桐乃「ゲー研(笑)」黒猫「妹(笑)」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

桐乃「ケンカ売ってんの?」
黒猫「あら、それは貴方の方じゃない?」
桐乃「……あんた、何とか言いなさいよ」
黒猫「……先輩、黙っているのは卑怯じゃない」
京介「帰りたい」
桐乃「あぁ、あんた帰りたいのね」
黒猫「確かに、こんな人がいたら帰りたくなるのも納得ね」
桐乃「はぁ!? それ、誰のことよ!」
黒猫「それじゃあ先輩、一緒に帰りましょ」
桐乃「待ちなさいよ。あたしが一緒に帰るわ」
京介「二人で帰ったらどうだ」
桐乃・黒猫「はぁ?」
京介「ドリンクバー取って来る」

桐乃「っていうか、なんでアンタがここに居るわけ?」
黒猫「それはこちらが聞きたいわ」
桐乃「あたしは……外からあいつを見たからよ」
黒猫「なる程。約束はしてなかったのね」
桐乃「それじゃ、アンタは約束してたっての?」
黒猫「誰もそんな事は言ってないわ。私も偶然先輩を見たから」
桐乃・黒猫「……」
桐乃「……それにしても遅いわね」
黒猫「それじゃ、様子を見てくるわ」
桐乃「待ちなさいよ。どこにいくつもり?」
黒猫「勿論、先輩の所へ」
桐乃「いいわよ。あたしが行って来るから」
黒猫「あなたは座ってて。私が行って来るから」

京介「戻ったぞ」
桐乃・黒猫「……」
桐乃「……」
黒猫「……」
京介「メロンソーダは最高だな」
桐乃「ねえあんた。ちょっと聞きたいんだけど」
京介「何だ」
桐乃「私がいないところで、部活以外で黒猫と連絡を取り合ったりしてたの?」
京介「いいや、全く」
黒猫「……」
桐乃「へー! 全然、これっぽっちも?」
京介「ああ」
黒猫「……」
桐乃「黒猫さん? アンタ、こいつとどういう関係?」
黒猫「……ゲ……ゲーけ……ん」
桐乃「えっ、何? 聞こえないんだけど?」
黒猫「……」
桐乃「うーん、言えないんじゃ仕方無いわよね!」

黒猫「……せ、先輩」
京介「何だ」
黒猫「ぼ……私達の関係を一言で表すと……?」
桐乃「ふふん! ただの知り合い、ってところかしら?」
京介「ゲー研の仲間」
黒猫「!」
桐乃「!?」
桐乃「ゲー研の活動以外では一回も連絡取ってなかったのよ!?」
京介「ああ」
黒猫「私達は……ゲー研の仲間で良いのよね……!?」
京介「ああ」
黒猫「……!」
桐乃「……」
桐乃「……」
黒猫「……」
京介「ミルクを入れるとクリームソーダだ」
黒猫「先輩、聞きたいことがあるのだけど?」
京介「何だ」
黒猫「この女とは、人生相談以外で遊んだりはしてるのかしら?」
京介「いいや、全く」
桐乃「……」
黒猫「全然、これっぽっちも?」
京介「ああ」
桐乃「……」
黒猫「貴方、先輩とどういった関係なの?」
桐乃「……だ、兄と……妹……よ」
黒猫「ふうん、随分と事務的な関係なのね」
桐乃「……」
桐乃「……あんた」
京介「何だ」
桐乃「あ……あたし達の関係を一言で表すと……?」
黒猫「先輩、言っておあげなさい」
京介「一言じゃ言い表せん」
桐乃「!」
黒猫「!?」
黒猫「一言じゃ……言い表せない!?」
京介「ああ」
桐乃「そうよね! だって、あたし達だものね!」
京介「ああ」

桐乃「……!」
黒猫「……」
桐乃「……」
黒猫「……」
京介「帰りたいんだが」
桐乃「あたしと一緒に帰るか――」
黒猫「――わたしと一緒に帰るかよ」
京介「ドリンクバー取って来る」
桐乃「単刀直入に言うわ」
黒猫「こっちもそうさせて貰うわね」
桐乃・黒猫「あいつ・先輩につきまとわないでくれる?」
桐乃・黒猫「!?」
桐乃「だっ、兄妹が一緒にいるのの何がおかしいのよ!」
黒猫「しっ、ゲー研が一緒にいるのはおかしなことじゃないわ」
桐乃・黒猫「……」
桐乃「ふん! どうせあいつの事が好きなんじゃないの?」
黒猫「そういうそっちこそ、先輩の事が好きなんじゃ?」
桐乃・黒猫「恋愛なんて、精神病の一種でしかないのに」
桐乃・黒猫「……」
桐乃「真似しないでくれない!?」
黒猫「それはこっちの台詞よ!」

