読み

  • はなはい
  • はなぱい
  • フアパイ

種別

  • 追加のドラ

別名

  • 可選不食胡
  • 財神

解説

通常使う136枚のほかに4枚ないし8枚追加して使う。一般に、季節牌4枚()と、草木牌4枚()がある。日本の麻雀牌セットには春夏秋冬しか入っておらず、何か代用を使うなどしないと中国麻雀をやることは不可能である。
そのため、代わりに赤ドラを入れている場合も多い。
これは配牌にあったり、自摸ってきたりした場合は「フア(花)」と発声し、三麻の抜き北と同じように右に晒し、その後嶺上牌を自摸る。
春夏秋冬、梅蘭菊竹をそれぞれ東南西北に対応させ、自風と対応する花牌を晒しているとドラ2として扱うというルールもある。
花牌を一人で全部抜くと何らかの特典(ドラ8になる、役満になるなど)がある場合もある。
変わった使用法として、あるグループでは「花牌をジョーカーとして使い、かつドラとして扱うが、元の牌が槓されたら錯和」というルールがかつてあったという。
ベトナムでは、次のような花牌が採用されている。
一皇二皇三皇四皇一后二后三后四后
また、花麻雀では、上に挙げたものの他、各地で次のようなさまざまな花牌が登場している。
  • 琴棋書画
  • 漁樵耕読
  • 福禄寿貴
  • 文明世界
  • 沈仲栄・聚寳盆・太公望・魚
  • 鶏・ムカデ・猫・鼠

花牌に関連する役

成分分析

  • 花牌の66%は鉛で出来ています。
  • 花牌の19%は怨念で出来ています。
  • 花牌の14%は愛で出来ています。
  • 花牌の1%はアルコールで出来ています。

採用状況

  • 日本で採用されることは稀であるが、中国の政府公認ルールでは8枚を使用する。

参照

外部リンク