NC1 > 付録2:遭遇グループ

付録2:遭遇グループ Appendix 2: Encounter Groups

 Pathfinder RPG Core Rulebookの冒険と遭遇を構築するためのガイドライン(396~401ページ参照)を従うことにより、君はいくつかの多様な挑戦的な遭遇を引き起こすためにこの本に示されているNPCを使うことができる。急いでいるならば、この付録は、この本のNPCを使っているいくつかのテーマのある遭遇を提供する。テーマ各々は低レベル、中レベル、高レベルに分けられており、それぞれ脅威度が記載されている。続けて遭遇にいるNPCたちと、その種族、クラス、レベル、そしてNPCそれぞれを見つけられるページも書いている。

射手の一団 Archer Bands

 多くの戦士は、最高の攻撃の種類は遠くから作られる類のものであることを知っている。敵が接近できる前にこうした戦士は死を配る。

低レベル(脅威度3)

 これらの密偵の射手は隠れたところから矢弾を発射する。

2人の新米偵察者(ハーフエルフのレンジャー1)
1人の熟練の狙撃手(ハーフエルフのローグ3)

中レベル(脅威度11)

 これらの森の斥候は魔法による弓術と近接戦闘を組み合わせる。

1人の潔癖の狙撃手(ノームのファイター8)
3人の森の守護者(エルフのバーバリアン6)
1人の深緑の監視者(エルフのファイター5/召喚術士2/アーケイン・アーチャー2)

高レベル(脅威度18)

 これらの射手はアンデッドを追い詰めるが、邪魔立てするものも相手にする。

1人の亡者破り(レンジャー9/ソーサラー1/アーケイン・アーチャー7)
2人の亡者殺し(レンジャー16[訳注:ハーフエルフ])

押し込み強盗団 Burglars

 これらの熟達した泥棒と冒険者は、破壊、侵入、窃盗が上手である。

低レベル(脅威度3)

 大道芸人が建物の外で群衆の気をそらしている間、二人のスリが盗品をくすねる。

2人のすり(人間のローグ1)
1人の大道芸人(人間のバード2)

中レベル(脅威度11)

 ノーム2人組は筋肉達磨と、新しい経験をしようと同行している酔っ払ったクレリックによって黒人に扮装している。

1人の漆黒の一撃(人間のファイター7/シャドウダンサー2)
1人の大酒飲みの戦闘士(ハーフリングのクレリック6)
2人の罠名人(ノームのローグ8)

高レベル(脅威度19)

 学術的な知識という資産と優れた剣の腕前は、指導の間でも役立つことがありえる。

1人の優しき討伐者(エルフのバーバリアン17)
1人の歴史学の重鎮(ドワーフのバード10/ローアマスター7)
1人の宝箱荒らし(人間のローグ6/変成術士4/アーケイン・トリックスター7)

海賊の船員 Pirate Crews

 公海と川を巡るこれらの侵略者は金と自身の維持以外のほどんどを望まない。

低レベル(脅威度4)

 なりたての海賊の子の乗組員は、川岸に沿って住む集落を襲撃する。

1人の老水夫(エルフのエキスパート2)
1人の風手繰りの名手(人間のドルイド2)
3人の神頼みの傭兵(人間のファイター1)

中レベル(脅威度10)

 沿岸の共同体の恐怖であるこの乗組員は、海賊の女王の位を主張する大胆な女性によって導かれている。

1人の血炎の妖術師(ハーフオークのソーサラー7)
1人の海賊の女王(人間のレンジャー10)
6人の手練れの海賊(人間のウォリアー4)

高レベル(脅威度17)

 高波に乗る海賊船にいるこの慣れた乗組員は火のメイジに支えられている。

1人の生命を奪う者(人間のバーバリアン15)
1人の海賊の王者(ハーフエルフのファイター15)
1人の放火狂の魔術師(人間の力術士13)
4人の狡猾な剣術家(人間のファイター11)

