※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読み

  • ちがいほうけんまーじゃんるーる

種別

  • ルール体系

別名

  • ポイント制麻雀

解説

ルールは普通の麻雀と同じだが、順番と点数精算が異なる。
まずツモ順と山を取る順番が逆周り(右回り)である。ポンはあるがチーはない。
そして点棒は一切なし、リー棒・積み棒もなし。あがった点だけ加算し、ロン・ツモ問わず一部を除き相手は減らない。最初に100点になった者が勝者となる。
点数計算は普通と変わらないが、得点は切り上げ方法で、1300点は2点・3900点は4点・5200点は6点・12000点は12点となる。
ただし、役満は親が20点、子が15点である。倍満より低いが、相手の得点を減らすことができる。
親の役満放銃なら振り込んだ人がマイナス20点、ツモならマイナス7点オール。子の役満放銃なら振り込んだ人がマイナス15点、ツモなら親マイナス8点、子マイナス4点となる。

成分分析

  • 治外法権麻雀ルールの46%はスライムで出来ています。
  • 治外法権麻雀ルールの38%はむなしさで出来ています。
  • 治外法権麻雀ルールの11%は成功の鍵で出来ています。
  • 治外法権麻雀ルールの4%はツンデレで出来ています。
  • 治外法権麻雀ルールの1%は花崗岩で出来ています。

採用状況

  • 映画「雀鬼3」にて採用されている

参照