第155回例会記録

2015年5月10日に開催された第155回例会の様子を報告します。
この日は総勢19名での例会となりました。



・「キングダム / Kingdoms」 4人


クニツィア博士のタイル配置ゲーム。
いつも通りのジレンマに溢れた作風です。
比較的短時間で終わります。



・「王への請願 / Um Krone und Kragen」 3人


複数のサイコロを振って役を作っていく、よくあるサイコロゲー。拡大再生産でもあります。
長らく絶版でオークションで高値がついていたりしましたが、これは最近発売になった日本語版です。



・「アブルクセン / Abluxxen」 4人


Wクラマー&Mキースリングのおなじみのコンビによるハンドマネジメント。
かなり面白いと評判のゲームです。



・「パンデミック / Pandemic」 3人


協力ゲームの傑作。
今になって再販や、新たな拡張が発売されています。



・「The BREMENS」 3人


これは同人ゲームみたいですね。
なんかレースゲームらしい。



・「京都 / Kyoto」 3人


クニツィア博士でこれもタイル配置ゲー。
実にカラフルな見た目です。



・「人狼 / JIN-ROU」 8人


ワンナイト人狼はたまにやっているのを見かけますが、ノーマル人狼は珍しい。
というか、記録の残っている2000年まで遡っても一度もやっていなかった。



・「ハイパーロボット / Ricochet Robot」 ∞人


故アレックス・ランドルフ作の早解き対戦パズル。
直線移動のみ、壁か他のロボットにぶつかるまで止まれないロボットを動かし、指定されたロボットを指定された地点まで、いかに少ない手数で到達できるかを競います。
ガチンコの対戦も面白いですが、白黒つけるのにこだわらなければ、人数制限なし・途中参加や途中終了もOKなので、時間調整にも優秀です。



・「ハワイ / Hawaii」 4人


発売後の評判は結構良かったのですが、あっという間に売っているのを見なくなりました。再販されていないのだろうか?
ゲーム内容としては、建物等を買って自分の村を充実させる箱庭マネジメント物。



・「ギャングスターパラダイス」 6人


とりあえず血なまぐさいゲームだということは分かりました。
テーマにしやすいのか、ギャングがテーマのゲームは結構見かけますね。



・「フレスコ / Fresko」 4人


ドイツゲーム賞も受賞した、同時プロット式のリソースマネジメント。
絵の具を混ぜて別の色を作るというシステムがユニーク。



・「シャドウハンターズ / Shadow Hunters」 5人


今回もやっていました。
比較的お手軽な正体隠匿ゲーム。



・「カカオ / Cacao」 4人


これはメビウス便で来た新作らしいです。



・「ポイズン / Poison」 5人


このゲームも最近プレイ頻度が高いです。



・「キャット&チョコレート / Cat & Chocolate」 5人


ランダムに組み合わされたお題で話を創るパーティゲームです。



・「デウス / Deus」 4人


もはやおなじみとなったゲームです。
そういえば今年のドイツ年間ゲーム大賞では、推薦リストに入っていましたね。



・「バオバブ / Baobab」 3人


バランスゲームです。
この手のゲームは実に盛り上がります。



・「炭鉱賛歌 / Glueck Auf」 4人


ワーカープレイスメントというと、とにかく自分の利益を目指す構造が多いのですが、
このゲームは様々な要素で他のプレイヤーと数比べを行う、昔ながらのドイツゲームの特色の色濃いデザインになっています。実にクラマーらしい。
飛びぬけた面白さはありませんが、安心して遊べます。



・「ひとひら」 4人


いかにも同人ゲームなパッケージですが、ゲムマ新作かな?



・「カヤナック / Kayanak」 4人


ワカサギ釣り(だよね?)をテーマにした子供向けゲーム。
このコンポーネントの凝りっぷりは、いかにもHABA社。



・「バオバブ / Baobab」 7人


人数がぐっと増えてもう一度。



・「ピクテル」


アイコンを使って表現されたお題を当てるパーティゲーム。
写真のお題は「健康」。



・「姫騎士逃ゲテ~」 4人


このゲームも最近よく見ます。




以上、例会報告でした。
もしゲームの抜けがあったら申し訳ありません。
あと、掲載順は結構いいかげんです。

写真・文 : 池田@2代目代表
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。