ARG > 稀少種族 > ワヤン


ワヤン Wayangs


 ワヤンは起源を辿れば影界にたどり着く、小さく超常的な人型生物の種族である。彼らは極度にやせており、妖精のような背丈と深い影のような色の肌を持つ。極度に精神的な彼らは「解体」として知られる哲学に従う。これは彼らは影の中で再び交わるという教えだ。彼らは喜んで乱切りと肌の漂白の儀式(華美な螺旋と幾何学模様に盛り上がった白い点で身体に印をつける)を通して自らの信念を表す。内気で捕らえどころがない彼らは、小さく相互依存的な部族に住む。ワヤンが外から来たものと関係を持つことはほとんどない。

ワヤンの種族特性 Wayang Racial Traits


+2【敏捷力】、+2【知力】、-2【判断力】:ワヤンは素早く用心深いが、その世界の認識は影により曇ったものだ。

ワヤン:ワヤンは(ワヤン)の副種別を持つ人型生物である。

小型:ワヤンは小型のクリーチャーであり、ACと攻撃ロールに+1のサイズ・ボーナス、戦技ボーナスと戦技防御値に-1のペナルティ、〈隠密〉判定に+4のサイズ・ボーナスを得る。

遅い移動速度:ワヤンは20フィートの基本移動速度を持つ。

暗視:ワヤンは最大60フィートまでの暗闇を見通せる。

光と闇(超常)/Light and Dark:1日に1回割り込みアクションとして、ワヤンは自らがアンデッド・クリーチャーであるかのように、正のエネルギーからダメージを受け、負のエネルギーからダメージを癒やすものとして正と負のエネルギーを扱うことができる。この能力は起動してから1分間持続する。

潜伏者/Lurker:ワヤンは〈隠密〉〈知覚〉に+2の種族ボーナスを得る。

影の魔法/Shadow Magic:ワヤンは自らが発動する影の副系統の呪文に対するセーヴィング・スローのDCに+1を加える。11以上の【魅力】能力値を有するワヤンは以下の擬似呪文能力を得る:1/日―ヴェントリロキズムゴースト・サウンドパス・ウィズアウト・トレイス。これらの効果の術者レベルはワヤンのレベルに等しい。これらの呪文のDCは10+その呪文レベル+ワヤンの【魅力】修正値に等しい。

影の抵抗力/Shadow Resistance:ワヤンは(操影)の副系統の呪文に対するセーヴィング・スローに+2の種族ボーナスを得る。

言語:ワヤンはプレイ開始時に共通語およびワヤン語の会話能力を持っている。高い【知力】を持つワヤンは次に挙げる言語を選択することができる:人間の言語いずれか、アクロ語、ゴブリン語、サンサーラン語、地獄語、テング語、ナガジ語、奈落語、および竜語。

代替種族特性 Alternate Racial Traits


既存のワヤンの種族特性の代わりに以下の種族特性を選択してもよい。この新しいオプションのいずれかを選択する前に、君のGMに相談をすること。

解体の子/Dissolution's Child:1日に1回、君は4フィート以上の高さのある影であるかのように見える姿に変わることができる。君の物理的な姿は依然として存在したままであり、君は非物質的になるわけではない――単に外見が変わるだけである。この効果はインヴィジビリティのように機能するが、レベルごとに1ラウンド(最大5ラウンド)しか持続しない点が異なる。これは超常能力である。この種族特性は影の魔法と置き換える。

適性クラス・オプション Favored Class Options


以下のオプションは記載の適性クラスを有するワヤンに適用可能であり、特に断りのない限り、ボーナスは適性クラスの特典を選択するたびに適用される。

バード:ウィザードの幻術系統の呪文リストより修得呪文1つを獲得する。この呪文はバードが発動できる最大呪文レベルより1レベル以上低い呪文でなくてはならない。この呪文がバードの呪文リストにもともと含まれているものでない限り、1レベル高いものとして扱う。

オラクル:ウィザードの幻術系統の呪文リストより1つの修得呪文を得る。この呪文はオラクルが発動可能な最大呪文レベルより1レベル以上低い呪文レベルでなければならない。この呪文は、もともとオラクルの呪文リストに存在している呪文でなければ、1レベル高い呪文レベルとして扱う。

ソーサラー:ソーサラーが発動する(操影)の副系統を持つ幻術呪文はダメージに+1/2ポイントを追加する。

サモナー:サモナーの幻獣の技能ランクに+1を加える。

種族アーキタイプ Racial Archetypes


以下の種族アーキタイプはワヤンに適用可能である。

影絵師(バード) Shadow Puppeteer


 影絵師は素晴らしくも恐ろしい影絵芝居を呼び出し、影を創り自在に操る超常的な効果を行使する。影絵師は以下のクラス特徴を持つ。

バードの呪芸:影絵師は以下に示すバードの呪芸を得る。それらの能力を起動するためには、影絵を演じることができなければならない。影絵には〈芸能:演劇〉を使用し、光源が必要となる。これらの能力は全てのレベルの勇気鼓舞の呪芸および自信鼓舞の呪芸と置き換える。