ガタンッ!
京介「帰るのか?」
桐乃・黒猫「……」
カタンッ
京介「帰らないのか」
桐乃「……」
黒猫「……」
京介「キャラメルマキアートは甘いな」
桐乃「あんた、週末は空けておきなさいよ?」
京介「何でだ」
桐乃「携帯小説の取材よ。決まってるじゃない」
京介「わかった」
黒猫「……」
桐乃「アニメ化のギャラも入ったし、今回は特別にあたしがおごってあげるわ!」
京介「そうか」
黒猫「……」
桐乃「二人っきりで、色々回るわよ!」
黒猫「……くぅ……!」
桐乃「あら、どうしたの黒猫さん? お腹でも痛いの?」
黒猫「……」
桐乃「さーて、どこを回ろうかしらね!」

黒猫「……せ、先輩」
京介「何だ」
黒猫「で……デートじゃないんでしょ……?」
桐乃「そりゃそうだけど……で、デートみたいなものかしらねー?」
京介「携帯小説の取材、だな」
黒猫「!」
桐乃「!?」
桐乃「あ、あたしと二人っきりなのよ!?」
京介「ああ」
黒猫「あ、あくまでも携帯小説の取材……という事よね?」
京介「ああ」
黒猫「……!」
桐乃「……」

桐乃「……」
黒猫「……」
京介「暖房がきいてると、この時期でもアイスはアリだな」
黒猫「先輩、明日の予定は空いてるかしら?」
京介「何でだ」
黒猫「私のつくったゲームのテストをしてくれないかしら。あなたのお部屋で。」
桐乃「はぁ!? ちょっと、ソレは卑怯じゃない!?」
京介「わかった」
桐乃「……」
黒猫「お土産を持っていくわ」
京介「そうか」
桐乃「……」
黒猫「あぁ、あなたのお部屋は久々よね」
桐乃「……くぅ……!」
黒猫「あら、どうしたのあなた? お腹でも痛いの?」
桐乃「……」
黒猫「ちょっと緊張するわね」

桐乃「……ちょっと、あんた」
京介「何だ」
桐乃「へ……変な事する気じゃないでしょうね……?」
黒猫「先輩、私以前に比べて女らしさが増したと思わない?」
京介「手なんか出すか」
桐乃「!」
黒猫「!?」
黒猫「ず、随分ハッキリと言い切ってくれるわね……!?」
京介「ああ」
桐乃「あ、あくまでもゲームのテスト……って事よね?」
京介「ああ」
桐乃「……!」
黒猫「……」
桐乃「……」
黒猫「……」
京介「帰りたいんだが」
桐乃「あたしか」
黒猫「わたしか」
京介「ドリンクバー取って来る」

桐乃「へ、へへ、部屋に行くだなんて!」
黒猫「ふ、ふふ、二人っきりで色々回る!?」
桐乃・黒猫「何を考えてたの!?」
桐乃・黒猫「!」
桐乃「どっ、どうせあいつの部屋でイチャつくつもりだったんでしょ!」
黒猫「あなたの方こそ、デートしてあわよくばと思ってたんじゃなくて?」
桐乃・黒猫「……」
桐乃「あーあー! アンタっていやらしいわね!」
黒猫「本当、そういう事ばかり考えてる人は困るわ」
桐乃・黒猫「どうせ、体をもてあましてるからなんだろうけど」
桐乃・黒猫「……!」

ガタンッ!
京介「帰るのか?」
桐乃・黒猫「……」
カタンッ
京介「帰らないのか」

桐乃「……」
黒猫「……」
京介「やっぱり冬場はホットだな」
桐乃「あんた、ちょっと端に寄りなさい」
京介「何でだ」
桐乃「馬鹿、そっちに座るからよ」
京介「わかった」
黒猫「……!」
桐乃「人気読モと並んで座れるのよ、感謝しなさい!」
京介「やれやれ」
黒猫「……」
桐乃「ふふん!」
黒猫「……くぅ……!」
桐乃「そ、それじゃ狭いでしょ。もっとこっち寄りなさい」
黒猫「……」
桐乃「くっつきたいからじゃないわ! かっ、勘違いしないでよね!」
黒猫「……せ、先輩」
京介「何だ」
黒猫「……」
京介「? とりあえず桐乃、暑くるしいから離れてくれ」
黒猫「!」
桐乃「!?」
桐乃「そっ、そんなにくっついてたくないわけ……!?」
京介「ああ」
黒猫「暑くるしいのだから離れるのは当然ではなくて」
京介「ああ」
桐乃「……」
桐乃「……」
黒猫「……」

京介「同じ味のジュースを入れると、格別だ」
黒猫「先輩、少し顔を寄せてくれませんか」
京介「何でだ」
黒猫「ほら……あーん」
京介「あーん」
桐乃「……!」
黒猫「ほら、もう一口……あーん」
京介「やれやれ」
桐乃「……」
黒猫「ふっふっ!」
桐乃「……くっ……!」
黒猫「お、美味しい? もう一口召し上がる?」
桐乃「……」
黒猫「まるで、恋び……な、なんでもない」
桐乃「……あ、あんた」
京介「何だ」
桐乃「……」