貴族の廷臣 Aristocratic Courts

 貴族はしばしば戦いを避けたり、他のものに汚れ仕事をさせるが、克服すべき異なる種類の挑戦を提示する――特に社会的な挑戦を。

低レベル(脅威度4)

 王女と彼女のパラディンの護衛はコインを貧しいものに配る。

6人の乞食(ハーフエルフのコモナー1)
1人の無神経な放蕩者(人間のパラディン1)
1人の王女(人間のアリストクラート2)

中レベル(脅威度11)

 地元の市長は彼の厚意を得ようと争っている弁護士と商人の一団によって絶えず囲まれている。彼は私的なボディガード2人組によっても守られている。

3人の冷徹な法律家(ハーフエルフのエキスパート9)
2人の熟練の護衛(人間のウォリアー7)
1人の市長(人間のアリストクラート7)
2人のやり手の商人(人間のエキスパート7)

高レベル(脅威度18)

 パラディンの幹部と宮廷の歴史家はこの若い王に随員として尽くしている。

1人の国王(人間のアリストクラート10)
1人の歴史学の重鎮(ドワーフのバード10/ローアマスター7)
1人の騎乗せし規範(人間のパラディン16)
4人の敬虔なる衛兵(人間のパラディン10)

ギルド結社 Guild Associations

 大きな都市は多くのギルドに成長を与える。他の幸福より利益と利己心に興味がある専門家で満たされる。

低レベル(脅威度3)

 彼らがドワーフのマスターから作成を学ぶことができることは、人間の宝石職人の弟子にとって幸運なことである。

3人の宝石職人の弟子(人間のエキスパート1)
1人の宝石狂妖術師(ドワーフのソーサラー2)

中レベル(脅威度11)

 弁護士ギルドのメンバーは、重要なケースでアシストするために研究者を時々探す。

1人の残虐な教師(人間のバード9)
4人の冷徹な法律家(ハーフエルフのエキスパート9)

高レベル(脅威度19)

 戯曲と俳優のギルドは数人の冒険家を劇を演じさせるために雇う。一般的に優れた脚本家は彼らの才能を演劇に転用する方法を教える。

1人の何でも投擲屋(ドワーフのモンク15)
1人の忍びの君主(人間のローグ17)
1人の練達の物語作家(ハーフエルフのソーサラー10/パスファインダー・クロニクラー7)
1人の呪文剣士(エルフのバード16)

吟遊詩人の一座 Bardic Troupes

 しばしば、これらのグループは大勢を楽しませる事に満足する。他の時は彼らには秘密の動機がある。

低レベル(脅威度2)

 バードは、ソーサラーやウィザードを派手な魔法でパフォーマンスを補うために雇い入れる。

1人の金ずく魔術師(人間のソーサラー1)
2人の宿酒場の歌い手(ハーフエルフのバード1)

中レベル(脅威度11)

 時にバードが自分たちの貿易に精を出す間、シーフたちは彷徨いて群衆の者たちからスリを働く。

1人の自由契約の泥棒(人間のローグ7)
1人の降霊会の霊媒師(人間のバード10)
1人の路上壁画家(エルフのバード8)

高レベル(脅威度16)

 群衆を感嘆させ、楽しませるサーカスのパフォーマーが流離う一座には、多くの危険な才能がある。

1人の高級娼婦(人間のバード12)
1人のライオンの調教師(ノームのバード15)
2人の毒牙の奏者(人間のモンク11)
1人の戯れの幻術士(ノームの幻術士10)

剣士の一団 Swashbucklers

 大胆さと心意気を持つこれらの戦士は、自分の評価を高めるだけのために他の人へ決闘を申し込む。

低レベル(脅威度5)

この不器用なノームの剣士のペアは彼らの功績の風刺を望んでいる詩人の注意を引いた。

1人の宮廷の詩人(人間のバード5)
2人の豪胆な刺客(ノームのファイター2)

中レベル(脅威度13)

 娼婦の仲間は更なる大胆な偉業へとこうした剣士たちに拍車をかける。

1人の契約暗殺者(エルフのローグ11)
1人の高級娼婦(人間のバード12)
1人の狡猾な剣術家(人間のファイター11)

