

《秘術の盾》(神話) Arcane Shield

 君は強力で持続する秘術の障壁の形に呪文を変じる。
 前提条件《秘術の盾》
 利益《秘術の盾》を使用する際、君はACに与えられる反発ボーナスに自身の神話階梯の半分を加える。君はこの特技を使用する際に神話パワーを1回分消費することで、その持続時間を神話階梯に等しいラウンドに延ばすことができる。

《秘術の奔流》(神話) Arcane Blast

 君は単にダメージを与える以上の用途で純粋な魔力エネルギーを操れる。
 前提条件《秘術の奔流》
 利益《秘術の奔流》を使用する際、君はダメージのダイス数を半分にすることで、この効果の目標に対して足払いもしくは突き飛ばしの戦技のいずれかを選択して試みることができる。君はこの特技で突き飛ばしを行った際、目標と共に移動することはできない。君はこの試みにおける戦技判定に《秘術の奔流》使用時に消費した呪文の呪文レベルの半分に等しいボーナスを得、戦技ボーナスを決定する際に【筋力】修正値の代わりに【知力】修正値もしくは【魅力】修正値を用いることができる。
 加えて、君は神話パワーを1回分消費することで、《秘術の奔流》のダメージ・ダイスをd6からd8に変更することができる。

《卑劣なとどめ》(神話) Dastardly Finish

 君は恐ろしい効率で、倒れ幻惑しよろめいた敵を攻撃する。
 前提条件《卑劣なとどめ》
 利益:君は幻惑状態あるいはよろめき状態の非神話級敵に対してとどめの一撃を行うことができる。加えて、君が行ったとどめの一撃から生き延びるためにクリーチャーが頑健セーヴィング・スローを行う際、そのセーヴィング・スローには君の階梯に等しいペナルティが与えられる。

《武器落とし強化》(神話) Improved Disarm

 君は敵の武器をはじき飛ばす達人だ。
 前提条件《武器落とし強化》
 利益:君は武器落とし戦技を試みるための判定と自分に対して行われる武器落とし戦技の試みに対するCMDに、自分の神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスは《武器落とし強化》で得られるボーナスと累積する。
 加えて、そのクリーチャーもこの特技を有していない限り、君は自分に対して武器落としを試みるクリーチャーに対して機会攻撃を行うことができる。

《武器開眼》(神話) Weapon Specialization

 選択した武器で君が与えるダメージは、目を見張るほどに驚くべきものだ。
 前提条件《武器開眼》
 利益:君が選択した武器を使用する際、ダメージ・ロールに君の階梯の半分に等しいボーナスを得る。これは《武器開眼》および《上級武器開眼》によるボーナスと累積する。
 特殊:君が非神話級《武器開眼》を複数回修得しているなら、それらの特技のうちいずれか1つを強化する対象として選択しなければならない。君はこの特技を複数回修得できる。効果は累積しない。この特技を修得するたびに、異なる非神話級《武器開眼》1つに適用される。

《武器熟練》(神話) Weapon Focus

 君は武器種別1つに熟練している。
 前提条件《武器熟練》
 利益《武器熟練》および《上級武器熟練》による攻撃ロールへのボーナスを2倍にする。即行アクションとして君は神話パワーを1回分消費することで、選択した武器を用いた攻撃ロールに君の階梯の半分に等しいボーナスを得る。この効果は君のターンの終了まで持続する。
 特殊:君が非神話級《武器熟練》を複数回修得しているなら、それらの特技のうちいずれか1つを強化する対象として選択しなければならない。君はこの特技を複数回修得できる。効果は累積しない。この特技を修得するたびに、異なる非神話級《武器熟練》1つに適用される。

《武器の妙技》(神話) Weapon Finesse

 君は俊敏さを生かして武器を扱うことに熟達している。
 前提条件《武器の妙技》
 利益《武器の妙技》を使用する際、君はダメージ・ロールに【筋力】修正値ではなく【敏捷力】修正値を使用してもよい。君が盾を装備している場合、攻撃ロールかダメージ・ロールのいずれか1つには鎧の判定ペナルティが適用されない。