京介「? とりあえず黒猫、もう味見は十分だ」
桐乃「!」
黒猫「!?」
黒猫「いっ、今のがただの味見……!?」
京介「ああ」
桐乃「あはは! そりゃあ、当然ただの味見よね!」
京介「ああ」
黒猫「……」
桐乃「……」
黒猫「……」
京介「帰らせてくれ」
桐乃「あたし?」
黒猫「僕?」
京介「ドリンクバー」

桐乃「はん! 恋人気分にでも浸ろうと思ったのにねぇ?」
黒猫「くくっ! 暑くるしがられるなんて笑わせないでよ?」
桐乃・黒猫「何ですって!?」
桐乃・黒猫「……」
桐乃「……あたし、あいつと泊りがけの旅行に行った事があるわ」
黒猫「……以前は、ほぼ毎日先輩と一緒に居たのよ」
桐乃・黒猫「!?」
桐乃「せちゅ……説明しなさいよ!」
黒猫「きゅわ……詳しく聞かせなさい!」
桐乃・黒猫「そっちが先よ!」

ガタンッ!
京介「よし、帰ろう」
桐乃・黒猫「まだよ!」
カタンッ
京介「まだか」

桐乃「……!」
黒猫「……!」
京介「コーラは最高だな」
桐乃「あんた、ちょっとそこに座りなさい」
京介「座ってるぞ」
黒猫「……ぷっ」
桐乃「……うるさいわね! 口答えは許さないわ!」
桐乃「前は毎日……一緒に居たんですって?」
京介「誰とだ」
黒猫「わたしとよ、先輩」
桐乃「とぼけたら死刑よ!」
京介「ああ、黒猫とならほぼ毎日一緒に居たな」
桐乃「!?」
桐乃「……」
黒猫「あの頃は楽しかったわね」
京介「ああ」
桐乃「……」
黒猫「わたしにとって、あの記憶は宝物だよ」
京介「まあ、俺にとってもそうだな」
黒猫「……先輩……!」
桐乃「……」
桐乃「……!」
黒猫「……!」
京介「コカでもペプシでもどっちでもいける」
黒猫「先輩、ちょっとこっちを向いてくれませんか」
京介「向いてるぞ」
桐乃「……ぷっ」
黒猫「……先輩、あなたにはそういう所があるのね」
黒猫「泊りがけで……一緒に旅行したんだって?」
京介「誰とだ」
桐乃「あたしとよ、バカ兄貴」
黒猫「本当なの?」
京介「ああ、桐乃となら何回か旅行したな」
黒猫「!?」
黒猫「……」
桐乃「あの時は楽しかったわよね!」
京介「ああ」
黒猫「……」
桐乃「今度はどこに行こうかしら?」
京介「まあ、危なくなけりゃどこにだって行くさ」
桐乃「……あんた……!」
黒猫「……」
桐乃「……」
黒猫「……」
京介「帰ろう」

桐乃「あんた、ちょっと大事な事を聞くわ」
黒猫「先輩、正直に答えて欲しいの」
京介「ふむ」
桐乃・黒猫「もしも……付き合うならどっち?」
京介「どっちも有り得ん」
桐乃・黒猫「……」
桐乃・黒猫「何で!?」
京介「妹とか厨二病とつきあえるわけないだろ。」
桐乃「信じらんない! アンタ、もしかして枯れてるの!?」
黒猫「先輩!あなたが落ち着いてたのはそういうわけだったの!?」
京介「そもそもだな」
桐乃・黒猫「……!」
京介「恋愛ってのは、お前達にとっちゃ精神病の一種なんだろ?」
桐乃・黒猫「……」
京介「精神病患者扱いはさすがに、な」
桐乃・黒猫「……」
桐乃「それは、ほら……こっ、言葉の綾よ!」
黒猫「そっ、そうよ! 恋の病とも言うでしょ!?」
京介「ああ」
桐乃「じゃっ、じゃあ!」
黒猫「どっちが好みのタイプなんだい!?」
京介「あれ? あそこに居るのは麻奈美?」

ガタンッ!

京介「スマン、なんだか困ってるみたいだから行って来る」
桐乃・黒猫「……あ」
桐乃「……」
黒猫「……」
桐乃「あいつと地味子……楽しそうね」
黒猫「ここでは見せなかった……良い笑顔ね」
桐乃「やっぱり……地味子は卑怯だわ」
黒猫「先輩、眼鏡フェチだしね」
桐乃・黒猫「……」
桐乃「……」
黒猫「……」

京介「――やれやれ、どうやら道に迷ってたらしい」
桐乃「そう」
京介「単純な道だから説明したらすぐわかってくれた」
黒猫「そうなの」
京介「良かった良かった」
桐乃・黒猫「……」
桐乃・黒猫「……さて」
ガタンッ!

京介「帰るのか」
桐乃・黒猫「ええ」
桐乃「この勝負は――」
黒猫「――おあずけ、ね」
京介「意味がわからん」
桐乃・黒猫「……」


桐乃「妹(笑)」黒猫「ゲー研(笑)」


おわり