第173回例会記録

2016年11月20日に開催された第173回例会の様子を報告します。
この日は30名以上での例会となりました。


・「ハイパーロボット / Rasende Roboter」


いつもは空いた時間にやっているのですが、今日は珍しくオープニングゲームで。
10時までの間は五月雨式に参加者が来るので、結構良いのかも。



・「スノーテイル / Snow Tails」 3人


犬ぞりがテーマのレースゲーム。
ハンドマネジメントタイプの軽中量級といったところ。



・「THE KING IS DEAD」 4人


アーサー王伝説がテーマのエリアマジョリティ。4人なのでチーム戦で。
全8ラウンドでプレイヤー1人当たり8アクションしかできないという、とんでもない仕様。
1手番が重い重い。まさにジレンマの塊です。



・「交易王 / Handelsfuersten」 3人


一つ前のゲームに比べれば、このクニツィアジレンマも可愛いもの。
手軽に、かつ手軽すぎない程度にジレンマを楽しめる良ゲーム。



・「アルゴ / Algo」 4人


超手軽な推理ゲーム。
ただし4人限定です。



・「ナショナルエコノミー / National Economy」 4人


経済要素の強い建築系カードゲーム。
ここ最近の国産ゲームの中でも群を抜いて良い出来。



・「インベンターズ / Legendary Inventors」 4人


発明をテーマにした、ジャンルはなんだろう?カードゲーム?
最近出たゲームで、なんか面白そう。



・「テラフォーマー / Terraformers」 4人


このゲームを広げると、必ずゴキブリが云々と言われる・・・
同人物のワーカープレイスメントです。



・「デッドマンズドロー / Dead Man's Draw」 3人


バースト系カードゲーム。
カードごとに特殊効果が設定されているのが面白い。



・「アニマルマインド」 5人


これは国産ゲームですね。



・「ワニに乗る? / Tier auf Tier」 2人


子供向けと侮るなかれ。
かなり良く出来たバランスゲームです。
安定のHABA社品質。



・「フンタ カードゲーム」 4人


古のボードゲーム「フンタ」のカードゲーム版。
最近出たばかりみたいです。



・「長征 / Chang Zheng」 3人


これは軽めのカードゲームっぽいが・・・
詳細は不明。



・「電力会社 / Funkenschlag」 4人


F・フリーゼの代表作。
競りやら陣取りやら手番コントロールやら燃料相場やら詰め込んで2時間の重量級ですが、
ルールは比較的単純で複雑なテキストもないので、結構すんなりプレイできます。
久しぶりにプレイしましたが、最近のゲームと比べても全く色褪せませんね。



・「アグリコラ / Agricola」 4人


中世から近世ヨーロッパの農耕をテーマにしたローゼンベルグの代表作。
初期のワーカープレイスメントを代表する傑作です。



・「ブクブク / Land Unter」 4人


最近日本語版で再販されたトリックテイク。
ラウンドが進むとカウンティングが重要になるので、プレイングは結構難しい。



・「プエルトリコ / Puerto Rico」 3人


これも傑作。
ジャンルは別なのですが、ワーカープレイスメントの萌芽と言われることもあります。
今回は初心者限定で。



・「ビザンツ / Byzanz」 5人


ハンドマネジメントの競りゲー。
結構良い出来なんですが、最近売っているのを見ませんね。
やはりパッケージがジジイのアップでは買う気が失せるのか。



・「4人の容疑者」 4人


最近出たばかりらしい。
結構真面目な推理ゲームらしく、紙とペンを持ってウンウン唸っていました。



・「コードネーム / Codenames」 6人


子供も混じってプレイしていたみたいです。
でもこのゲーム、プレイングがかなり難しいので、対象年齢が結構高めなんですよね。



・「スカル / Skull」 5人


究極なまでに余分な要素を削ぎ落としたブラフゲーム。



・「ドラスレ / Dorasure」 4人


このゲームは人気ありますね。



・「5本のきゅうり / Fuenf Gurken」 6人


時間調整に。



・「ロイヤルターフ / Royal Turf」 4人


最近良く見かけますね。



・「交易王 / Handelsfuersten」 4人


本日2回目。



・「ファクトリーマネージャー / Funkenschlag - Fabrikmanager」 4人


電力会社のスピンオフ物。
文字通り工場マネジメントをテーマにしたゲーム。
これも面白い。



・「バサリ / Basari」 4人


交渉とバッティングとスゴロクという要素をまとめたユニークなシステム。
カードゲーム版も出てますが、やはりオリジナル版は良いですね。



・「スカル / Skull」 4人


2回目。



・「エンデバー / Endeavor」 5人


大航海時代のヨーロッパ帝国主義をテーマにした一種の陣取り。
それなりに攻撃色が高め。



・「ロール フォー ザ ギャラクシー / Roll for the Galaxy」 4人


この卓はこの後プレイヤーを交代しながら、終了までこのゲームだけやっていました。



・「アクワイア / Acquire」 4人


最近このゲームに興味を持った人が増えたおかげで、出番が多くなってきました。



・「インベンターズ / Legendary Inventors」 4人


新作は食いつきが良いです。



・「いかさまゴキブリ / Mogel Motte」 5人


このゲームも最近稼働率高いですね。



・「タイムボム / TimeBomb」 6人


今日は写真が撮れたが・・・それにしても酷いパッケージだ。
ゲームは面白いのにな。



・「王への誓願 / Um Krone und Kragen」 3人


役作り系のダイスゲームとしてはかなりの古株。
日本語版があるので手に入りやすいのは嬉しいですね。
一時期は結構なプレミアが付いていましたが。



・「アブルクセン / Abluxxen」 4人


クラマー&キースリングの軽めのカードゲーム。
手札をなくした人が勝ちのゴーアウト系と言われるジャンル。
手軽に遊べますが、結構戦略が求められます。



・「ハリガリ / Halli Galli」 5人


アクションゲームです。
実は私はプレイしたことがないのですが。



・「マゴス」 2人


よく見かける2人用ゲームです。



・「デュプリク / duplik」 7人


お絵かき系のパーティゲーム。
びっくりチキンという謎の単語が激しく気になる。



・「ハンズ / Hands」 5人


これもアクションゲームだった気が。



以上、例会報告でした。
その他ゲームの抜けがあったら申し訳ありません。
あと、掲載順は結構いいかげんです。

写真・文 : 池田@2代目代表
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。