※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在、auto_linkプラグインはご利用いただけません。


■調合のルールが難しくてよく判りません! 簡単に説明して!

ミもフタもない回答で恐縮ですが、無理です。

調合のルールは、多くの要素が関係し、かつそのどれもが重要なので、細かい部分をすっ飛ばしていい加減な覚え方をするのが危険だからです。面倒でも、ひとつひとつ順番に覚えていきましょう。ルールのページを確認しながら、実際に何度も調合をやってみて、失敗しながら学んでいく……遠回りなやり方ですが、急がば回れ、千里の道も一歩から、ということで。

もちろん、本項では少しでも判りやすく調合の仕組みを説明できるよう努力致しますが……どうしても込み入った難しい内容になってしまうことは、覚悟しておいて下さい。複雑な調合の仕組みを理解して使いこなせるようになるのはとても大変ですが、得られるメリットも莫大です。将来のための投資だと思って、がんばりましょう。


■調合のコツを教えて!

細かい数字やルールの話は、先の回答で述べたように、簡単にまとめられません。ここでは、調合初心者向けに 「調合を行う上で、最低限把握しておくべき事柄」 をまとめておきます。


1:調合に失敗すると、調合に使用した全ての素材を失う
まず最初にこの点をよーく覚えておいて下さい。

何も考えずに適当に調合していると、あっという間に手持ちの素材や道具を失って、手詰まり状態に陥ります。調合に成功することで得られるものは多いのですが、同時に失敗することで受けるダメージも大きいのです。くれぐれも慎重に。

見方を変えれば、このゲームでは調合をしなければ資産を失うことは無いのですが……ゲームの構造上、いずれ調合は避けて通れない部分になってきます。とりあえず、最初からいきなり高価な道具を調合しようとせずに、そのへんで簡単に採取できる素材(失敗しても大して痛くない素材)を使って、練習をしましょう。


2:なるべく性能の高い調合道具を使う

当然の話ですが、使う道具が高性能なほど、調合の成功率は上がります。
調合道具は、〈古い錬金鍋〉を使います。
しかし、〈古い錬金鍋〉を使うとしてもあなたの調合能力や、どの程度の調合をするかにもよりますが、基本的に成功率はそれほど高くはありません。
できればより性能の高い調合道具が欲しいのですが……その性能の高い調合道具を手に入れるためには、道具を強化するための調合を行わなければならない、という堂々巡りの構造になっています。

自分一人だけの力で調合道具の自作・強化を行うのは、とても困難です。こればかりは、他の術師から道具を借りたり、完成品を買い取るなどした方が良いです。

なお、調合道具を持たずに調合するのは絶対にやめましょう。素材を無駄に捨てるようなものです。調合道具を倉庫に入れ忘れたまま調合を実行して失敗する、というケースはそこそこありがちなので要注意。


3:必ず生命力・魔法力を最大値まで回復させてから調合する

調合において重要なのが生命力と魔法力です。

調合判定でアクシデントが発生した場合、爆発事故により生命力にダメージを受けます。このダメージで生命力がマイナスになってしまうと、たとえ判定に成功していたとしても、強制的に調合が失敗となってしまいます。アクシデントに耐えるためにも、生命力が減った状態での調合は避けましょう。

魔法力は、調合で振れるダイスの個数に影響します。減った状態で調合すれば、それだけダイスが減る=調合の成功率が落ちます。

休憩で消費するAPをケチったために、肝心の調合判定に失敗しては本末転倒です。調合を行う時は、調合と休憩だけで1日分のAPを使い切るくらいのつもりでいましょう。
減っているのがたったの1点であったとしても、その1点を回復させるためだけにAPを使いましょう。たった1点の差が生死を分ける、というのは珍しい話ではありません。失敗してから後悔しても遅いのです。


4:加工値をなるべく低く抑える

加工値が高くなるほど、当然ながら調合の成功率は落ちていきます。低ければ低いほど良いので、可能な限り低くなるようにしましょう。

……と、言うだけなら簡単ですが、実際にやるのは簡単ではありません。ゲームルールの調合のページを読み込んで、加工値上昇の法則を理解した上で、調合に使う素材を吟味して、レシピを考える……難しい作業です。(その難しい作業をしている時が、慣れてくると最高に楽しい時間でもあるのですが)

とりあえずは、「加工値は低ければ低いほど良い」ということだけでも覚えておきましょう。

自分で計算ができなくても、調合コマンドを選べば、実行直前の段階で、画面に調合の難易度・目標値・完成品の数値などの一覧が表示されます。
その段階でキャンセルすれば、何度でもやり直せるので、いろいろな組み合わせを試して、数値の変化を見比べながら最適なレシピを探したり、無理そうな数字ならやめておく、ということもできます。

調合の仕組みは、そうやっていろいろ試しているうちに何となく覚えられるものです。数字を見るだけならタダですので、試しにいろいろやってみましょう。
なお、その際には、操作を間違えてうっかり調合を実行してしまわないように注意!