高レベル(脅威度18)

 この有名なドワーフの決闘者の人々は元素の力に支えられており、ドラムのビートが彼を駆り立てる。

1人の元素神官(ハーフリングのクレリック16)
1人の鋼鉄の決闘者(ドワーフのファイター10/デュエリスト7)
1人の坑道の太鼓奏者(ドワーフのバード14)

賢者結社 Sage Circle

 共有のために支払う羽目にならない限り、知識の調達者は秘密を守るのが得意である。彼らは魔法の能力を用いて自身の共同体で威張り散らしているかもしれないし、隠れた庵に住んでいるかも知れない。

低レベル(脅威度7)

 この賢者は冒険しに行くのに不安がりすぎている魔術師を引き連れ、地元の運命の預言者の終わりなき悲観的な質問に悩まされている。

1人の用心深い魔術師(人間のウィザード1)
1人の破滅の預言者(ハーフオークのアデプト4)
1人の博識の賢者(人間のエキスパート8)

中レベル(脅威度10)

 これらの賢者は通常煙たい酒場か何処かの奥におり、些細なことについて議論をし、冒険者から珍しい本を得たがっている。

1人の高慢な学者様(エルフのバード7/パスファインダー・クロニクラー2)
1人の神聖なる学匠(ハーフリングのクレリック7/ローアマスター2)
1人の博識の賢者(人間のエキスパート8)

高レベル(脅威度18)

 ドワーフの伝承の卓越者であるこうした賢者は、純粋な宝石、ミスラルのアイテム、プラチナ貨でのみ取引する巨大な知識を共有している。

1人の深淵の警護官(ドワーフの防御術士16)
1人の歴史学の重鎮(ドワーフのバード10/ローアマスター7)
1人の坑道の太鼓奏者(ドワーフのバード14)

荒野の狩人 Wilderness Hunters

 時折獲物を追跡し、時々敢えて自分たちの領域に入る人を追撃する狩人はモンスターより危険となりうる。

低レベル(脅威度4)

 密猟者は、獲物を地元の貴族から盗むために見習いの狩人を3人連れている。

3人の新米偵察者(ハーフエルフのレンジャー1)
1人の密猟者(人間のレンジャー3)

中レベル(脅威度11)

 泥濘を追跡するこれらの狩人はいかなる干渉も競争も好きにはならない。

1人のぬかるみの祈祷師(人間のドルイド9)
2人の沼地の賊徒(ハーフエルフのレンジャー9)

高レベル(脅威度14)

 このありそうもない三人組は土地から巨人と彼らの奴隷を一掃するために丘と山を徘徊する。

2人の巨人潰し(ノームのレンジャー11)
1人の修道士の狙撃手(エルフのモンク13)

修道士の一団 Monastic Band

 修道士の一団は彼らの教えで人々を保護し、彼らの難解な哲学を進めるために、修道院の周りの地域を放浪する。

低レベル(脅威度5)

 容赦のない達人は激しく打ち、とどめを刺す方法を入会者に教える。

3人の用心深い門徒(人間のモンク1)
1人の残忍な信奉者(人間のモンク5)

中レベル(脅威度10)

 これらの修道士は彼らの神聖な命令を守る。

1人の神聖なる妖術師(人間のソーサラー9)
3人の快活な奇襲隊(ノームのモンク4)
1人の揺るぎ無き守護者(ドワーフのモンク9)

高レベル(脅威度18)

 これらの奇妙な人は命令のために洞窟を守る。

2人の何でも投擲屋(ドワーフのモンク15)
1人の集落の首長(ノームのモンク17)

神聖なる聖戦士団 Divine Crusaders

 己の情熱によって衝き動かされる宗教の宣教師は、何らかの抵抗を異教徒としての大義として扱う事がある。

低レベル(脅威度4)

 信仰に対する脅威は、共通の目的の為に共闘する異なる宗教的思考の者たちの十字軍を齎す。

1人の高慢な復讐者(ハーフエルフのパラディン3)
1人の炎の秘伝継承者(ドワーフのドルイド1)
1人の戦場の神官(ドワーフのクレリック2)

