索引 > 呪文リスト索引

呪文リスト索引 Spell List Index

 各呪文名に(物)(焦)と表記されている場合は、その呪文の発動に呪文構成要素ポーチに通常は含まれていない物質や焦点具が必要だということを示す。

 並び方:最初に記載されている呪文リストは、クラスとレベルごとに分けられた呪文のリストである。これらには呪文の名称と、簡潔だが不完全な呪文の説明が含まれている。これらのリストのすぐ後に記載されているのが、呪文の完全な説明つきのすべての呪文のリストである。リストのすべての呪文は50音順に記載されているが、呪文名が“コミュナル”、“グレーター”、“レッサー”、あるいは“マス”で始まっている場合は二番目の語句の順で並んでいる。

 ヒット・ダイス:“ヒット・ダイス”という単語は、特定のヒット・ダイスのクリーチャーに影響を及ぼす効果に関しては“キャラクター・レベル”と同義で扱う。

 術者レベル:呪文の効力は術者レベルに依存することが多く、これは特定の呪文を発動するときの術者のクラス・レベルによって定義される。呪文概略での“レベル”は術者レベルのことを示す。

 クリーチャーとキャラクター:“クリーチャー”と“キャラクター”の語句は呪文概略では同義で扱う。

 コミュナル呪文:コミュナル呪文は術者が複数の目標の間で持続時間を分割することができ、各目標を呪文の対象として扱う点を除いて、他の呪文と同じように機能する。術者は持続時間を分割する際に、目標間で可能な限り均等になるよう分割しなければならない。さらに、コミュナル呪文の説明に特に記述されていない限り、呪文の説明に記載されている持続時間の最小単位よりも短い単位で持続時間を受け取ることのできる目標はいない。例えば術者が5レベルで、コミュナル呪文の持続時間が10分/レベルであり、目標が4体いる場合、各目標は10分間の持続時間を受け取る。残った10分間の持続時間は目標4体のうちの1体のもとに行くことができ、さもなければそれは無駄になる。

 種族固有の呪文Advanced Race Guide及びMonster Codexに掲載された種族固有の呪文については、対応する種族を呪文名の後に“[種族名]”で示した。対応する種族以外のキャラクターがこれらの呪文を使用する際には、GMの許可を取ること。

 同じ呪文リストを用いるクラス:併記されていないものについては、以下にまとめる。
  インヴェスティゲーター:アルケミストの呪文リストを用いる。
  ウォープリースト:クレリックの呪文リストの内、0~6レベルのものを用いる。
  スカルド:バードの呪文リストを用いる。
  ハンター:ドルイドの呪文リストの0~6レベルとレンジャーの呪文リストを組み合わせて使用するが、複雑のため以下に追加している。

             
     
 
                                     
                                    |