《武器破壊強化》(神話) Improved Sunder

 君がものを打ち砕く強力な一振りは、物体を粉々にする。
 前提条件《武器破壊強化》
 利益:君は武器破壊戦技を試みるための判定と自分に対して行われる武器破壊戦技の試みに対するCMDに、自分の神話階梯の半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスは《武器破壊強化》で得られるボーナスと累積する。
 加えて、そのクリーチャーもこの特技を有していない限り、君は自分の使っている物品に対して武器破壊を試みるクリーチャーに対して機会攻撃を行うことができる。

《物質要素省略》(神話) Eschew Materials

 君は物質要素を使用することなく、最も強力な呪文でさえ発動することができる。
 前提条件《物質要素省略》
 利益:君は神話階梯毎に10gpまでの費用を持つ物質要素を必要とする呪文を、その構成要素なしに発動することができる。君が神話階梯毎に50gpまでの費用を持つ物質要素を必要とする呪文を発動する際に神話パワーを1回分消費するなら、その構成要素なしにその呪文を発動することができる。代わりに神話パワーを2回分消費するならば、君は神話階梯毎に100gpまでの費用を持つ物質要素を必要とする呪文を、その構成要素なしに発動することができる。

《踏み込み》(神話) Lunge

 君が間合いを伸ばした攻撃は、攻撃が命中した相手に対する防護の助けとなる。
 前提条件《踏み込み》
 利益:君が《踏み込み》を使用し、その近接攻撃がクリーチャーに命中したならば、君はそのクリーチャーに対するACに-2のペナルティを受けない。君は《踏み込み》を使用する際に神話パワーを1回分消費することで、攻撃の成否に関わらずACに-2のペナルティを被ることはなくなり、《踏み込み》が効果を及ぼしている間機会攻撃に+2のボーナスを得る。

《防御崩し》(神話) Shatter Defenses

 君の強烈な攻撃で相手は面食らい当惑する。そのため相手は効果的に君を攻撃することも、身を守ることもできなくなる。
 前提条件《防御崩し》
 利益:君が《防御崩し》の効果を及ぼした相手は、君の攻撃に対してだけではなく、全ての攻撃において立ちすくみ状態となる。

《防御的戦闘訓練》(神話) Defensive Combat Training

 君の戦場における防御の才能は無類のものだ。
 前提条件《防御的戦闘訓練》、第4神話階梯。
 利益:君のCMDに君の階梯の半分を加える。

《魔女のナイフ》(神話) Witch Knife

 君の魔女のナイフは君の肉体を高め、力を伸ばす。
 前提条件《魔女のナイフ》
 利益:君は守護者呪文だけではなく、全てのウィッチ呪文の追加焦点具として魔女のナイフを使用してDCに+1を加えることができる。このボーナスは《魔女のナイフ》により与えられる守護者呪文へのボーナスと累積し、守護者呪文のDCは合計で+2のボーナスを得る。加えて、魔女のナイフを持っている手は、呪文を発動するか接触呪文を伝達する目的において、何も持っていないものと見なされる。

《魔法の才》(神話) Magical Aptitude

 君は訓練を遥かに超えたところで、魔法の原理と複雑さを理解している。
 前提条件《魔法の才》
 利益《魔法の才》による〈呪文学〉および〈魔法装置使用〉技能判定へのボーナスは2だけ増加する。加えて、君は神話パワーの使用回数を1回分消費することで、〈呪文学〉もしくは〈魔法装置使用〉判定において、出目20をロールしたかのように扱うことができる。この能力を使用するかどうかは、ロールの前に決定しなければならない。

《導きの手》(神話) Guided Hand

 君の神格の好む武器を用いた攻撃は、神より洞察を授かった。
 前提条件《導きの手》
 利益:君の神格の好む武器を用いた攻撃において、君はダメージ・ロールに【筋力】修正値や【敏捷力】修正値ではなく【判断力】修正値を加える事ができる。

《迎え討ち》(神話) Combat Reflexes

 君は敵が隙を見せたならば手ひどい攻撃を振る舞う。
 前提条件《迎え討ち》
 利益:君はラウンド毎に機会攻撃を追加で何回でも行うことができる。即行アクションとして、君は神話パワーを1回分消費することで、君の次のターンの開始まで、このラウンドにおいて既に機会攻撃を行った敵に対して機会攻撃を行うことができる。例えその敵が移動によって君から機会攻撃を誘発した場合であっても構わない。