中レベル(脅威度9)

 すべての宗教が人々を助けるわけではない。信仰の行動の呼び声は虐殺をもたらす。

4人の斧使いの戦士(ハーフオークのバーバリアン3)
1人の戦斧の舞踊家(ハーフオークのモンク8)
1人の憤怒の神官(ハーフオークのクレリック8)

高レベル(脅威度20)

 ドワーフが脅かされているとき、その神聖な守り手は真に本当に素晴らしい神聖な応答をすることができる。

1人の戦斧の君主(ドワーフのパラディン17)
2人のドワーフの石弓使い(ドワーフのファイター16)
1人の聖なる戦闘魔術師(ドワーフのクレリック5/ウィザード5/ミスティック・シーアージ10)

隊商の防衛隊 隊商の護衛隊 Caravan Defenders

 取引人や彼らの商品を確実に所望の目的地に到着させる務めを持つ多くの隊商の護衛たちは、危険が迫るとき行動へ飛び込む――だが死が見えそうならば、金のために戦う人々は逃げるかもしれない。

低レベル(脅威度7)

 大胆な商人とやや消極的な大工は隊商の衛兵の助けに来る。

4人の衛兵(人間のウォリアー3)
1人の敏腕の大工(ハーフオークのエキスパート4)
1人のやり手の商人(人間のエキスパート7)

中レベル(脅威度12)

 よく守られた外交官はこの隊商で旅行している。脅威があるとき、彼女と側近は隊商の防衛戦力を徴集する。

4人の騎馬兵(ハーフエルフのウォリアー9)
1人の外交官(ハーフエルフのアリストクラート8)
1人のグリフィンの騎手(エルフのファイター10)

高レベル(脅威度18)

 危険度の高い砂漠の旅行でも、この金持ちの隊商は狩人たちと術者たちによって守られている。

4人の砂漠の巡察者(ハーフオークのレンジャー14)
1人の炎の激情(人間のドルイド14)
1人の天性の秘術使い(ハーフリングのソーサラー16)

探索の途の聖騎士 Questing Paladins

 彼らのゴールは断固としたもので、神聖なる任務の一団の聖騎士は敵を打ち破る。

低レベル(脅威度7)

 このグループの正統ではない戦術は、秩序と善の敵を驚かせる。

1人の聖なる射手(エルフのパラディン6)
2人の戦場に立つ聖戦士(ノームのパラディン4)

中レベル(脅威度10)

 クレリックの幹部たちは彼らが生きた聖者と考えるパラディンに随行する。

4人の気高き聖戦士(人間のクレリック5)
1人の高徳の騎士(ハーフオークのパラディン9)

高レベル(脅威度20)

 世界からデーモンとアンデッドを粛正するための探求がこのグループにはある。

1人の悪魔狩人(人間のパラディン20)
3人の亡者殺し(人間のレンジャー16)

地域の冒険者 Local Adventurers

 多くの居住地は、あらゆる形での諍いを支持しない冒険者の独自の一団を補助している。

低レベル(脅威度5)

 不適合者のこのグループは、克服すべき脅威と蓄えるべき宝を探し田園地方を捜索する。

1人の豪胆な刺客(ノームのファイター2)
1人の熟練の狙撃手(ハーフエルフのローグ3)
1人の大道奇術師(ノームの心術士2)
1人の戦場の神官(ドワーフのクレリック2)

中レベル(脅威度9)

 数シーズンの間お互いに冒険した、このグループのメンバーは一緒によく戦い、袖の下にいくつかのトリックがある。

1人の冒険家の鍛冶師(ハーフエルフのファイター6)
1人の大酒飲みの戦闘士(ハーフリングのクレリック6)
1人の自由契約の泥棒(人間のローグ7)
1人の稲妻の魔導士(ハーフリングの力術士7)

高レベル(脅威度18)