影の従者(擬呪)/Shadow Servant:1レベルの時点で、影絵師は単一の芸を行う影の従者を作り出すことができるようになる。影の従者はアンシーン・サーヴァント(術者レベルは影絵師のバード・レベルと等しい)と同様だが、ぼんやりとした影のように見える。影の従者は視覚的要素に関連する。

影絵(擬呪)/Shadow Puppets:1レベルの時点で、影絵師は半現実的な影のクリーチャーを作り出すためにバードの呪芸を使用することができるようになる。このクリーチャーはサモン・モンスターIのリストから選択された1体のモンスターによく似ている。それ以外の点については、このような影のクリーチャーはシャドウ・カンジュレーションと同様に機能する。また、それらと関わりを持った目標が20%だけ本物であるかのように効果を受けるかどうかを判断するために、意志セーヴ(DC 10+バード・レベルの1/2+【魅力】ボーナス)を行う。4レベルと以降3レベルごとに、この能力はより高いサモン・モンスターであるかのように機能するようになる(4レベルの時点でサモン・モンスターII、以下同様)。

新しい種族ルール New Racial Rules


以下のオプションはワヤンに適用することができる。この新しいオプションのいずれかを選択する前に、君のGMに相談をすること。

ワヤンの装備品 Wayang Equipment


ワヤンは以下の装備品を利用することができる。

シャドウ・ステンシル/Shadow Stencils:複雑な金属製のステンシルが10本で1組となっている。このステンシルは人影や物体を高度に一致させる影を作り出すため、影絵に使用される。(操影)呪文や効果で何かを作り出す目的で使用するならば(これには影絵のバードの呪芸も含まれる)、ワヤンはセーヴィング・スローのDCに+1の技量ボーナスを加える。シャドウ・ステンシルを使用するには、片手を使わなければならない。

ワヤンの装備品
品物 費用 重量
シャドウ・ステンシル1セット 30gp 2ポンド

ワヤンの特技 Wayang Feats


ワヤンは以下の特技を利用することができる。

《影の一駆け》 Shadowy Dash


薄明かりの中では、君は影と大差ない。

前提条件:ワヤン。

利益:薄明かりか暗闇の範囲にいる限り、君は〈隠密〉を使用して通常の-5のペナルティを受けることなく、完全な移動速度で移動することができる。

通常:半分の移動速度から通常の移動速度までで移動する際、君は〈隠密〉判定に-5のペナルティを受ける。

ワヤンの魔法のアイテム Wayang Magic Items

ワヤンは以下の魔法のアイテムを利用することができる。

バッグ・オヴ・シャドウ・クラウズ

         (Bag of Shadow Clouds/影雲の鞄)
オーラ 中程度・幻術;術者レベル 7レベル
装備部位 無し; 市価 30,240gp; 重量 1ポンド

解説
 この暗い灰色の布でできた鞄を覗きこんでも、空虚な黒色以外は何も見えない。この鞄の中には影界につながる余剰次元的な空間が存在している。1日に3回まで移動アクションとして、所持者はこの鞄の中に手を入れ、1d4個の半ば実体化した影の欠片を引き出すことができる。鞄の所有者はこれらの影の欠片それぞれを、5フィート四方のマス1つを目標とした投擲武器として使用することができる。命中すればダークネス呪文として機能するが、その5フィート四方のマスにしか効果がない。また移動アクションとして、この鞄の所有者は任意の方向に10フィートまで、影の雲を動かすことができる。誰が投擲したものであれ、影の欠片と影の雲は拡散するまで10分間持続する。


ワヤンの呪文 Wayang Spells

ワヤンは以下の呪文を利用することができる。

シャドウ・アンカー

Shadow Anchor/影の錨
系統 幻術 (操影)[影]; 呪文レベル バード2、ウィザード/ソーサラー2、ウィッチ2
発動時間 1標準アクション
構成要素 動作
距離 接触
目標 接触したクリーチャー
効果 ぼんやりとした影の紐1本
持続時間 1ラウンド/レベル(解除可);本文参照
セーヴ 意志・無効;呪文抵抗

 目標の影は現在のマスに繋がれた伸び縮みする紐となる。そのクリーチャーはそのマスから5フィートまでの範囲であれば、ペナルティなく移動することができる。その繋がれた場所から5フィート以上移動するには、目標はCMD10+術者レベルの1/2+術者の【知力】修正値(ウィザードもしくはウィッチ)あるいは【魅力】修正値(ソーサラーもしくはバード)に対する突き飛ばし戦技判定を行わねばならない。繋がれた場所から5フィート離れる毎に、目標は-1のペナルティを被る。この判定に失敗すると目標の移動は無駄になり、それ以上遠くに移動することはできない。10以上の差でこの判定に失敗したなら、繋がれた場所に5フィート押しやられ、伏せ状態となる。10以上の差でこの判定に成功したなら、この呪文は終了する。この呪文は影や反射を作り出さないクリーチャーには機能しない。目標が(瞬間移動)効果を使用したり現在の次元界から離れるようなことがあれば、この呪文は終了する。