《無視界戦闘》(神話) Blind-Fight

 君の超自然的な感覚から逃れられるクリーチャーはいない。
 前提条件《無視界戦闘》
 利益:即行アクションとして君は神話パワーを1回分消費することで、君は視認困難もしくは完全視認困難による失敗確率を全て無視することができる。この効果は君の階梯と等しいラウンドだけ持続する。

《メドゥサの怒り》(神話) Medusa's Wrath

 君の素手打撃の連撃は、よろめかせる攻撃を1つ1つ組み合わせたものだ。
 前提条件《メドゥサの怒り》
 利益:君は《メドゥサの怒り》を使用する際、最も高い基本攻撃ボーナスを用いた1回の素手打撃を行うのではなく、素手打撃を2回諦めるだけでよい。相手に攻撃が命中したなら、目標は頑健セーヴィング・スロー(DC 10+君のキャラクター・レベルの半分+君の【判断力】修正値)を行わねばならず、失敗すると1ラウンドの間よろめき状態となる。君は《メドゥサの怒り》により相手をよろめき状態としたときに神話パワーを1回分消費することで、よろめき状態の持続時間を君の階梯の半分に等しいラウンド数に延ばすことができる。

《猛突撃》(神話) Spirited Charge

 君の騎乗突撃は敵を蹴散らし、君に立ち向かうことがいかに愚かであるかを思い知らせる。
 前提条件《猛突撃》
 利益:騎乗突撃による目標への攻撃が命中したなら、その目標は頑健セーヴィング・スロー(DC 10+君のキャラクター・レベルの半分+君の【筋】修正値)を行わねばならず、失敗すると君の階梯に等しいラウンドだけよろめき状態となる。君がこの攻撃にランスを使用しているなら、セーヴィング・スローのDCは2だけ増加する。攻撃を行う前にフリー・アクションとして神話パワーを1回分消費することで、セーヴィング・スローに失敗した相手をよろめき状態の代わりに幻惑状態にすることができる。

《朦朧化打撃》(神話) Stunning Fist

 効果はより高く、頻度はより多くなる。君の拳は立ち向かう相手を朦朧とさせる。
 前提条件《朦朧化打撃》
 利益《朦朧化打撃》のDCは君の階梯の半分だけ増加する。君は《朦朧化打撃》を同じラウンドの間に複数回使用することができる。フリー・アクションとして君は神話パワーを1回分消費することで、《朦朧化打撃》を1日の使用回数を消費すること無く使用することができる。

《野獣の化身》(神話) Aspect of the Beast

 君の血が野生の怒りで燃え上がり、君に獣の力と能力を授けてくれる。
 前提条件《野獣の化身》
 利益:君の獣の性質は以下に示す形態の1つとして顕現する。君はこの特技を選択する際に顕現を選択し、以後変更することはできない。
 神話級感覚(変則)/Mythic Senses:君が通常の視覚を持つなら、暗視30フィートを得る。君が夜目を持つなら、暗視60フィートを得る。君が暗視を持つなら、その暗視の距離が30フィート+君の階梯毎に10フィートだけ増加する。
 神話級の爪(変則)/Mythic Claws:君は強力な爪を一組伸ばす。この爪は主要攻撃であり、1d4ポイントのダメージ(君が小型ならば1d3)を与える。君が既に爪を持つ場合、それらが及ぼすダメージに用いるダイスの種別が1段階だけ増加する(d4はd6となり、d3はd4となる、といったように)。君は同じラウンドに両方の爪攻撃が命中した際に神話パワーを1回分使用することで、それらの爪を用いたかきむしりを行うことができる。このかきむしりは1回の爪ダメージ+君の【筋力】ボーナスの1.5倍に等しい追加ダメージを与える。
 神話級跳躍(変則)/Mythic Leap:君は跳躍の前に10フィートの助走を行わなくても、助走をしたものとして跳躍を行うことができる。加えて、君は跳躍の成否やどれだけの距離を跳躍できたかを決定するために行う〈軽業〉判定に+5のボーナスを得る。すでに《野獣の化身》の顕現として捕食者の跳躍を有しているならば、〈軽業〉判定へのボーナスは+10に増加する。
 神話級勘(変則)/Mythic Instinct:君はイニシアチブ判定に+2のボーナスと、〈生存〉判定に+2のボーナスを得る。これらのボーナスは《野獣の化身》の顕現である野生の勘から得られるボーナスと累積する。