 これらの地元のチャンピオンは彼らの共同体を非常に守り、互いの戦術を知り尽くしている。

1人の残虐な召喚術士(人間の召喚術士15)
1人のドワーフの石弓使い(ドワーフのファイター16)
1人の元素神官(ハーフリングのクレリック16)
1人の魔術師殺し(ハーフオークのローグ16)

小さき放浪者 Small Rovers

 決してその本を表紙を判断するな、そして彼ら小さい背丈の敵を決して侮るな。これらのハーフリングは容易に標準の大きさの敵を相手にする。

低レベル(脅威度6)

 隠れた居住地の周りの地域を警邏するこれらの保護官は彼らの共同体が秘密で安全なままいさせるようにする。

1人の犬の騎手(ハーフリングのバーバリアン4)
1人の森林の守人(ノームのドルイド3)
3人の街の見張り番(ハーフリングのレンジャー2)

中レベル(脅威度12)

 これらの小さき侵略者は格好の餌食を探し、海岸と川を歩き回る。

1人の海賊の女王(ハーフリングのレンジャー10)
2人のハーフリングの投石手(ファイター9)
1人の私掠船の船長(ハーフリングのドルイド8)

高レベル(脅威度17)

 自然の魔法と肉体攻撃を組み合わせるこれらの小さい人々は、驚くべきほど固いパンチを見舞う。

2人の小さき拳(ハーフリングのモンク14)
1人の天性の秘術使い(ハーフリングのソーサラー16)

盗賊ギルドの刺客 Thieves' Guild Bravos

 犯罪を犯すか、彼らのギルドの意志を実行するかにかかわらず、これらの刺客は豪胆で、大胆で、戦いなど恐れない。他人に実際の窃盗をさせる彼らは代わりに目眩ましをし、ギルドの生計に対する脅威をもたらすかも知れない人々を排除することに集中する。

低レベル(脅威度5)

 狙撃手は自身の経歴の最初の1~2回の任務においてギルドへの入会者を後詰にする。

1人の新米ギルド員(ハーフリングのローグ5)
1人の熟練の狙撃手(ハーフエルフのローグ3)

中レベル(脅威度8)

 ギルドが強さを見せびらかす必要があるとき、ギルドはより低い位のギルド会員の補助も付けた、目的のためにとっておきの印象的な乱暴者を投入する。

1人の術士狩人(ドワーフのファイター7)
3人の新米ギルド員(ハーフリングのローグ5)

高レベル(脅威度14)

 愈々となれば、ギルドマスターが自分で問題を引き受け、おそらく死霊術士の支援を受け、厄介者が永遠に物言わないようにする。

2人の契約暗殺者(エルフのローグ11)
1人のギルドの頭目(ドワーフのローグ13)
1人の亡者製造人(人間の死霊術士11)

討伐団 Slayers

 冒険者に邪魔された時、政府、教会、そして犯罪者は雇った殺し屋を送り出し、素早くかつ静かにあるいは将来の反乱を止めようと大々的な見せしめをとして問題に対処させることが良く知られている。

低レベル(脅威度3)

 このグループは素早く流血の方法で目標を仕留めることを専門としている。

2人の残忍な傭兵(人間のバーバリアン1)
1人の忍び寄る悪漢(ハーフオークのローグ2)

中レベル(脅威度11)

 不浄な目的のため、このグループは犠牲者の跡をつけ、立ち去った後に立っている者はいない。

2人の術士狩人(ドワーフのファイター7)
1人の死滅の神官(人間のクレリック9)
1人の信教の殺し屋(ハーフオークのクレリック1/ローグ6/アサシン2)

高レベル(脅威度23)

 この見下げ果てた悪党たちの連帯関係はお互いとの対立で終わるが、その時までは彼らは遭遇する全てに対する脅威となる。

1人の絶命の戦斧(ドワーフのローグ10/アサシン10)
1人の業火の悪魔神官(人間のクレリック20)
1人の地獄の戦闘士(人間のファイター20)
1人のミスラルの魔導師(人間のファイター2/力術士8/エルドリッチ・ナイト10)