■マナの調合がよく判りません! 普通の調合とどう違うの?


ミもフタもない回答で恐縮ですが、結論としては「ゲームルールのページを読め。理解できるまで何度でも読み込め。読んで判らなければ実際に試して身体で覚えろ」という、正論ではあるもののあまり親切ではない回答になってしまいます。

しかし、ただでさえ複雑な調合のルールの中でも、特殊な例外処理が入るマナ調合のルールが難しくてたまらない、という気持ちは理解できます。
本項では、そういった方々を想定して、判りやすさ最優先でまとめてみたいと思います。

注意事項としては、 判りやすさが最優先なので、細かい部分や判りにくいところは意図的に無視しています。ここに書かれていることは、ものすごく大雑把な説明だということを理解した上でお読み下さい。


1:マナの調合は普通の調合より難しい

マナを使った調合は、難易度が+1されます。
難易度が+1されるとどうなるのか、という点については、たった+1でも調合がかなり難しくなる、調合の成功率がかなり落ちる、と思っておいて下さい。
(具体的な成功率の変化は、確率計算機「にゃー」を使って自力で検証してみて下さい)

難易度の上昇は、マナを同時に2つ調合すれば+2、3つなら+3と累積していきます。
あなたの調合道具の質や調合能力によって左右されますが、大まかな目安としては、+1ならまだ何とかなる範囲ですが、+2以上となるとかなり厳しいでしょう。
難易度+2がどのくらい厳しいかというと、あなたの調合道具が初期装備の〈小型錬金鍋〉だった場合、道具を持たずに調合するのとほぼ同じ状態になります。
同時にたくさんのマナを混ぜようとすることが、かなりの無茶であることが、お判り頂けたでしょうか?

(実際は調合で強化された高性能の錬金鍋があれば、難易度+1くらいなら問題なく調合できるようになりますし、あまつさえ複数同時混ぜすら可能になりますが、そのレベルの道具を持っているPCは、本項の読者層としては想定しません。そのレベルの強化道具を作るには、調合の仕組みを理解していることが必須になるので)


2:マナは理力珠に調合しろ!

魔法屋で売っている理力珠をメイン素材にして、マナを調合すると、「1」で説明した難易度の上昇が1点分軽くなります。
もっと簡単に言うと、「理力珠+マナ1個」の調合なら、普通の調合と一緒になります。

なお、難易度の上昇を無視できるのはマナ1個分だけです。2個以上同時に混ぜると難易度の上昇が起きます。2個で+1、3個で+2……と1点分だけ軽くなりはしますが。


3:理力珠1個につきマナ1個!

理力珠は1度調合に使うと、魔力珠に変化します。そうなると、マナ調合の難易度上昇を無視できる特殊効果も消えてなくなります。この特殊効果を使えるのは最初の1回めの調合だけです。

理力珠を使っても、2回以上に分けて調合すれば難易度が上がるし、同時にたくさん調合すればやっぱり難易度が上がります。
難易度の上昇を無視できるのは、理力珠1個につきマナ1個だけ、と覚えておきましょう。


4:本命の調合には、魔力珠(マナを調合した理力珠)を使え!

マナを混ぜた理力珠は素材種別が「道具」になるので(=素材種別が「マナ」ではなくなるので)、その理力珠を他の素材に混ぜれば、難易度の上昇などのマナ調合の例外処理が起きません。

従って、何か別の素材にマナを足したい場合は、まず「理力珠+マナ=魔力珠」の調合を行い、次に「本命の素材+さっき作った魔力珠」の調合を行えば、難易度上昇などの厄介なペナルティを受けることなく、普通の調合と同じようにできます。

もっとも、調合に失敗しても大して困らないようなありふれた素材の調合までいちいち理力珠を使っていると、理力珠を買うお金の支払いで破産しかねないので、そこは上手く予算の範囲内で見切ったり、やりくりしましょう。

また、マナを一度理力珠に混ぜてしまえば普通の素材と同じになるということは、調合が楽になるだけではなく、倉庫にしまったり他人に渡したりといったやりとりができるようにもなる、ということでもあります。
使い道も無いのにマナを取ってしまうと、マナが所持品の枠を無駄に占拠し続ける困った事態になるわけですが、その対処にもなります。


5:理力珠は一番値段の高いものを使え! 金をケチりたければルールを覚えろ!

ただし、理力珠+マナの調合にはもう1つの例外、注意点があります。マナの魔力値が、理力珠のランクを上回ってしまっている場合、調合の難易度がマナの魔力値と同じ数値だけ増えてしまいます。

……そう言われても、何を言っているか判らないっていう人は、「一番値段の高い理力珠を使えば余計な面倒は一切起きない」とだけ理解しておきましょう。

お金を節約したいならルールを理解しなければいけないし、それが嫌なら余分なお金を払うことを覚悟しなければなりません。お金か手間のどちらかは諦めなければならないので、自分に合った方を選びましょう。


6:まとめ

マナを取ってきたら片っ端から理力珠に調合すれば万事OK! 以上!