《矢つかみ》(神話) Snatch Arrows

 君は空中で掴んだ武器を用いて即座に近接攻撃を行うことができる。
 前提条件《矢つかみ》
 利益《矢つかみ》を用いて君が近接武器として使用できる投擲武器を掴んだ時、君は割り込みアクションとして、その武器を用いてその武器の近接間合いの中にいる敵に対して1回の近接攻撃を行うことができる。君は神話パワーを1回分消費することで、割り込みアクションを消費することなくこの攻撃を行うことができる。

《矢止め》(神話) Deflect Arrows

 君は射出物と光線呪文を巧妙精緻な技でそらす。
 前提条件《矢止め》
 利益《矢止め》を使用している間、君は1ラウンドに追加で君の階梯の半分に等しい遠隔攻撃をそらすことができる。君は割り込みアクションとして神話パワーを1回分消費することで、君を目標とする光線呪文あるいは光線効果1つをそらすことができる。

《闇を見通す目》(神話) Deepsight

 君の鋭い目は闇をさらに深くまで見通し、君により多くを明らかにしてくれる。
 前提条件《闇を見通す目》
 利益:君の暗視の間合いは階梯毎に10フィートだけ増加する。

《矢を弾く盾》(神話) Missile Shield

 特筆すべき認識力のお陰で、君は複数の遠隔攻撃のみならず光線呪文でさえそらすことができる。
 前提条件《矢を弾く盾》
 利益《矢を弾く盾》を使用する際、君は1ラウンドに追加で自身の階梯の半分に等しい回数だけ遠隔攻撃をそらすことができる。君は割り込みアクションとして神話パワーを1回分消費することで、君を目標とする光線呪文あるいは光線効果1つをそらすことができる。

《預言者の先見》(神話) Prophetic Visionary

 君の予知能力は君をさらに助けてくれる。
 前提条件《預言者の先見》
 利益:君は回数無制限で《預言者の先見》によるオーギュリイを使用することができる。発動するたびに10分の深いトランス状態を必要とする。オーギュリイの成功確率は階梯毎に1%だけ増加する。この特技を使用したオーギュリイが成功したならば君はガイダンスの利益を得る。このボーナスは君の階梯に等しく、技量ボーナスではなく洞察ボーナスとなる。

《蘇る英雄》(神話) Heroic Recovery

 君は効果を受けた後に有害な状態による効果を軽くあしらうことができる。
 前提条件《蘇る英雄》
 利益:即行アクションとして、君は神話パワーを1回分消費することで、《蘇る英雄》を追加で使用することができる。このようにした時には、頑健セーヴの結果に君の階梯を加える。

《来訪者へのエネルギー放出》(神話) Alignment Channel

 君の信仰の力は君が忌み嫌う属性に傾倒する全てのクリーチャーに害を与える。
 前提条件《来訪者へのエネルギー放出》
 利益:君のエネルギー放出は、君が《来訪者へのエネルギー放出》を修得した際に選択した属性を持つ全てのクリーチャー(来訪者だけでなく、その属性の副種別を持つ必要も無い)に効果を及ぼす。しかしそれらの目標には半分の治癒もしくは半分のダメージしか及ぼすことはできない。また、君は《来訪者へのエネルギー放出》を使用する際に神話パワーを2回分消費することで、まるで選択した属性の副種別を持つかのように、選択した属性の目標全てに効果を及ぼすことができる。

《腕力による威圧》(神話) Intimidating Prowess

 君の神話級の名声は、他人を焦らせる。
 前提条件《腕力による威圧》
 利益:君は非神話級クリーチャーに対して行う〈威圧〉判定に、君の階梯に等しいボーナスを得る。神話級クリーチャーには代わりに階梯の半分に等しいボーナスを得る。もし君が《説得力》(神話)特技も修得しているならば、君は神話パワーを1回分消費することで、〈威圧〉判定で出目20をロールしたかのように扱うことができる。この能力を使用するかどうかは、ロールが行われる前に決定しなければならない。