都市の防衛隊 都市の護衛隊 City Defenders

 市民の平和と繁栄は武器の力で擁護されるべきである。これらの男と女は居住地の人々を護衛する。

低レベル(脅威度4)

 ベテランの衛兵はやり方を見せて将来の課題の為に鍛えようと、都市の下層の地域の巡回を通してほやほやの新兵たちの支部を導く。

1人の衛兵(人間のウォリアー3)
6人の新兵(ドワーフのウォリアー1)

中レベル(脅威度11)

 パラディンは都市の壁の外の地をパトロールしている騎兵の一団をリードする。

4人の騎馬兵(ハーフエルフのウォリアー9)
1人の高徳の騎士(ハーフオークのパラディン9)

高レベル(脅威度20)

 都市が脅されているとき、このパラディンは守るために集まる。

1人のミスラルの主(ハーフエルフのパラディン19)
4人の騎乗せし規範(人間のパラディン16)

ドルイド僧の集まり Druid Circles

 神聖な原野の領域の保護者であるこうした司祭とその仲間は脅威に対し自然の凶暴さで応じる。

低レベル(脅威度7)

 小さな人でいっぱいのドルイドのサークルでさえ、奮起した時には危険である。

1人の捕え難き小男(ハーフリングのドルイド6)
2人の森林の守人(ノームのドルイド3)
1人の街の見張り番(ハーフリングのレンジャー2)

中レベル(脅威度12)

 離島で足止めされると、原住民との奇妙なドルイド的協力が不可欠になる。

1人の漂流者(ハーフオークのドルイド12)
2人のぬかるみの祈祷師(人間のドルイド9)

高レベル(脅威度18)

 孤独で危険なドルイドは、現地の野蛮人から彼らに仕えるチャンピオンを選出することがある。

1人の忌まわしき災い(ハーフエルフのドルイド17)
2人の生命を奪う者(人間のバーバリアン15)

謎めいた冒険者 Mysterious Adventurers

 目標と動機付けを秘するこれらの冒険者は、PCの栄光を盗む脅威である他のグループの引き立て役となる。

低レベル(脅威度3)

 つい最近結成されたこのグループはまだ効果的に協力する方法を学習している。

1人の炎の秘伝継承者(ドワーフのドルイド1)
1人の金ずく魔術師(人間のソーサラー1)
1人の新米偵察者(ハーフエルフのレンジャー1)
1人の宿酒場の歌い手(ハーフエルフのバード1)

中レベル(脅威度8)

 聞かれれば非常に高いゴールを主張するが、これらの見窄らしい冒険者は宝を蓄えることだけが好きである。

1人の茨の妖術師(ハーフエルフのソーサラー5)
1人の大洞窟の守護者(ハーフエルフのドルイド5)
1人の賭博師(ドワーフのバード7)
1人の騎乗射手(人間のレンジャー5)

高レベル(脅威度13)

 不可解なマスターのために一連のアーティファクトを探すこのグループはその秘密を守るためならどんなことでもする。

1人の黒鱗の妖術師(ハーフオークのソーサラー10)
1人の百面相(ハーフオークのバード11)
1人の巨人潰し(ノームのレンジャー11)
1人の高地の女首領(ハーフエルフのドルイド11)

蛮族の戦闘集団 Barbarian Warbands

 蛮族の戦士は荒野と公海の災いである;彼の行動や予測して克服していくのは難しい。

低レベル(脅威度3)

 これらの遠洋航海の傭兵は小型ボートや沿岸の集落を襲撃しているところで見つけることができる。

1人の風手繰りの名手(人間のドルイド2)
2人の残忍な傭兵(人間のバーバリアン1)

中レベル(脅威度10)

 ドワーフのバーバリアンは自分たちの部隊を強化する為に、ノームの術者の助力を時々招聘する。

1人の洞窟の巡察者(ドワーフのローグ6)
2人の武器破壊の斧(ドワーフのバーバリアン7)
1人の偽計の魔術師(ノームのソーサラー8)

高レベル(脅威度16)

