第177回例会記録

2017年3月12日に開催された第177回例会の様子を報告します。
この日は約40人での例会となりました。



・「ニット ウィット / Knit Wit」 5人


連想ゲーム風のワードゲーム。



・「マモノノ」 4人


握り競り。しかも落札できなくても入札したお金は戻ってこないという厳しさ。
というかこれ、ゲームデザイン的に失敗なのでは?



・「ハゲタカのえじき / Hol's der Geier」 5人


バッティングゲームの古典。



・「百科審議官 / Encyclopaedist」 3人


久しぶりに見ました。
3人専用のワードゲーム。
しょっぱなの「ニット ウィット」と方向性が似ています。



・「花火 / Hanabi」 4人


豪華なコンポーネントの版です。
最初見たときは麻雀かと思いました。



・「ハイタイド / High Tide」 4人


これはメビウス便の新作らしいですね。



・「コンプレット / Completto」 4人


ほどよいバランスのタイル引きゲー。



・「ハーバー / Harbour」 3人


短時間のワーカープレイスメントっぽい。



・「インカの黄金」 4人


同名のカードゲームのほうではありません。
リサイクルショップで見つけてきた珍品とのこと。



・「ブロックス / Blokus」 4人


ここ最近、急によく見かけるようになったなつかしのゲーム。



・「シノビアーツ / Shinobi Arts」 4人


作風はいつものカナイ氏ですが、ちょっと重めの内容。



・「ワードバスケット」 6人


これもなつかしいゲーム。



・「ファーストクラス / First Class - Unterwegs im Orient Express」 4人


プレイ感が軽くなった「ロシアンレールロード」といったところ。
巷の高評価も納得の内容です。



・「アクワイア / Acquire」 5人


珍しく5人プレイ。
人数多いと厳しいんですけどね。



・「IJN」 2人


ウォーゲームです。



・「お邪魔者 / Saboteur」 7人


今日はこのゲームが長い時間稼動していました。



・「メディチ / Medici」 4人


珍しいフランス語版。
コンポーネントが良いですね。



・「にがおえ探偵ガール」 7人


お絵かき&記憶系のパーティゲーム。



・「レジスタンス アヴァロン / The Resistance Avalon」 9人


このゲームも結構長いこと稼動していました。



・「マゴス」 2人


2人専用ゲーム。



・「モダンアート / Modern Art」 5人


クニツィアの傑作競りゲー。25年前のゲームです。
プレイヤー間でバランス調整する昔の作りなので、自分のことしか考えずにプレイすると痛い目を見ます。



・「ロイヤルターフ / Royal Turf」 4人


これもクニツィア。
日本語版はコンポーネントがちょっと・・・



・「キルクスマキシムス」 4人


古代のチャリオットレースがテーマ。
たぶん新作のはず。



・「スカル / Skull」 5人


いつものやつです。



・「ラミィキューブ / Rummikub」 4人


準備段階の写真しかなかった・・・
なかなか中毒性があるゲームで、1980年のドイツ年間ゲーム大賞を獲得していたりします。



・「タイムボム / TimeBomb」 6人


このゲームもよく見かけますね。



・「キングスポートフェスティバル カードゲーム」 5人


元のゲームは「キングスブルグ」リメイクのダイスゲーだったはず。



・「スシゴー」 4人


寿司なのにプリンとはこれいかに?



・「フレスコ / Fresko」 3人


このゲーム、中級者へのステップアップにも良いと思う。



・「レイルロードレボリューション / Railroad Revolution」 3人


新作だったはず。
重い鉄道ゲームは大抵面白いと相場が決まっていますが(偏見)、これはどうだったんだろう。



・「ウィザードエクストリーム」 5人


トリックテイクの「ウィザード」と関係あるのでしょうか?



・「ペアネコ / The Waltzing Cat」 2人


これは2人専用のゲームみたいですね。



・「ぴっぐテン / Pig 10」 4人


お手軽カードゲーム。
言語依存皆無なのに日本語版が出ています。



・「海底探検 / Deep Sea Adventure」 5人


チキンゲーム的な要素が強い一作。



・「ストーンエイジ / Stone Age」 3人


これも「フレスコ」と同じく、上級者が満足する内容でありながら、
初心者から中級者へのステップアップするのに丁度良い懐の深さを持っています。



・「コンコルディア / Concordia」 4人


色々な要素を詰まった、まさにゲーマー向けゲーム。
とはいえ、ルール自体はそんなにめんどくさくはありません。



・「路面電車 / Trambahn」 2人


最近盛んに見かける2人専用ゲーム。



・「コードネーム ピクチャーズ / Codenames - Pictures」 10人


このシリーズは人数の融通が利くところも良いですね。



・「スコヴィル / Scoville」 3人


パッケージイラストって大事だよね、ということを思い知らせてくれます。
ゲーム自体は重厚で悪くないのですよ。



・「ビーバー21XX」 3人


これはダムがテーマなのかな?
なんとも珍しい。



・「メディチ / Medici」 6人


こんどはフル人数の6人で。



・「フレッシュフィッシュ / Frisch Fisch」 3人


新版ですが、旧版ルールでプレイ。
独特の考え方が必要なので、合わない人は合わない。
今日の面子は皆合う人でした。



・「ゾンビ噛ま」 7人


なんとも変なタイトル。



・「バサリ / Basari」 4人


割とお馴染みのバッティングゲー。



・「シャドウハンターズ / Shadow Hunters」 7人


これもお馴染みのタイトルですね。




以上、例会報告でした。
その他ゲームの抜けがあったら申し訳ありません。
あと、掲載順は結構いいかげんです。

写真・文 : 池田@2代目代表
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。