 カリスマ的な部族のリーダーは、部族のメンバーには隠している力をうまく扱うことができる。

1人の酸の戦慄(人間のソーサラー9/ドラゴン・ディサイプル4)
2人の獰猛な騎手(人間のバーバリアン13)
1人の部族の族長(人間のバード13)

秘術の戦士団 Arcane Warrior

 秘術の芸術の全ての熟練者が、難解な手法の本を熟読している皺だらけの学者であるというわけではない。幾人かは戦いの熱気の最中に鍛造できる恐るべき力を備えている。

低レベル(脅威度3)

 必要あらば、これら2人のメイジは乱戦へ飛び込むのを恐れない。

1人の戦闘魔術師(エルフのウィザード3)
1人の宝石狂妖術師(ドワーフのソーサラー2)

中レベル(脅威度8)

 この流離いの二人組はトラブルを求めるわけではないが、後ずさりもしない。

1人の杖の女王(エルフのファイター2/防御術士5/エルドリッチ・ナイト2)
1人の荒天の預言者(ドワーフのソーサラー7/ドラゴン・ディサイプル2)

高レベル(脅威度22)

 危険な小股潜りのこれらの秘術の戦士は克服すべき挑戦と働くべき悪事を求めて土地を彷徨う。

1人の混沌の矢(ノームのローグ6/ソーサラー4/アーケイン・アーチャー10)
1人の神盗み(エルフのローグ3/心術士7/アーケイン・トリックスター10)
1人の氷結の乙女(エルフのソーサラー10/ドラゴン・ディサイプル10)

不浄なる巡礼者 Unholy Pilgrims

 闇の神の邪悪な求めを遂行中のこれらの不浄な旅行者は、遭遇するすべてに対する脅威であり、誰を神の永遠の飢えに捧げるかをほとんど気にしない。

低レベル(脅威度6)

 入門者の一団は破滅の預言者と彼の護衛たちの後を追って不浄なる神託所まで行く。

2人の斧使いの戦士(ハーフオークのバーバリアン3)
1人の破滅の預言者(ハーフオークのアデプト4)
3人の信徒(人間のアデプト3)

中レベル(脅威度12)

 一組の悪の聖職者と彼らの仲間は死を広げる道を歩き回る。

1人の用心深い狩人(ハーフオークのモンク10)
1人の殺意の密偵(エルフのローグ9)
2人の死滅の神官(人間のクレリック9)

高レベル(脅威度19)

 この危険なグループは、世界に終わりを告げることを目的として、不浄な領域へと神聖な遺物を護送する。

3人の死滅の門徒(人間のモンク9/アサシン4)
1人の死滅の達人(ハーフエルフのクレリック5/力術士6/ミスティック・シーアージ7)
1人の終末戦争の布告者(人間のクレリック17)

魔術師ギルドの代理人 Wizards' Guild Agents

 秘術の術者は権力者を裏にいる首謀者となることがあり、容赦なく自分たちの立場を守る。

低レベル(脅威度5)

 ギルドは調査するとき、一般的に支援のために戦闘魔術師のペアを送り込む。

2人の戦闘魔術師(エルフのウィザード3)
1人の調査官の魔導師(人間の占術士4)

中レベル(脅威度10)

 時々、ギルド・ビジネスには巧みな手腕が必要になる。そうしたエージェントは落ち着いた技巧でギルドの問題を解決する方法を見つける。

1人のペテン師(ハーフエルフのバード6)
1人の殺意の密偵(エルフのローグ9)
1人の妖艶なる心術士(エルフの心術士8)

高レベル(脅威度17)

 脅かされている時、ギルドは強力な術者と近接戦闘の補助と共に迅速に対応する。

1人の秘術屋を騙る者(ハーフリングのファイター14)
1人の残虐な召喚術士(人間の召喚術士15)
2人の放火狂の魔術師(人間の力術士13)

妖術師の共同体 Sorcerer Fellowships

 相互保護のために、そして戦場で作られる虐殺の量を増やすために、妖術師は団結する。

低レベル(脅威度5)

 このペアは土地を冷酷にも警邏し、常に不法侵入するものを攻撃する。

1人の境域の衛士(ハーフオークのレンジャー4)
1人の茨の妖術師(ハーフエルフのソーサラー5)

中レベル(脅威度11)

 大きく邪悪な刃を用いるモンクのペアは、強力な妖術師を保護する。

2人の戦斧の舞踊家(ハーフオークのモンク8)
1人の黒鱗の妖術師(ハーフオークのソーサラー10)

高レベル(脅威度15)

 氷と雷鳴の魔法を織り交ぜるこの妖術師たちの提携は、そのメンバーを脅かす者全員を相手にする。

2人の蒼き電光の妖術師(人間のソーサラー13)
1人の氷の魔術師(ハーフエルフのソーサラー14)

傭兵団 Sellswords

 厄介な冒険者によって悩まされる人々は、防衛するために熟練した傭兵を雇う。

低レベル(脅威度6)

 山賊は、致命的に効率よく敵を倒すために悪漢としばしば手を組む。

2人の忍び寄る悪漢(ハーフオークのローグ2)
3人の裏切りの山賊(ハーフオークのファイター3)

中レベル(脅威度12)

 この剣術家は戦いの間、投石手2人を背にし続けるように守る。

2人のハーフリングの投石手(ハーフリングのファイター9)
1人の狡猾な剣術家(人間のファイター11)

高レベル(脅威度19)

 この型にはまらない二人組は、太腕での、仰々しくさえある大振りで、その敵を打ち破る。

1人の落ちぶれた門弟(ハーフオークのファイター18)
1人の剣の賢者(エルフのモンク19)

来訪の冒険者 Visiting Adventurers

 名前を上げるために新天地に入った冒険者は既にいるチャンピオンとの対立が起こることがある。

低レベル(脅威度7)

 地元の有名人は、町に新しく来た冒険者の一団と知遇を得る。

1人の戦闘魔術師(エルフのウィザード3)
1人のいかさま師(人間のローグ4)
1人の地域の有名人(人間のバード3)
1人の学者神官(人間のクレリック3)
1人の裏切りの山賊(ハーフオークのファイター3)

中レベル(脅威度10)

 この野心的なグループは、他の冒険者を偵察して、冒険の地で彼らを打ち倒そうとする。

1人の術士狩人(ドワーフのファイター7)
1人の洞窟の巡察者(ドワーフのローグ6)
1人のペテン師(ハーフエルフのバード6)
1人の部族の占い師(ハーフオークの占術士6)
1人の生体解剖狂の聖職者(人間のクレリック7)

高レベル(脅威度21)

 現状を打倒しようと何もせず、可能な場合はいつでも、このグループはほかの冒険しているグループを妨害しようとする。

1人の短剣の達人(ハーフリングのローグ18)
1人の落ちぶれた門弟(ハーフオークのファイター18)
1人の偉大なる死霊術士(人間の死霊術士18)
1人の競合の探検家(ハーフオークのバード18)
1人の影に潜む聖職者(エルフのクレリック18)

竜族の略奪団 Draconic Ravagers

 竜族の血は、劣った種族と見做しているクリーチャーに傲慢さと狭量を生み出すこともある。

低レベル(脅威度4)

 傲慢なまでの威厳を持つ、この妖術師は常に近くに彼女の修道院のボディガードを置いている。

1人の用心深い護衛(人間のモンク3)
1人の白き爪の妖術師(エルフのソーサラー3)

中レベル(脅威度14)

 これらの黒鱗の妖術師は彼らの酸の恐ろしいリーダーを神として崇める。

1人の酸の戦慄(人間のソーサラー9/ドラゴン・ディサイプル4)
3人の黒鱗の妖術師(ハーフオークのソーサラー10)

高レベル(脅威度19)

 大きな危険の時、竜の族長は自分の部族の中から最も強力な戦士を結集する。

1人の竜の首領(ハーフオークのバード10/ドラゴン・ディサイプル7)
4人の亡者狩人(ハーフオークのバーバリアン16)